ペトロ マックス ランタン。 ペトロマックスランタンケース自作 DIY

Petromax(ペトロマックス)&Vapalux(ヴェイパラックス)通販専門店【ランタンズ】

ペトロ マックス ランタン

キャンプ仲間たちは当然ステキな照明器具を持っています。 例えば、こんな感じの。 PETROMAX HK500 ニッケル 2150 ひとりでキャンプする時はヘッドライト、みんなとする時は彼らの灯りを拝借して、というキャンプ生活を送っていたのですが、やはり自前の灯りが欲しい。 しかし、買うなら「キャンプハウスでも使えるもの」がいい。 あれでもない、これでもないと悩む日々を送っていました(たいして調べてもなかったのですが)。 昨年の11月、柳茶屋キャンプ場でをした時、親友のNが「ほい、コレ、やる」と言ってたくさんのアウトドアアイテムをくれまして。 その中の一つがこれでした。 ペトロマックス ストームランタン です。 「嵐の中でも炎が消えない」ことからこの名が付いたそうですが、本体重量は460gと非常に軽いので、すぐに吹き飛ばされてしまうでしょう。 傾けすぎたり給油し過ぎるとすぐに漏れてくるので、やはり荒天時の使用には向かないかも(笑)。 また、給油口のキャップがややチャチなので、満タンにしてから車などに載せて運ぶと、灯油が溢れてしまう可能性があります(実際、僕もヤりました)。 ので、キャンプ場に着いてから給油するのが正解かも知れません。 が、給油口が小さくて給油がしづらい。 そこでコイツです。 フジカハイペットなど、給油がしづらいストーブにも使えますが、HL1にもばっちり使えます! 悪いところを先に書きましたが、逆に言えば、それ以外は非常に気に入っています。 僕が長所と感じていることを挙げてみると、• 燃料が灯油であること• コンパクトで軽いこと(荒天時を除く)• 見た目が良いこと• 簡単に着火でき、照度の調整も消火も簡単• ひとりで手元を照らす程度には明るい• 燃費が良い(150ml一度の給油で20時間近くもつ)• 心が洗われる• それほど高くない(定価:3240円) といった感じ。 最後のはまあアレですが、テントの中をピカーッと照らす照明ではないので、炎は淡くユラユラと、、、でもそれが妙に心を落ち着かせてくれるのです。 とは言いつつも 僕のキャンプ道具はテントがLunar Solo LE、テーブルや椅子はHelinoxという感じで、見た目的にはどうもこのストームランタンはしっくりこない。 ので、普段はを使用してます。 懐中電灯のようにもランタンのようにも使えますし、光量は無段階調整が可能。 優れものです。 雰囲気出したい時のストームランタン、実用的にいきたい時はオービットランタンと使い分けてます。 ところで、 噂によると、ペトロマックスHL1は生産終了のため、在庫限りの販売とか…… もう1台買っておくかな。 Followed by English translation. 当サイトサイトでは、Cookie(クッキー)を使用して、Webサイト内を移動する際の利用体験を改善しています。 Webサイトの基本的な機能の動作に不可欠なクッキーは分類されご利用のブラウザに保存されます。 当サイトの使用方法を分析および理解するのに役立つサードパーティクッキーも使用しますが、あなたの同意がある場合にのみブラウザに保存されます。 これらクッキーをオプトアウト(拒否)するオプションもありますが、ネット閲覧に関する利用体験に影響する(低下する)場合があります。 This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these cookies may have an effect on your browsing experience. Followed by English translation. Cookies(クッキー)は、Webサイトが適切に機能するために不可欠なもので、Webサイトの基本機能とセキュリティ機能を保証するクッキーのみが含まれます。 これらのクッキーには個人情報は保存されません。 Necessary cookies are absolutely essential for the website to function properly. This category only includes cookies that ensures basic functionalities and security features of the website. These cookies do not store any personal information. Followed by English translation. 必ずしもウェブサイトが機能するために必要ではなく、分析、広告、その他の埋め込みコンテンツを介してユーザーの個人データを収集するために特に使用されるクッキーは、不要なクッキー(Non-Necessary Cookies)と呼ばれます。 これらのクッキーをWebサイトで実行するには、事前に利用者の同意を得る必要があります。 拒否する場合は、「Enabled」のボタンをクリックし、グレー表示にしてください。 Any cookies that may not be particularly necessary for the website to function and is used specifically to collect user personal data via analytics, ads, other embedded contents are termed as non-necessary cookies. It is mandatory to procure user consent prior to running these cookies on your website.

