監査法人 2ch。 監査法人コスモス

大手・中小・海外別に監査法人を徹底解明!働くならどこがいいのか

監査法人 2ch

わたしは公認会計士になって約20年になりますが、監査を取り巻く環境の変化をひしひしと感じています。 監査に従事する公認会計士にとっての環境の変化は、労働時間の長時間化、精神的負担、利害関係者からの期待と失望など様々です。 これらの環境の変化は、これからますます進んでいくと思われます。 そういったなかで、われわれ公認会計士は、何をよりどころに職業的専門家としていくか、ワークスタイル選択の観点からお話させてもらいます。 4大監査法人と中小監査法人で忙しさの違いはあるのか 近年より続く、人手不足による売り手市場のため、公認会計士は試験合格後、4大監査法人に入りやすい状況にあります。 4大監査法人は、新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人トーマツ、あずさ監査法人、PwCあらた有限責任監査法人の4つで、大手海外会計事務所と提携もしくは傘下に入っておりグローバルに展開しています。 監査法人内に勤務する人数も中小監査法人 個人会計士事務所 とは比べ物にならないほどいます。 配属された部署が違うと、顔も名前も一致しない同期が存在する位です。 このような法人規模の違いによって、業務の内容や忙しさに違いがあるのかどうかを解説していきます。 (1)4大監査法人と中小監査法人で監査の質に違いはあるのか 上場会社をはじめ有名企業は、4大監査法人を会計監査人とすることが多いといえます。 投資家は、名の知れていない中小監査法人 個人会計士事務所 だと、監査の『クオリティー』が低いのではないかと先入観を持っているからです。 実際には、中小監査法人のパートナー(経営者)のほとんどが、4大監査法人の出身者のため、監査の『クオリティー』には大きな差はないと思われます。 ただし、4大監査法人は監査システム、監査ツールのIT化が圧倒的に進んでいます。 (2)4大と中小、忙しいのはどっち? 4大監査法人と中小監査法人 個人会計士事務所 、どちらが忙しいかは、一概にはいえません。 4大監査法人では内部資料の作成に終始追われ、他方、中小監査法人 個人会計士事務所 は、プロパー職員の人数が限られているため、あれこれとやることが多く忙しいです。 繁忙期 4~6月 は、4大監査法人の方がクライアント数やクライアントの規模が大きいため、忙しい傾向が顕著です。 年収、および初任給はやはり、一般的には、4大監査法人のほうが高く、福利厚生も充実しています。 残業代に関しては、原価率の管理が厳しく青天井の残業時間をつけられる状況ではないといえます。 これは、業務の内容と担当パートナーと主査(現場責任者)の判断によるところが大きいです。 監査法人の仕事は、激務? (1)監査法人は、本当に忙しいのか 監査法人の業務内容は本当に激務なのかについて、考えてみたいと思います。 企業などに勤務した経験のないまま公認会計士になった方にとっては、社会人として初めての仕事ですし深夜残業もあるため、激務と捉えられる傾向が強いといえます。 前職に金融機関、保険会社、警察庁をはじめとする国家公務員を経て公認会計士になったわたしの過去の同僚は、監査法人の業務は、彼らの前職業務内容に比べると、全然激務と思わないとよく言っていました。 また最近は4半期決算の影響で、繁忙期と閑散期の波がなくなってきました。 また3月決算以外のクライアント(いわゆる期ズレのクライアント)もあるので、年がら年中、レビューや監査をしているため、激務と感じる一つの要因なのかと思います。 (2)20年前と今の監査法人の仕事の違い この20年間の間に監査法人の仕事がどう変わったのかについては、利害関係者のニーズの変化により仕事が忙しくなっているという側面があります。 小職が監査法人に入ったころは、連結財務諸表の監査もなく、4半期開示もなく、税効果や資産除去債務といった見積り要素の強い監査がありませんでした。 このような時代の変化と共に、監査領域の拡大と新しい監査概念の導入で、忙しさは増しているのは事実だとは思います。 ただ、激務だからといって4大監査法人を敬遠するのは長い仕事人生を考えた上では得策でないと思います。 