アスカ 破 死亡。 ヱヴァンゲリヲンQ|アスカがシンジになぜ怒る?眼帯やエヴァの呪縛?|MoviesLABO

エヴァンゲリオンのアスカについてですが、9匹の(使徒?)に襲われた...

アスカ 破 死亡

生年月日は。 容姿端麗な美少女で、にして大学を卒業している。 セカンドチルドレンであり、のパイロット。 は初期はだったが、後に庵野の意向でに変えられた。 思考と性格の傾向 勝ち気で負けず嫌い、異常なまでにプライドが高く、ぎみな所がある。 エヴァのパイロット、適格者であることに誇りを持つ。 その性格は、 幼少期のトラウマに起因している。 アスカは幼少時、接触実験の失敗の後遺症で精神を病み、人形を娘と思いこみ自分を全く見てくれなくなったを振り向かせようと努力を重ねた。 しかしその努力も報われることなく、 母が娘だと思い込んでいる人形と一緒に自殺してしまう。 そのことがきっかけで、 誰かの人形ではない、自分で考え自分で生きることのできる強さを持った人間になる決意をし、他人に見てもらえる自分になることで母から得られなかったを満たそうとする。 そのため、評価されない・重要と見られない察すると見て分かるほど塞ぎ込み、精神的に自分を追い込み心をジクジクと傷つけてしまう。 そのために、その後もパイロットとしてだけでなく勉学などにおいても様々な努力を重ね、結果を出してきたが、「 もう誰にも負けられない」「 他人から必要とされる自分でなくてはならない」という強迫観念にとらわれ、承認欲求と拒絶の入り混じった、心の闇と脆さと紙一重な傲慢かつ身勝手でプライドの高い性格が形成されることになった。 そういった奥深くに根差した真っ暗で真っ黒なものが彼女の成長を阻害し続けているため、内面的には色々な問題を抱える登場人物の中で最も幼い。 容姿についての特筆 企画段階では(金髪)であったとされているが、セル画に描写した際に黄色では見栄えが悪かったためににされたという。 ただその他の公式スピンオフ作品によっては美しい金髪に塗られたイラストも公開されているため、彼女のイラストを描くときは金髪でも正解なのかもしれない。 パイロットとしての能力 エヴァのパイロットとしての能力は、シンクロ率に於いては 当初はトップだったものの、戦闘での戦果は共同撃破がほとんどと参戦回数の割に少なく、さらにシンジが急成長を遂げたことでシンクロ率でも負けるようになる。 共同撃破4。 生涯総撃破数5 特記 戦闘時における暴走事故なし。 他の人物たちとのかかわり ネルフでの彼女 に憧れを抱いていたが、エヴァパイロットとして日本に来日してからは同居人でのパイロット、にしだいに惹かれていく。 だが、エヴァのシンクロ率を彼に追い抜かれて自信を失っていき、 度重なる使徒への敗北で自らの存在価値に疑問を抱く。 また、のちには初号機の凍結中に起こった第15使徒アラエルとの戦闘で、使徒による精神汚染攻撃を受け、 自らの辛い過去を晒される。 さらにはその時のの対応から、自らがより軽視されていると感じ自分自身すらも見失い、精神を病む。 それによってエヴァの起動すら不可能になった彼女は、 シンジの口から加持の死を知らされたことで完全に精神を壊し、寝たきりのとなってしまった。 シンクロ率が追い抜かれた頃より、 シンジには愛憎入り混じった非常に複雑な感情を向けるようになる。 旧劇場版ではシンジに対し「 あんたが全部あたしのものにならないなら、あたし何もいらない」など、シンジに対する強い執着、独占欲を露わにしている。 公式資料集「エヴァンゲリオン・クロニクル」によると、 シンジはアスカに好意とは呼べるが曖昧な感情を持っており、アスカの明確な想いとは 温度差があり彼女は傷ついてしまった。 彼女はシンジを異性として意識し、愛情と敵意と呼べる振れ幅の大きいものになってしまったが、「あんたが全部私のものに」の発言に気持ちは集約されているとのこと。 つまり、『私のもの』を「隣にいて」などのプラスの意味でも「私のおもちゃ」などのマイナスの意味でも、他様々、あらゆる方向で彼女自身の真意をさらけ出したセリフという訳である。 逆にいえば、それほどの複雑で真正面な想いを向けるほどシンジを欲していた証拠でもあり、そういった描写がテレビアニメの方で 察することはできたが 描かれてこなかったために、後述の宮村氏の「違和感を覚えた」という言葉も無理のない話といえる。 その愛憎劇が旧劇場版のクライマックスとなり、旧劇場版後のビデオ版以降にアスカがユニゾン頃からシンジに惹かれ、キスして抱きしめるなどの愛情を求めていることを示唆するシーンが説明的・伏線的に追加されている。 