背水ティターン。 グラブルについて、両面ティターン編成(裏カイム)を下記画像で組んでるの...

【グラブル】神石移行のタイミングっていつ?優先度は?

背水ティターン

仮想敵次第で変えるしかないですね。 対ルシ ブラビューラかエンシェントバンテージどちらかはあるとかなり楽になります。 性質上HPを70%以上に常時保つのは厳しいので補正値の低い虚空槍はいらないです。 対ルシファーHLならばウォフ銃、絶対否定、刃鏡片、ニーベルンクリンゲだけでHPは必要レベルに達しますので絶対否定が5凸になっていてある程度ルシファーHLになれていそうなので問題ないのではないかと思います。 対防御倍率15未満のボスのマルチ 防御倍率15未満のマルチではダメージ上限を簡単に生かすことができるのでユグドラシルブランチなどの採用はしなくていいです。 その分支配者の天秤、虚空槍を使用してダメージの最大値を増やしましょう。 クリュサオルを利用した奥義ワンパンなどを使う場合はギル槍を変える必要はないです。 なお、アンダリスはダマスカスなどを利用しての作成はやめておきましょう。 白虎拳邪で十分に機能します。 対防御倍率15以上のマルチ 防御倍率が15以上になるとハイランダーが厳しい領域になりますが、カイム入りの土に限っては割と戦えます。 支配者の天秤なしでカイムのみのハイランダー編成を組むのがお勧めです。 に変更するといいかなと。 ただ、土有利古戦場までに新しい土のリミ武器が登場する可能性は低くないと思います。 最近火の武器や限定キャラが多くなっていますので土もそうなる可能性が否定できない(水はあまりなかったので何とも言えませんが)なのでその様子も見つつ変更武器を決定するといいと思います。 ルシHL等の高難度にいくのであれば堅守武器は1つは欲しいですね ブラビューラは攻刃大+反逆+堅守小で攻撃寄りですが、反逆のエフェクトのテンポが悪いので長期戦でDPT重視のときに使えます エンシェントバンテージは背水大+二手小+堅守中で、渾身武器との相性はいまいちですが、背水と堅守で長期的に戦う場合に向きます 堅守を使う=強敵=背水を活かしやすいので、エンシェントバンテージの方が使い勝手がよいですが、なんなら堅守武器両採用というのも手ですね ユグドラシルブランチを入れる予定だと、虚空槍まで採用するとEX枠が3枠になってしまうので、虚空槍を抜いてどちらかを入れましょう また、両面ティターンで組むのであれば、エンシェントバンテージ+刃鏡片でDA率が十分に盛れるので、天司武器をペルセウスに替えるのも視野に入りますね。 神威+羅刹のW攻刃で強い武器ですし、神威持ちなのでHPは変わらず、DA率は十分なので10%程度なら下がっても大丈夫です.

