厚生 年金 満額。 厚生年金に満額はない|給与と加入期間で受給金額は大きく異なるワケ

月々の年金支給額はいくら?月々の年金支払い金額も合わせて計算【保存版】

厚生 年金 満額

現実はどうかな…チェルキーくんに聞いてみよう ども、チェルキーです。 将来、国民年金や厚生年金などの年金最高額ってどれくらいなのか?年金だけで本当に生活できるのか?気になりますよね。 そもそも年金崩壊せずに残っているのかなとも感じますが、 払うことが義務づけられているので払うしかありません… 私チェルキーは老後の不安を感じるので毎月決まった額を貯金用に口座に貯金しています。 で、ちゃんと払ったとして 一体いくら年金ってもらえるんでしょうか? 年金の最高額、受給額の満額をファイナンシャルプランナーをされている方に聞いてきました。 小難しい話も多かったのですが、ここではその話を簡単にわかりやすくして、次のことをお話しします。 年金最高額はいくらもらえるの?(国民年金と厚生年金)• 老後の生活していくために必要な金額は?• ゆとりある老後生活を送るためには!• なぜ年金保険料を支払わねばならないの? ぜひ参考にしてみてください。 Contents• 国民年金と厚生年金の最高額はいくら? 65歳から受給できる老齢年金は、• 国民年金• 厚生年金 の2つ。 それでは国民年金及び厚生年金の最高額はいくらになるのでしょうか? 厚生年金の場合 厚生年金の現実的な受給額満額は次の通りです。 年金受給額満額:230万円程度 月額:20万円をきる程度 (机上の空論では260万円となる) さらに、 どうすれば満額もらえるのか?など詳しくみていきましょう。 厚生年金で満額受給額をもらうには 厚生年金で満額受給額をもらうには、厚生年金でもっとも高くなる月給62万円以上を20歳から定年まで払い続けた場合、260万円が受給可能です。 ただ、20際からいきなりそんな給料もらっている人は皆無でしょうから、 厚生年金を260万円の満額でもらう…というのは机上の空論になりますね… なので、ここでは実際のところ、 現実的にみた厚生年金の上限を算出しています。 厚生年金の場合、計算式は複雑で、• 生年月日• 報酬月額• 被保険者期間• 子供の数 によって違ってくるのです。 平成29年度における年金受給額を決める算定基準によれば、標準報酬月額は1,355,000円が上限。 これにより厚生年金を満額貰った場合の金額も決まってきます。 平均的収入をモデルとした場合: 平成29年度の厚生年金額は、標準的な夫婦2人分の老齢基礎年金を含む月額は221,277円で、平成28年度の221,504円と比べると227円少なくなっています。 この金額は夫が20歳から40年間働き、平均的収入(ボーナスを含む)の42. 8万円を所得し、妻がその間、専業主婦であった場合のモデルとなっています。 よって、 平均的な月給を受給しつつ、学校を卒業してからずっと会社を辞めずに保険料を払うことで満額がもらえる…と考えて良さそうです。 こうしてみると国民年金だけでなく比較的年金額の多いとされる、厚生年金でもやはり豊かな生活を送ることは難しいと感じます。 なお個々の正確な受給額を知りたい場合には、日本年金機構の下記ホームページにアクセスして実際に計算することにより知ることができます。 nenkin. html) 国民年金の場合 国民年金の受給額満額は次の通りです。 満額の最高額:779,300円 月額:64,941円 さらに、どうすれば満額もらえるのか?など詳しく見ていきましょう。 スポンサーリンク 国民年金で満額受給額をもらうには 国民年金で満額受給額をもらうには、 20歳から保険料を途切れることなく支払い続けることで満額を受給できます。 国民年金に加入する必要がある人は、• 自営業• 無職の人 20歳~60歳までの40年間保険料を納めなければなりません。 毎月定額の16,490円(平成29年度)を支払うことにより、未納期間がなければ、65歳になると老齢基礎年金が満額支払われます。 しかし、 未納期間が一月でもあると、最高額の老齢基礎年金を受領することはできません。 平成29年4月からの年金額は一人分で779,300円が満額であり、月平均に直すと1人64,941円となります。 これは前年度の月額が65,008円でしたから、67円少なくなっています。 ) 夫婦では倍の129,882円が最高額となりますが、これでは相当切り詰めなければ生活していくことはできないですよね。 変更ポイント: 受給資格要件は25年以上の加入期間が必要でしたが、平成29年必8月1日からは10年以上で老齢年金を受給できることとなりました。 また専業主婦は第3号被保険者と言い、国民年金に加入することになりますが、保険料については、第2号被保険者全体で負担することになりますので、直接の負担はありません。 以上のように、国民年金でも、厚生年金でも保険料が請求されてから、途切れることなく払い続けることが、 あなたにとって満額支給となります。 