レイのことは、最初こそ仲良く 表面上だが しようと試みたものの、レイの薄い反応や、 母親関連のトラウマを彷彿とさせるレイの人形っぽさ、シンジとレイの親密さから毛嫌いするようになる。 学校での彼女 友人たちに関する描写はあまり描かれているとはいえない。 ただ、無二の親友とも言える人物にクラス委員長であるがいる。 ある意味において、彼女の学校生活や人間関係の賑やかさは、彼女が戦局が悪化する前の当作品の明るいトーンそのものだったとも言えるかもしれない。 尚、脚本集である、EVANGELION ORIGINAL第2巻によると、学校での口喧嘩の合間にヒカリのトウジに対する好意を感じ取るという描写があったが、割愛されてしまったようである。 旧劇場版での扱い 冒頭から主人公碇シンジに「オカズ」にされるなど(彼女本人の気持ちは別として)良い扱いと問われれば、疑問に思われる節もあるが、この作品における女性キャラ全般に言える事ではある。 弐号機搭乗時にはエヴァ内の母親の魂が自分を見守ってくれていることに気づいて復活を果たし、量産機9体に対し圧倒的な力を見せるが、S2機関を搭載した量産機は時間をおいて復活。 に目を貫かれ、活動限界が訪れたところを量産機9体によって内臓を捕食されるなどのグロシーンの中敗北した。 その後、により一度は補完されたものと思われる。 シンジの願いにより他者との境界が曖昧となった際、精神世界において上述のようなシンジへの執着と拒絶を前面に押し出した。 補完計画が進行して人類がに還元された際も彼女は 補完を最後まで拒否、唯一シンジとともに元の世界へ戻ってきた。 アスカの他人への強烈な承認欲求と拒絶性、シンジの強烈な孤独性と依存欲求など、2人の矛盾した業ともいえる心理を考えれば、実は最初から結果は見えていた この補完の件やラストシーンの「気持ち悪い」などについては、様々な考察や憶測がされている。 新劇場版 新劇場版では、「」と名前を変えて、「破」から登場した。 「Q」ではを着用し、例のの如く大暴れを見せる。 ちなみに、新劇場版監督の鶴巻和哉氏からはアスカ派である事を公言されている。 漫画版 4巻から登場。 正式な父親はおらず、精子バンクにより生まれているという設定。 基本的な流れはTV版と同様だが、シンジに対して 恋愛感情を抱かないというのが大きな違いとなっている。 勿論旧劇場版のように「オカズ」にされることも無かった。 加持に対する想いが強調されており、原作に無い補完シーンでは加持の幻影でLCL化しており、その際「加持さんもあたしのこと好きだったんでしょ?」と言って溶けた。 また、TV版より登場が前倒しされたカヲルと面識がある。 最終回では補完が拒否された新世界において、彼女とよく似た少女が登場するが、Cut カット 2014年 12月号の貞本エヴァインタビューによると 「最終回に出てくるアスカは、これまでの本編でのアスカではなくて、次の新しい世界でも知りあえるであろう魅力的な女性の象徴として出している」とのことで、シンジとの恋愛的な意味は無いと発言しており、単行本化の際、読者に誤解されないようにシンジの頬の斜線を消去している。 実写版 旧劇場版ではカットされた第26話「まごころを、君に」の短編実写パートでは24歳OLで神戸弁のアスカがと同棲している。 アスカとトウジは痴話喧嘩を繰り広げながら毎晩ズルズルと 肉体関係を持っている、という話になっており、2003年発売のDVDBOXや2015年発売のBlu-rayBOXの特典などで視聴することが出来る。 確認されているだけでもシンジの幼馴染だったり、ほかに男が居たり、レイ同様に公式のセールスプランに振り回されているキャラであろう。 因みに、ウエディングドレスを着たフィギィアもかつて販売されていた。 余談であるが 胸のサイズが不安定という評もある。 ただ、では見事に成長した彼女を見ることができる。 ゲーマーとして 意外なことにゲームをする描写がほかの登場人物がほぼ皆無なのに比べ、彼女は二度ほど描かれている。 テレビ版ではセガサターン、新劇場版ではワンダー・スワンをプレイしていることが確認できる。 いずれも現在からは少々古い型だが、そう言った面ではゲーマーにも親しまれやすいキャラなのかもしれない。 因みに育成ゲームであるではがイベントにて出現している。 その他 演じた宮村優子はラジオ番組などで 「TV本放送版ではアスカはシンジに対し恋愛感情なんか出していなかったのに、そのあとの映画やゲームなどでアスカはシンジが好きという設定になってて違和感を覚える」、 「 アニメの アスカはツンデレではないと思う」 と発言している。 関連イラスト.

