偽 痛風 予防。 No.188 「偽痛風について」

痛風によく似てる病気!偽痛風(ぎつうふう)症状の見分け方と治療内容とは?

偽 痛風 予防

偽痛風の原因とは… 偽痛風とは 軟骨石灰化症ともいわれていて、膝や肘足首などの関節が痛む痛風に似た症状を伴う病気になります。 偽痛風の痛みの原因は• ピロリン酸カルシウムの結晶 が軟骨に溜まり、そのピロリン酸カルシウムを白血球が攻撃する事で起きた炎症になりますが、ピロリン酸カルシウムの結晶が軟骨に溜まる原因は分かっていません。 ただ発症した人の傾向はある程度分かっていて、男女関係なく60歳以上の高齢者が多く発症しています。 そして、副甲状腺機能亢進症を発症していて副甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて、その結果血液中のカルシウム濃度が異常に高くなっている人や、ヘモクロマトーシスといわれる組織内の鉄分の濃度が異常に高くなっている人、血液中のマグネシウムの濃度が異常に低い低マグネシウム血症の人など、他の病気を発症している人が発症しているケースが見られていますし、変形性関節症を発症した関節に結晶が溜まっていくことが多くあります。 偽痛風と痛風症状の違い 痛風の場合、 足の親指の付け根などが赤く腫れ上がり、歩く事が困難になるほどに激しく痛みます。 痛みはピーク時を過ぎても1・2週間続いた後痛みを感じない期間があって、再び急に激しい痛みが出てくるということを繰り返していきます。 対して偽通風も激しい痛みの繰り返しは同じですが、 一番の違いは痛みが出る場所にあります。 偽痛風の場合主に膝で激しい痛みを発症し、その他としては手首や足首そして肘などの大きな関節部分で発症して、足の親指の付け根などの小さな関節部分では発症しません。 そして、 痛風の場合は尿酸の結晶が原因であるのに対して、 偽通風はピロリン酸カルシウムの結晶が原因であるという違いもあります。 偽痛風の予防方法 痛風の場合は原因となる尿酸を尿に溶け込ませて排出させるために、水を2リットル飲んだりアルカリ性の食材を摂ったりすることで痛風の予防が出来ますが、 偽痛風の場合はピロリン酸カルシウムの結晶を作らないようにする対策はありません。 ただ、変形性関節症や副甲状腺機能亢進症そしてヘモクロマトーシスや低マグネシウム血症の人に症状がみられるので、これらの症状のある人はその症状の治療を行なう事で、偽痛風の発症を防ぐ事が可能となります。 変形性関節症の注意 変形性関節症は、特定の部位の関節を使用する事でその関節にある軟骨が磨り減ったり、肥満などによって長期に渡って関節に負荷がかかって、変形性関節症にかかってしまうことがあるので、ダイエットを行って膝などにかかる負担を軽減する努力を行なう事が予防になります。

次の

偽痛風について

偽 痛風 予防

痛風と偽痛風の違い 痛風と良く似た病気に「偽痛風」という病気があるのを知っていますか? 偽痛風は、痛風と同様に関節炎が主な症状ですが、 原因や治療方法などに違いがあります。 痛風と偽痛風の違いを、具体的に見てみましょう。 まずは、病態からです。 痛風は、体内の尿酸が結晶化し、関節やその周囲に沈着して、 関節炎を引き起こしますが、偽痛風の場合は尿酸ではなく、 ピロリン酸カルシウムが関節に沈着して関節炎になります。 次に症状です。 痛風発作の痛みは、「骨折よりも痛い」と表現されるほどの激痛が特徴で、 関節炎が起こる部位は、足の親指の付け根が多く全体の約70%を占めています。 偽痛風も、関節炎が主な症状ですが、 痛風に比べて痛みが軽いと言われています。 関節炎の好発部位は膝関節で、 偽痛風の患者さんの50%以上が膝関節に症状が出ています。 また、偽痛風の特徴として、 関節炎の他に発熱や体重減少を伴うことがあります。 原因と治療についてですが、痛風の場合は食生活の乱れが主な原因であり、 痛みを和らげる治療の他に、尿酸値を下げる薬剤の服用や食事療法を行います。 偽痛風は、遺伝的な要素や副甲状腺機能亢進症が誘因となっていて、 生活習慣とは関連していません。 また症状が慢性化し、日常生活が困難となった場合は、 関節内の洗浄や人工膝関節置換術など外科的処置を行うことがあります。 また痛風の患者さんの約90%が男性であり、好発年齢は40〜50代です。 近年は、生活習慣の乱れや女性の社会進出などを背景にして、 女性の患者さんや30代で痛風にかかる人も増えてきています。 偽痛風の場合は、患者さんの男女比はほぼ5:5であり、 性別による差はありません。 また、60代以降の高齢者の患者さんが多いという特徴があります。 突然の関節炎という似たような症状を持つ痛風と偽痛風ですが、 細かい点を比べてみると、たくさんの違いがあるんです。 でも、自分で痛風か偽痛風かの診断はできませんし、 どちらの病気も継続的な治療が必要ですから、関節の痛みを感じたら、 すぐに医療機関を受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。

