生理 周期 が 短く なる。 閉経間近!?40歳女性です。女性の方に質問します。閉経前の生理の様子っ...

閉経にむけた更年期の生理パターンと閉経前の兆候について

生理 周期 が 短く なる

日本産婦人科専門医。 2008年東北大学医学部卒。 初期臨床研修を終了後は、東北地方の中核病院で産婦人科専門研修を積み、専門医の取得後は大学病院で婦人科腫瘍部門での臨床試験に参加した経験もあります。 現在は... 女性は、50歳前後で生理がなくなる「閉経」を迎えるのが一般的です。 この閉経を挟んだ前後5年間を「更年期」と呼びますが、この時期は女性の体に様々な変化が起こります。 毎月来ていた生理も不規則になるため、不安を感じるかもしれません。 そこで今回は、更年期の生理周期がどう変化するのか、原因も含めてご説明します。 正常な生理周期は? 生理周期とは、生理が始まった日から次の生理が始まるまでの期間を指します。 更年期の生理周期と比較するためにも、まずは正常な生理周期を理解しておきましょう。 生理不順は、初潮を迎えてから閉経するまで、どの女性にも起こりうるものです。 関連記事 更年期の生理周期は?長引く?短くなる? 更年期の生理周期の変化は人それぞれですが、一般的には、生理周期が短くなり、経血量が少なくなっていったあと、生理周期が3ヶ月に1回など間隔が長くなっていきます。 生理周期が短くなる(生理が早く来る) 女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの種類があります。 エストロゲンにより、子宮内膜が厚くなり、プロゲステロンによってその厚い状態が維持されます。 妊娠が成立しなかった場合、不要になった子宮内膜が剥がれ落ち、血液と一緒に体外に排出されるのが「月経(生理)」の仕組みです。 更年期に入ると、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が少なくなり、子宮内膜が十分厚くならずにすぐ剥がれ落ちてしまうので、生理が早く来るようになります。 生理周期が長くなる(生理がなかなか来なくなる) しばらくすると、経血量が減っていき、生理が早く終わるようになります。 閉経が近づくにつれて、女性ホルモンの量はさらに減り、正常に働く卵胞の数も少なくなるため、排卵が起こらなくなります。 それに伴い、数ヶ月に1度しか生理がこなくなり、最終的には閉経を迎えるのです。 関連記事 更年期の生理周期が乱れる原因は? 更年期に生理周期が乱れ始めるのは、卵巣機能の低下に伴い、ホルモンバランスが変わることが原因です。 1人の女性が一生のうちに排卵する卵子の数は、生まれた時点で決まっています。 更年期になると、正常に機能する卵胞が少なくなり、卵巣から分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」という女性ホルモンも減少します。 エストロゲンの分泌が減ると、脳の視床下部から分泌されている「ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)」のコントロールが効かなくなります。 やがて、排卵がなくなり、閉経を迎えると、卵胞はすべてなくなります。 なお、女性ホルモンの分泌量が減ると、子宮内膜が成長しなくなるので、生理時の経血量が少なくなり、生理の持続期間も短くなっていきます。

