グレ メジナ 違い。 メジナ(グレ) は出世魚?

グレ釣りデビュー!グレのフカセ釣りで用意する仕掛けの種類とは?

グレ メジナ 違い

「 」、 「 」は、いずれも の対象として人気の ですが、全く別の魚です。 「チヌ」とは、 目 科 属の 「クロダイ」の別名です。 かつて「茅渟海 ちぬうみ」と呼ばれていた大阪湾で漁獲量が多かったことが 「チヌ」という名前の由来とされており、主に で多く用いられるクロダイの呼称です。 黒い と背部が灰褐色、腹部が銀色の をしており、 で体長30~70cmの個体が多いです。 日本近海の水深の浅い沿岸域に広く分布し、磯釣りの対象魚としても人気の魚です。 食用としては同じタイ科の食用魚「 」と似たほのかな甘みとコリコリした歯ごたえが特徴の で、 や 、 の として されるほか、 、 、 、鯛めし、 の など様々な に用いられます。 一方 「グレ」とは、スズキ目イスズミ科メジナ属の海水魚「メジナ」の別名です。 体色が黒いため「黒い魚」と呼ばれていたものが訛ったものが名前の由来とされており、主に で多く用いられるメジナの呼称で では「クロ」と呼ばれることもあります。 また、「メジナ」を「口太グレ」、「クロメジナ」を「尾長グレ」と呼び分けることもあります。 黒いヒレと背部が青みがかった黒褐色、腹部が銀色の体色をしており、成魚で体長40~60cmの個体が多いです。 日本近海の水深の浅い岩礁地帯に広く分布し、磯釣りの対象魚としても人気の魚です。 食用としては春先の産卵期に向けた冬場が旬で、この時期の 「グレ」を「寒グレ」と呼ぶこともあります。 淡白な白身魚で 「チヌ」同様生食、煮付け、焼き魚、干物、鍋料理など様々な料理に用いられるほか、 精巣 も食用にされます。 「チヌ」…スズキ目タイ科クロダイ属の海水魚「クロダイ」の別名 「グレ」…スズキ目イスズミ科メジナ属の海水魚「メジナ」の別名 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 439.