次の

灯油ランタンの金字塔!「ペトロマックス」の魅力とは?

ペトロ マックス ランタン

コールマンのツーバーナーやガソリンランタン286A をケロシン化して遊んでいるとどうしても灯油ランタンの金字塔ペトロマックスが気になるので、とりあえずペトロマックスの中華製コピー品を買って遊んでみることにしました。 購入したのは金球杯のランタンですが、おそらくシーアンカー、バタフライ等のメーカーのものもほぼ同じだと思います。 Amazonでの最安値は4,850円からありますが最初はちょっと不安なので出荷チェックとうまく転嫁できない場合のサポートをしてくれるという次のショップに注文しました。 中国語の取扱説明書に加えてショップの日本語説明書があったのでそれを読みながら、早速届いたランタンに灯油を入れてマントルを装着しました。 このランタンには立派なプレヒート用バーナーがついていてそれを使ってプレヒートすることも出来るのですが最初はマントルを空焼きするためにアルコール皿にダイソーの注射器型スポインドでアルコールを満たして点火しました。 アルコールに点火するとアルコールが大きな炎を上げて燃え、マントルもゆっくり燃えていきます。 ちなみにこのランタンのバルブはストッパーが無く何回転も回すことが出来ますがつまみの突起を上にしたら閉で下にしたら開になりノズルに差し込まれた針が引っ込んで灯油が出る構造になっています。 ショップで圧の漏れチェックと圧力計の調整は済んでいるので圧力計を見ながらポンプを動かして圧力1まで加圧して、アルコールが消えかけた頃にバルブを開いて灯油に点火しましたが、 ん???、全然明るくならない。 コールマンの286Aのバルブを半分開いてないくらいの燃焼状態でそれ以上は全然明るくなりません。 夜も遅かったので次の日にショップにメールして症状を伝えたところすぐに返信がありチェックポイントの説明とランタンのあるところで電話してくれとの回答をもらいました。 その日の夜になって教えてもらった通りにチェックをして、それでも明るくならないのでランタンに点灯してショップの担当者に電話して確認したところジェネレータに亀裂があり灯油のガスが漏れているのだろうということで翌日にパーツを送付してもらうことになりました。 点検済みと言ってもジェネレータの亀裂は実際に点灯してみないとわからない部分ですし点灯してしまえば新品とは言えなくなる訳ですからショップの非を責めることも出来ません。 サポート無しのショップから購入したランタンで同じ不具合があったら返送&返金しか無いのですから徒労感だけが残るので、素早い対応とすぐに交換用のジェネレータを送ってくれるというショップの対応は有り難く思いました。 数日後に届いた新品のシーアンカー製ジェネレータに交換して点灯したところ、評判通りコールマンの286Aより明るく輝き始めて一件落着となりました。 もともと、色々と弄ってみたくてこのランタンを購入したのでいきなりジェネレータを交換したり出来たのは私にとってはラッキーなことでした。 シーアンカータイプのランタンを触っていて気付いたこと 目次• ノズルの針は必要・不要? 写真のバルブについているジェネレータの中を通る棒の先には針が付いていてバルブを閉めた時にはノズルの穴から少し飛び出して穴をクリーニングしてくれるようになっています。 バルブを閉めた状態でランタンの上を外した時にこのノズルの上面から出た針に物をぶつけると針の先が曲がって、一度引っ込んだ針が出てこなくなってしまうので面倒だ。 また針の出し入れを繰り返すことで穴の径が変わってしまうのでこのクリーニング針は必要ないという意見もあります。 交換用のジェネレータと一緒に替えのノズルも送ってもらったので三つのノズルを並べて顕微鏡で見たところ穴のふちにバリが残っていてバリをきれいにすると灯油が吹き出す量が変わってしまう状態でした。 」という意見があるのは不可解だったのですが針の出入りでこのバリが取り除かれることで燃焼状態が変わってしまうということならあり得ることです。 その場合はバリが取れて穴が綺麗になった状態で再調整して最適な燃焼状態になるようにするのが良いと思います。 針の調整 パイプの片側を潰した針の付いた部品を回すためのツールが付属しています このように手でツールを回して部品をバルブから出ている棒の先端にねじ込みます。 この時ネジが止まるまでねじ込んでしまうと針が引っ込み過ぎになるので針の高さを見ながら丁度良い位置になるように回して調整します。 空焼き時に気を付けること 金球杯、シーアンカーのマントルは下のリンクのようにガスランタン用マントルと同じ提灯型をしています。 このマントルは最初は大きいのですが空焼きをするとかなり縮んでしまい、空焼き後の点火時に圧力を高くすると穴が空いてしまいます。 写真は空焼き後に圧力1にして点火したときに大きな穴が空いてしまったマントルです。 これほど大きな穴ではありませんが最初に使ったマントルも底に穴が空いてしまっていたのでこのマントル固有の問題ではなくこのタイプのマントル全般の弱点なのではないかと思います。 上手なマントルの空焼き方法 マントルに火をつけてマントル全体が灰のように白くなってもまだマントルは柔らかく、灯油に点火して温度が上がってから縮んで硬くなります。 この時に圧力が高いとマントルに穴が空く可能性が高いので最初は圧力を低めにして灯油に点火するとうまくいく確率が高くなります。 お勧めのマントル 下のマントルはケロシン化したコールマン286A用に買っていたものですが、こちらの方がシーアンカーのマントルに較べて空焼き後の体積が倍くらい大きくなり格段に明るくなります。 ただし大きいマントルを使うときはタンクの圧力を上げないとマントルの温度が下がってしまうためマントルに合わせて圧力の調整が必要です。 このマントルを明るく輝かせるための圧力は1. 5でした。

