アーク メイジ。 【黒い砂漠モバイル】アークメイジのスキルと評価

【黒い砂漠モバイル】アークメイジのスキルと評価

アーク メイジ

クラスデータ 「???の種」は、光闇クラスだと闇系のクラスチェンジアイテムが手に入ります。 レインボーダストは無属性で高威力の全体攻撃のため、敵を一掃したい時に使用するといい。 MP消費が激しいので、回復手段は考えておかないといけない。 グランデヴィナと性能が似ているが、「???の種」を植えると、 闇のクラスチェンジアイテムが出現するという違いがある。 手間ではあるが、集めることで「デス・スペル」を使用することができる。 この点ではアークメイジの方がメリットが多いかなと思います。 おすすめパーティメンバー・クラス グランデヴィナと似ているので、おすすめも同じです。 デュラン ソードマスターがオススメで、リーフセイバーでMPを回復すれば、遠慮なく魔法が使える。 ケヴィン ウォーリアモンクのリーフセイバーでMPを回復すれば、遠慮なく魔法が使える。 ヒールライトが全体に使えるので、回復も万全。 マルドゥークは沈黙の効果もあるので、討ち損じても安心。 リースがパーティメンバーだと「風神の腕輪 沈黙耐性 」や「大地の腕輪 石化耐性 」を購入でき、 状態異常への耐性を準備することができる。 レベル別ステータス上限 アンジェラのクラス3の中で、精神と運が一番高い。 LV 力 速さ 体力 知性 精神 運 41 14 14 14 17 17 14 42 15 15 15 18 18 15 43 15 15 15 18 18 15 44 15 15 15 18 18 15 45 16 16 16 19 19 16 46 16 16 16 19 19 16 47 16 16 16 19 19 16 48 16 16 17 20 20 17 49 16 16 17 20 20 17 50 16 16 17 20 20 17 51 16 16 18 20 20 17 52 16 16 18 20 20 17 53 16 16 18 20 20 17 54 16 16 18 20 20 17 55 16 16 18 20 20 17 56 16 16 18 20 20 17 57 16 16 18 20 20 17 58 16 16 18 20 20 17 59 16 16 18 20 20 17 60 16 16 18 20 20 17 61 16 16 18 20 20 17 62 16 16 18 20 20 17 63 16 16 18 20 20 17 64 16 16 18 20 20 17 65 16 16 18 20 20 17 66 16 16 18 20 20 17 67 16 16 18 20 20 17 68 16 16 18 20 20 17 69 16 16 18 20 20 17 70 16 16 18 20 20 17 71 16 16 18 20 20 17 72 16 16 18 20 20 17 73 16 16 18 20 20 17 74 16 16 18 20 20 17 75 16 16 18 20 20 17 76 16 16 18 20 20 17 77 16 16 18 20 20 17 78 16 16 18 20 20 17 79 16 16 18 20 20 17 80 16 16 18 20 20 17 81 16 16 18 20 20 17 82 16 16 18 20 20 17 83 16 16 18 20 20 17 84 16 16 18 20 20 17 85 16 16 18 20 20 17 86 16 16 18 20 20 17 87 16 16 18 20 20 17 88 16 16 18 20 20 17 89 16 16 18 20 20 17 90 16 16 18 20 20 17 91 16 16 18 20 20 17 92 16 16 18 20 20 17 93 16 16 18 20 20 17 94 16 16 18 20 20 17 95 16 16 18 20 20 17 96 16 16 18 20 20 17 97 16 16 18 20 20 17 98 16 16 18 20 20 17 99 16 16 18 20 20 17 LV 力 速さ 体力 知性 精神 運.