次の

エヴァンゲリオンのアスカについてですが、9匹の(使徒?)に襲われた...

アスカ 破 死亡

概要 CV:。 TV版およびでは「」という名だったが、では「式波-」と改姓された。 pixivでのタグは単にを使用されることが多い。 登場は第二作目『破』から。 旧作におけるアスカ()との違い 外見 ほぼ旧作と一緒だが、髪の色がかつての橙色(あるいは茶色)から、より企画当初の設定画に近い黄土色掛った金髪に変更されている。 また、のデザインも旧作とは細部が若干異なっている。 更には「」という のスーツを着用する姿も披露した。 性格 勝気で尊大なところは旧作と同様だが、が(少なくとも表面上は)比較的社交的な性格だったのに対し、こちらは孤独を好み、いかなる時も排他的な態度を崩さない。 もっとも、惣流がその複雑な内面から、心の深層部分においては孤独に生きようとする一面を常に保ち続けていたのに対し、式波は わだかまりが解けてデレるのは早かったが。 破において旧作通りのままでは物語上においてアスカの役割が無く「脇で騒いでいるキャラ」になってしまうことを懸念して3号機に乗せることになった。 庵野秀明のコメントでは 鶴巻から 「TV版のトウジを失ったときと同様のショックと喪失感をシンジ及び観客に与えねばなりません。 そのためにはアスカを思い切って『良いキャラ』として描いてしまうことで、その喪失感を大きく見せたいと考えます」といった提案メモが来て、「うん。 それはそうだよな」と。 との理由で惣流から性格が変更されたようである。 人間関係 旧作での憧れの人物であった とは何の面識も持たず、何の感情も抱いていない(これはとの最大の相違点の一つでもある)。 その影響もあってか(加持の元恋人である)との仲は至って良好。 彼女に対しては己の内なる心情を吐露する程に心を許している。 やに対しても、旧作終盤では一種病的なまでに歪んだ感情を抱いていたのに対し(特にレイへの憎悪は自身のトラウマとも相まって酷いものがあった)、新劇場版では上述の通り、年相応の健全な関係を築いている。 生い立ち 旧作では「EVAとのシンクロ実験中の事故で母親が正気を失い、我が子と認識されなくなった」という悲惨な過去を抱えていたが、新劇場版では生い立ちや家族構成が一切語られておらず、詳細は不明。 ただ、劇中の独白シーンで「あたしをちゃんと見てくれる人は初めからいないし」と語っている事から察するに、やはり決して恵まれた人生は歩んできていなかった模様である。 本編中での扱い 新劇場版:破 EVA2号機(新劇場版における)のパイロットで、「第2の少女」と呼ばれる。 弱冠14歳にしてユーロ空軍のエースを務め、階級は大尉。 艶やかな金髪碧眼を持つ天才美少女だが、性格は勝気で尊大、自身がEVAのパイロットであることに異常なまでのプライドを持つ。 最初の頃は主人公・を始めとする皆を見下しており、(顔見知りである以外には)誰に対しても攻撃的な態度を取り距離を置いて接していたが、第8のとの戦いにおいて独力では何もできなかった自分を悟って以降、徐々にその態度を改めていくようになった。 当初はシンジを「(総司令・の)七光り」、を「(同じくゲンドウの)依怙贔屓」と呼んで蔑んでいたが、やがてシンジに対してはほのかな好意を抱くようになり、彼が何かに付けてレイの世話を焼く姿を見ては、露骨に焼き餅を焼く様子を見せていた。 その後、レイがシンジとゲンドウの和解のために食事会を予定したその日がの起動実験と重なることを知ったアスカは、自ら3号機の実験パイロット役を志願する。 その際、「自分は孤高に生きてきたが、彼等との触れ合いの中で、他人と居るのも悪くないと思い至るようになった」旨を、3号機搭乗の直前ミサトに打ち明けた。 