ばけんのかいかた。 国税庁に競馬の確定申告特設ページが登場

国税庁に競馬の確定申告特設ページが登場

ばけんのかいかた

昔、仕事の取引先のお偉いさんと飲んでいた時競馬の話になって 競馬というのはつくづく当てるのはほんとうに難しいもんだよって話になったのを覚えている。 その方いわく、「18頭も一つのレースで走るギャンブルは競馬以外に無く競艇なんて6艇だ。 本当にギャンブルを極めたら最終的に丁半賭博のように2通りにかけるようになるんだ」とのこと。 そんなわけでぶっちゃけ競馬ってのは博打要素よりも レースを予想する頭脳戦を楽しむものであり、レース展開を楽しみ馬という生き物を見て楽しむものなのだ。 だから競馬ファンは大好きな馬がいて必死で応援していつまでも好きだった馬の話で旨い酒を飲める。 でもやっぱり馬券も当てたいと思うので今回は「 損せずに一番当たる」をメインに考えた馬券の話。 色々な人が計算上で絶対に負けない馬券を考えて必勝法を生み出そうとしているが現実はそんなにうまくいくもんじゃないんだよ。 それでも本物の必勝法は多分あるみたいで最近も数億円の馬券を買って2億円ほどの利益を得た人がハズレ馬券が経費になるかどうかで裁判を起こして話題になっていた。 実際に何億も運用してちゃんと利益を出すことができているということだ。 ただ、10億円動かして1億円ぐらいのプラスというまぁまぁリアルな額しか儲かってない。 必勝法って言っても普通の会社の社長ぐらいのお金(年収一億は夢があるっちゃあるが)しか稼げないわけだ。 多分この必勝法も色んな馬の血統とか脚質とか騎手データとか膨大な入力とかが必要なのでそれほど楽してボロ儲けって感じでもないだろう。 私が実際にこれまで色々な馬券を買い続けて言える一番当たる馬券の買い方 私は最初の方は単勝と複勝だけ買う買い方とたまに好きな馬がいる時に一着固定の馬単総流しという買い方をしたりしていた。 これが本当に当たらない。 複勝は当たることがあるけど2倍とか3倍とかになっちゃう事もあって300円買って300円帰ってきたりとかで 儲からない。 単勝という買い方は一応抑えておく時に買う馬券だと感じる。 例えば軸にした馬から数点馬連を買って軸の馬を単勝で抑えておくという感じ。 変に 2着に穴が来て取り損ねるのを防ぐための馬券。 私がおすすめする本当に一番当たる買い方は「 馬連5頭ボックス」である。 10通りなので1000円で買える馬券。 ただし馬連というのは配当が大体10倍ぐらいが平均で下手すると一番人気と2番人気が来てしまったりして500円しかつかないとかになることもある。 人気が集中している時はボックスに入れる馬の数を減らす。 3頭ボックスぐらいまで減らせば3通りなので300円。 たまに1頭だけに人気が集中して単勝1. 2倍とかいう圧倒的な人気になるがそんな時はもうその馬を外して2着3着を探すつもりで ワイドのボックス(3着までに入る2頭を選ぶ馬券)で買おう。 その方がまだ配当がつくから。 それかどうしてもその一頭を外せない時は 三連複軸1頭流し(順不同で3着以内を当てる馬券)を使って2,3着を馬連みたいに使う。 この方法を試し始めてからまぁ負けなくなった。 確かに3レース4レースという少ないレース数だと連続で外してしまう事はある。 ただ、朝からずっと同じように買い続ければトータルでプラスになったりする。 マイナスになったとしても下手に単勝で勝負するよりも負け方がひどくないのである。 例を挙げると1万円持って行って勝つ時は13000円になって終了すればオッケーぐらいの勝ち方で負けても6000円ぐらいは残るイメージ。 無茶な買い方をしなければメインレースまでに予算を使い尽くすことはまずない。 勝率6割程度ある日もあり回収率は悪く無い。 ボロ儲けしないかわりにボロ負けもしないイメージ。 普段ちょびちょび負けても一ヶ月に一度ぐらい大きめの馬券を取るとうまくプラスマイナスゼロに回復出来ちゃうようなこともよくあるので去年トータルプラスになった。 (普段の傷が小さければ 万馬券で一気にプラスにできるというのが大きい) 当たる馬券まとめ 多分本当に当たりまくる馬券は単勝とか複勝の全通り買い以外では ワイドのボックス馬券なんだろうけど 配当が悲しくなるので掛け金を多くするしか無く傷が大きくなってしまう。 だから馬連ボックスが一番理想的だと私は思う。 馬連ボックスなら一日一度ぐらいは3000円つく事が多いし、ちょっと荒れれば 8000円とか万馬券とかになるのでテンション上がるし。 お金がたくさんあってどうしても大儲けしたい!って思うなら馬連じゃなくて 三連単5頭ボックスで狙ってみよう。 一レース6000円必要だが荒れれば 数十万馬券になることもあり夢がある。 このやり方はうまズキ!というテレビ番組でこじはる(AKB)がやっている買い方。 こじはるは年に何回か当てて回収率そこそこいい感じになってると思う。 (2016年は安田記念が当たってトータル収支プラスが確定) ちなみにグラビアアイドルののもこの三連単ボックスで荒れそうな大きなレースで人気の馬が馬券に絡まなければとんでもない万馬券が飛び出すので夢がある。 まぁ競馬というのは人それぞれ求めるものが違うので好きな買い方すればいいと思うが私はこのやり方が一番合ってたなぁって話でした。 BOXで買う時は トリガミ(当たっても配当が低くてマイナスになること)があるので 必ずアプリでオッズを調べてからマイナスにならないようにかけるお金を決めましょう。

