トリカブト 殺人 事件。 【日本怪事件】トリカブト殺人事件、妻たちの不審死

【日本怪事件】トリカブト殺人事件、妻たちの不審死

トリカブト 殺人 事件

概要 [ ] やと並んで日本三大の一つとされ 、トリカブトの仲間は日本には約30種が自生している。 花の色は紫色のほか、白、黄色、ピンク色など。 多くはである。 沢筋などの比較的湿気の多い場所を好む。 トリカブトの名の由来は、が古来の衣装である・に似ているからとも、の鶏冠(とさか)に似ているからとも言われる。 英名の"monkshood"は「僧侶のフード(かぶりもの)」の意。 を乾燥させたものはやとして用いられ、 烏頭(うず)または (名は「ぶし」、毒に使うときは「ぶす」)と呼ばれる。 本来、「附子」は球根の周りに着いている「子ども」の部分。 中央部の「親」の部分は「烏頭(うず)」、子球のないものを「天雄(てんゆう)」と呼んでいたが、現在は附子以外のことばはほとんど用いられていない。 俗に不美人のことを「ブス」というが、これはトリカブトの中毒で神経に障害が起き、顔の表情がおかしくなったのを指すという説もある。 では、魔術の女神が司る花とされる。 では、のといわれるのから生まれたともされている。 伝説とも関連づけられている。 毒性 [ ] トリカブトの毒の一つであるアコニチン 比較的有名な有毒植物。 主な毒成分は系ので、他に、、 hypaconitine 、低毒性成分ののほか、など を全草(特に根)に含む。 採集時期および地域によって毒の強さが異なる が、毒性の強弱にかかわらず野草を食用することは非常に危険である。 食べると・呼吸困難、などから死に至ることもある。 ・され、経口から摂取後数十秒で死亡する即効性がある。 半数致死量は0. 2グラムから1グラム。 トリカブトによる死因は、ないしである。 は普通見られない。 特異的療法ももないが、各地の医療機関で中毒の治療研究が行われている。 芽吹きの頃には、、、などと外見が似ているため、誤食による中毒事故が起こる(死亡例もある)。 株によって、葉の切れ込み具合が異なる(参考画像を参照)。 やにも中毒例があるため、家はトリカブトが自生している地域ではを採集しないか開花期を避ける。 また、天然蜂蜜による中毒例が報告されている。 漢方薬 [ ] 附子(生薬) 漢方ではトリカブト属のを 附子(ぶし)と称して薬用にする。 本来は、塊根の子根(しこん)を附子と称するほか、「親」の部分は烏頭(うず)、また、子根の付かない単体の塊根を天雄(てんゆう)と称し、それぞれ運用法が違う。 強心作用や鎮痛作用があるほか、牛車腎気丸及び桂枝加朮附湯では皮膚温上昇作用、末梢血管拡張作用により血液循環の改善に有効である。 しかし、毒性が強いため、附子をそのまま生薬として用いることはほとんどなく、修治と呼ばれる弱毒処理が行われる。 炮附子は苦汁につけ込んだ後、加熱処理したもの。 加工附子や修治附子は、を使って加圧加熱処理をしたもの。 修治には、オートクレーブの温度、時間が大切である。 温度や時間を調節することで、メサコニチンなどの残存量を調節する。 この処理は、アコニチンや、メサコニチンのC-8位のアセチル基を加水分解する目的で行われる。 これにより、アコニチンはベンゾイルアコニンに、メサコニチンはベンゾイルメサコニンになり、毒性は1千分の1程度に減毒される。 これには専門的な薬学的知識が必要であり、非常に毒性が強いため、素人は処方すべきでない。 附子が配合されている漢方方剤の例 [ ]• 葛根加朮附湯• 桂枝加朮附湯• 桂芍知母湯• 芍薬甘草附子• 麻黄附子細辛湯• 牛車腎気丸• 狩猟・軍事利用 [ ] 古来、に塗布するなどの方法で、狩猟・軍事目的で北東アジア・シベリア文化圏を中心に利用されてきた。 アメリカのエスキモーもトリカブトの毒矢を使用したことが、1763年のペテルブルクへの報告で知られる。 詳細はを参照。 参考画像 [ ]• 主な種 [ ]• chinense Sieb. ex Sieb. et Zucc. grossedentatum Nakai Nakai• hakusanense Nakai• jaluense Kom. japonicum Thunb. 分布は、関東西部、中部地方東部。 japonicum Thunb. subsp. maritimum Nakai ex Tamura et Namba Kadota• kitadakense Nakai• loczyanum R. Raymund. 分布は。 関東地方以西、四国、九州、朝鮮• pterocaule Koidz. 分布は東北、関東、中部地方• napellus L. napiforme Lev. et Van. sachalinense Fr. Schm. - アイヌが矢毒に用いた。 senanense Nakai• umbrosum Korsh. Kom. yamazakii Tamura et Namba 化学成分からみて妥当な分類としてトリカブト属が30種、変種が22種、計52種という多くの種類が存在。 観賞用のトリカブト [ ] ハナトリカブトはその名の通り、花が大きくまとまっているので、観賞用として栽培され、切花の状態で販売されている。 しかし、ハナトリカブトの全草にも毒性の強いメサコニチンが含まれているので、危険である。 附子・トリカブトが出てくる作品 [ ] 推理モノの小説、漫画、テレビドラマなどでは定番のアイテムである。 以下に代表例を記す。 『』 - お岩が飲まされた毒は附子であるとされている。 『修道士の頭巾』 - イギリスの歴史ミステリー『』シリーズの一つ。 主人公が痛み止めの塗薬として調合したものが登場。 タイトルの「MONK'S-HOOD」はトリカブトの英名。 『』の名は小名の演目名としても知られる。 『八つ墓村』-作中で金田一耕助は、八つ墓村に群生しているカブトニクが連続殺人に用いられたと推理した。 脚注 [ ]• 古泉秀夫 2007年8月17日. 医薬品情報21. 2014年8月31日閲覧。 坂井進一郎、高山広光、岡本敏彦「」『藥學雜誌』第99巻第6号、日本薬学会、1979年6月25日、 647-656頁、。 (トリカブト)• 高田清己、「」『食品衛生学雑誌』 Vol. 34 1993 No. 5 p. 443-444, :。 鹿野美弘、縦青、小松健一「」『藥學雜誌』第111巻第1号、日本薬学会、1991年1月25日、 32-35頁、 :、。 『カムチャツカ発見とベーリング探検』龍吟社、1942年、P. 133。 『アイヌの矢毒トリカブト』 北海道出版企画センター、2002年。 参考文献 [ ]• 近藤嘉和 『四季の山野草』 、1983年、178頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 - の怪物。 唾液からトリカブトが生まれたとされる。 - ギリシャ神話の女神。 トリカブトを象徴とする。 外部リンク [ ]• 小菅卓夫、横田正実、長沢道男「」『藥學雜誌』第98巻第10号、公益社団法人日本薬学会、1978年10月25日、 1370-1375頁、 :、。 (東北大学大学院薬学研究科 附属薬用植物園)• 厚生労働大臣 2011年. 国立医薬品食品衛生研究所. 2016年5月3日 火 17:19 UTC 閲覧。