「そっか、私、笑えるんだ」。 実験開始を待つエントリープラグの中、彼女は初めて気付く。 だがその直後、3号機は第9の使徒によって侵食され、アスカを内部に取り込んだまま暴走。 迎撃に駆り出されたシンジは戦いを拒むも、ゲンドウの意向によって初号機のコントロールをに強制移管され、殺戮機械と化した初号機はこれを惨殺。 アスカは エントリープラグごと初号機に噛み砕かれた。 後に彼女の生存は確認されたものの意識は戻らず、身体の侵食痕は消えたが精神汚染の恐れがあるとの理由により厳重に隔離され、以降本編内での登場は無かった(五体満足かどうかの描写も無かった)。 更にその後、彼女の愛機であるEVA2号機までもが第10のとの戦闘において大破。 そのあまりの展開に、誰もが彼女の今後の出番を危ぶんだが……。 『破』本編終了後の次回作『Q』の予告編にて、アスカは 左目を眼帯で覆った姿で、青空をバックに笑顔で登場。 全国の彼女のファンは胸を撫で下ろした。 監督のは 「あれがないとアスカファンに殺されるかもしれませんから」と自分からこの予告編の復活カットを入れることを要望したという。 ちなみに、鶴巻和哉はアスカ派である事を公言している。 新劇場版:Q 2011年8月26日のにおける『破(TV版)』放映時、本編終了後に公開された新作『Q』予告編カットでは 改修されたEVA2号機を駆って宇宙空間で戦う姿を披露。 更なる健在ぶりをアピールした。 またこのシーン自体は『Q』冒頭での宇宙に打ち上げられた初号機を回収するためのエヴァにおける初の宇宙戦である。 「Q」では「破」から14年が経っているため、実年齢は 28歳に上がっているが、「エヴァの呪縛」によって肉体年齢は14歳のまま止まっている。 3号機もろともダミープラグ初号機に撃破されてからの動向や眼帯の意味は不明だが、年齢が止まっている事以外は特に問題ない模様。 眼帯が青く光るシーンでは眼帯に模様が浮かんでいるのがうっすらと見えるが、その模様は第三の使徒の封印に使われていた呪詛柱の模様である使徒封印用呪詛文様と同じパターンが浮かんでいる。 ニアサードインパクトから14年眠っていたシンジには色々と複雑な心境で、再会した際には面会のガラスにパンチを一発かましている。 またシンジの事は「ガキシンジ」と呼ぶようになった。 とは軽口を叩きあいながらも関係は良好で、人類の生存のために力強く生きている。 冒頭でマリの8号機の援護を得て、宇宙に打ち上げられたを回収。 その後を動かすべくエンジンに火をつけている。 フォースインパクトを引き起こすべく利用されるとの乗るとが乗るを阻止すべく、マリと共にセントラルドグマまで降下する。 シンジを止めようとするが13号機のビットによって攻撃を弾かれてしまう。 その末にシンジはアスカやカヲルの制止を振り切って2本のを引き抜いてフォースインパクトを引き起こしてしまう。 その最中ヴンダーの主機の座を奪おうとするMark. 9に対し、改2号機の「コード777」(ザ・ビーストに近いモード)を発動させ取りついた後に撃破すべく改2号機を自爆。 その際アヤナミレイに自我が芽生えかけてる事を察して彼女の緊急脱出を促す。 フォースインパクト後はカヲルが死んで生きる気力をなくすシンジの背中を蹴りつけ「助けてくれないんだ、私を」と恨み言を吐いた 庵野いわく「プロの傭兵」のはずなのだが…。 一応アヤナミレイが付随する事を許すなど気を使ってる所も見られる。 なおこの際に「L結界が濃いからリリンは救助に来れない」ということを呟いており、アスカ自体がリリン(旧作における人類)ではないのではないかと推測されている。 関連イラスト.

次の

エヴァンゲリオンマリは死亡した?メガネの真希波マリの機体はどれ?