次の

即PAT新規登録 時間外案内

ばけんのかいかた

昔、仕事の取引先のお偉いさんと飲んでいた時競馬の話になって 競馬というのはつくづく当てるのはほんとうに難しいもんだよって話になったのを覚えている。 その方いわく、「18頭も一つのレースで走るギャンブルは競馬以外に無く競艇なんて6艇だ。 本当にギャンブルを極めたら最終的に丁半賭博のように2通りにかけるようになるんだ」とのこと。 そんなわけでぶっちゃけ競馬ってのは博打要素よりも レースを予想する頭脳戦を楽しむものであり、レース展開を楽しみ馬という生き物を見て楽しむものなのだ。 だから競馬ファンは大好きな馬がいて必死で応援していつまでも好きだった馬の話で旨い酒を飲める。 でもやっぱり馬券も当てたいと思うので今回は「 損せずに一番当たる」をメインに考えた馬券の話。 色々な人が計算上で絶対に負けない馬券を考えて必勝法を生み出そうとしているが現実はそんなにうまくいくもんじゃないんだよ。 それでも本物の必勝法は多分あるみたいで最近も数億円の馬券を買って2億円ほどの利益を得た人がハズレ馬券が経費になるかどうかで裁判を起こして話題になっていた。 実際に何億も運用してちゃんと利益を出すことができているということだ。 ただ、10億円動かして1億円ぐらいのプラスというまぁまぁリアルな額しか儲かってない。 必勝法って言っても普通の会社の社長ぐらいのお金(年収一億は夢があるっちゃあるが)しか稼げないわけだ。 多分この必勝法も色んな馬の血統とか脚質とか騎手データとか膨大な入力とかが必要なのでそれほど楽してボロ儲けって感じでもないだろう。 私が実際にこれまで色々な馬券を買い続けて言える一番当たる馬券の買い方 私は最初の方は単勝と複勝だけ買う買い方とたまに好きな馬がいる時に一着固定の馬単総流しという買い方をしたりしていた。 これが本当に当たらない。 複勝は当たることがあるけど2倍とか3倍とかになっちゃう事もあって300円買って300円帰ってきたりとかで 儲からない。 単勝という買い方は一応抑えておく時に買う馬券だと感じる。 例えば軸にした馬から数点馬連を買って軸の馬を単勝で抑えておくという感じ。 変に 2着に穴が来て取り損ねるのを防ぐための馬券。 私がおすすめする本当に一番当たる買い方は「 馬連5頭ボックス」である。 10通りなので1000円で買える馬券。 ただし馬連というのは配当が大体10倍ぐらいが平均で下手すると一番人気と2番人気が来てしまったりして500円しかつかないとかになることもある。 人気が集中している時はボックスに入れる馬の数を減らす。 3頭ボックスぐらいまで減らせば3通りなので300円。 たまに1頭だけに人気が集中して単勝1. 2倍とかいう圧倒的な人気になるがそんな時はもうその馬を外して2着3着を探すつもりで ワイドのボックス(3着までに入る2頭を選ぶ馬券)で買おう。 その方がまだ配当がつくから。 それかどうしてもその一頭を外せない時は 三連複軸1頭流し(順不同で3着以内を当てる馬券)を使って2,3着を馬連みたいに使う。 この方法を試し始めてからまぁ負けなくなった。 確かに3レース4レースという少ないレース数だと連続で外してしまう事はある。 ただ、朝からずっと同じように買い続ければトータルでプラスになったりする。 マイナスになったとしても下手に単勝で勝負するよりも負け方がひどくないのである。 例を挙げると1万円持って行って勝つ時は13000円になって終了すればオッケーぐらいの勝ち方で負けても6000円ぐらいは残るイメージ。 無茶な買い方をしなければメインレースまでに予算を使い尽くすことはまずない。 勝率6割程度ある日もあり回収率は悪く無い。 ボロ儲けしないかわりにボロ負けもしないイメージ。 普段ちょびちょび負けても一ヶ月に一度ぐらい大きめの馬券を取るとうまくプラスマイナスゼロに回復出来ちゃうようなこともよくあるので去年トータルプラスになった。 (普段の傷が小さければ 万馬券で一気にプラスにできるというのが大きい) 当たる馬券まとめ 多分本当に当たりまくる馬券は単勝とか複勝の全通り買い以外では ワイドのボックス馬券なんだろうけど 配当が悲しくなるので掛け金を多くするしか無く傷が大きくなってしまう。 だから馬連ボックスが一番理想的だと私は思う。 馬連ボックスなら一日一度ぐらいは3000円つく事が多いし、ちょっと荒れれば 8000円とか万馬券とかになるのでテンション上がるし。 お金がたくさんあってどうしても大儲けしたい!って思うなら馬連じゃなくて 三連単5頭ボックスで狙ってみよう。 一レース6000円必要だが荒れれば 数十万馬券になることもあり夢がある。 このやり方はうまズキ!というテレビ番組でこじはる(AKB)がやっている買い方。 こじはるは年に何回か当てて回収率そこそこいい感じになってると思う。 (2016年は安田記念が当たってトータル収支プラスが確定) ちなみにグラビアアイドルののもこの三連単ボックスで荒れそうな大きなレースで人気の馬が馬券に絡まなければとんでもない万馬券が飛び出すので夢がある。 まぁ競馬というのは人それぞれ求めるものが違うので好きな買い方すればいいと思うが私はこのやり方が一番合ってたなぁって話でした。 BOXで買う時は トリガミ(当たっても配当が低くてマイナスになること)があるので 必ずアプリでオッズを調べてからマイナスにならないようにかけるお金を決めましょう。