次の

pms症状?40代生理周期の乱れが顕著に!短くなったり長くなったり

生理 周期 が 短く なる

2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。 沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。 産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 生理が思っているよりも早くきてしまった、という経験はありませんか?生理がなかなかこないのも不安ですが、周期があまりに短すぎるのも、女性の体に何らかの不調が起きているサインかもしれません。 今回は、生理周期が短くなる頻発月経についてご紹介します。 しかし、生理周期は体調に左右されやすく、ちょっとしたことで数日早まったり、遅くなったりします。 たとえば生理周期が30日の人にとっては、26日で次の生理が来たら「生理が早い」と感じますが、25〜38日周期の間なので正常な範囲内といえます。 毎回多少ズレることはありますが、一時的なものであったり、周期の変動の幅が6日以内であれば、それほど心配はいりません。 しかし、生理周期が24日よりも短く、生理が早く来てしまうことが何度か続く場合は、婦人科を受診し、何らかの対処が必要になります。 関連記事 生理周期が早い「頻発月経」の原因は? 上のグラフは、生理周期が正常な場合の基礎体温表です。 グラフのとおり、1回の生理周期は卵胞期・排卵期・黄体期の3つの時期に分かれます。 原因として、主に次のようなものが考えられます。 卵胞刺激ホルモンの不足 生理周期の前半である卵胞期は、卵巣内の卵胞が成長する時期です。 卵胞の成長に必要なホルモンがうまく分泌されないと、卵胞期が短くなり、生理周期も短くなります。 卵胞の成長には、脳の下垂体や視床下部からの指令によって分泌される「卵胞刺激ホルモン」が関係しています。 脳下垂体や視床下部は、過度なストレスや急激な体重の増減などによって機能障害を起こしやすく、ホルモンがきちんと分泌されないことで卵胞の成長が遅れてしまうことがあるのです。 卵胞の成長が不十分で、排卵が起こらなくなってしまうと、「無排卵月経」になることもあるので、注意が必要です。 関連記事 生理周期が早い・短いときは治療が必要? 生理周期が24日以下の場合、まずは一度婦人科を受診してください。 ほぼ毎回、生理周期が同じなのであれば、体質的な問題かもしれません。 しかし、周期ごとに日数の変動が激しい、あるいは不正出血が長く続く場合は、何らかの異常が起きている可能性もあります。 頻発月経で特に問題なのは、無排卵になっている場合です。 排卵がうまく行かない状態を放置してしまうと、不妊の原因になる恐れがあります。 排卵誘発剤を使って卵胞の成長や排卵を促すなど、早めに治療を始めることが大切です。 また、ホルモン剤を使うことで、生理周期を正常に戻していく方法もあります。 関連記事 生理周期が早い・短いときは基礎体温をつけよう 基礎体温をつけることで、排卵やホルモンバランスの状態などを読み取ることができます。 生理周期の異常を早期発見するには、基礎体温を記録することをおすすめします。 たとえば、基礎体温表が低温期と高温期に分かれず、平坦な形やガタガタの場合、無排卵の可能性があります。 基礎体温表を病院に持参すると、医師がスムーズに状態を把握することができて、適切な治療をより早く始めることができるというメリットもあります。 女性によって生理や基礎体温は健康のバロメーターです。 生理周期が短い・早いのは、体からのSOSかもしれません。 体の異変にいち早く気づくためにも、普段から自分の体の状態に気を配り、健康的な生活を心がけましょう。 なお、いつもより生理が早く来た場合、予期せぬ妊娠による不正出血の可能性もあります。 少しでも妊娠が疑われるときは、妊娠検査薬を使って確かめてくださいね。

次の

生理周期がどんどん短くなるのはなぜ?

