むれ 絵本。 楽天ブックス: むれ

群れの中にも個性あり「むれ」

むれ 絵本

吉本興業の絵本芸人・ひろたあきらさんのデビュー作として一躍有名になった絵本『むれ』。 子どものツボをよくおさえたストーリーで、外で読み始めると子どもがわーっと集まってくる本です。 子どもと会話しながら話が進むので、何人かの子どもを集めて読み聞かせをするときには最高ですね。 きっと人気者になってしまうと思います。 まず表紙がすごく明るくて、まぶしいぐらいのイエローの中に、アリのむれが集まって「むれ」と文字が書いてあります。 「この文字、アリでできてるよ!」と気づいた子どものテンションも上がります。 その後ページをめくるたびに、いろんなむれが出てくるんですが、むれの中の一匹だけが他と違うんです。 魚の群れの一匹だけが、骨の魚とか。 飛んでいる鳥の群れの中で、一匹だけ走っているとか。 そういう違いを見つけて、「ここにあったよ!」と探していくストーリーなので、ページを進めるたびに大盛り上がり。 でもだんだん難しくなってきて、大人でも「どこ?どこ?」と言っている間に、先に子どもが見つけたりするのもおもしろい。 ひろたさんが読み聞かせをするときは、どうしても自分で見つけたい子どもたちが、肩の上まで載ってきてしまって大変なことになると言っていました。 この本が「MOE絵本屋さん大賞2019」の新人賞第1位を獲ったときに、ひろたさんとお話する機会があって、この本ができたきっかけを伺ったことがあります。 実は書店で読み聞かせをしていたのだけれど、ストーリーのある絵本を読んでもあまり反応がないことがあって、「ウケない」状況に不安を感じたそう。 それならみんなが反応してくれる本を自分で作ろうと、スケッチブックに描いた『むれ』の自作絵本を読んだら、これが大人気になったと聞きました。 子どもの反応ってすごく素直なので、実際にやり取りを感じながら作った本は、強いですね。 本気で喜んでくれるし、絵のすみずみまで真剣に見つめてくれる。 私にとっては、読み聞かせの定番のひとつにしたいぐらい、掘り出し物の本でした。 他にも、子どもと触れ合う時間がなかなかないお父さんとか、たまに孫と遊ぶおじいちゃん、おばあちゃんにも、ぜひおすすめしたいですね。 知らないうちに子どものマイブームも変わっていって、前は喜んでくれたことに反応しなくなってしまい、子どもとどんな話をしていいのかわからない、なんていうときに、いいきっかけを与えてくれる本だと思います。 まずまちがい探しで一緒に遊べるし、ときどき「なんだこれー!」と笑っちゃう部分もある。 子どもが先に見つけたときに「すごいね!」と褒める部分まである。 そしてそれだけで終わらないところが、この絵本のもうひとつの楽しみ。

次の

話題の絵本『むれ』の気になる口コミをご紹介します!

