ツイン ドラゴン ハナハナ ベル。 ツインドラゴンハナハナ 設定狙い・打ち方・勝つための立ち回り

ツインドラゴンハナハナ

ツイン ドラゴン ハナハナ ベル

ハナハナのリーチ目法則と一覧などについてです。 5号機のハナハナシリーズは少しずつ改良が加えられてきましたが、特にスペシャルハナハナからサンサンハナハナになったときにボーナス図柄が赤7と白7の2つになった以降はほぼ共通したリール制御になっています。 後告知の場合、当選ゲームでは光らないですが、次ゲームレバーオンで光ります。 ただしベルやリプ、チェリーならばさらに次ゲームに持ち越します。 ハナハナは次ゲームレバーオンの後告知が10%あるので、リーチ目が落ちてるのを拾える可能性もあります。 ただ分かりやすいのはそうそう落ちてないので、法則を知っておきましょう。 スイカテンパイ外れ まずは王道のスイカテンパイ外れ。 ノーマルタイプでは王道かつ定番のスイカテンパイ外れはハナハナでもボーナス確定です。 こちらはプレミアムハナハナ。 ちなみに5号機ハナハナでのスイカ小Vはシリーズ共通でビッグボーナス確定になってます。 ツインドラゴンハナハナのベルスイカダブテン外れ。 中段ベルベルスイカ、通称ベベスもBIG確定です。 グレートキングハナハナのスイカテンパイ外れ。 嬉しいアメイジング付き。 はさみベルリプ外れ 続いては中級者向け?はさみベルリプ外れです。 プレミアムハナハナでのはさみベルリプ外れ。 はさみベルリプ外れとはハサミ打ちでベルリプがテンパイしているのに中リールでどちらの小役も蹴っている目です。 この出目ではボーナス図柄一直線もあるので気付きやすいですね。 こちらもプレミアムハナハナ。 はさみベルリプ外れの場合、 ・上段ベルテンパイ右リール下段ベル ・左リール上段ベル、中右リール下段ベル の形になることが多いので、ボーナス図柄一直線がないと見逃す人も多いようです。 ドリームハナハナ。 上記の ・左リール上段ベル、中右リール下段ベル の形になっていますね。 ハイエナで拾うのを狙うなら是非覚えておきたい出目です。 ちなみにはさみベルリプ外れですが、順押しでもはさみベルリプハズレの形になっていればOKです。 (中押し、逆押し時はNG) ボーナス図柄一直線 ジャグラーシリーズでもおなじみボーナス図柄一直線。 グレートキングハナハナです。 ボーナス図柄とは赤7、白7、赤BAR、白BARのことです。 上記4つに加えハナハナの場合、中リールHANA図柄&チェリーも一直線図柄に加えられます(一部例外あり) ツインドラゴンハナハナ。 一直線に加え、左リール下段バー図柄からの右リールバチェナもボーナス確定です。 ハナハナは複数の法則が同時に出ることも多いですね。 中リールHANA図柄がらみのボーナス一直線。 右リール下段7 続いては右リール下段7がらみ。 いわゆるゲチェナですね。 ゲチェナとは「右リール下段チェリー付きの7」のことです。 プレミアムハナハナ。 4号機の頃、ゲチェナはボーナス確定の台が多かった名残から来ています。 ハナハナの場合、小役を否定してゲチェナならボーナス確定です。 白7はチェリーは付いていませんが、ハナハナにおいては白7下段も赤7下段と似た扱いなので右リール下段に白7(小役否定)でボーナス確定になります。 右リール下段7自体はチェリーやスイカのこぼし目で出ることもあるのでその点のみ注意です。 ちゃんと目押ししていれば左リール下段バー図柄からの右リール下段7で確定目です。 ・左リール下段BARからの右リール下段白7 ・ボーナス図柄一直線 ・中リール強力図柄(HANAはさみ小役)外れ 3つのリーチ目法則が一度に出てきた珍しい出目です。 中リール強力図柄外れ 中リール強力図柄外れです。 強力図柄とはHANAに挟まれたベルとリプの事です。 グレートキングハナハナ。 当然小役否定でボーナスです。 中リール枠上上段にスイカがあるのがまたニクい、良い出目です。 ドリームハナハナ。 ちなみにベル小Vの形で、右リールバチェナの上のベル以外ならボーナス確定っぽいかも。 確信がないので違ったらコメント欄で指摘お願いします。 ツインドラゴンハナハナ。 左リールスイカがすべってきたのに中リールにドーンとHANAはさみ図柄が止まれば2確目です。 ツインドラゴンハナハナ。 リプレイ小山も多分リーチ目だと思います。 プレミアムハナハナ。 ボーナス図柄一直線も同時に出ていますね。 ハナハナのリーチ目は法則は細かいところだとまだありますが、このあたりの法則を覚えておけば基本的には大丈夫でしょう。 小役重複、チェリー重複については長くなりそうなのでまた別記事で書いていこうと思います。 投稿者 投稿日: カテゴリー , 投稿ナビゲーション.