この理由については後述します。 将来の方向性から考えた4大監査法人と中小監査法人の違い (1)4大監査法人に入った後のさまざまな道 ゆくゆくは中小監査法人に転職するか、自分で個人事務所を立ち上げるか、コンサルティング会社や証券会社に転職する等、将来の方向性をどう置くかで、4大監査法人に入った後の道筋は変わってきます。 4大監査法人に残って、マネージャーに昇進しパートナーなるか。 この場合は、人事評価により昇進が決まるため、どのパートナーについていくのかが重要となります。 4大監査法人を退職して新たな道に進む場合、監査法人外での人脈作りが重要となります。 実家が税理士事務所を営んでいる場合は、税理士法人等での修行が必要となります。 また、監査しか知らない公認会計士は、金融機関や証券会社にとって魅力ある人材に見えないため、ファイナンシャル・アドバイザリー・サービスといった方面で修行してから独立するのも手です。 (2)中小監査法人で働くことのメリット 中小監査法人で働くことのメリットは、一にも二にもクライアントとの距離が近いため人脈形成がしやすい点にあります。 また、中小監査法人ではクライアント規模も小さいので、税務の知識が大手より求められることになります。 税務知識を嫌がおうに求められるため、自然と勉強する環境にはなるかと思います。 資本政策についてもアドバイス求められ、またファイナンスに特化した外部専門家と接する機会が増えることから仕事の幅が広がるのもメリットの一つといえます。 4大などの大手監査法人にいると、やはり目の前にある監査だけに追われることになるため、将来的に独立を考えているなら、中小監査法人の方がそれに必要なスキルを習得しやすい環境にあるといえます。 (3)わたしの場合 ちなみにわたしは、4大監査法人を経て、ファイナンシャル・アドバイザリー・サービスでデューデリジェンスとバリュエーションを学びました。 その後、大学ゼミの恩師である川北博事務所(個人の会計事務所)を経て、独立しました。 独立準備段階として、異業種との交流を図りました。 特に、医師と弁護士とは積極的に交流を図りました。 医師との繋がりを求めたのは、元々、ヘルスケア領域への関心が強かったためです。 弁護士との繋がりを求めたのは、事業再生のため必要となるデューデリジェンスとバリュエーションといった前職で得た知識と経験を生かしたかったためです。 また、同業の公認会計士の先輩から、監査のお仕事の紹介や、監査役、上場会社の非常勤取締役のお話もいただきました。 ですので、将来自分で事務所を立ち上げようとしている方々は、『よき』人脈、『よき』先輩、『よき』仲間を自然とつくっていく必要があると思います。 まとめ いままで述べてきたように、監査の仕事はわたしが20年前に公認会計士試験に合格し、監査法人に入所したころに比べ、忙しくなっているというのは現実としてあります。 4大監査法人には、人が多い分、出会いも多く(人脈)、自分を磨くチャンス(経験)も多いのは事実です。 中小監査法人を経て、4大監査法人に転職される方もいないわけではありませんが、最初から4大に入った方がその後の選択肢は多いと言えます。 一方で、 3. (2)「中小監査法人で働くことのメリット」で述べたように、中小監査法人で働くことのメリットもあります。 これから公認会計士試験を受験される方も読んでいらっしゃるかと思いますが、公認会計士になった方は、まずは自分が将来どのような道に進みたいかをぼんやりとでも思い描いてから、最初の就職先を選んでいただきたいと公認会計士のいち先輩として、切に望みます。 執筆者プロフィール 安田 憲生 やすだ のりお)• 公認会計士 中央大学商学部卒業 太田昭和監査法人(現 新日本有限責任監査法人)入所後 アーンストアンドヤング・トランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社に勤務し、財務デュー・ディリジェンス業務に携わる。 現在、公認会計士川北博・德永信事務所、安田憲生公認会計士事務所に勤務。 上場会社の非常勤取締役、IPOを目指す会社の監査役に多数就任。 自身の事務所では医療法人や学校法人、一般社団財団の監査を行っている。