で、満額を受給したとしても生活していくのはかつかつな事が想像されますが、一体、老後に必要な生活費とはどれほどのものなのでしょうか? 上述した国民年金と厚生年金の受給額で、生活を維持できるものでしょうか? 老後に必要な生活費はどのぐらいかかるものなの? 平成29年11月に総務省が発表した平成29年7-9月期の家計調査報告によりますと、2人以上の世帯の平均の支出は 276,106円です。 よって、2人で 25万円程度は生活費としてかかると思われます。 国民年金を満額貰った場合に夫婦で13万円ほどですので、必要な生活費を考えると 12万円ほど足りない… 厚生年金の場合でも平均で20万円弱ぐらいが満額になりますので、 5万円ほど足らない… よって、別で仕事をするか、生活は切り詰めなければならないでしょう。 生活費には旅行などは当然入っておらず、家の改修など大きな費用が必要な場合にはその分を別途蓄えておく必要があります。 そのほかの対策: 国民年金受給者の場合には、70歳まで働き66歳~70歳までの希望する年齢から年金を受給する「繰り下げ支給」を選択し年金額を増やすのも一つの手立てです。 また国民年金加え、個人で所得控除の対象となる 国民年金基金や 確定拠出年金・貯金などに加入し将来に備えることも良いでしょう。 厚生年金受給者の場合、夫婦では 22~23万円ほど受給することができます。 そのため、贅沢をしなければ生活は維持できると思います。 会社によっては厚生年金のほかに、企業年金や確定拠出年金などの制度で年金を上積みできる制度がありますよね。 企業年金などがあれば比較的楽に生活できますが、さらに 貯蓄をしたり個人年金を利用すればさらにゆとりある老後を送ることができるでしょう。 職が変わったりしていると、どうだったか不安になるね… では、 一体、自分は払いもれなく支払えているのか?と確認したくなりますよね。 現状の自分の支払い確認はねんきん定期便でも確認はできますが、やはり不安でしょうから、 一度、年金事務所に直接いって確認されることをお勧めします。 一体、自分はこのままならいくら年金がもらえることになるのか?• 払いもれなどはないか? を質問して現状の把握を行いましょう。 年金事務者は混むし、でかけるのが面倒、電話で済まないの?とも思いがちです。 しかし!!! 年金事務所の電話対応はかなり評判が悪く、ストレスを感じた挙句、 結局のところ『分からない』ということになる可能性があります。 一度、確認すれば、それ以降はきちんと年金を支払っていけばいいので、時間を調整しスケジュールを空けておきましょう。 その際、 年金手帳をもっていくことをお忘れなく! 年金事務所は混みますから、暇つぶしができる本などを持ってでかけましょう。 昼時はスタッフがご飯にでるので、12:00に行くのは避けたほうがいいですよ! 最後に、 年金ってなんで払わないといけないの?という漠然とした怒りにも似た疑問がある方もおられるでしょう。 あらためて年金をなぜ支払わないといけないのか?をまとめてみます。 法律で義務付けられているから仕方ない…というのはそうなんですが、きちんと理由を知っておくことで、支払う痛みも少しはやわらぐかも? なぜ年金保険料を支払わなければならないの? 年金保険料を毎月支払っても生活を楽に維持できないのが普通であるにもかかわらず、なぜ高い金額を支払わなければならないのかふと疑問を感じることでしょう。 その疑問は当然の疑問であり、 「自分で貯金をし、老後に備えれば年金に頼らなくともよいのではないですか?」という人もいます。 しかし、人は年齢を重ねると働くことが難しくなり、また病気や障害などの予測できないリスクが不意に襲ってくることもあります。 老後の自立した生活を維持するために、各々の個人が備えるのはどうしても限界があります。 そんな時に 社会全体で支えていこうとする制度の一つが年金制度。 これにより安心して生きていくことができるのですね。 老いた場合のみでなく障碍者になった場合や大黒柱を失った時なども、年金でなんとか暮らしを維持していくことができます。 人の運命は知れず、予測できない事態がいつあっても不思議ではありませんよね。 若い人といえども、いつ障害年金や遺族年金のお世話になるかわかりません。 メタ坊 筋トレ1年生。 30代に突入し、メタボと診断され、トレーニングを開始。 健康志向に目覚める。 怠惰な体型をなんとかしたいと、トレ男に教えてもらいながら、精進している。 お酒、お菓子の誘惑と日々戦っている。 トレ男 健康志向が高く、パーソナルトレーニングを生業として、日々、多くの人々にトレーニングや健康指導をしている。 メタ坊のトレーニング方針の相談相手。 もはや多少お酒を飲んでも、お菓子を食べても太らないほど代謝がいい無敵男。 最近の投稿• カテゴリー• アーカイブ• 検索: 最近のコメント.

