コロナ 喉 が かゆい。 この症状は花粉症?それとも新型コロナ?区別のためにチェックしたいポイント

【コロナ初期症状】発熱・咳・倦怠感・頭痛・鼻水・下痢嘔吐・味嗅覚

コロナ 喉 が かゆい

コロナの初期症状は喉の痛みと寒気? ここではコロナの症状についてまとめてみました。 もし自分がかかっていたらたいへんですし、小さなお子様がいらっしゃる家庭やご年配の方が近くにいたりすると心配ですよね。 昨日はどうしても人混みを避けられなくて、なんだか寒気と咳がでる!なんて人は注意した方がいいかもしれませんね。 マスクをしていてもウィルスはみえないので心配ですよね。 新生児や小さな子供がいるお母さんも心配だと思います。 新型コロナウィルスの初期症状をまとめてみました。 一体最初にはどんな症状がでるのか?• 咳や痰、鼻水等の症状や37.5度以上の熱が4日間以上続いている• 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある• 味覚障害が出てくる• 高齢者や基礎疾患がある人は上の症状が2日間以上続く場合 まとめてみるとこのような症状があるようですね。 「なんだか今日はいつもより仕事にいきたくないな、それに熱もあるし咳がとまらない」という場合は要注意のようですね。 コロナウィルスは感染者の咳や痰、鼻水を触った手でドアノブや電気のスイッチを触れて、別の人が触り、その手で目や鼻を触る事で感染するようですね。 もし、家族に感染した人がいる時は可能であれば別室に隔離をして、空気の入れ替えをしてこまめにエタノールで消毒を行うのが良いそうです。 コロナについてまとまっているPDFが公開されていましたので以下に載せておきます。 そのほかにも花粉症との違いも調べてみましたので参考にしてみてください。 花粉症との違いは? それでは意外に間違ってしまいがちな花粉症の症状とはどのようなものでしょうか。 春になると徐々に症状が出てくる花粉症ですが、マスクをしていてもくしゃみや鼻水が出てしまう時がありますよね。 花粉症なのかコロナウィルスのしわざなのか、わからない事もあるのかもしれませんね。 花粉症でも喉の痛みはあるようですが、調べてみると症状の違いは少しわかりにくくなっているようです。 コロナウィルスと花粉症の症状を分けて調べてみました。 コロナウィルスの症状• 5度以上の微熱が続く• 乾いた咳が出る• 鼻水がでる• 喉がいたくなる• 味覚障害が出る ほとんど風邪と同じ症状で見分けがつかないようですね。 この症状が4日以上続くようであれば病院に行った方がいいそうです。 これに対して花粉症の症状はというと• くしゃみ• 鼻詰まり• 充血 などの症状がでるとされています。 花粉の粒子を病原体だと体が過剰に反応してしまう事で起こってしまうアレルギー症状なので、風邪と変わらない症状に見えますね。 発熱がないだけで花粉症と見分けがつかなくなっているようです。 寒気がした時は発熱している事もあると思いますので、体温を計測してどのくらいあるのか調べて、外出を控えた方がよさそうです。 関連記事 コロナにかかったらどうしたらいいのか? 花粉症との見分けはつきにくいので、発熱が続く場合やせきが止まらない時、喉の痛みがある時は電話で一度相談するとよさそうですね。 ですが8割の人は風邪の症状で治まってしまうようです。 そうなるとただの風邪だろうと思って、自覚のない人が外に出歩きより一層ウィルスをひろめてしまいそうです。 ここに電話をするとどういった対策したらいいのかを相談できるようですね。 ですが、今症状がない人も電話をしているようで、混み合ってつながりにくくなっているようです。 寒気や発熱などの症状がない人は札幌市だと一般窓口でも案内をしてくれています。 札幌市の一般相談窓口は• 011-632-4567 こちらに電話をして相談すると不安や疑問の相談に乗ってくれるということですので、症状のない人や、疑問や不安がある人はこちらの電話番号にかけると良いそうです。 まとめ 今回はコロナウィルスに関しての初期症状についての情報をまとめてみました。 花粉症や風邪とにた症状なのでわかりにくいですが、喉の痛みや、寒気、発熱、などが出た時は外出を控えておくのがよさそうです。 かからないように消毒を徹底して、自分がもしもかかってしまったら「うつさない」という事が大切なようですね。 花粉症の症状との違いを最後にまとめておくと• 花粉症• くしゃみ• 鼻詰まり• コロナウィルスの症状は• 発熱(37. 5度以上)• 乾いた咳• 喉が痛くなる• 味覚障害がでる このようにコロナと花粉症の症状は別れているようです。 もしも発熱してしまい、咳や鼻水が続く時は外出を控えて安静にして人と接しないようにするのが一番かもしれません。 自分ではわからない、判断出来ないなどの時は電話で相談するのがよさそうですね。 その他の相談や不安、それに困った事など、症状がない時は札幌市だと「011-632-4567」に電話で相談するのがよさそうです。