次の

【グラブル】無課金~微課金ティターン編成とマグナ編成の比較

背水ティターン

更に夏に実装された高級鞄からドロップの新エピックウェポン。 ギルガメッシュからドロップの 英雄王の戦斧。 そして、アヌビスからドロップの 支配の天秤。 最適解を突き詰めるのならば差が出てくるのではないかと思いますが、少なくともエンジョイ勢の自分にとってはどちらでもいいかなーという差に感じられました。 今後、マキラの最終上限解放が強力ならば英雄王の戦斧を抜いてダブルハイランダーで楽器パというのも考えますが、どちらにしても必須装備となるであろう現状の土属性のリミテッド武器3本と天司武器、絶対否定の竪琴5凸は揃っているのでもう少し詰めてみようと思います。 今後の土属性 そんな感じで今後どうなるかは分かりませんが、土属性は当分はこの編成で凌げるのではないかと思っています。 おそらく次に土属性にスポットが当たるのは(というか全属性に当たると思いますが)、6周年での六竜HLだと思うので、まずはそこが試金石になると思っています。 上限が叩けないと微妙だと言われるハイランダー編成ですが、そこでどこまで戦えるか・・・ ただ、カイム入りのハイランダー編成はカイムのサポアビにハイランダー効果以外にかなり強力な防御アップが付いているので、防御面での魅力もあります。 ゆえにマッチョネットワークが必要ということです。 だから動画見てもマグナライジングフォース程度の強さにしか見えないっすわ。 また奥義パするならオクトー奥義で土オメガが死んでるんで剣豪にして金重装備して奥義ゲージアップをまいた方がカイン追撃も切れずによいかと・・・ そして戦斧はゴミだって言われてるんでまぁ要らないです。 金重メインでもやってみたりしましたが、まぁ今後の課題です。 あとビカラとフェリでの無属性200万もありらしい。 ハイランダーが始まったのはこのカイムから。 ハイランダーが広まったのはアヌビスから。 そして、脚光を浴び始めたゴリラ。 天上人下層か地上人最上層にいる廃RUNダーモニキ教皇の力だと、これ以上火力を上げるには上限突破が必要不可欠。 世が背水より渾身や必殺、技巧を求めているなか、今年はどのスキルに着目されるのでしょうか。 もちろん、背水だって負けていないですが、最近、背水武器見ないですものね。 リミ武器配布してくれないかなー(6周年で) ゴリラ4凸したら是非動画UPオナシャス•

次の

【グラブル】ティターン理想編成|必要武器と組み方の解説【グランブルーファンタジー】

背水ティターン

リミテッド武器の有無は理想編成を目指す場合だけでなく、マグナ編成を超える場合にも重要となる。 新リミ武器「八幡薙刀」実装 6月下旬のリミテッドレオナ実装に合わせて、新たな土属性リミテッド武器「八幡薙刀」が追加。 5凸後は第2スキルのメイン装備縛りがなくなり汎用性が高まる。 メイン武器や英雄王の槍などは通常軸や奥義軸など、運用によって変動する枠となります。 高難易度を想定しており上限UPの恩恵が少ないため、「支配の天秤」の優先度は低めとなっています。 最大HPが高いほど堅守を活かして低HP時に受けられる攻撃が増えるため、守護によるHP上昇も重要な要素ですね。 自発的にHPを減らす手段が少ないため、初動の火力を補える「一期一振」を採用しています。 上記の編成例をベースにしつつ、敵の火力や行動次第で守護武器でや背水武器の本数など、場面に応じた細かい調整をしていくことになります。 TA率UPの効果量は控えめだが、高いATKと34%の攻刃で基礎ダメージを大きく底上げ可能。 一期一振の方が4凸優先度は高いが、 状況次第で理想編成に入るため、無理なく作成できるなら4凸しておきたい武器。 HPを確保したい場面で攻刃と守護を兼ねた枠として編成候補。 Lv120で取得する攻刃 中 に加え、守護IIを併せ持つのが特徴。 既に所持している場合はHPを確保したい高難易度マルチ等で編成候補となるが、 代用武器も多くサプチケやムーン交換での取得優先度は低い。 パラシュと同様に既に所持している場合はHPを高くする必要がある 高難易度バトルで編成候補だが、優先して入手を目指す必要性は低い。 2倍、4凸時点で1. 23倍にする強力なスキル持ち。 神威でHP底上げもでき、対水属性の場合は必須武器。 上限付近のダメージを出せる編成では火力を伸ばす手段として有効。 一振など刀武器の数を用意できる場合は編成に組み込んでいきたい。 白虎邪に比べて攻刃量では劣るが、Lv150ならATKの差でこちらが優先される。 ソロモンドライブと比較するとHP最大時の攻撃力が下がる代わりに、低HP時の攻撃がより強力になる。 低HP想定のバトルならこちらを優先。 背水寄りのティターン編成では、空いた枠にはこの武器を入れたい。 5凸後は第2スキルのメイン装備縛りがなくなり、サブ装備時にも恩恵を得られるようになる。 ユグドラシルブランチより優先度は下がるものの、5凸追加で奥義の回復性能やHP確保も可能となり、フルオート適性も高まった。 高難度のソロバトルなど耐久編成を組む際に候補となる。 5凸SLv20まで強化済みなら1本程度編成しておきたい。 必殺武器.

次の