アスカ 破 死亡

Sponsored Link エヴァ破アスカ死亡していない?惣流から式波に変わった理由は? エヴァンゲリオン新劇場版【序】では容姿端麗で勝気な性格は変わっていません。 旧エヴァにあった母親へのトラウマの設定がなくなったことで、プライドが高いのに自尊心がないが故の脆さや危うさがなくなり、さらに魅力的なキャラクターになりましたね。 アスカの苗字はなぜ「惣流」から「式波」に変わったのでしょうか? 理由を調べてみました。 アスカの名字が変わった理由は? アスカはエヴァンゲリオン二号機のパイロットで、旧作も【破】も初登場シーンは同じでしたが、 アスカの名 字が惣流から式波に変更されていました。 変更理由について庵野監督は、エヴァパイロットの設定を変えたので観客にも違いを理解してもらいやすいよう、パイロット名も変更したそうです。 が登場しました。 イラストリアスは英国空母の名前で、真希波は旧帝国海軍ではなく海上自衛隊の【あやなみ型護衛艦】と同型の【まきなみ】からきているようです。 【しきなみ】も同型の護衛艦が由来で、そこから ヒロイン3人を【波】で統一したようです。 一方【破】ではプライドは高いながらも、人と関わっていくことも悪くないと前向きに成長していきます。 アスカは料理の練習までしていたのに、シンジと綾波のため自ら実験のパイロット役に志願します。 旧作のアスカからは考えられない行動ですよね! ちなみに旧作では鈴原トウジが妹の治療と引き換えに実験パイロット役を引き受けました。 シンジは迎え受けた「 殲滅対象」が アスカがまだ乗っている3号機だと気付き、攻撃しようとしません。 碇司令はダミーシステムを起動し、初号機にシンジが乗ったまま、アスカの乗っている3号機に攻撃します。 事情があるとはいえ、父親なんだし、もう少し子供の気持ちに寄り添ってあげて欲しいですよね。 シンジがまた固い殻に閉じこもっちゃうのも仕方ないなと思ってしまいます。 エントリープラグの中で「やめてよ父さん!!」とシンジが叫び続ける中、ダミーシステムは3号機を容赦なく破壊していきます。 そして使徒のコアと一体化した アスカが乗ったままのエントリープラグを噛み砕いてしまいます。 アスカは奇跡的に助かり救助されますが、 使徒からの精神汚染の可能性がある為、厳重に隔離されそれ以降本編に登場しません。 なので アスカは死亡したのではなく、隔離されて登場しなくなったと言えますね。 この辺りももう一度映画を見ておさらいしたくなります。 旧作との違いを見比べてみるのも良いですよね。 Sponsored Link 式波アスカのその後は?Qではどうなったのかネタバレ! 死亡していないことが分かったアスカですが、一体その後どうなったのでしょうか? Qではどうなっているのか調べてみました。 式波アスカの眼帯の意味は? 死亡していないことがわかったアスカですが、その後【Q】ではどうなったのでしょうか? 【Q】では旧ネルフ職員の葛城ミサト、赤木リツコなどが反ネルフ組織ヴィレを結成しています。 冒頭では8号機に乗った真希波マリと改二号機に乗ったアスカが、衛星軌道上に封印されている初号機とシンジを奪取するシーンから始まります。 アスカの左目には眼帯がされていますが、特に左目を怪我するシーンなどはないので、なぜ眼帯をしているかは謎です。 そしてシンジに対して皆冷たいです! サードインパクト元凶になってしまったのですから仕方ないとは思いますが、せめて何があったか説明してから冷たくしてほしいです… ネタバレになってしまうから無理な話ですが) 作品中でアスカの眼帯をしている目が青く光る場面が2回あり、 アスカは人間ではなくなっているのではという憶測も飛び交っています。 アスカは最後まで左目を右手でおさえながら「殺してやる」と言い続けていましたね。 それと 【Q】のアスカの眼帯のは何か設定上の繋がりがあるのでしょうか? になっていますね。 そこでは冒頭10分が公開され、大反響を呼びましたね。 しかし新型コロナウイルスの影響で2020年6月27日の公開が延期となってしまい、続きが見れるのはもう少し先になってしましました。 Sponsored Link エヴァ破アスカは死亡していない?Qではどうなったのかネタバレ!まとめ 旧エヴァンゲリオンの最終回ではシンジと二人だけが残りました。 LCLの海辺でシンジに首を絞められ、その後アスカがシンジの頬をなで 「気持ち悪い」と一言言うという謎ばかり残る最終回に、終わった気がしなかったエヴァファンは多かったと思います。 エヴァンゲリオン新劇場版は全く違う展開を見せており、どんな結末が待っているのか気になりますね。 エヴァ破アスカは死亡していない?Qではどうなったのかネタバレ! コロナの影響で公開は伸びてしまいましたが、どんな結末になるのか公開を待つしかないですね! 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の