ほうれん草 冷凍。 ほうれん草の冷凍での保存方法・期間は?解凍方法やレシピのおすすめも紹介!

冷凍ほうれん草はどうやって作られているの? 気になる疑問Q&A

ほうれん草 冷凍

冷凍は栄養を逃がさない ほうれん草を冷凍すると、冷凍時の栄養をそのまま閉じ込めることができます。 しかし、これらの栄養素は収穫後日を追うごとに失われていってしまいます。 ほうれん草に含まれるビタミンCは冷蔵庫で9日間保存すると70%減少したが、茹でたほうれん草を冷凍庫で保存した場合、 数ヶ月後にも大きな変化はみられなかったという実験結果もあります。 「旬」の状態をより長く 旬の時期に冷凍保存することで美味しく、そして栄養豊かなほうれん草を長期にわたっていただくことができます。 ほうれん草の旬は冬ですので、冬のほうれん草にはほかの時期よりさらに多くのビタミンが含まれており、甘みも強くなります。 この状態を保存しましょう。 「生」のほうれん草にこだわって無理やり冷蔵庫で保存するより、新鮮なうちに冷凍保存することをおすすめします。 料理の手間をはぶくことができ、健康にも良い ほうれん草を冷凍保存しておくと、下準備にかかる時間と 手間を省くことができることも一つのメリットです。 さらに、冷凍したほうれん草は調味料の味がなじみやすいため、健康のために塩分を控えても薄く感じない、といった効果もあります。 ほうれん草を生のまま冷凍する方法 1. ほうれん草をきれいに洗いよく水けをきります。 そのままフリーザーバックに入れます。 冷凍庫の温度をなるべく下げてフリーザーバッグを入れ凍らせます。 この方法だとフリーザーバッグが冷凍庫の中でかさ張ってしまい、解凍時にはせっかくの栄養素が失われてしまいます。 冷凍時に細胞壁が壊れ、解凍時に細胞の中の水分が栄養素とともに流れ出てしまうからです。 また解凍してから茹でると、さらに栄養素が流れ出てしまいます。 生のまま冷凍したほうれん草は、そのままスムージーや野菜ジュースにしていただくのがベストです。 茹でてから冷凍する方法 1. ほうれん草を洗います。 根のほうの汚れもしっかり落としましょう。 冷凍ほうれん草の解凍方法 流水解凍は栄養素が流れ出てしまうので避けましょう。 スープに入れる場合は凍ったままスープに入れます。 柔らかくなりやすいので、スープがほぼ完成した段階で加えます。 炒めるときには、手でほぐせるぐらいまで電子レンジで解凍し、ほぐしながらフライパンに加えます。 和え物などそのままいただくときには電子レンジで半解凍します。 調味料と合わせているうちに完全に解凍できます。 冷凍ほうれん草の保存期間 一般的には 1ヶ月ほどの保存が望ましいと言われています。 冷凍庫の開け閉めに気をつけたり、ほうれん草を冷凍庫の奥の方に置くなどして温度変化の影響が少ない状態で保存できれば、2,3ヶ月の保存が可能です。 ほうれん草は総合栄養野菜と評されるように、 非常に栄養価が高い緑黄野菜です。 亜硝酸塩が使用されている以下の食品は、食べ合わせが良くないので避けましょう。 ・ハム、ベーコン、ソーセージ ・イクラ、スジコ、タラコ等 シュウ酸はほうれん草独特の えぐみです。 つまり アクの事です。 カルシウムの吸収を妨げたり、カルシウムと結合して結石を引き起こすことがあります。 だからアク抜きするんです。 ただし、普段の食事では問題ありません。 茹でることで含有量を半分ほどに減らすことができますので、 生で食べずに茹でて、流水でさっと洗ってから食べましょう!.

次の

ほうれん草の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介

ほうれん草 冷凍

ほうれん草の冷凍保存方法 市販の冷凍ほうれん草だと、加熱をし急速冷凍されているものが多いですよね。 急速冷凍をすることで、栄養価もなまのほうれん草とほぼ変わらずに保存できるそうです。 また市販のものは、安くて大量に収穫できる旬の時期のものを使うことが多いので、さらに栄養価も高いですよね。 ただ産地などがどうしても気になったり、旬の安い時期は家でほうれん草を冷凍保存をすることも多いですね。 そのまま冷凍がいい?炒めたり茹でたあとがいい? 野菜を冷凍する場合、生のまま冷凍することが向いてる野菜と、調理をして冷凍したほうが向いている野菜があります。 それは味や食感が変わってくるからです。 ほうれん草はそのままでも、炒めたり茹でたりと調理をして冷凍しても、どちらでもおいしく頂けます。 ちなみに玉ねぎ、ピーマン、大根などは、使いやすい大きさに切ったあと、生の状態で冷凍するとよいそうです。 スポンサードリンク 生のほうれん草の保存方法 まずほうれん草をよく水で洗います。 次に水を切り、少し水滴がついた状態で保存袋にいれます。 その時、保存袋の空気をしっかりと抜くことがポイントです。 ちなみにほうれん草は冷凍する場合、使いやすい大きさに切っても切らなくてもどちらでもいいそうです。 茹でたり炒めた時の保存方法 茹でる場合は、まず茎と葉にわけて切ります。 そして沸騰したお湯に茎の部分は1分ちょっと、葉の部分は30秒ほどいれます。 かために茹でることがポイントです。 そして冷水でさまし絞ります。 最後に使いやすい長さに切り、小分けにしラップで包み保存袋にいれます。 炒めて冷凍の場合は、お弁当などにいれて自然解凍で食べることができるように、最初から味付けするほうがいいですね。 ほうれん草やベーコンをバターかオリーブオイルで炒めて、塩こしょうで味付けし容器にいれ冷凍すると便利でおいしいですね。 また多めに買ったときなど栄養を保てるように、最初から冷凍する方法もいいですね。 栄養価も高いほうれん草なので、これからも色々な料理に使いたいです。