次の

ペトロマックスランタンケース自作 DIY

ペトロ マックス ランタン

ランニングコストが安い• とにかく明るくてメインランタンとして最適• デザインがかっこいい ランニングコストが安い なんと言っても 燃料が灯油であることが最大の魅力です。 灯油は他のランタンの燃料であるガスや電池と比べ安くて手に入りやすいため、実用性の高いランタンです。 更に光量の割に灯油の消費量が少なく ランニングコストが安いのは有難いです。 明るくてメインランタンとして最適 ペトロマックスHK500の明るさは500CPあります。 これは 約400W相当になるので、かなり明るいです。 広範囲を非常に明るく照らしてくれるので、メインランタンとして最適。 ガスランタンとは違い 気温が低い時でもコンスタントに明るさを発揮できるのも魅力です。 また灯油ランタン独特の光の暖かさや柔らかさが、夜のキャンプサイトを包み込むように照らしてくれます。 デザインがかっこいい 創業から100年以上経つランタンでありながらほとんどモデルチェンジのない当時のままのシルエットが レトロで露骨でかっこいいです。 他の灯油ランタンと比較しても大きめで、コールマンA286よりも10cm程高く、ニッケル、ゴールド、アーミーの3つのカラーはどれも キャンプサイトで一際目立つ存在感のあるランタンになること間違いなしです。 ペトロマックスHK500のメカニズム ペトロマックスHK500を使用するにあたり、 灯油ランタンのメカニズムを知っておくことは非常に重要なことで、 ランタンのメンテナンスに役立つのでしっかりと理解しておきましょう。 仕組みを簡単にまとめると、 液体の灯油を気化させ、空気と混合させた燃えやすいガスを作りだす装置が灯油ランタンです。 加圧式の燃料タンクは、ポンピングする事で圧縮され加圧されます。 この圧力は、気化器であるジェネレーターへ液体灯油を押し上げるのに用いられます。 マントルに火をつける前に、 まずはジェネレーターを十分に熱っする必要があります。 これは、液体灯油をガス状にしなければならないからです。 この作業が今回のテーマでもある 予熱(プレヒート)と呼びます。 プレヒートが終わり、ガス化した灯油に火がつくと、マントルから吹き出す熱によって、ヴァポライザー内の液体灯油は常に気化され続けます。 圧縮されたガス状の灯油は一気に膨張しながら空気と混ざりあいます。 完全に混合されたクリーンなガスはバーナー下部のノズルから吹き出し、燃焼しながらマントルにぶつかり、光を発するのです。 ペトロマックスHK500の問題点とメンテナンス方法 では、実際に ペトロマックスHK500を使用して感じた問題点と解決策をまとめてみました。 大体のメンテナンスは付属の専用工具で出来るようになっています。 マントルの明るさが不安定な時 マントルの明かりが暗かったり不安定な時は ミキシングチューブの高さを調整します。 ミキシングチューブはヘッドカバーを外すと上部にあるU字になっているチューブのことです。 ここでニップルから噴き出る気化した燃料と空気が混合します。 この混合の割合いを変えることでマントルの明るさを調整する事が出来ます。 グリップホイールの矢印を下向きにした状態で、ミキシングチューブを固定しているネジを緩め、付属の専用スパナについているゲージを使い、 ニップルとミキシングチューブの隙間が適正になるよう高さを調整します。 