次の

喉がかゆいのは風邪ではない?!アレルギーのサインかも

コロナ 喉 が かゆい

喉は日常生活のちょっとした刺激を受けることも多いため、少しのかゆみなどでは病気は疑わないかもしれません。 しかし、喉のかゆみは病気のサインである可能性もあります。 この記事では、喉のかゆみの原因や治療法について解説していきます。 喉のかゆみから咳をする理由 かゆみを感じる原因 喉のかゆみの原因はさまざまあります。 特に多くみられるのが、風邪やアレルギーによるものです。 ウイルスや細菌による感染が原因で起こる風邪は、喉にも炎症を起こすため喉にかゆみや痛みを生じ、喉の刺激から咳の症状も表われることがあります。 アレルギーが原因に アレルギーが原因である場合、中でも頻度の多いものに花粉症があります。 花粉症は花粉がアレルゲンとなり、口から入り込むことで喉にくっつき、アレルギー反応を引き起こします。 アレルギー反応を引き起こすものは、花粉以外にもハウスダストや食べ物でもアレルゲンとなることがあります。 ハウスダストも花粉と同じように空気中にあるものが口から入り込み、喉にアレルギー反応を引き起こします。 また、食べ物がアレルゲンとなる場合は、食べてから15分ほど経過したあとに口の中や舌が腫れたり、喉が痛くなったりイガイガしてかゆくなったりすることがあります。 たばこやアルコール、喉の酷使が原因になることも たばこやアルコールも喉を刺激します。 たばこの吸いすぎや、お酒を飲みすぎた次の日などに喉に痛みを感じることがあるのはこのためです。 また、喉を酷使したあとも喉の調子が悪くなりやすいため、かゆみや痛みを起こすことがあります。 しゃべりすぎた次の日やカラオケなどに行った後も喉を痛めている可能性が高いので、すぐにケアするようにしましょう。 特に空気が乾燥している時は喉を痛めやすいので、冬などの乾燥している時期はマスクを着用する、部屋を加湿するなどの予防が大切です。 その他、ストレスなどで胃酸が逆流しているときも喉にイガイガとしたかゆみや痛み、違和感を覚えることがあります。 喉がかゆいのはどんな病気? 風邪は細菌やウイルスが体内に入りこむことで起こります。 この時に喉も刺激されるので、かゆみや痛みを伴うことがあります。 また、悪化してくると扁桃腺が炎症を起こし、腫れてくることもあるので注意しましょう。 風邪以外で喉にかゆみが生じる病気も 風邪以外で喉にかゆみを生じる病気は、甲状腺の病気や喉のポリープ、咽頭がんなどがあります。 甲状腺の疾患は比較的に女性に多く見られ、治療を行うことで症状を抑えることができます。 ポリープは喉をよく使う職業の人などにできることが多く、場合によっては手術が必要な場合もあります。 