生理 周期 が 短く なる

生理は性成熟期の女性にとって生活と切り離せない存在です。 この時期の女性のカラダは、生理周期によって日々大きな影響を受けています。 生理周期のリズムを作り出しているのは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンなどの女性ホルモンの働きです。 生理の時に体調不良を感じやすかったり、月経前症候群(生理前症候群)(PMS)になったりするのもこのホルモンバランスが大きく関係しているのです。 また、逆に、1ヵ月のうちのある時期に体調が良かったり、気分が明るく前向きになれたりするのも、生理周期が少なからず関係しています。 では、生理周期の基本的な流れをおさらいしておきましょう。 生理周期は増殖期(卵胞期)・排卵期・分泌期(黄体期)・月経期にわけることができます。 まず、生理が終わるころから卵胞ホルモンが徐々に増え、子宮内膜も増殖を始めるのが増殖期(卵胞期)です。 この時期は基礎体温が低い低温期。 そして卵胞ホルモンの量が最も増え、卵巣から卵子が排出されるのが排卵期です。 次に、分泌期(黄体期)を迎え、卵胞が黄体というものに変化し、黄体ホルモンを大量に分泌します。 黄体ホルモンによって子宮内膜が柔らかい状態になり、基礎体温は高温期に突入します。 妊娠しなかった場合には受精卵のベッドとして用意されていた子宮内膜が剥がれ落ち、血液と一緒に排出されて生理が起き、月経期に入ります。 この生理周期は一定の間隔で起きるのが普通ですが、生理周期の長さから健康状態やホルモンバランスを知ることができます。 女性ホルモンや卵巣の働きが正常かを知る手掛かりになるので、自分の生理周期をよく把握しておきましょう。 生理周期とは、生理の初日から、次の生理の前日までの日数のことを指します。 この生理周期は28日間といわれることが多いですが、実際にはかなり個人差があり、一般的には、25~38日の周期が正常の範囲内。 これより短かったり長かったりする場合は、生理不順となります。 生理周期は、カラダの健康状態を示すバロメーターとなるので、生理周期を計算・管理して、できるだけ正確な生理周期を把握しておくことがおすすめです。 自分の生理周期を知りたいなら、カレンダーに印を付け確認していくのが良い方法です。 まず、生理が始まった日に1と記入し、次の日から2、3、4と日にちをカウントしていきましょう。 次の生理が始まったらその日を1とし、再びカウントを繰り返していきます。 健康な女性でも生理周期は予定日から2~5日ズレることは珍しくありません。 また、精神的なストレスや多忙などが原因で1週間ほどズレることもあります。 できるだけ正確なデータを取るには、3回分以上のデータを取って平均的な周期を割り出すのがポイントです。 データを取ってみると、自分の生理周期が正常でないことに気がつくことがあります。 生理周期が短く、24日以内の場合は「頻発月経」に当てはまります。 生理が頻繁にくるうえに、だらだらと出血が続くケースも多く、不安に感じる人は少なくありません。 実は、初潮を迎えたばかりの時期や、閉経前には頻発月経が起こりやすいものです。 性的に成熟していない思春期や、卵巣の機能が低下する閉経直前に頻発月経が起きるのはそれほど心配ありません。 積極的に治療をするのではなく、経過を観察することになります。 ただし、性成熟期の女性の頻発月経には注意が必要です。 「卵胞期短縮症」や「黄体機能不全」などの病気が隠れている可能性があります。 簡単に説明すると、「卵胞期短縮症」とは増殖期(卵胞期)が短くなる病気のことで、「黄体機能不全」とは分泌期(黄体期)が短くなる病気のことです。 増殖期(卵胞期)・分泌期(黄体期)のどちらが短くなっても、それによって生理周期が短くなってしまいます。 そのため、生理周期が24日以下になってしまうのです。 卵胞期が短くなると、生理から排卵までの時間が少なくなります。 低体温期は通常14日ほどですが、「卵胞期短縮症」の場合はこの低温期の日数が短いのが特徴です。 一方、「黄体機能不全」とは、脳や卵巣の異常が原因で、妊娠を継続するために役立つ黄体ホルモンの分泌が不足する症状です。 排卵から次の生理が始まるまでの期間が短くなります。 排卵後に体温は上昇し高温期が訪れますが、高温期が通常よりも短い場合には黄体機能不全の可能性があります。 日頃から基礎体温をチェックしておくと、低温期や高温期の日数が極端に短くなっていないか調べることができるので試してみましょう。 生理周期が短い場合は、自己判断せず専門の医療機関に行くようにしましょう。 婦人科に行くのは緊張しますし、恥ずかしさや不安を感じて診察を受けるのをためらってしまう人もいるかもしれませんね。 でも、頻発月経を放っておくとカラダへのリスクが高まります。 特に、妊娠を望む女性にとって、頻発月経は不妊の原因となるので深刻な問題です。 卵胞期短縮症が原因の頻発月経は、生理から排卵までの卵胞期が短いのが特徴。 排卵が起きるまでの期間が短いので、卵子が未成熟のまま排卵されることがあります。 卵子が成熟していないとうまく受精できなかったり、せっかく受精しても流産してしまったりするのです。 黄体機能不全が原因で生理が短くなっているケースでも、不妊症や流産を引き起こしやすくなります。 黄体がうまく働かず、黄体ホルモンの分泌が少ないので子宮内膜が十分に発達しません。 そのため受精卵が着床しにくく、たとえ着床できてもすぐに生理が始まって妊娠が中断されてしまいます。 妊娠を望んでいる場合は特に、早めの治療が必要です。 また、頻発月経には別の問題もあります。 頻発月経になると貧血になるケースがあるのです。 生理周期が短いと1ヵ月の間に2回も3回も生理があることになります。 このように、生理の回数が増えると当然経血量も多くなり、体は慢性的な貧血状態になります。 貧血による血行不良が原因で、カラダがだるく疲れやすく感じるなど日常生活に支障をきたすことも少なくありません。 頻発月経は妊娠を望んでいない場合には、貧血や不正出血などの症状がない限り治療は必要ありません。 でも、将来妊娠したいと思っている人や、そのほかの不安を感じる人は治療が必要です。 卵胞期短縮症かどうかを調べるには、検査を受ける方法があります。 基礎体温を測って低温期の長さをチェックしたり、血液検査で卵巣機能の低下がないかを調べたりします。 治療で用いられるのは内服薬・注射薬・点鼻薬の3つです。 内服薬や注射薬には、排卵誘発剤が使われ排卵を促す働きをします。 点鼻薬は、ホルモンバランスを整える役割をします。 このようにして短くなっている卵胞期を正常な長さに戻す治療が行われるわけです。 黄体機能不全かどうかは基礎体温のチェックや血液検査に加え、子宮内膜組織の着床しやすさを調べたり、超音波検査で子宮内膜と卵胞を見たりすることによって判断できます。 黄体機能不全の治療で用いられるのは、主に内服薬と注射薬です。 卵胞が正常に成長するために、排卵誘発剤の内服薬を利用します。 また、黄体ホルモンを補充する薬や、黄体の形成、維持を助ける性腺刺激ホルモンを補う薬も用いられます。

次の