次の

メジナという魚の味や料理。寄生虫についても

グレ メジナ 違い

もくじ• zukan-bouz. goo. 特に獲れたてのメジナの刺身は、コリコリとして歯ごたえも良く、甘みもあり食べた人を魅了します。 cocolog-nifty. html 真鯛の食感にもに似ているメジナですが、メジナの方がコリコリとした食感ではかなり上です。 メジナの骨は割と硬いですが、三枚に下したアラは二度揚げにすると骨まで食べれてしまいます。 夏のメジナは、磯臭さがあると言われています。 これは一般的に季節によってメジナの食性が変わるからだと予想されます。 冬場は海藻、夏場はそれに加え小魚や甲殻類などの動物性のものをエサとします。 そもそも海藻は、古くなってくると強烈な臭いを放ちます。 tajima. php? そうです。 夏のメジナの臭みは、水揚げされて(釣りあげられて)からすぐにハラワタを出さないと、臭みが身に移ってしまう…ということなんですね。 なので、夏のメジナでも処理の仕方によっては磯臭さが気にならない子もたくさんいます。 夏場のメジナは、冬場と違って少し身が柔らかく感じます。 しかし、獲れたての身はちがうのです。 獲れたてのメジナの身は、冬場のメジナと変わらず、身も締まっていて、刺身で食べると、やはりコリコリした食感です。 身の色はうっすらピンクかかった白身で、見た目でも美味しさを感じることができます。 「夏場のメジナは、磯臭い」とよく言われますが、実際私が磯臭いと思ったことは、一度もありません。 これは鮮度によるものか、料理の仕方によるものなのか、獲れる地域によるものか。 たぶん、獲れる地域が大きく左右するのだと思います。 あとひとつは、鮮度。 でしょうか? ハラワタを取り出すときに、ハラワタをつぶさないように取り出すのも、メジナの磯臭さを出さないようにする一つのポイントだと思います。 こんなにきれいな身をした、美味しいメジナは、年中獲れるのですから(一般的に冬場が旬ですが)、常に磯臭さを気にせずに食べたいですよね。 livedoor. html メジナは一般的に冬に旬をむでもかえる魚と言われています。 しかしながら、私の住む日本海側では、夏の魚としても認識されています。 「冬が旬」と言われるメジナですが、日本海側の沿岸漁業では、冬に獲れることはあまりなく、逆に夏場のタイなどに混ざって水揚げされることが多い魚のようです。 また、釣りをする人にとってメジナは、年中通してポピュラーな魚になります。 メジナの生産地は? スズキ目メジナ科メジナ。 北海道の南部から、台湾、東シナ海の東アジアの温暖な海に生息するメジナ。 特に南日本に多いですが、沖縄においてはほとんど漁獲されません。 メジナは暖海性の魚なので、北日本ではほとんど見ることができないのです。 大きさは、30センチ~40センチですが、だいたい30センチくらいが、一番よく見かけるサイズではないでしょうか? スポンサードリンク メジナのうまい食べ方は? 活き締めでうまみが深くなる メジナを料理するときは、活き締めをすることで味や歯ごたえが変わってきます。 締め方は、まず尾の付け根を切ります。 メジナはこれでOKです。 更にメジナと皮と身の間には脂が多いので、皮をはがさず、湯引きをして食べるのも食感を楽しめる食べ方であると思います。 醤油に身をつけた後を見ると、かなりの脂が浮くのがわかります。 夏のメジナは鮮度が高く、ハラワタの処理が素早くできるのであれば、刺身でも全然イケます。 実際、私は夏のメジナのお刺身を食べてから、メジナが大好きになった程です。 yahoo. html 夏は気温が高く、「焼き魚なんて食べる気がしない」と思われるかもしれませんが、メジナの塩焼きを食べてみてはいかがでしょうか? メジナのコロコロとした身は、絶品です。 塩焼きにする時には、どの魚もウロコをはがしますが、メジナのウロコは少し硬く、取りにくいので、そのまま塩焼きにしてもいいです。 しかし、鮮度がいい場合、ウロコがついたままだと少し反り返ってしまうようです。 漁師さんの家庭では刺身ではなく、夏場のメジナはわざわざ焼いて食べる方もいるようです。 調理の際には、しょうがを入れて磯臭さを抑えます。 ワインも合うようです。 メジナの身は白身で柔らかいので、煮つけで食べると、フワッとした優しい食感になります。 「どうしても臭いが気になる!」という方は、味を濃い目にしてニンニクなどで臭いを消す、というのもいいかもしれません。 メジナとグレのちがいは? 地域によって、呼び方が違うメジナ。 関西や四国では、メジナを「グレ」と呼んでいるそうです。 他の地域の呼び名としては、「クロダイ」、「クロウオ」、「クシロ」などで、メジナの呼び方でどこの地域に住んでいるのか分かってしまいそうですね。 ちなみに私の住んでいる地域では、「クロアイ」と呼びます。 この「クロアイ」が大きくなると、「グレ」と呼ぶそうです。 ちなみに西伊豆地方では、冬の時期のメジナのことを「海苔クシロ」と呼ばれ、その身は歯ごたえのある食感で味も香りも絶品だそうです。 メジナの栄養・カロリーは? メジナにはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサ塩酸)、カリウム、亜鉛が含まれているので、記憶力や学習機能の向上、利尿作用や血栓防止、更には味覚を正常にしてくれる効果が期待できると考えられています。 メジナに含まれているEPAは血液をサラサラににしてくれますが、摂らなければ減っていきます。 DHAは子どもの脳や神経の波多津に必要とされ、摂取すると、血液中で一定 量に保たれます。 青魚であるメジナには、この両方が含まれているので、大人にも子どもにも、おすすめできる魚であると言えます。 カロリー メジナのカロリーは、切り身200グラムに対して、250kcalです。 たんぱく質が多く含まれていて、ビタミンミネラルでは、ビタミンB12とビタミンB2の成分が高くなっています。 ちなみに、メジナの切り身200gを食べて、250kcalを消費しようとした場合の有酸素運動の時間は、水泳で36分。 ジョギングで57分。 ウォーキングでは94分。 と、かなりの運動をしないと消費できません。 しかし、これは逆にたった200gの切り身を食べただけで、これだけの栄養が摂れるということでもあるのです。 美味しい上に、栄養価も高いなんて、びっくりですよね。