むれ 絵本

バラエティ番組や舞台を通して多くの人を楽しませる芸人たち。 状況に応じて場を盛り上げるユーモアセンスと卓越した話術は魅力的ですが、実は絵本制作においてもその才能を活かしている芸人もいます。 普段見ているキャラクターとは違った作風の方もいて、その違いを発見するのも楽しいものです。 今回は、たくさんの人を笑顔にし元気を与えてくれる芸人さんたちが描いた絵本をご紹介しましょう。 多彩な才能を持つ芸人たち 芸人として確かな実力を持ちながら、他分野においても幅広く活躍の場を広げている方はたくさんいます。 たとえば、ネプチューンの原田泰造さんやドランクドラゴンの塚地武雅さんは俳優として安定した演技力を武器にさまざまな作品に出演しています。 映画監督ではダウンタウンの松本人志さんや北野武さん、作家ではピースの又吉直樹さんが芸人初の芥川賞を受賞し話題になりました。 芸能界の第一線で笑いを追求する方たち、絵本以外でも本業と違った分野においても独自の路線で自分たちの才能を活かしています。 芸人が制作した絵本の魅力 個性的な物語 テーマ選びに始まり物語の導入から結末まで、芸人の絵本は子どもの興味を引き付けてくれるでしょう。 普段からコントや漫才を通してネタを考えている方たちですから、言葉選びのセンスと構成力には安定感があります。 文章のみを担当する方もいますが、絵も含めて制作に携わっている方もおり、豊かな才能に驚かされることでしょう。 自身のキャラクターを活かしたユーモアたっぷりのものから、深いテーマ性が感じられるものまでさまざまな作風の絵本があります。 普段の芸風とは異なった作品を発表する方もいるため、ギャップの違いを発見するのも楽しいですよ。 注意点として、芸人が制作した絵本の中には、少しブラックな内容が混じったものもあります。 大人が読めば楽しいのですが、小さな子どもには不向きな場合もありますので、購入前に内容を確認することをおすすめします。 読み聞かせイベント 本のPR活動の一環として芸人自ら読み聞かせのイベントを行うことがあります。 多くの舞台経験を積み、人を引き付ける話術を持った方たちの読み聞かせですから、学べるところがたくさんあります。 声の強弱の付け方、読むスピード、体の動きや表情の変化など、読み聞かせの参考にもなるためチャンスがあれば参加してみましょう。 絵本の分野でも才能が光る芸人 絵本においても評価の高い芸人をここでは2人ご紹介。 キングコングの西野亮廣さんは個展開催、ジャルジャルの福徳秀介さんは賞を受賞するなど絵本の分野でも新たな才能を開花させています。 西野亮廣さんはなぜ絵本を? 漫才コンビ「キングコング」として活動している西野亮廣さん。 その活躍の場はテレビ業界だけに留まらず、ビジネス書を出版したり、オンラインサロンを運営したりと常に新しいことに挑戦し続けています。 絵本作家としてのスタートはタモリさんの「絵を描いてみたら?」という一言から。 独学から始まった西野さんの挑戦は、モノクロ作品「Dr.インクの星空キネマ」で一つの形となりました。 その後も勢いは留まることを知らず「えんとつ町のプペル」「TICKTOCK〜約束の時計台」などの作品を世に送り出し、絵本展も開催しています。 彼の活躍を後押ししたタモリさんとは「オルゴールワールド」でタッグを組みました。 タモリさんの発案を元に西野さんが物語と絵を担当しており、心温まる作品に仕上がっています。 作品を発表する度に注目を集める西野さん、その存在感と行動力で絵本作家という職業に新しい風を吹き込んでいくことは間違いないでしょう。 福徳秀介さんは北村絵里さんとの共作 福徳秀介さんは相方・後藤淳平さんと漫才コンビ「ジャルジャル」を結成し活動しており、賞レースで決勝に残るなど芸人としての実力は誰もが認めるところ。 独創的な中に斬新な切り口を覗かせる彼らの世界観は高い評価を得ており、数々のテレビ番組に出演しています。 芸人として抜群のセンスを見せる福徳さんが絵本作家・イラストレーターとして活躍するいとこの北村絵理さんと共同で作った絵本が「まくらのまーくん」です。 まくらのまーくんとみっちゃんの交流が優しさに満ちた視点で描かれており、柔らかな色使いのイラストが子どもたちを幸せいっぱいにします。 福徳さんはこの作品で第14回タリーズピクチャーブックアワード絵本大賞を受賞しました。 その後、二人は鼻の穴を題材にした「なかよしっぱな」で再び共作絵本を発表しています。 M-1グランプリ常連で「ピンポンパンゲーム」、「国名分けっこゲーム」など、独創性のあるゲームネタで、小学生に大人気のジャルジャル。 芸人が制作したおすすめ絵本5選 「えんとつ町のプペル」西野亮廣プロデュース( 幻冬舎) キングコングの西野亮廣さんがプロデュースし、総勢33名のイラストレーター・クリエイターによりスタートした絵本制作。 分業制作という前代未聞の試みは4年の歳月を経てオールカラーの絵本「えんとつ町のプペル」として完成しました。 鮮やかな色彩と闇の中に灯る光の表現が素晴らしく、文章を追うことを忘れてつい挿絵に見入ってしまいます。 売り上げも好調で日本各地で絵本展が開催されました。 アニメ映画や舞台化にまで発展し、絵本の持つ可能性を広げた作品です。 お笑いコンビ・キングコングのツッコミであり、今や絵本作家としても名を挙げた西野亮廣。 2016年に「にしのあきひろ」名義で発表された同... 「むれ 」 ひろたあきら(KADOKAWA) ピース又吉直樹さんが推薦文を寄せる絵本「むれ」は、吉本興業に所属するお笑い芸人ひろたあきらさんの作品です。 ネタ探しの中で絵本のおもしろさを知り、気付けば家に300冊も所蔵する絵本好きになっていたひろたさんの作品には、さまざまな「むれ」が登場します。 羊の群れ、キリンの群れ、鳥の群れ、あちこちにいる群れに注目し、その中から仲間外れを探していきます。 物語のおもしろさに探し絵要素が加わった遊び心いっぱいの一冊なので、子どもたちと絵本を指さして楽しみましょう。 必ずしも周りと同調する必要はない、それぞれの個性を大切に、という温かいメッセージが伝わってきます。 もともとひろたさんが読み聞かせ会で使うために自作したのがはじまりなだけあって、読み聞かせにも最適です。