次の

アンジェラ光クラス|攻略と分析!聖剣伝説3

アーク メイジ

活性化された状態でMPが0以上の場合自動で発動され、MPが0の場合はそのままHPを消費する。 但し、対象のMPが0の場合、それ以上吸収することができない。 命中した敵は氷結状態になり火属性の敵に大ダメージを与えられる。 スキル使用時に効果が活性化され、再使用時非活性化されるオンオフスキル。 雷属性で攻撃した場合、追加で氷結重複あたり最終ダメージが増加し、氷結重複が減少する。 転職時点で既に習得している。 サンダーボルトは自身を中心とした範囲攻撃。 コールドビームは前方広範囲へ凍結させつつダメージを与える。 両者とも非常に扱いやすい攻撃スキルなので、1次よりずっと快適に戦えるはず。 また、マジックブースターをある程度まで上げておくと狩りの効率が良くなる。 MAXレベルは10と手ごろなので一気に振るのも手だが、最初の内は5、6でも十分。 地味ながらもスペルマスタリーやハイウィズダムは重要。 メディテーションと併せ、キャラクターの強さをより確かなものにしてくれる。 マジックドレイン、チルリングステップといった縁の下の力持ちも忘れてはいけない。 特に後者の効果は目に見えにくいが、フリージングエフェクトのトリガーにもなって便利。 なお、2次スキル全てをMAXにするにはSPが1ポイント不足する。 削る対象は攻撃スキルがベター。 どちらを選んでも大差ないので好みで決めて構わない。 全部MAXにできるようになった。 アイコン スキル MAX 効果 効果 エクストリームマジック 氷、雷 10 持続ダメージ状態の敵またはスタン、氷結、暗黒状態の敵を攻撃する時の最終ダメージが増加する。 氷属性の攻撃。 またテレポート移動距離が永久的に増加する。 スキル使用時効果が活性化され、再使用時非活性化されるオンオフスキル。 さらに、永久的に最終ダメージが増加する。 一部のモンスターは耐性を持つため、引き寄せることができない。 稲妻は攻撃対象が少ないほど、より大きなダメージを与える。 嵐はゆっくり付いて来るが、遠く離れると力を失って消滅する。 嵐の攻撃は氷結重複を減少させない。 状態異常攻撃を受けるとバリアが直ちに発動して、一定時間全ての状態異常を阻止する。 追加で永久的に全ての属性及び状態異常耐性が増加する。 また、持続的に自分のHPとMPが回復され、全ての攻撃魔法のダメージが増加する。 エルクィネスは複数の敵を同時に攻撃し、エルクィネススキルを覚えると、永久的に熟練度が増加する。 チェインライトニングは追加クリティカル率が適用され、対象の周辺の敵を連鎖的に攻撃できる。 ブリザードの再使用待機時間中に攻撃すると一定確率で単体の敵にブリザードが落ちダメージを与える。 オーブは敵に接触すると移動速度が著しく遅くなる。 ダメージ上昇効果は確率的に適用され、最大5回まで蓄積される。 転職時勝手に習得している。 モンスター数2増加 テレポートマスタリー-アドレンジ 180 テレポートマスタリーで上昇する移動距離を追加で増加させる。 スキル使用時に効果が活性化され、再使用時に非活性化されるオンオフスキル 移動距離 100増加 チェインライトニング-リインフォース 140 チェインライトニングのダメージを増加させる。 モンスター数 2増加 チェインライトニング-ボーナスアタック 180 チェインライトニングの攻撃回数を増加させる。 攻撃回数 1増加 フローズンオーブ-リインフォース 150 フローズンオーブのダメージを増加させる。 モンスター数 2増加 フローズンオーブ-クリティカルレート 190 フローズンオーブのクリティカル確率を増加させる。 キーダウンスキル、MP 30消費、15体の敵に0. 再使用待機時間:120秒、グループメンバーの中で冒険者職業群にのみ効果 アイスオーラ 140 グループメンバーを破らない冷気で包むオーラを発生させる。 攻撃反射状態の敵を攻撃しても、ダメージを受けない。 攻撃反射状態の敵を攻撃してもダメージを負わない。 雷は攻撃反射状態の敵を攻撃してもダメージを受けない。

次の

アンジェラ光クラス|攻略と分析!聖剣伝説3

アーク メイジ

アンジェラ光クラス アンジェラの光クラスは正当な修業を積んだ魔術師・預言者といったイメージが割り当てられている。 下級魔法を初期クラスで習得しているのだが、クラス2で中位魔法を単体で習得し、クラス3で全体化するなど上位の魔術師のイメージに沿った魔法を習得していく。 クラス3の性能差はほとんどないと言っても良く、グランディビナが若干知性依存の魔法の威力が高い代わりに光属性の魔法の威力はアークメイジのほうが高い、と言ったくらいである。 全体的にはグランディビナのほうが使いやすいが、アークメイジはルーンの書によるデス・スペルを利用できるので好みで選んで問題ないだろう。 神獣を倒す際に巡るダンジョン内はやたら物理攻撃に対して強い相手も多く攻撃力を下げてくる相手も存在するためピンポイントで処理たいときに役立つ存在である。 ボディチェンジでも代用が出来るが経験値を入手できるので意外と悪くない選択肢である。 光クラスらしく闇の中位魔法を覚えない。 ポトシリーズやシルバーウルフなど印象に残りやすい面倒な相手が多く地味に面倒な部分である。 ソーサレスとはソーサラーの女性版である。 マジシャンが見習い魔術師だとすると立派な女性魔術師、という感じのニュアンスで使われていると思われる。 意外とマップで共通の弱点属性が設定されていることは少なく、そもそも対象となるダンジョンがあまりないため、まぁフレーバー的な意味だろう。 ルートごとの固有ダンジョンには光属性の弱点を持つ相手が多く登場するためセイントビーム(全)と個別処理に各種魔法を使う形になるだろう。 固有技のダブルスペルも結構強力だが習得に時間がかかるのが難点である。 グランディビナは多分表記する「grand-diviner」偉大な預言者といった感じの意味である。 アークメイジが分かりやすい意味なのに対してこちらは微妙に魔法使いのフレーバーから外れてしまっている。 専用技や通常の4属性の威力はグランディビナのほうが上回るが、セイントビームやポトの油を使わせていく場合にはこちらに軍配が上がると言っても良い。 加えてこちらはルーンの書によってデス・スペルが使用できる。 どちらのほうが優れているかは微妙だが、手間さえ惜しまなければアークメイジのほうが使いやすいだろうか。 アークメイジは意味とすると高位の魔術師。 ソーサレスで覚えた魔法が全体化しているのでイメージもしやすいだろう。 グランデビィナ側に多少でも月や木属性の魔法を覚えられれば差別化が出来たのだが。

次の