次の

使いやすくて便利!冷凍ほうれん草の調理法 | 食の専門サイト

ほうれん草 冷凍

野菜を切っただけで冷凍&調理の基本 野菜は一度茹でてから冷凍保存するというのが一般的ですが、野菜の種類やその後の調理法によっては切ってそのまま冷凍することもできます。 調理したい大きさに切ってから保存 一度冷凍した野菜を後から切ることはむずかしいです。 冷凍前に使いたい調理に合わせた大きさに切りましょう。 水けをしっかりと拭き取ってから保存 野菜は一度洗ったあとで冷凍しますが、そのときについた水けはペーパータオルなどでしっかりと拭いてから、フリージングバッグで保存します。 水けがついたままだと霜が多くつき、料理が水っぽくなってしまうことがあります。 生のまま食べる野菜は冷凍にあまり向かない 冷凍した野菜は自然解凍すると、色や食感が変わります。 解凍後の野菜は柔らかくなり、生のままのときと同じ味や食感にはなりません。 加熱調理で使うか、あえて変化した食感を楽しむ調理をしましょう。 解凍せず、凍ったまま調理する 多くの野菜は解凍時に変色や変質をするため、凍ったまま加熱調理することで、冷凍前の状態に近く調理できます。 なお、冷凍野菜は生の野菜よりも、火の通りが早いので、短時間で仕上げるようにします。 ほうれん草・小松菜の冷凍保存方法 調理に合わせて切り(ざく切りなど)、フリージングバッグに平らに入れて冷凍します。 加熱調理するときは、凍ったまま使います。 ほうれん草・小松菜ともに味噌汁やスープなど煮込んで食べるのが向いています。 また、ほうれん草はさっと茹でて和え物やおひたしにしたり、油で炒めてもおいしく食べられます。 小松菜は冷凍後筋が残るため、それらには向きません。 白菜・キャベツの冷凍保存方法 調理に合わせて切り(ざく切り・千切り・みじん切りなど)、フリージングバッグに平らに入れて冷凍します。 加熱調理するときは、凍ったまま使います。 キャベツ・白菜ともに味噌汁やスープなど煮込んで食べるのに向いています。 また、さっと茹でたり、熱湯をかけて解凍し、水けをよく絞り、マリネや漬物などにすることも可能。 解凍後の白菜・キャベツは味がよく染み込みます。 炒め物もできますが、白菜・キャベツならではのシャキシャキとした食感はありません。 キャベツは芯の部分の筋っぽさが気になるので、炒め物にするのであれば、芯は外して保存します。 玉ねぎの冷凍保存方法 調理に合わせて切り(ざく切り・千切り・みじん切りなど)、フリージングバッグに平らに入れて冷凍します。 加熱調理するときは、凍ったまま使います。 味噌汁やスープなどに入れると、とても柔らかく仕上がります。 また、さっと茹でたり、熱湯をかけて解凍し、水気をよく絞り、お酢やオリーブオイルなどで和えると、短時間で味のよくしみたマリネができます。 冷凍した玉ねぎを炒めると、短時間であめ色の玉ねぎ炒めを作ることができます。 ブロッコリーの冷凍保存方法 小房に分けて、フリージングバッグで冷凍します。 加熱調理するときは、凍ったまま使います。 熱湯で茹でたり、電子レンジで加熱して使います。 煮込み料理や炒め物にするときは、凍ったまま加熱します。 すぐに柔らかくなるので、ごく短時間の加熱でOKです。 冷凍に向かないもの(レタス・セロリ・水菜) サラダなど生で食べることが多く、その食感を生かしたいレタスやセロリ、水菜は冷凍保存に向きません。 冷蔵室での保存をおすすめします。 長く保存するコツは、濡らしたペーパータオルや新聞紙で包み、ポリ袋かラップに包んでから冷蔵室に入れること。 セロリは葉と茎を切ってから保存してください。 料理や家事、インテリアなど、気持ちのいい暮らしを作る、はじめるためのライフスタイル提案を行う。 流行や思い込みにとらわれずに、無理なく持続可能で快適な自分らしい暮らしづくりを応援。 『料理教室つづくらす食堂』主宰。 公式サイト: 料理教室インスタグラム:.

次の