次の

「チヌ」と「グレ」の違いは?

グレ メジナ 違い

メジナの旬・栄養価 タイに似た、よくいる魚 メジナは関西ではグレとも呼ばれ、釣り愛好家の間でとても人気の高い魚です。 体長45cmくらいで見た目はイシダイに似ていますが、同じスズキ目でも科が異なり、イシダイはイシダイ科、メジナはメジナ科です。 世界中にメジナの仲間が生息していて、青いものや黒いもの、黄色っぽい縞があるものなどがいます。 日本では北海道南部より南の磯に住んでいるものをオキアミなどで釣ることができ(静岡では何とみかんを餌にするそうです!)、見た目が美しく比較的簡単に釣れることや持ち帰って食べるとおいしいことなどから釣り人に好まれているようです。 年中獲れるメジナですが、夏場は身に磯臭さがあるため、冬から春にかけてが臭くなく適度な脂ものっていて旬と言えます。 というのも、メジナは夏と冬で餌が異なり、夏場は主に甲殻類を食べ、冬は海藻を食べるので味が変わるのだそうです。 個人の釣り以外で獲れるものとしては、冬の日本海側でまとまって網にかかることが多いため、石川県産などのものがよく見られます。 国内なら産地による種類・味の違いはあまりなく、メジナ自体にも分類上の亜種や個体差がかなりあるので、少し見た目が違うものがいても、あまり気にしなくてよいと思われます。 さっぱりした白身魚。 カルパッチョ向き スズキやタイもそうですが、あっさりとしていて脂は少ないです。 塩焼きや煮付けにしてもいいですし、お刺身など生でもおいしく食べられます。 見かけからは鮮度がわかりにくい魚ですが、体表の色が濃くて磯臭くないもの、身は透明感があって張りがあるものを選びましょう。 鮮度がいいときはすこし身が硬いので、薄く切ってカルパッチョなどにすると大変おいしいです。 あるいは、身の淡白さを活かして唐揚げやフライにするというのもありです。 もし、手に入った魚がちょっと磯臭いようでしたら、濃い味で煮付けにしたりソテーにすると気にならないかもしれません。 ダイエットや美肌に効く! タンパク質が豊富で脂質が少なく、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンD、リンが多いのが特徴です。 1食あたりだと、ビタミンB2は豚ヒレ肉の2倍、ビタミンB12は10倍も含まれています。 これらの栄養素は皮膚をきれいにしたり脂肪やタンパク質の代謝に使われたりしますから、美容と健康にとても役立ちます。 ダイエット中の方には特におすすめできます。 生活習慣病などの予防に気を使っている方には、にんにくを一緒に使った料理が効果的です。 血中コレステロールの低下に役立ち、免疫機能を高めます。 あわせてビタミンCを含むレモンを摂るとさらに免疫力アップ、さらにはガンの予防にもつながります。 カロリーは1食約250kcalですから、豚肉の部位でいうとロースと同じくらいです。 お肉より脂質が少ないとはいえ、普段あまり運動しないのであれば食べ過ぎには注意ですね。 いろいろな調理法がありますから、飽きのこない食材として取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の