エースバーン対策ドラパルト。 【ポケモン剣盾】鬼火たたりめドラパルトの育成論

【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策【ソードシールド】

エースバーン対策ドラパルト

ページ:• 投稿者:凝固• コメント 40 みんなの評価 :• 投稿者:Raru• コメント 38 みんなの評価 :• 投稿者:ACT2• コメント 17 みんなの評価 :• 投稿者:望影• コメント 17 みんなの評価 :• 投稿者:peach john• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:ミズキ• コメント 16 みんなの評価 :• 投稿者:白霙• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:T• コメント 3 みんなの評価 :• 投稿者:ミズキ• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:john• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:足みじかおじさん• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:kzk• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:tさくや さく? 陽キャラ??? コメント 13 みんなの評価 :• 投稿者:た• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:夜道• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:がんす• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:弱保信者• コメント 0 みんなの評価 :• ページ:• 1 パーティ構築 63件• 投稿者:トロイ• コメント 16 いいね! 投稿者:meltdowner• コメント 7 最終12位 いいね! 投稿者:千夜• コメント 2 最終6位 いいね! 投稿者:トリッキー• コメント 5 いいね! 投稿者:ユークリ• コメント 6 最終78位 いいね! コメント 0 いいね! 投稿者:だい• コメント 12 いいね! 投稿者:知人男性N• コメント 3 いいね! 投稿者:ワニノコ@祝メガシンカ禁止• コメント 0 いいね! 投稿者:Y• コメント 4 いいね!

次の

【エースバーン対策】ダイマも切らずに楽々処理!ゴツメ頑丈ウソッキーのすすめ【育成論】【ポケモン剣盾】

エースバーン対策ドラパルト

はじめに 育成論投稿二つ目です。 前回のアーマーガアの育成論を多くの方に見ていただけたようなので、今回は自分がチームで使っているドラパルトの育成論を投稿します。 採用理由と役割 すばやさ種族値が驚異の 142。 言わずと知れた最速ポケモン、ドラパルト。 アタッカーとしてだけではなく、ひかりのかべとリフレクター、のろいやバトンタッチも覚えてしまうという技範囲の広さも持ち合わせる。 以前投稿した弱点保険アーマーガアの不意をつけるオマケつき。 いらない。 持ち物 基本は ひかりのねんどですが、耐久をもっと増やしたいなら オボンのみを持たせます。 性格・努力値と調整• 性格 ようき。 BもしくはDの数値をより高くするためにすばやさに補正をかけます。 努力値 252-4-164-*-4-84• 実数値 195-141-116-*-96-190• 調整 すばやさは、最速のを抜けるように。 性格補正込み、84振りで実数値が190になる。 最速インテレオンはS実数値189。 HPは、耐久力を最大にするために252。 残りは狙う相手に合わせて変え、すべてBかDに振る。 余分に振られる8は、Aと、BかDの振らなかった方へ。 技構成• ひかりのかべ• リフレクター• おにび• とんぼがえり 3ターンで仕事を終わらせて定時で退社。 壁がなくなる頃にもう一度出せるようにしておきましょう。 物理アタッカーの場合• リフレクターから入る。 おにびを当てる。 とんぼがえりで退散。 特殊アタッカーの場合• ひかりのかべから入る。 とんぼがえりで退散。 耐久ポケモンの場合• おにびから入る。 相手の構築を見て、より必要な方の壁を用意する。 片方の壁を用意し、とんぼがえりで退散。 エースバーン相手の立ち回り例• 必ずと言って良いほどふいうちかダイアークが来る。 リフレクターから入る場合、ふいうちは失敗し、ダイアークは確実に耐えられる。 ダイアークから来た場合、おにびを当てて2ターンで撤収。 仕事量としては十分です。 ゴリランダー相手の立ち回り例• リフレクター。 はたきおとすかダイアークが来る。 おにびを当てる。 残りHPと相談。 余裕を持てるならひかりのかべも出しておいて、とんぼがえりで退散。 ウーラオス いちげき 相手の立ち回り例• 必ず急所に当たるので、リフレクターからではなくおにびから入る。 リフレクターは捨てる。 1発耐えてとんぼがえり。 5-46. 2-77. 1-28. 4-42. 4-21. 5) 被ダメージ:62-73(31. 8-37. 0-25. 0-46. 4-65. 0-69. 2-34. リフレクターでに真正面から殴り勝つための補助を。 シェルアーマーなら急所に当たらないというオマケつき。 ドサイドン ラプラスに同じ、(個人の主観においては)弱点保険アタッカー率の高いポケモン。 もとより高い物理耐久力をリフレクターでさらに底上げ、または低い特殊耐久力をひかりのかべによって補助。 カビゴン 防御、物理耐久の低さを壁とやけどで補助。 はらだいこキョダイマックスからの全抜きコースへ繋ぐ。 このポケモンの対策 スカーフウーラオス いちげき など:こだわりスカーフで壁やおにびよりも先に倒す。 ドラパルト:ドラパルトミラーはすばやさで有利。 すりぬけなら壁の意味がない。 終わりに いかがだったでしょうか。 ドラパルトは選出画面で型を読まれづらく、かわらわりも効かないなどの長所があり、安全に両壁を用意できるポケモンのうちの1匹だと思います。 600族として恥ずかしくないようにすばやさだけではなく意外にもしっかり割り振られた耐久力を生かしてパーティの勝率を上げるサポートができるのではないでしょうか。

