インフル ワクチン 腫れる。 新型インフルエンザ予防接種後の症状について|厚生労働省

医師が断言!インフルエンザワクチン効果と「必ず打つべき人と理由」

インフル ワクチン 腫れる

インフルエンザの予防接種で腫れる人腫れない人がいるのはなぜか、その原因 1つ目は、 新たに注射されたワクチンが体内に抗体としてあるか、ないかの違いです。 新たなインフルエンザウィルスの場合、抗体を作るために腫れるといったことが起こります。 過去に同様のウィルスのインフルエンザにかかったことがある場合には、既に体内には抗体が作られているので、予防接種によって腫れるといったことはありません。 予防接種をすることによって腫れるといったことは、 新たな抗体を体内に作る上で正常な反応といったことがいえます。 原因の2つ目は、 注射針の刺激によっても腫れることがあります。 ワクチンを皮下組織に注入する皮下注射と筋肉組織に注入する筋肉注射がありますが、腫れやすい注射方法は 皮下注射です。 そして、インフルエンザの予防接種に使われる不活化ワクチンは、現在、日本では 皮下注射によって注射する病院が多いです。 ということは、そもそも インフルエンザの予防接種は腫れやすいといえるのです。 1970年頃までは筋肉注射による接種が多かったようですが、この頃に筋短縮症といった膝が伸ばせず、歩けなくなるといった症状が流行り皮下注射へ変わっていきました。 しかし、近年になって、副作用が出にくいということで、筋肉注射が見直されてきており、筋肉注射で予防接種を行う病院も増えてきています。 皮下注射と筋肉注射、自分が打たれるのはどちらの注射なのか、判別する方法として注射角度をチェックしてみましょう。 この2つの注射は打つ角度が異なります。 目安として、10~30度の角度で注射するのが皮下注射。 45~90度の角度で注射するのが筋肉注射となります。 インフルエンザの予防接種でもし腫れたらどうするのが正解か? もし、インフルエンザの予防接種で腫れてしまったらどうすればいいのでしょうか。 そのまま放っておいても3~4日ほどで、腫れや発熱は引くといわれています。 でも、そのままっていうのはつらいですよね。 濡れたタオルを当てたり、湿布薬を貼るといっただけでも腫れを抑えることができます。 あとは、安静にしていることが大事です。 また、インフルエンザワクチンの成分の一部には鶏卵も含まれています。 アレルギー症状により、場合によっては肘まで腫れてしまうといったケースもあるので、玉子のアレルギーがある方はしっかりと考慮することも必要になってきます。

次の

インフルエンザ予防接種で腫れる場合、冷やすのは効果的?