次の

【ツインドラゴンハナハナ】推定設定4

ツイン ドラゴン ハナハナ ベル

BIG中純ハズレ BIG消化中にサイドランプも赤緑に点滅せず、子役が何も揃わないことがあります。 これが純ハズレと言われています。 純ハズレは設定6でも薄い確率で発生すると言われています。 発生したら期待度急上昇です。 スポットライト BIGボーナス消化後にスポットライトの色が変わることがあります。 そこに設定差があります。 詳しくは下に記載してます。 REG後は発生しただけで激熱です。 ハナハナ唯一の確定要素なので要注目! レトロサウンド 今作は、設定差がないと思われます。 REG中サイドランプ REGボーナス中は1度だけスイカを揃えることで、サイドランプの色により設定差のある要素を確認することが出来ます。 奇数か偶数かの判別に有効です。 スイカの揃え方 左リールの中段に白7をビタ押しします。 成功すると左リールにスイカ・白7・スイカの出目で止まるので、中、右リールは、スイカを狙うと揃います。 スイカ成立時にサイドランプの色が変化するので注目です。 以下ツイドラと同様と思われるためツイドラと同じデータ引用 引用元 (2)slogati. com 打ち方 通常時 以下動画を参照していただければ分かるかとおもいますが、通常時は、左リール上段にバーを狙います。 バーを狙うことで、チェリーorスイカをフォローすることができます。 ベル、リプレイは狙わなくてもそろいます。 ハイビスカスが光ったら7を揃えましょう! 「77バー」ならレギュラーボーナス 「777」ならビッグボーナス BIGボーナス中(払出枚数約312枚) 枠両サイドのサイドランプが赤緑に点滅していない場合は、 適当押しでベルをそろえます(そろいます)。 赤緑に点滅した場合は、チェリーorスイカです。 目押しに自信がある方は、左リール上段にバーを狙ってチェリーorスイカが枠内に止まるので止まった方を揃えます。 目押しに自信がない方は、中リールに赤7を狙いましょう。 枠内にスイカが止まればスイカ、止まらなければチェリーです。 REGボーナス(払出枚数約132枚) REGボーナス中は1度だけ左リール中段に白7をビタ押しします。 成功すると左リールに「スイカ・白7・スイカ」の出目が止まるので、中右もスイカを狙いスイカを揃えましょう! スイカ成立時にサイドランプに色がつきます。 上記設定判別の要素の1つなので確認しましょう。

次の

【解析・設定差】ツインドラゴンハナハナ

ツイン ドラゴン ハナハナ ベル

左リール上段にBARを狙う• 枠内スイカ停止時は、中&右リールはスイカを狙う 参考 通常時はDDT打法でスイカを取りこぼさない様に注意しましょう! 1ヶ月間、毎日朝から晩まで親父打ちすると、30万円近いコインロスが発生します。 22 通常時ベル確率による設定看破は正直厳しいです。 ベルはカウントしなくても大丈夫です。 8 BIGボーナス中のスイカ確率はかなり重要な要素ですね。 低設定を回避する為の設定判別ポイントです。 とは言っても、ある程度腰を据えて回さないとこの辺の確率は荒れますから、その点は悩ましい所ですね! REG中のサイドランプ判別• 青 設定1,3,5• 黄 設定2,4,6• 緑 設定1,3,5• 赤 設定2,4,6• 虹 高設定示唆 REG中のサイドランプにも色演出がありますので、設定判別の重要なポイントです。 ホールでは偶数設定がよく使われていて、誤爆も多いので設定4を設定6と勘違いする打ち手も少なくありません。 奇数設定を示唆する青、緑が頻繁に出る時は設定1、3を疑いましょう!設定5が入っている可能性は強イベ日以外、多くないはずです。 この色演出は次項で解説する龍玉とややこしくなってしまうんですが、しっかり頭に叩き込んでおきカウントしながら打ちたいですね! 龍玉色での設定判別 ツインドラゴンハナハナでは、サイドランプフラッシュの色演出による設定示唆以外にも、 台上部の「龍玉」で設定判別のポイントがあります。 BIG・REGごとに演出が異なるので、しっかり網羅しておきましょう! BIGボーナス• 青 設定3以上確定• 黄 設定3以上確定• 緑 設定5以上確定• 赤 設定5以上確定• 遠目からもチェック出来る看破要素なので、ハイエナ狙いの台がREGを引いている時にはつい凝視してしまいます(笑) 他の人のが打つ台の状況も確認しながら立ち回りたいですね。 レトロサウンドによる設定判別 設定 発生率 1 6. 正直、レトロサウンドは設定1でも6%の確率で発生するので、期待し過ぎるのは禁物。 他の色演出やスイカ確率と絡めて、トータルで押し引きを計りたいですね。 ボーナス告知割合• 停止時にリールがバウンド• 双龍フリーズ演出• プレミアム点滅演出• テンパイ時や小役成立時にサウンド変化• 虹色フラッシュ・バックライトフラッシュなど• MAXBETボタンが緑色に変化 プレミア演出にも設定差はありませんので、発生しても無駄なヒキ強という事になります(笑) まとめ 看破すべきポイントとしては、従来通りの サイドランプフラッシュとスイカ、REG、龍玉の4点ですね! 特にツインドラゴンハナハナでは色演出が重要になっているので、 自分以外の台も盗み見ておく事で高設定台のハイエナがしやすくなったと言えます。 導入日に設定6と思しき台を掴んだ事がありましたが、その時の出玉は5000枚を超えました。 解析が出る前だったので、看破しながら打てませんでしたが(笑) それ以降、勝てている台は設定4ばかりですね。 ホールも怖くて設定5、6は中々投入出来ないのでしょう。

次の