次の

【エースバーン対策】ダイマも切らずに楽々処理!ゴツメ頑丈ウソッキーのすすめ【育成論】【ポケモン剣盾】

エースバーン対策ドラパルト

はじめに 育成論投稿二つ目です。 前回のアーマーガアの育成論を多くの方に見ていただけたようなので、今回は自分がチームで使っているドラパルトの育成論を投稿します。 採用理由と役割 すばやさ種族値が驚異の 142。 言わずと知れた最速ポケモン、ドラパルト。 アタッカーとしてだけではなく、ひかりのかべとリフレクター、のろいやバトンタッチも覚えてしまうという技範囲の広さも持ち合わせる。 以前投稿した弱点保険アーマーガアの不意をつけるオマケつき。 いらない。 持ち物 基本は ひかりのねんどですが、耐久をもっと増やしたいなら オボンのみを持たせます。 性格・努力値と調整• 性格 ようき。 BもしくはDの数値をより高くするためにすばやさに補正をかけます。 努力値 252-4-164-*-4-84• 実数値 195-141-116-*-96-190• 調整 すばやさは、最速のを抜けるように。 性格補正込み、84振りで実数値が190になる。 最速インテレオンはS実数値189。 HPは、耐久力を最大にするために252。 残りは狙う相手に合わせて変え、すべてBかDに振る。 余分に振られる8は、Aと、BかDの振らなかった方へ。 技構成• ひかりのかべ• リフレクター• おにび• とんぼがえり 3ターンで仕事を終わらせて定時で退社。 壁がなくなる頃にもう一度出せるようにしておきましょう。 物理アタッカーの場合• リフレクターから入る。 おにびを当てる。 とんぼがえりで退散。 特殊アタッカーの場合• ひかりのかべから入る。 とんぼがえりで退散。 耐久ポケモンの場合• おにびから入る。 相手の構築を見て、より必要な方の壁を用意する。 片方の壁を用意し、とんぼがえりで退散。 エースバーン相手の立ち回り例• 必ずと言って良いほどふいうちかダイアークが来る。 リフレクターから入る場合、ふいうちは失敗し、ダイアークは確実に耐えられる。 ダイアークから来た場合、おにびを当てて2ターンで撤収。 仕事量としては十分です。 ゴリランダー相手の立ち回り例• リフレクター。 はたきおとすかダイアークが来る。 おにびを当てる。 残りHPと相談。 余裕を持てるならひかりのかべも出しておいて、とんぼがえりで退散。 ウーラオス いちげき 相手の立ち回り例• 必ず急所に当たるので、リフレクターからではなくおにびから入る。 リフレクターは捨てる。 1発耐えてとんぼがえり。 5-46. 2-77. 1-28. 4-42. 4-21. 5) 被ダメージ:62-73(31. 8-37. 0-25. 0-46. 4-65. 0-69. 2-34. リフレクターでに真正面から殴り勝つための補助を。 シェルアーマーなら急所に当たらないというオマケつき。 ドサイドン ラプラスに同じ、(個人の主観においては)弱点保険アタッカー率の高いポケモン。 もとより高い物理耐久力をリフレクターでさらに底上げ、または低い特殊耐久力をひかりのかべによって補助。 カビゴン 防御、物理耐久の低さを壁とやけどで補助。 はらだいこキョダイマックスからの全抜きコースへ繋ぐ。 このポケモンの対策 スカーフウーラオス いちげき など:こだわりスカーフで壁やおにびよりも先に倒す。 ドラパルト:ドラパルトミラーはすばやさで有利。 すりぬけなら壁の意味がない。 終わりに いかがだったでしょうか。 ドラパルトは選出画面で型を読まれづらく、かわらわりも効かないなどの長所があり、安全に両壁を用意できるポケモンのうちの1匹だと思います。 600族として恥ずかしくないようにすばやさだけではなく意外にもしっかり割り振られた耐久力を生かしてパーティの勝率を上げるサポートができるのではないでしょうか。

次の