咽頭がんはよくみられる病気ではありませんが、状況によっては喉や声帯を切除しなければならないこともある危険な病気です。 風邪でもないのに咳が止まらなくなるのは… 花粉症やハウスダストに対するアレルギーが増加していることも関係して、近年、咳喘息の人が増加してきています。 これは発作性の息苦しさを感じる気管支喘息とは異なり、咳の症状のみが表れる喘息です。 咳喘息は放置していると気管支喘息にまで進行してしまうこともあるので、風邪でもないのに咳の症状が続く場合は一度検査を受けてみましょう。 喉のかゆみから併発しやすい病気 喉のかゆみの原因となる風邪などと併発しやすい病気は、気管支炎や肺炎などの呼吸器系の病気です。 また、喉は耳ともつながっているため、喉にいたウイルスや細菌が耳まで感染し、中耳炎などを併発することもあります。 喉だけでなく、周辺の器官にも影響を及ぼしやすいので油断せずに早めに病院を受診することが大切です。 喉のかゆみによる咳の治療 医療機関へ行こう 喉のかゆみで病院へ行く場合は、原因によって異なりますが、かゆみの原因がわからないことも多いと思います。 そのような場合は耳鼻いんこう科や内科へ行ってまず検査を受けましょう。 風邪など原因がはっきりとわかっている場合は、内科にいって治療を受けましょう。 また、甲状腺に原因がある場合は、内科や内分泌内科などを受診しましょう。 花粉症やアレルギー症状によって喉のかゆみが酷い場合は、抗アレルギー薬を飲むことで症状を抑えることができます。 日常生活に支障がない程度に、咳が出たり、喉にかゆみを感じたり、といった症状ではあまり病院へ行かないかもしれませんが、症状が続く場合は何かの病気が隠れている可能性もあります。 まずは、かかりつけの病院で相談してみましょう。 日常生活の注意点 日常生活の中にも喉を痛める原因がたくさんあります。 空気中に浮遊しているほこりや花粉が喉を刺激することもありますし、空気が乾燥しているだけでも喉を痛めたり、かゆみを引き起こしたりといった原因となります。 これらを防ぐためには、外出時などにマスクを着用しましよう。 また、マスクを着用すると、同時に喉が保湿されるため、ウイルスや細菌の感染を防ぐこともできます。 室内にいる際、乾燥している時期には加湿器を使用することも喉を守ることにつながります。 喉の調子が悪い時はあまりしゃべらないようにして、喉を保湿することを意識し、たばこやお酒はできるだけ控えるようにしましょう。 まとめ 喉は敏感な器官なので、少しの刺激でかゆみや痛みを感じることがあります。 特に乾燥している季節や花粉の多い季節は、刺激を受けやすいのでマスクを着用して外出するなどの対策が必要です。 執筆者:荒牧内科 荒牧竜太郎 先生.