次の

トリカブト保険金殺人事件

トリカブト 殺人 事件

神谷利佐子さんと、その夫の神谷力が沖縄旅行を目的に那覇空港に到着します。 そしてその翌日には利佐子さんが働いていた、池袋のホステス仲間3人も到着して合流。 石垣島に行く予定だったのですが、夫の神谷力は急用を思い出し大阪に帰るのでした。 その後石垣島に到着した、神谷力利佐子さんと友人ですが、 ホテルにチャックイン後に、利佐子さんの体調が急変します。 手足を痙攣させたりと、ただならぬ様子に救急車で搬送されましたが、ほどなくして命を落とされたということです。 事件が謎に包まれる それから5年がたち、夫の神谷力が犯人の可能性が浮上する。 実は利佐子さんが亡くなった後に、当時解剖を担当していた 大野医師が血液を保存していたのです。 その検査の結果、 トリカブトやフグの毒が検出。 さらに神谷力には、利佐子さんの前にも妻がいたのですが、結婚後すぐに亡くなっており、 保険金1000万円が掛けられていたことが発覚。 神谷力は飲み屋のホステスを愛人にするのが趣味のようで、消費者金融などから多額の借金をしていたため、返済に充てるお金だったと考えられた。 そして利佐子さんの件も同じで、約2億円の生命保険が掛けられており、保険金を掛けたわずか1か月後に沖縄で亡くなったということ。 そこで逮捕に乗り切るも、神谷力がどのようにトリカブトを盛ったのかがわからない。 即効性のあるはずのトリカブトなのですが、神谷利佐子さんが苦しみ始めたのは、大阪に帰ると旅だった夫と別れてから約2時間も経過していたのです。 犯人が判明 その後調査は難航しますが、 あることがきっかけで犯人が夫の神谷力だと判明します。 犯人を断定するために、トリカブトの毒を飲ませた方法を探ろうと、カプセルなどを重ねて実験するも、数分程度効果が遅らせられるだけで証拠はつかめずにいました。 神谷力は裁判で、これを主張し続け、事件は迷宮入りかに思われたのですが、 大野医師があることを発見します。 それはトリカブトとフグの毒を調合することで、毒の効果を遅らせることができるというもの。 これにより、神谷利佐子さんの夫、神谷力が犯人だと決定するのでした。 神谷力は毒の実験をするために、フグやトリカブトを大量に購入して、自宅で実験していたことも明らかになったのです。 犯人で夫の神谷力 神谷利佐子トリカブト保険金事件のその後 神谷利佐子トリカブト保険金事件ですが、 その後犯人となった夫の神谷力には重い刑が下されます。 神谷力の裁判がその後行われていきますが、 1994年に求刑通りの無期懲役となります。 神谷力は控訴しますが、第2審も意見は変わらず。 さらに納得のいかない犯人の神谷力は、最高裁まで持ち込もうとしますが、2000年に棄却されて、無期懲役が決定しました。 事件からなんと14年もの月日が流れていました。 実は神谷力は公判中から、ずっと自らの無実を訴え続けて、 服役後に書いたものと合わせて2冊の本を出しているようです。 現在その本はネット上では見つかりませんでしたが、関連本はみつかりました。

