ゼルダ の 伝説 続編。 ゼルダの伝説BotW続編の発売日はいつ?ストーリーも考察する

ゼルダの伝説BotWの続編が開発中!最新映像の見どころを一挙紹介!【ブレスオブザワイルド|ゼルダBotW】

ゼルダ の 伝説 続編

今作『ブレスオブザワイルド』では、厄災ガノンはこの状態で登場していました。 ファンの中では、このガノンドロフの登場がないだけに、残念がられたり、もしくはDLCで言及されるんじゃないか?などと言われていました。 そして今回の『ブレワイ2 仮 』ではついに、ガノンドロフの姿がでてきました。 確定ではないけど、ほぼあの姿はガノンドロフでいいと思います。 次回作『ブレスオブザワイルド2 仮 』では、このガノンドロフがキーキャラとして登場することと思います。 ではそのガノンドロフはどのように物語に絡んでくるのか? その考察は、この記事の最後の方でしていこうと思います。 シーカーストーンの有無 ここでは、マスターソードを背負ったリンクが確認できます。 今までのシリーズでは、マスターソードは役目を終えたら、封印する流れにあります。 それとも1万年以上も経っていて、そういった通例も薄れてしまったのだろうか? 別の考えで、この物語は厄災が起こる前のことだから、マスターソードを持っている状態のリンクだとも推測できます。 リンク達の過去を知ることのできるウツシエの中でも、リンクはすでにマスターソードを使用していました。 ということは、この映像はウツシエ内の時系列で起きていた事件なのではないか?とも推測できる。 メタ的な視点から考察 こっからは、メタ的な考察をしていきます。 ゲームとして見たときに、新しいシステム、新しい要素など、前作地続きで作品を作る時には、前作の要素をどう引き継いで行くかが非常に重要になってきます。 むしろ、この四傑がまだ生きていた時代の方が、キャラの深堀りもできていいし、人類等々が滅亡したハイラルでは登場できるキャラも限られる。 しかし、まだ厄災前の状態であれば、シレッと新キャラを出しても何ら違和感ありません。 少なくとも100年前の話になるわけだから、当時厄災との決戦の時に活躍した四傑以外の重要キャラも出しやすくなるんじゃないかと思います。 ゼルダの髪が短くなっている理由が現状説明できない ただ、ここまで過去編をプッシュしていますが、どうしてもゼルダの髪が短くなっているのが説明できない。 ウツシエの話でも一度もショートカットゼルダちゃんが出ていないので、リンクとの出会いや、四傑との出会いなど、色々矛盾点が出てくる。 映像では少なくとも、リンクとはそれなりの信頼関係になっており、リンクとゼルダだけで冒険できるくらいの関係性になっていないといけない。 そうなってくると、ゼルダの髪が短いのは、どうにも「ブレスオブザワイルド」以降の話でないと辻褄が合わなくなってしまっている。 仮説2「パラレルワールド説」 過去は過去でも、『ブレスオブザワイルド2 仮 』は、分岐する物語なのではないか?と考えも浮かびました。 このパラレルワールド説。 ゼルダの伝説シリーズ好きならご存知だろうが、ゼルダの伝説はパラレルワールド設定があり、とある世界で分岐が起きたことにより、各作品の関わりが異なってくる。 詳しくは、別の記事にまとめているので、知りたい方はそちらをご覧いただこう。