次の

あずさ監査法人

監査法人 2ch

公認会計士試験合格後、ほとんどの会計士が監査法人に勤務することと思いますが、 5年から10年程度で半数以上程度の方が監査法人から出ていくこととなります。 理由は様々ですが、 近年は若手の公認会計士が将来への不安や激務からの不満により監査法人を辞めたいと考え転職するケースも増えております。 きっかけは様々ですが、監査法人を辞めたいとお考えの潜在的な転職予備軍は多いのが現状です。 監査法人側としては多様なキャリアパス、労働環境の見直し等は進んでおり、一時に比べれば環境は良くなっておりますが、 それでも監査法人から離職される方は多いのが現状です。 ここでは、監査法人を辞めたいとお考えの方向けに転職やキャリアに関する注意点などを紹介したいと思います。 監査法人を辞める理由は「ワークライフバランス」「将来への不安」「飽きた・つまらない」というものが多い 数年前に比べると監査法人内部の業務改善は進んでおり、労働環境という点では改善が進んでいると言えるでしょう。 ただ、それでも特にBig4等においてはまだまだ忙しく、ワークとライフのバランスが崩れている方も少なくありません。 ワークライフバランスを求めて監査法人辞める 監査法人勤務の会計士の中には激務から心や身体を壊してしまう方もいらっしゃいます。 繁忙期の忙しさは言うまでも無いかと思いますが、終電に間に合わずタクシー帰りが多くなり、休日出勤も当たり前という状況が長く続きます。 特にインチャージとして複数のプロジェクトを抱えていたりすると自分の時間はどんどんなくなっていくでしょう。 また、スタッフ層は残業時間が制限されていることもあり、シニアやマネジャー等の管理職層の方は業務カバーが必要となり、激務となるケースがあります。 人手を増やそうにも公認会計士の人数自体が急に増えるわけではありませんので、採用活動をいくら強化したところで限界もあります。 AIやRPAの導入なども進められていますが、先々監査業務は簡略化されるでしょうが、まだまだ実用化には時間がかかり、今すぐ改善されるものでもありません。 そのため、監査法人にて一定度勤務してきた方は、ワークライフバランスを求め事業会社の経理等への転職を考え始める傾向にあります。 特に20代後半の女性に関しては、先のライフイベント見据えて福利厚生が充実している企業の経理部門への転職をされるケースも多いです。 ただ、ワークライフバランスを考えての事業会社への転職は方向性としては良いと思うのですが、事業会社へ転職したからといって必ずしもワークライフバランスや福利厚生が充実しているわけではありませんので、事前にしっかり情報収集を行っておきましょう。 将来への不安から監査法人を辞める AIやRPAの台頭により、会計・監査業務がなくなってしまうのではないか? 監査業務はつぶしがきかず将来が心配である、 といった漠然とした不安から監査法人からの転職を考える会計士は多いです。 実際問題監査経験しかない公認会計士は転職市場ではそれほど市場価値は高くありません。 30代中盤になり監査経験しかない公認会計士が転職を考え始めた際、 監査経験しかない会計士が経理・財務職へと転職するのにハードルが上がります。 パートナーまで上がれば監査法人での経験しかなくても事業会社の監査役ポジションでの転職等も可能ですが、 現在監査法人は上のポジションが詰まっており、パートナーまで上がるのも困難な状況となっています。 そういった様々な要因から20代中盤~30代前半くらいまでの方が将来を考え、監査法人を辞めることを考え始めます。 財務・会計に関する知見に加えてプラスアルファのスキルを身につけるべくコンサルティング会社やベンチャー企業も含めた事業会社への転職を検討する会計士が多くなっています。 現在の市況であれば監査法人へと出戻ることもできるので、思い切って監査法人の外に出てみるという選択肢が取りやすいのも要因の一つでしょう。 監査に飽きたから辞めたい 監査法人を辞めるにあたって監査に飽きたというものが最も多い理由でしょう。 監査法人入所当初は覚えることも多いため、新鮮な部分もあるかと思いますが、 4,5年程度経ってくると、ルーティン業務が多くなり、作業をしている感覚に近くなってくるため、飽きが来るのです。 そうしたこともあり、最近はアドバイザリー部門への異動等が可能となってきているので、アドバイザリー部門へと異動される方も多くなっています。 監査法人でも人手不足が続いていることから以前に比べると異動はしやすくなっています。 ただ、監査法人以外のキャリアも気になるという方が多いため、アドバイザリーも視野に入れつつ、外部のコンサルティング会社や事業会社へ転職した場合とキャリアパスはどう異なってくるのかといったことも気になる方も多いため、転職エージェントに相談される方も多くなっています。 監査法人の次のキャリアとしてどのようなものがあるのか 監査法人の次のキャリアとして事業会社の経理・財務を選択する方が非常に多くなっています。 FAS等も一般的な転職先の一つとなっています。 監査法人を辞めたいと感じたら、まずはどのような転職先があるのか調べてみると良いでしょう。 以下の記事で監査法人の次の転職先やキャリアをまとめておりますので興味のある方はご確認ください。 転職活動をしてみる 監査法人を辞めたいという場合、転職活動はエージェントやヘッドハンティングサービスを活用することをおすすめします。 人脈などがあり、人伝で転職される場合はもちろん利用しなくても問題ありませんが、 公認会計士を対象とした求人は非公開のものが多いという点と、 そもそも監査法人に勤務する会計士が転職活動に不慣れという方が多く、書類応募や面接等で失敗し不採用となってしまうケースも多いからです。 そのような失敗を避けるべく、特に初めて転職される方に関しては、求人情報の提供から応募書類・面接対策等をしっかり行ってくれる転職エージェントを活用すると良いでしょう。 また、監査法人を辞めたいと思っているが、監査法人以外でどのようなキャリアがあるのか情報収集したいとお考えの方も多いかと思います。 すぐに転職しないケースにおいても、情報収集しておくことで、監査法人にいるうちにやっておくべきことなども見えてくるでしょう。 そのため、まだ具体的に転職を考えていないケースにおいても、情報収集の一環として転職エージェントに聞いてみることをおすすめします。 その他、キャリア以外の視点を重視する公認会計士も多いのですが、 例えば自分の時間を確保するために転職したい、 結婚や出産を機に制度がしっかりしている事業会社に転職したいという方もいらっしゃるかと思います。 そうしたことも含め、キャリア情報や転職エージェントに関する情報をまとめた記事もありますのでご参考ください。