インフル ワクチン 腫れる

・皮下 ひか 注射 ・皮内 ひない 注射 ・静脈注射 ・筋肉注射 の4つです。 他にも関節内注射や髄腔内注射など特殊なところに打つ注射はありますが、基本はこの4つ。 どういう違いか、見ていきましょう。 まず皮膚 ひふ はどんなふうに出来ているのでしょうか。 医師向けの教科書を見てみます。 皮膚の構造 「あたらしい皮膚科学 第二版 」より引用 北海道大学大学院医学研究院・医学部 皮膚科 これだと詳しすぎて難しいので、すごく単純化してみたいと思います。 医者や看護師の頭の中ではだいたいこのくらいの理解でしょう。 筋肉が一番奥で、その奥には骨があります。 だいたい体のどこでも皮膚はこんな構造です。 先ほどあげた4つの注射は、この皮膚のどこに薬が入るかで分けられています。 インフルエンザワクチンは皮下注射 この中で、インフルエンザワクチン注射は 「皮下注射」というものです。 図に描くと、このようになります。 ワクチンで行う皮下注射 この図の肌色の部分が皮下組織と呼ばれる部分で、ここにワクチンを打つことになっています。 この皮下組織は脂肪や血管がある部分です。 もう少し奥に行くと筋肉に入って筋肉内注射になり、浅いと麻酔で使われる皮内注射という注射になります。 点滴はワクチンとは違うところに打つ ところで、病院で行う点滴ってありますよね。 あれはワクチンとは違うところに打つのです。 絵で描きますと、 点滴では、針は静脈の中に入っている このように針の先は 静脈という血管の中に入っています。 静脈の中は絶えず血がびゅうびゅうと流れていますから、静脈に注射したらあっという間に全身を巡ります。 そのスピードは速く、薬を注射して1分待てばほぼ頭からつま先まで、そしてほぼ全ての内臓にまで行き届くほどです。 その一方でワクチンを打つ 皮下注射では、注射を打ったあとすぐに全身を巡ることはありません。 ワクチンの液体は注射したその場所に留まっていますから、こんな風に少しふくらみます。 ふくらむと、痛くなります。 ワクチンを打つと、このように全体がふくらむ 皮下に注入したワクチンは少しずつ吸収されますが、それまでの間はこのようにふくらんでいます。 それが痛みを引き起こします。 このような物理的な痛みに加えて、注射を打った場所には軽い炎症が起きて痛みが少し続くのです。 炎症とはぶつけたり異物が入った時におきるもので、はれたり痛くなったりする現象です。 ちなみに 皮内 ひない 注射はこんな具合です。 麻酔で使う皮内注射 これは、注射する医師としてはとても表面から近いところに針を刺さねばならず、技術的に難しいのです。 また、注射される患者さんはかなり痛みがあります。 しかし、薬が少量で広がる特徴があるため、局所麻酔の時にこの方法はしばしば使われます。 ワクチンを作っている会社に聞きました 少し話は変わりますが、「今年のワクチンは去年より痛い」なんて話を我々医師や看護師さんでもよくします。 でもこれって本当なんでしょうか?その疑問に答えるために、ワクチンを作っている会社にインタビューしました。 ちなみに、インフルエンザワクチンは毎年中身が変わっていて、「ワクチン株」というものだけが違います。 インフルエンザのワクチンは、国内外のデータから「今年の流行はきっとこの種類のウイルスだろう」と専門家たちが予測して中身を決めているのです。 であれば、ワクチン株の違いで痛かったりそうでなかったりするのでしょうか? お話を伺ったのは化学及血清療法研究所、通称化血研 かけつけん というインフルエンザワクチンなどを作っているところです。 すると、 「ワクチン株と痛みの関連性については、確認できておりません」 という回答をいただきました。 ワクチン株によって痛いとか痛くないという差はあまりないのかもしれませんね。 しかし「痛み」は難しい ただ、「痛み」という感覚は個人によって大きな差があることを忘れてはいけません。 筆者は外科医として病院で働いており、毎日毎日似たような手術をしていますが、 たとえ同じ手術の同じ傷の大きさであっても、患者さんの年齢や性別によって痛みの強さは大きく異なるのです。 その差ははっきりしていて、痛み止めを使う回数が全然違うほどです。 傾向としては若い男性は痛みを強く感じ、高齢の女性は痛みを弱く感じる方が多い印象です。 もちろんそこには「我慢」という要素も入ってくるため、痛みの測定は非常に難しいのですね。 以上、インフルエンザワクチンの注射がなぜ痛いのか、注射を打つ場所と注射の中身についてまとめました。 (謝辞) 急な電話取材にもかかわらず丁寧にお答えくださった、化学及血清療法研究所 医薬営業本部 営業推進部 学術情報課の担当者の方に御礼申し上げます。 (専門家の皆さんへ) ワクチン接種部位を皮下にするか筋肉にするかについて、国内では添付文書上皮下注射ですが海外では筋肉注射が一般的です。 これには本邦の筋肉注射の歴史的背景もあります。 本稿ではその点についての議論は据え置き、現状の添付文書での皮下注射について解説しています。