次の

国民年金の満額とは?満額もらえない人が満額に近づける方法【ガイドが動画で解説】 [年金] All About

厚生 年金 満額

受給権発生日は支給開始年齢に到達した日(誕生日の前日)となります。 そのため、請求書の提出は支給開始年齢になってからです。 支給開始年齢になる前に提出された場合は、受付できませんのでご注意ください。 戸籍・住民票などは、受給権発生日以降に交付されたもので、かつ、年金請求書の提出日において6か月以内に交付されたものをご用意ください。 受給権発生日以降に速やかに請求してください。 戸籍謄本、戸籍抄本、戸籍の記載事項証明、住民票、住民票の記載事項証明書のいずれか ご本人の生年月日を明らかにできる書類 単身者の方で、日本年金機構にマイナンバーが登録されている方は、左記の戸籍謄本等の添付が原則不要となります。 マイナンバーが登録されていない方は、年金請求書にマイナンバーを記入することで、左記の戸籍謄本等の添付が原則不要となります。 ・ マイナンバーの登録状況については、機構から送付された年金請求書の14ページ(2)またはインターネットを通じてご自身の年金の情報を手軽に確認できる「ねんきんネット」で確認することができます。 ・ ただし、「年金請求書」を共済組合等に提出される場合には、別途、住民票等の添付書類が必要になる場合があります。 また、インターネット銀行での年金の受け取りについては、をご参照ください。 印鑑 認印可 戸籍謄本 (記載事項証明書) 配偶者および18歳到達年度の末日までの間にある子について、請求者との続柄および氏名・生年月日確認のため 世帯全員の住民票の写し (マイナンバーをご記入いただくことで、添付を省略できます。 ) 請求者との生計維持関係確認のため 配偶者の収入が確認できる書類 (マイナンバーをご記入いただくことで、添付を省略できます。 ) 生計維持関係確認のため 所得証明書、課税(非課税)証明書、源泉徴収票 等 子の収入が確認できる書類 (マイナンバーをご記入いただくことで、添付を省略できます。 ) 生計維持関係確認のため 義務教育終了前は不要 高等学校等在学中の場合は在学証明書または学生証 等 年金の請求は、預貯金通帳のコピーの添付でも手続きができるようになりました。 また、年金請求のためにご用意いただいた住民票等を年金請求以外で利用される場合は、お客様に住民票等の原本をお返しします。 詳しくはをご覧ください。 続柄を明らかにする添付書類につきまして、請求者の方のご負担を軽減するため、簡素化を図ることといたしました。 (振替加算が加算される場合も含みます)詳しくはをご覧ください。 期間を増やすために、をご活用ください。 「年金未加入期間に関する申出書」に記入した合算対象期間については、それぞれ次の書類が必要です。 配偶者が国民年金以外の公的年金制度の被保険者または組合員であった期間のある人は、配偶者が組合員または被保険者であったことを証する書類• 配偶者が国民年金以外の公的年金制度または恩給法等による老齢(退職)年金を受けることができた期間のある人は、配偶者が年金を受けることができたことを証する書類の写• 本人が国民年金以外の公的年金制度または恩給法等による遺族年金等をうけることができた期間のある人は、本人が当該年金等を受けることができたことを証する書類の写• 世帯全員の住民票の写しに代えて在留国の日本領事館による証明(本人及び配偶者等の在留証明書)• 所得証明書が必要な場合は、滞在国で税の申告を行っている方はその申告書のコピー、申告をしていない方は所得に関する申立書を添付してください。 「 」 年金を受け取る金融機関や口座番号、住所を届出するための書類です。 口座証明、小切手帳の写し、通帳の写し等を添付してください。 「 」 年金にかかる二重課税を回避するために必要な書類です。 租税条約締結国に居住している場合は 原本を2部提出してください。

次の

支給開始年齢になったとき|日本年金機構

厚生 年金 満額

厚生年金の支給額は65歳過ぎても働いていて、厚生年金を払っていれば、支給額は全額もらえないのですか? 現在、66歳になったばかりでまだ働いています。 65歳になったとき、満額で厚生年金がもらえると思っていました。 64歳の時2ヵ月で28万くらいもらっていました、65歳になり月20万以上は支給されると思っていました。 しかし、現実は2ヶ月で、32万くらいしか成りませんでした。 でも同じ年なので妻が国民年金12万くらい支給になりました。 つい最近、同僚(年下で今年12月で65歳になります)に合い支給額を聞きました、現在2ヶ月で40万くらい、現在働いていないそうです。 同僚とは、上司と部下であり自分のほうが年金の支払い額は多いと思っています。 当然、支給額は自分のほうが多いと思っていましたが、少ないのでがっかりしています。 現在も働いていて、厚生年金をはらっていますので、会社を辞めないと全額もらえないのですか、 それとも、今の支給金額が全額なのですか。 知っている人教えてください。 現在も働いていて厚生年金をはらっておられるので、年金は減額されています。 会社を辞めるか、働いていても厚生年金に入らなければ、全額受給できるのですが。 ところで、65歳の誕生月前に年金機構から老齢基礎年金の申請葉書が届いたはずですが、ちゃんと返送されましたよね? だったら老齢基礎年金は今、全額受給です。 でも、64歳から付いていた配偶者加算(年額40万円弱)が、同い年の奥様が65歳になったために、あなたの年金からは無くなって、奥様の老齢基礎年金の振替加算(約10万円)になっています。 年金の支給停止額等、額の変更については年金機構から『額改定通知書』が来ているはずです。

次の