次の

監査法人の年収は?|大手監査法人の年齢別・役職別の平均年収を紹介

監査法人 2ch

監査法人に勤める公認会計士の精神的ストレス 監査法人は、特に大企業の財務状況に対して法規範や会計基準に沿った正当性や、発表内容の信頼性があるかどうかを総合的にリサーチし、その決算内容などの適正を担保する役割を果たす組織です。 最終的に、企業の監査役会に監査報告書を提出して1年の任務を終えますが、そこまで至るのに、1年近い中長期的な準備期間や調査期間を要します。 しかも、多くの株主がいる大企業の会計監査業務は、その決算で示された財務諸表に基づいて、株式の取引が頻繁に行われます。 業績の下方修正や上方修正でも株価が大きく変わっていきますので、社会全体、または株式相場に与える影響がとても大きいのです。 よって、現場で働く公認会計士は 仕事量が大変多い上に、間違いが許されない精神的プレッシャーを抱えやすいことが特徴です。 ただ、1年目の新人から、年収500~600万円の好待遇が保障されており、ある程度は自身の裁量判断で仕事を行うことができます。 そのため、待遇面を見ると、恵まれた労働環境と言われることも多いのです。 確かに、客観的な労働条件だけを取り上げれば、監査法人に勤める公認会計士は、他の職場に勤める従業員と比べて、好条件で迎え入れられているといえるでしょう。 ただし、繁忙期にあたる決算準備期(3月~5月)になりますと、行うべき大量の業務処理に忙殺されるため、長時間労働が増え、休日出勤を余儀なくされることもあります。 よって、心身ともにストレスを感じやすい条件がある程度揃ってしまっているのです。 激務なのか!?監査法人が忙しい理由 「激務」といわれる監査法人ですが、実際の業務量は監査法人により異なります。 ただし、「監査」の仕事自体が、どうしても激務になりがちな事情を含んでいるといえます。 監査法人が一般に忙しい理由は、以下のようなものとなります。 仕事の性質が人手に頼らざるを得ない 監査法人が忙しい第一の理由として、監査の仕事が、その性質上人手に頼らざるを得ないことがあげられます。 監査とは、有価証券報告書などの決算書類を精査し、問題点などを明らかにすることです。 この監査業務は、「AIにより将来は改善される」といわれることもありますが、現状では人間が行う以外に方法がありません。 専門職であるために簡単に人手を増やせない また、公認会計士が専門職であるために、簡単に人手を増やせないことも、監査法人が忙しい理由であるといえます。 優秀な人材を探すことがまず困難であるうえに、報酬が高額であり、また育成に時間もかかるからです。 決算期が集中する・回数が多い 決算期が集中すること、および回数が多いことも、監査法人が忙しい理由となります。 日本の企業に多い3月の決算期には、多くのクライアント企業の決算が集中します。 また、4半期決算もあるために、1年中忙しい状態にもなりがちです。 監査法人の「働き方改革」は? 若手の頃であれば、業務経験値を積むためだと受け入れて、繁忙期に対応することができても、それが何年も繰り返されると、「自分はこのままでいいのだろうか」と疑問に思う公認会計士もいるようです。 監査法人を辞めたい気持ちになるのも、たいていの場合は繁忙期に深夜まで残業し、終電に乗って寝るためだけに家に帰るような日々が繰り返されている時が多いようです。 一方で、監査法人に勤務する優秀な公認会計士が不足していることから、監査法人としても従来のままの体制で業務を続けられないと危機感を募らせています。 そこで、繁忙期でもできるだけ残業を減らすようにするなど、業務効率を上げて労働時間の削減に注力する監査法人が以前と比べて増えつつあります。 