次の

むれ

むれ 絵本

子育てをしていると「まわりと違うかも」と不安になったり、相談されるお母さんも多いはず。 そんな不安をうけとめてくれつつ、みんなと探し絵あそびができる絵本が『 むれ』(KADOKAWA)です。 『むれ』は、 書店員さんが未来まで読み継ぎたいと選んだベストセラー絵本にも入賞した一冊。 入選作品に選ばれた『 まいごのたまご』とあわせて読みたい絵本です。 『 むれ』 作者は、吉本興業所属のお笑い芸人・ ひろたあきらさん。 絵本のページをめくるたびに、ページいっぱいに描かれた様々な「むれ(群れ)」がでてきます。 ひつじのむれ、アリのむれ、宇宙人のむれ… ただし、「いっぴきだけ 〇〇です。 」 その一言に、子どもたちが一斉にむらがります。 どの年齢の子どもたちも大好きな絵探し絵本は、おうちや保育園での読み聞かせに最適です。 ピース・又吉直樹さんや、大人たちも夢中になると大絶賛! ・ ページをめくるたびに、「発想」と「発見」があって、わくわくした。 「むれ」にもバリエーションがあって良いのだと勇気も貰えた。 ひろたあきらの想像力から目が離せない。 (又吉直樹) ・読み聞かせをすると、何度も嬉しそうに指さしにきてくれます。 (4・5歳クラスの保育士) ・どこが違うのか、親も悩みます(笑)。 子どもと一緒に楽しめました。 (3歳女の子のママ) ・笑えるものから深いものまであって、 いろんな考える力を育んでくれるすごい絵本です。 山からころがり落ちた、たまごは、あたりにいた恐竜たちにたずねます。 ママの声も続々届いています! ・きらきらした目で 、毎日毎日「この本読んで!」と持ってきます。 (4歳男の子・3歳女の子のママ) ・やさしい色の絵が大好き! 読むたびに、あたらしい虫や植物を発見して楽しんでいます。 (3歳女の子のママ) ・「たまごのお母さん、むかえにくるかな?」と 、子どもはどきどきしっぱなしでした。 けいたろう 定価:本体 1400円(+税) 体裁:たて27cm よこ23. 通常、ご購入金額300円 税込 ごとに1mibonポイント付与のところ、期間中は対象銘柄に限り、ご購入金額300円 税込 で10mibonポイント付与します。

次の