調整が終わったらネジをしっかり締めて、ミキシングチューブを固定します。 また、ニップルは熱膨張で緩みやすいので、これも専用スパナで増し締めします。 予熱バーナーが安定してしない 不純物が多い灯油を燃料としている為、どうしても、 すすが発生しやすくランタンのこまめな清掃が必要になります。 特に余熱バーナーの小さな噴射口にはススが溜まりやすくバーナーの炎が安定せずに使用中に消えてしまうことがあります。 メンテナンス方法としては、バーナーの噴射口が詰まっている可能性があるので 付属の掃除針を使って噴射口を掃除します。 レバーのすぐ上にある穴からバーナーのノズルに差し込み、クリーニングします。 アルコールカップを利用したプレヒートのやり方 ペトロマックス HK500では、勢いのある余熱バーナーでのプレヒートが主流になりますが、 意外に便利なのがアルコールカップを利用したプレヒートになります。 アルコールカップはジェネレーターの下にあるアルコールを受ける皿になります。 このアルコールカップを利用したプレヒートの仕方とメリットをまとめてみました。 先程の問題点の1つでもある 「予熱バーナーが安定しない」の対策にもなります。 アルコールカップを使用した点火方法 燃料用アルコールを用意 まずは、 燃料用アルコールをHK500に付属しているアルコール容器に移して準備します。 燃料用アルコールはドラッグストアなどで300円ほどで容易に購入出来ます。 また一回の点火で必要なアルコール量は専用容器の3分の1以下になるのでコスパも良いです。 ご注意下さい。 ポンピングをしてタンク内に圧をかける 圧力調整ネジが閉まっている事を確認してタンク内に圧をかけます。 タンク内の灯油が少ないと圧をかけるのに時間がかかります。 アルコールカップにアルコールを入れる アルコールカップにアルコールを入れます。 入れる時は、サポートフレーム下部、ジェネレーター横に少し大きな穴が空いているので、そこに アルコール容器の先端を入れていっぱいになるまで注ぎます。 アルコールに点火する アルコールを点火する際は、先程利用したサポートフレーム下部の穴から マッチやチャッカマンの先端を入れて点火します。 プレヒートを開始 ここが1番重要な工程になります。 十分にジェネレーターを予熱しないとランタンが炎上してしまいます。 点火 プレヒートが終わったら青色のノブを矢印が真下にくるように回転させて点火します。 勢い良く回すとマントルが破けてしまうのでゆっくり回します。 予熱不足だとランタンが炎上するので、その時は慌てずに圧力調整ねじをゆるめて圧を抜き消化します。 そしてまた点火の作業を初めからやり直してください。 その際、予熱の時間をさらに長くしましょう。 アルコールでプレヒートするメリット アルコールでのプレヒートは、予熱バーナーと違いポンピングした圧が放出されないため、 予熱中にポンピングを追加する必要がないので楽でした。 更にアルコールでの炎も安定しているので寒い時期でも安心して利用出来ました。 癖のあるランタンこそ愛着が湧き長く使用できる ペトロマックスHK500は他のLEDランタンやガスランタンと比較しても 点火やメンテナンスに手間がかかり癖のあるランタンになります。 だからこそ、それを理解して使用すれば 愛着が湧き長く愛用出来る素晴らしいランタンになってくれるはずです。

次の