次の

インフルエンザワクチンで腕が腫れたのですが・・・

インフル ワクチン 腫れる

2017-2018年インフルエンザ予防接種のウイルス株はこれ! インフルエンザワクチンは、他の地域での流行状況やここ数年での流行の傾向から、今年はどのような型のウイルスが流行するかを厚生労働省や国立感染症研究所が予想し、毎年微妙に異なるワクチンを製造しています。 2017年-2018年は以下のようなウイルス株の流行が予想されています。 ちなみに2016年-2017年の予防接種に含まれるウイルス株は• 今年はワクチンが不足しているとのニュースがよく報道されていますが、11月現在はワクチンの供給も増えつつあるようです。 2017年インフルエンザ流行状況 の感染マップによると、2017年11月現在、新潟県の一部に警報がでていますが、その他は注意報までも行かないほどのようです。 今後、どれほど流行するかはわかりませんが注意して感染状況を見ていくのがいいでしょうね。 予防接種を打つタイミングと持続期間 その年によって少しの差はあるにしても毎年インフルエンザが流行するのは12月下旬頃から翌年の3月にかけてです。 予防接種は、受けてから効果が現れるまでに約2週間かかります。 予防接種の持続する期間は約5か月間といわれています。 インフルエンザが流行する時期と、予防接種の効果が現れるまでを考えると、11月から、12月中旬頃までに予防接種を受けておくといいと思われます。 スポンサーリンク 副作用で広範囲に腫れることはあるの? インフルエンの予防接種を受けて起こる副作用がいくつかあります。 その中の一つに注射した患部が腫れることがあります。 これは予防接種の副作用で、インフルエンザに対する抗体を作る免疫反応が起きているためにおこる反応です。 腫れ方は人によって違いますので、局所的に腫れる人や広範囲に赤く腫れる人もいます。 予防接種副作用で腫れてきた時の対処法 予防接種で腫れてきたときは、特に何もしなくても普通は2~3日で腫れは無くなっていきます。 しかし、腫れやかゆみ痛みがあまりのも気になる場合は濡れタオルや氷や保冷剤をくるんだタオルで冷やすのがいいでしょう。 かいたりもんだりせず、そっとしておくのがいいですね。 あまりにも長く腫れが引かない場合は、病院に受診してください。 それでも副作用はおこります。 注射した患部が腫れる以外に発熱することや咳が出るなどがあります。 北里第一三共ワクチン株式会社の研究報告によれば、予防接種を受けた人の1. 6%に発熱が現れているとのことで、13歳未満では5%以上の子供に発熱が現れているようです。 子供は大人と比べて発熱しやすい傾向にあるとのことです。 あと、副作用として咳がでる人もいるようですがこれも2~3日で治まってくると思います。 これも長く治まらない場合は、病院の受診をおすすめしまします。 短期での発熱や咳は、体内でインフルエンザウイルスに対する抗体を作るために起こる反応ですので、特に薬を飲む必要はないです。 副作用の発疹やかゆみが出る場合 予防接種の後に、発疹やかゆみが出る場合があります。 副作用で腫れる時の所でもお話もしましたがこれも、予防接種の副作用ですぐに治まりますので、特に何かするというこは無いようです。 まとめ• 予防接種の副作用で幹部が広範囲に腫れることがあるの?とのことだったが副作用は人によっていろいろあるので、広範囲に腫れる人もいるようだ。 副作用で発熱やした場合や咳が出る時の対処方法は、いずれも予防接種による副作用なので特に何もしなくていい。 副作用の発疹やかゆみについての対処法は、これも発熱の時と同じで特に何もしなくても2~3日で治まってくるようだ。 これまで予防接種の副作用についてお話してきました。 この副作用は、予防接種の免疫反応によるもので放っておいていい場合がほとんどです。 とは言っても長く副作用が続く場合や心配な時は、一度病院に問い合わせをするか受診をするようにしましょう。 自分で勝手な判断はせず。 必ず医師に相談するようにしましょう。

次の