次の

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編について青沼英二プロデューサーが語る

ゼルダ の 伝説 続編

今作『ブレスオブザワイルド』では、厄災ガノンはこの状態で登場していました。 ファンの中では、このガノンドロフの登場がないだけに、残念がられたり、もしくはDLCで言及されるんじゃないか?などと言われていました。 そして今回の『ブレワイ2 仮 』ではついに、ガノンドロフの姿がでてきました。 確定ではないけど、ほぼあの姿はガノンドロフでいいと思います。 次回作『ブレスオブザワイルド2 仮 』では、このガノンドロフがキーキャラとして登場することと思います。 ではそのガノンドロフはどのように物語に絡んでくるのか? その考察は、この記事の最後の方でしていこうと思います。 シーカーストーンの有無 ここでは、マスターソードを背負ったリンクが確認できます。 今までのシリーズでは、マスターソードは役目を終えたら、封印する流れにあります。 それとも1万年以上も経っていて、そういった通例も薄れてしまったのだろうか? 別の考えで、この物語は厄災が起こる前のことだから、マスターソードを持っている状態のリンクだとも推測できます。 リンク達の過去を知ることのできるウツシエの中でも、リンクはすでにマスターソードを使用していました。 ということは、この映像はウツシエ内の時系列で起きていた事件なのではないか?とも推測できる。 メタ的な視点から考察 こっからは、メタ的な考察をしていきます。 ゲームとして見たときに、新しいシステム、新しい要素など、前作地続きで作品を作る時には、前作の要素をどう引き継いで行くかが非常に重要になってきます。 むしろ、この四傑がまだ生きていた時代の方が、キャラの深堀りもできていいし、人類等々が滅亡したハイラルでは登場できるキャラも限られる。 しかし、まだ厄災前の状態であれば、シレッと新キャラを出しても何ら違和感ありません。 少なくとも100年前の話になるわけだから、当時厄災との決戦の時に活躍した四傑以外の重要キャラも出しやすくなるんじゃないかと思います。 ゼルダの髪が短くなっている理由が現状説明できない ただ、ここまで過去編をプッシュしていますが、どうしてもゼルダの髪が短くなっているのが説明できない。 ウツシエの話でも一度もショートカットゼルダちゃんが出ていないので、リンクとの出会いや、四傑との出会いなど、色々矛盾点が出てくる。 映像では少なくとも、リンクとはそれなりの信頼関係になっており、リンクとゼルダだけで冒険できるくらいの関係性になっていないといけない。 そうなってくると、ゼルダの髪が短いのは、どうにも「ブレスオブザワイルド」以降の話でないと辻褄が合わなくなってしまっている。 仮説2「パラレルワールド説」 過去は過去でも、『ブレスオブザワイルド2 仮 』は、分岐する物語なのではないか?と考えも浮かびました。 このパラレルワールド説。 ゼルダの伝説シリーズ好きならご存知だろうが、ゼルダの伝説はパラレルワールド設定があり、とある世界で分岐が起きたことにより、各作品の関わりが異なってくる。 詳しくは、別の記事にまとめているので、知りたい方はそちらをご覧いただこう。

次の

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編について青沼英二プロデューサーが語る

ゼルダ の 伝説 続編

スポンサードリンク 謎の光る手は何? ガノンを押さえつけている 謎の光る手があります。 ガノンを中心に渦を巻いている光はシーカー族の古代テクノロジーの光に似ていますが光の色が少し違いますね。 リンクがワープをしたりリモコン爆弾を使用するときにでる光の色は 青色ですが、ガノンを封印していると思われる手の色は 緑色の光です。 さらにその謎の手を動画ではリンクが操作しているようにも見えますが、間違えなくあの手はガノンを封印するための道具であり 力の源はゼルダの力だと思います。 ガノンは最悪の厄災で通常の武器は通用せず、退魔の力と女神の封印の力でしか対抗することが出来ないからです。 それに加えてブレスオブザワイルドではプルアが研究していた 古代エネルギーというもの(ガーディンと神獣)で対抗しますがとどめを刺すことが出来るのはゼルダの持つ 女神の力か退魔の剣 マスターソードの力のみです。 そのためあの光の正体はゼルダの力と古代エネルギーを掛け合わせたものではないかと考えられます。 そうしなければガノンを封印することが出来ないからです。 ガノンの形態 ブレスオブザワイルドで登場したガノンは人の形をしておらず、ゼルダの必死の抵抗により不完全な状態で復活しました。 最初に登場した形態は巨大蜘蛛のような形をしており、ガーディアンを取り込んで有合わせで作ったスクラップのような肉体です。 怨念の塊である魔獣ガノンの形態でも怨念だけであり、肉体を持ちません。 つまりブレスオブザワイルドは 怨念だけの登場であり、肉体は完全に復活していないのです。 ガノンさんめっちゃお洒落やんけ、どしたんその髭 — NEXT Haruka3977 しかし、続編ではガノンドロフのミイラ化した肉体が登場しています。 そのためブレスオブザワイルドではガノンは肉体を持たなかったものの続編では 完全に肉体が復活してリンクとゼルダ達に襲いかかるのではないでしょうか? 左から順に、 ・封印されしもの ・ミドナの手 ・時のオカリナのガノンドロフの耳 伏線豪華すぎる! — Mr. そのためリンクとゼルダは調査へ。 しかし、目の前で肉体を持ったガノンが完全復活してしまい再びハイラルに危機が迫る。

次の