次の

トリカブト保険金事件の犯人神谷力の現在!神谷利佐子の夫のその後とは?

トリカブト 殺人 事件

友人たちはあまりに突然の悲劇に、A子さんの死を簡単に受け入れることができず、病院に調査を依頼します。 実は彼女達には、思い当たることがあったのです。 新婚3ヶ月のA子さんの13歳年上の夫である神谷力を知る彼女たちは、神谷に疑いの目を向けていました。 A子さんは友人たちと合流する直前は、夫・神谷と沖縄を訪れて行動を共にしており、神谷には、結婚前から怪しい行動がいくつも見られていたためです。 神谷とA子さんは、A子さんの勤める高級クラブで出会い、神谷は公認会計士と名乗っていたが、公認会計士の名簿には載っていませんでした。 また、出会って間もないA子さんに、150万円もする毛皮のコートや400万円の指輪をプレゼントし、出会って6日目にプロポーズしていること、A子さんが神谷が調合したという栄養剤をたびたび服用していたこと、そして、前妻がふたりも心臓の病気で突然死していることなどでした。 神谷力にはアリバイがあった トリカブトに行き着いたことから、この事件は「トリカブト事件」として、連日マスコミが報道合戦を繰り広げるようになりました。 しかし、トリカブトは即効性の高い毒を持っているため、神谷と別れてから2時間近く経ってから苦しみだしたA子さんの死にどう関連付けるかが鍵となりました。 その後、トリカブト事件の報道を目にした漁師から、神谷に大量のふぐを売ったという通報を受けて、トリカブト事件はどんどんとトリックが暴かれていきました。 トリカブト単独では、毒の即効性が高いのですが、ふぐとトリカブトには、相反する作用があって同時に服用すると、拮抗作用(きっこうさよう)によって、効き目の遅い毒を作り出すことが可能になることを、またしてもA子さんを解剖した医師が突き止めたのです。 神谷力の逮捕 トリカブト事件の公判では、神谷が、いつどのようにして妻に毒を飲ませたかが焦点となりました。 検察側の主な主張は以下の通りです。 ・ A子さんの血液から、神谷が大量に買い求めていたという、トリカブトとふぐ毒が検出されたこと ・ 神谷の自宅から、神谷が毒の生成のための実験を行っていた器具を押収したこと ・ A子さんが生前、栄養剤だといわれて神谷が調合したサプリを飲まされていたこと ・ 神谷は消費者金融から借金をしていて金に困っていたこと 神谷はトリカブトは観賞用のために、フグは食品会社を起業するために購入したと反論しましたが、トリカブトとふぐの拮抗作用が決め手となり、神谷による犯行が可能と判断され、また、神谷に大量のトリカブトを売った高山植物店の店主も裁判で証言もあり、1994年東京地裁は、神谷に対し無期懲役の判決を下しました。 2審でも東京高裁は同じ判決を下しています。 2000年に、最高裁は神谷被告の上告を棄却、無期懲役が確定しました。 ただし、二人の前妻に対する事件では神谷は罪に問われていません。 トリカブト事件の9年後に、埼玉県本庄で連続殺人事件が起きています。 このふたつの事件には共通点がいくつかあります。 多額の保険金目当てであったこと、トリカブトを毒殺に利用していること、そして両事件とも「劇場型犯罪」といえるものであったことです。 トリカブト事件の神谷力も、本庄保険金殺人事件の犯人だった八木茂も、マスコミの前に堂々と顔を出して現れ、顔色ひとつ変えず「自分は天地神明に誓ってやっていない」「毒物は絶対に出てこない」などと発言していました。 マスコミを煽るかのように、八木は派手なパフォーマンスをしたり、また有料会見を行うなどし、神谷も「マスコミの中傷にさらされて」という手記を配って、悲劇の主人公のように振舞ったりしていました。 本庄保険金殺人事件の犯人、八木茂と神谷力の共通点.

次の