次の

No.188 「偽痛風について」

偽 痛風 予防

偽痛風の予防法をお探しだと思います。 いろんなホームページをご覧になったでしょう。 それくらい偽痛風の予防法について記載されているホームページがないわけです。 ですが、偽痛風の予防法はあります。 考え方次第です。 偽痛風の予防法は偽痛風になる原因をなくすことです。 偽痛風の原因はピロリン酸カルシウムという物質です。 ピロリン酸カルシウムが関節にたまることで起こります。 ピロリン酸カルシウムそのものを体の中で作らせないという予防法はありません。 ただ、偽痛風が起こりやすくなる病気が存在しています。 偽痛風が起こりやすくなる病気は• 変形性関節症• 副甲状腺機能亢進症• 甲状腺機能低下症 です。 これらの病気を持っている患者さんは偽痛風になりやすいです。 だからきちんと治療を受けることが偽痛風の予防につながります。 また、偽痛風や痛風に限らず関節が痛くなる病気は 肥満が悪化する要因です。 なぜなら体が重いと関節に負担がかかるからです。 つまり、ダイエットをすることで体重が落ちれば それだけ関節への負担が減り、偽痛風の予防につながるわけです。 偽痛風の原因にもなる変形性関節症も関節の病気ですから 肥満になるとさらに関節の痛みが悪化します。 いろんな意味で肥満の解消は偽痛風の予防につながります。 最後にまとめますと偽痛風の予防は• 偽痛風の原因になる病気の治療を受けること• 肥満を解消すること この2点が重要です。 関連ページ 偽痛風とは?痛風と何が違うのでしょうか?わかりやすく解説しました。 偽痛風の原因について詳しく解説しました。 偽痛風の治療法について詳しく解説しました。 偽痛風はレントゲンでどう見えるのでしょうか?画像とともに解説します。 偽痛風と痛風の5つの違いについてわかりやすく解説しました。 偽痛風だと関節液は何色になるのでしょうか?わかりやすく解説しました。 偽痛風にはステロイドが有効なのでしょうか?わかりやすく解説しました。 偽痛風で膝に症状がでる確率は何%くらいでしょうか?わかりやすく解説しました。 偽痛風の診断で使うCRPについてわかりやすく解説しました。 偽痛風が再発する原因についてわかりやすく解説しました。 偽痛風で発熱が起こる原因と対処法について解説します。 偽痛風が起こりやすい部位はどこでしょうか?わかりやすく解説しました。 偽痛風の治療期間はどれくらいでしょうか?わかりやすく解説しました。 シメチジンは偽痛風の予防・治療に効果があるのでしょうか?わかりやすく解説しました。 偽痛風の好発部位についてわかりやすく解説しました。 偽痛風だと診断できる検査値はどれくらいでしょうか?わかりやすく解説しました。 偽痛風と白血球の関係についてわかりやすく解説しました。 偽痛風の原因は食事なのでしょうか?わかりやすく解説しました。 偽痛風に効くお薬に何があるのでしょうか?わかりやすく解説しました。 偽痛風は女性になりやすい病気なのでしょうか?わかりやすく解説しました。 偽痛風の予防法についてわかりやすく解説しました。 偽痛風にどんなリハビリが必要なのでしょうか?わかりやすく解説しました。 偽痛風の症状についてわかりやすく解説しました。

次の