しかし、業務効率を上げることは、時間当たりでの業務の濃度を上げることを意味します。 監査法人における公認会計士の仕事は、機械でもコンピュータでもない人間が果たすものですので、そう簡単に処理速度を上げられません。 そのため、定められた時間内に正確な仕事を終えられなければ、かえって精神的プレッシャーに追い込まれストレスが生じてしまいます。 それでも、全体の労働時間が減り、プライベートの時間が増えれば、趣味や息抜きに使える時間が増えるでしょう。 そのようにして定期的にストレスを解消する監査法人勤務の公認会計士も多いですが、どうしてもプレッシャーやストレスの大きい職場への適応が難しければ、給与が多少減るとしても、別の業態に転職することを検討してみるのも良いかもしれません。 人間関係がストレスにつながるケース 監査法人の業務は給与水準が高く、社会的に意義のある仕事だと分かっていても、数字や資料とひたすら向き合う仕事であるため、「誰かの笑顔や喜びのために仕事をしている」と実感しづらい面があるかもしれません。 監査法人の内部は、人間関係が比較的希薄な場合もあるようです。 もちろん、監査法人によって空気感はそれぞれ異なるでしょうが、チームで働くより各自の仕事に打ち込む感覚が強い職場の場合も少なくありません。 そのため、黙々と数字と向き合って仕事に打ち込みたいという方には、監査法人での働き方は志向と合うのかもしれません。 また、公認会計士それぞれが職人のように働いていて、それぞれが業務に追われて時間的にも精神的にも余裕がなく、お互いに困っているときに助け合うというよりも、個々で問題を解決する雰囲気の監査法人もあるようです。 また、監査法人のクライアントである企業との関係性も、ときに公認会計士のモチベーションを削ぐものとなりかねません。 会計監査の依頼は、毎年の継続的な契約関係に基づくので、過去には会計や業務の内容に多少の不備があっても、「問題ない」として報告する馴れ合いの関係が続き、トラブルに発展するケースもありました。 勤めていた監査法人がそのような環境であった場合、「プライベートの時間を削って必死に働いたのに、その結果がこれか」と、落胆する方もいることでしょう。 そうなると、強烈なストレスを感じてもおかしくありません。 監査法人の転職成功事例 激務である監査法人から、ワークライフバランスを考えて転職するケースも増えています。 以下で、転職してワークライフバランスを取り戻した事例を2つご紹介します。 「私生活を充実させたい」とBig4監査法人から転職 Big4監査法人で残業をもいとわず働いていた女性Bさんは、30歳を目前にして激務に体が追いつかなくなったことを実感し、私生活を充実させるために転職を決意します。 弊社MS-Japanを利用して、希望を叶えられそうな監査法人3社にエントリー。 面接では「ワークライフバランスを取って働きたい」と希望を伝えます。 Bさんが大手監査法人でしっかりとした経験を積んでいたため「即戦力」と評価され、中堅監査法人から無事に内定を獲得しました。 弊社MS-Japanに相談してみたところ「監査法人でもワークライフバランスが取れるところもある」と聞き、監査の仕事は続けたいと思っていたHさんは転職を決意します。 「即戦力」と評価され転職が決まった先は、独立系の監査法人。 数十名の比較的小規模ながら、一部・二部上場企業の顧客も多数で、監査の品質にも定評があります。 しかし、責任感のある人ほど辛いことがあった時にひとりで抱え込んでしまい、ストレスを抱えて心を病んでしまう方もいます。 そうなる前に、別の監査法人や一般企業への転職を検討するのも、ひとつの大切な勇気です。

次の