次の

【喉の痛み】医療機関受診の目安・薬・治らない時治すには【コロナ】

コロナ 喉 が かゆい

スポンサーリンク 喉がかゆくて咳が出るときの対処法 喉がムズムズして反射的に咳が出ることはよくありますが、そんな症状がいつまでも続くとつらいですよね。 私はいつも2月から4月くらいの時期に喉のかゆみによる咳が続きます。 以前アレルギーの検査を受けた時はアレルゲンが特定できませんでしたが、15年以上同じ時期にこの症状が出るのでたぶんアレルギーだろうということで、この「アレルギー期間」は注意するようにしています。 でも、ここ数年は「アレルギー期間」じゃないとき、風邪のひき始めや疲れ気味の時などにも、いつもと同じ喉の一部分がムズムズっとして咳が出るようになってしまいました。 喉の粘膜に、弱くて荒れやすい部分があるみたいです。 さらに私の場合はドライノーズになりやすく、それも喉を荒らしてしまう原因のようです。 鼻の中が乾燥しやすい方はそちらの対策も有効かもしれません。 一旦治れば、一年のうちほとんどの期間はなんともないのですが、症状が出始めるとしばらくは続くので憂鬱です。 とにかくまずは医師の診察を受け、処方してもらった薬を飲みます。 私はいつも耳鼻科に行きますが、内科でもいいと思います。 そして一番手軽で効果があると思ったのが マスクです!喉がかゆい時は埃はもちろん、気温差や乾燥などちょっとのことも刺激になるので、外出するときは必ずマスクを付けます。 できれば室内でもマスクを付けるのがおすすめです。 以前、息子の学校でインフルエンザが流行っていた1月から3月に、予防のため毎日マスクを付けて過ごしていたことがあったのですが、この年はいつもの「アレルギー期間」になっても症状が軽くて済みました。 それまであまりマスクが好きではなかったのですが、今では「アレルギー期間」と喉のかゆみが出た時は必ずマスクを付けるようにしています。 マスクについてはこちらの記事 も、よかったらご覧ください。 喉がかゆい時期の対策 医師の診察を受けてマスクを付けて過ごす以外に、喉がかゆくて咳が出る時期に積極的に行っていて効果があった対策をご紹介します! 喉にいい飲み物 喉が乾燥するとムズムズしやすいので、飲み物などでこまめに喉を潤します。 この時、冷たい飲み物は刺激になりやすいので、温かい飲み物がおすすめです。 さらに、炎症を起こした喉や咳に効果的な飲み物を積極的に取り入れるようにしています。 私がおすすめなのは、こちらの記事 でもご紹介したはちみつを使ったホットドリンクや温かい緑茶です。 はちみつや緑茶の有効成分が、喉の炎症を起こしている部分にしみわたっていくような感じがして症状が楽になりますよ。 スポンサーリンク スチーム吸入器 マスクも飲み物もそうですが、やっぱり喉の粘膜を潤すのが一番です。 飲み物は喉だけですが、スチーム吸入器は鼻の粘膜も同時に潤してくれます。 鼻が乾燥していると湿度の足りない空気が喉を通ってそのうち喉も乾燥してきてしまうので、鼻も同時に潤せるスチーム吸入器は本当におすすめです。 私が愛用しているのはこれです。 でもこの「ホットシャワー5」は生理食塩水が使えるので、刺激もないしむせたりせずに使えるのでお気に入りです。 計量スプーンも付いているので生理食塩水を作るのも簡単ですよ。 喉がかゆいときの応急処置 家にいるときはいいのですが、外出時、電車の中や映画館などで急に喉がムズムズして咳が止まらなくなるとつらいですよね。 我慢しようと思っても無理ですし、「早く止めなきゃ!」と思えば思うほどなぜかいつもより激しく咳き込んでしまったり……。 そんな時、慌ててペットボトルや水筒の飲み物を飲むと逆にむせて吹き出してしまうこともあるので危険です。 私のおすすめは のど飴です。 普通過ぎて申し訳ないのですが、でもこれが本当によく効くのです。 今までいろいろなのど飴を試してきたのですが、どうやらのど飴でもとてもよく効くものとあまり効果のないものがありました。 人によってどれが効くかは違うと思うので、色々試してみて自分に合ったのど飴を見つけましょう。 ちなみに私の愛用のど飴は 「龍角散ののどすっきり飴」です。 喉がかゆい時期はいつも持ち歩き、「ムズムズしそう!」と思ったら一粒口に入れれば咳が出る前にムズムズ感を抑えてくれるんです。 しかも、咳き込んでしまった後に口に入れてもすぐに咳を抑えてくれるので、私にとってはお守りのようなものです。 まとめ 喉がかゆくて咳が出ると、それが刺激になってまた咳が出て……のくり返しでけっこう長引くことがあるので大変ですよね。 対処法として、日常的にはマスク・飲み物・スチーム吸入などでとにかく喉の粘膜を潤すことが効果的です。 外出中はマスクを付けて、自分に合ったのど飴を持ち歩き、とっさのムズムズや咳き込みに備えると安心ですよ。 【関連記事】.

次の