オト リバーサイド テラス。 東岡崎駅前のオトリバーサイドテラスにうなぎの兼光が開店予定!

名鉄名古屋本線「東岡崎」駅とペデストリアンデッキで直結『OTO RIVERSIDE TERRACE (オト リバーサイドテラス)』11月2日(土)グランドオープン|【STARTS】スターツグループ

オト リバーサイド テラス

大手ハウスメーカー大和ハウスの軽量鉄骨• 選べるアクセントクロス!• 広々2LDK!• ペット複数飼育可!• ペットの散歩に最適な環境!周辺環境良好! <初期費用>• 翌月家賃 65,000円(賃料+共益費+駐車場)• 敷金 57,000円(ペット飼育の場合は114,000円)• ご了承願います。 ご了承ください。 所在地 郡山市町東 沿線 JR東北本線 黒磯~利府・盛岡 - 郡山駅 家賃/管理費 57,000円 /3,000円 敷金/保険金 1ヶ月分(ペットの場合2ヶ月分)/- 礼金 - 間取 詳細 2LDK LDK 12畳 、洋室 6畳 、和室(6畳) 建造種別/構造 アパート/軽量鉄骨造(戸数:6戸) 物件階層 1階 / 2階建 建築年 - 駐車場 有 5,000円/月(2台目要相談) 入居時期 - 保険 火災保険は別途となります、ご了承ください 設備 バストイレ別/バルコニー/エアコン/室内洗濯置/シューズボックス/南向き/追焚機能浴室/洗面所独立/クローゼット/電子ロック/プロパンガス/ドアホン/ウォシュレット便座(交換予定) その他 備考 鍵交換費用は別途見積もりとなります。

次の

リバーサイドテラス (バンコク) の口コミ1,641件

オト リバーサイド テラス

大手ハウスメーカー大和ハウスの軽量鉄骨• 選べるアクセントクロス!• 広々2LDK!• ペット複数飼育可!• ペットの散歩に最適な環境!周辺環境良好! <初期費用>• 翌月家賃 65,000円(賃料+共益費+駐車場)• 敷金 57,000円(ペット飼育の場合は114,000円)• ご了承願います。 ご了承ください。 所在地 郡山市町東 沿線 JR東北本線 黒磯~利府・盛岡 - 郡山駅 家賃/管理費 57,000円 /3,000円 敷金/保険金 1ヶ月分(ペットの場合2ヶ月分)/- 礼金 - 間取 詳細 2LDK LDK 12畳 、洋室 6畳 、和室(6畳) 建造種別/構造 アパート/軽量鉄骨造(戸数:6戸) 物件階層 1階 / 2階建 建築年 - 駐車場 有 5,000円/月(2台目要相談) 入居時期 - 保険 火災保険は別途となります、ご了承ください 設備 バストイレ別/バルコニー/エアコン/室内洗濯置/シューズボックス/南向き/追焚機能浴室/洗面所独立/クローゼット/電子ロック/プロパンガス/ドアホン/ウォシュレット便座(交換予定) その他 備考 鍵交換費用は別途見積もりとなります。

次の

名鉄「東岡崎」駅直結の新複合商業施設「オト リバーサイド テラス」への行き方&トイレの場所を解説!

オト リバーサイド テラス

東岡崎エリアについて 愛知県人でも、まして他県民の方々からすれば東岡崎について知らない方も多くおられると思います。 ですから、まずは東岡崎駅や名前の由来となった乙川について紹介していこうと思います。 名古屋鉄道・東岡崎駅について まずは 名古屋鉄道の 東岡崎駅について紹介していこうと思います。 画像はWikipediaより 東岡崎駅は名鉄名古屋本線の途中にある大きな駅で、西三河を代表する駅の一つです。 ここには 快速特急以下全列車が停車し、当駅集発着の列車も多く存在します。 とても大きな駅でありながら、 JR 東海道本線の岡崎駅とは位置が離れており、両雄として常に乗客数争いを繰り広げています。 2面4線の普遍な駅でありながら、駅ビルはかなり昔からある歴史を感じるつくりになっているなど見どころも随所にみられる駅です。 特にこの辺りでは最近再開発が盛んにおこなわれており、その代表格が今回の主題でもある オト リバーサイドテラスだと言えます。 駅舎の外には大きなバスターミナルが存在し、紅葉で有名な 香嵐渓や時々プロ野球の試合もある 岡崎市民球場へのアクセスも担っています。 が、駅前はとても狭く慢性的な渋滞を引き起こしています。 それも課題であります。 乙川について 次に 乙川について紹介をしていきます。 乙川は西三河を代表する側矢作川の最大の支流として、岡崎市内を流れる川です。 流域近くには 岡崎公園や 岡崎城があり、春になると河津桜が、夏には花火大会が見ものになります。 途中 国道一号線とも並走しており、かつては水路を使った荷役なども行われていました。 乙川は今日も岡崎市民の憩いの地としての役割を一途に担ってます。 オト リバーサイドテラスについて さて、ようやくですが オト リバーサイドテラスについて紹介をしていこうと思います。 設立経緯から今日に至るまで、また施設内の様子についても詳しく紹介していけたらと思います。 設立経緯 まずはこの施設の設立に至るまでについて紹介していくことにします。 オト リバーサイドテラスのある場所はかつて駐輪場などがあるのみで土地として有効活用できているとは言えませんでした。 駅から1分という好立地にもかかわらず、それしかないことが実際に土地の価値を下げていると言っても過言ではありませんでした。 その中で、岡崎市はそれらの問題に対して「 北東街区有効活用事業」という案を策定して乙川沿いの土地を有効的に活用する計画を明文化しました。 その中で、この土地をどのようにしていくかという議論が沸き上がり、今のように商業施設を建設していくことが持ち上がりました。 その後、計画は一気に進み工事が始まりました。 9月にホテルが先行開業、10月に順次ショップやレストランが開業し始め、11月初旬に全店オープンしました。 施設紹介 施設について紹介をしていくことにします。 フロアマップなど、詳細なものについては公式HPをご覧ください。 ここではペデストリアンデッキについてもあわせて紹介していきます。 東岡崎駅改札口から出てきて、徒歩45秒。 振り返るとこのような景色が広がります。 いまだに工事している個所もありますから、そこがどのようになっていくのか注目です。 バスターミナルなどになるのではと思います。 目の前には先程紹介した乙川の様子が、常に穏やかな流れでとても心が洗われる気持ちです。 そしてまず注目すべきは徳川家康公の像です。 岡崎城で生まれた、岡崎のシンボルでもある徳川家康公の凛々しい姿は見る価値があります。 ここから写真を撮ってくださいという印もあり、ここからとればベストショット間違いなし? 名鉄名古屋本線を臨むことも出来ます。 もしかしたら撮り鉄にもおすすめのスポットかもしれません。 これがオト リバーサイドテラスの様子です。 このように新しく、見ごたえのあるお店が多く入店しているため訪れる価値はありそうです。 タイムズカーレンタルや レンタサイクルなどもあり、岡崎・西三河観光の新たな拠点として活躍をしてくれそうです。 レンタサイクルは1日300円とかなりお得。 使う価値は間違いなくあります。 もちろん駐車場や駐輪場も完備。 車社会にも適応を見せています。 おわりに このようにオト リバーサイドテラスは新たな岡崎のシンボルマークとして広く活躍をしていってくれるでしょう。 まだまだ恋宇治もしており、発展途上ですからぜひ訪れてみてくださいね.

次の