次の

競馬で勝ちたきゃこう買え!一番当たりやすい競馬の馬券の買い方

ばけんのかいかた

昔、仕事の取引先のお偉いさんと飲んでいた時競馬の話になって 競馬というのはつくづく当てるのはほんとうに難しいもんだよって話になったのを覚えている。 その方いわく、「18頭も一つのレースで走るギャンブルは競馬以外に無く競艇なんて6艇だ。 本当にギャンブルを極めたら最終的に丁半賭博のように2通りにかけるようになるんだ」とのこと。 そんなわけでぶっちゃけ競馬ってのは博打要素よりも レースを予想する頭脳戦を楽しむものであり、レース展開を楽しみ馬という生き物を見て楽しむものなのだ。 だから競馬ファンは大好きな馬がいて必死で応援していつまでも好きだった馬の話で旨い酒を飲める。 でもやっぱり馬券も当てたいと思うので今回は「 損せずに一番当たる」をメインに考えた馬券の話。 色々な人が計算上で絶対に負けない馬券を考えて必勝法を生み出そうとしているが現実はそんなにうまくいくもんじゃないんだよ。 それでも本物の必勝法は多分あるみたいで最近も数億円の馬券を買って2億円ほどの利益を得た人がハズレ馬券が経費になるかどうかで裁判を起こして話題になっていた。 実際に何億も運用してちゃんと利益を出すことができているということだ。 ただ、10億円動かして1億円ぐらいのプラスというまぁまぁリアルな額しか儲かってない。 必勝法って言っても普通の会社の社長ぐらいのお金(年収一億は夢があるっちゃあるが)しか稼げないわけだ。 多分この必勝法も色んな馬の血統とか脚質とか騎手データとか膨大な入力とかが必要なのでそれほど楽してボロ儲けって感じでもないだろう。 私が実際にこれまで色々な馬券を買い続けて言える一番当たる馬券の買い方 私は最初の方は単勝と複勝だけ買う買い方とたまに好きな馬がいる時に一着固定の馬単総流しという買い方をしたりしていた。 これが本当に当たらない。 複勝は当たることがあるけど2倍とか3倍とかになっちゃう事もあって300円買って300円帰ってきたりとかで 儲からない。 単勝という買い方は一応抑えておく時に買う馬券だと感じる。 例えば軸にした馬から数点馬連を買って軸の馬を単勝で抑えておくという感じ。 変に 2着に穴が来て取り損ねるのを防ぐための馬券。 私がおすすめする本当に一番当たる買い方は「 馬連5頭ボックス」である。 10通りなので1000円で買える馬券。 ただし馬連というのは配当が大体10倍ぐらいが平均で下手すると一番人気と2番人気が来てしまったりして500円しかつかないとかになることもある。 人気が集中している時はボックスに入れる馬の数を減らす。 3頭ボックスぐらいまで減らせば3通りなので300円。 たまに1頭だけに人気が集中して単勝1. 2倍とかいう圧倒的な人気になるがそんな時はもうその馬を外して2着3着を探すつもりで ワイドのボックス(3着までに入る2頭を選ぶ馬券)で買おう。 その方がまだ配当がつくから。 それかどうしてもその一頭を外せない時は 三連複軸1頭流し(順不同で3着以内を当てる馬券)を使って2,3着を馬連みたいに使う。 この方法を試し始めてからまぁ負けなくなった。 確かに3レース4レースという少ないレース数だと連続で外してしまう事はある。 ただ、朝からずっと同じように買い続ければトータルでプラスになったりする。 マイナスになったとしても下手に単勝で勝負するよりも負け方がひどくないのである。 例を挙げると1万円持って行って勝つ時は13000円になって終了すればオッケーぐらいの勝ち方で負けても6000円ぐらいは残るイメージ。 無茶な買い方をしなければメインレースまでに予算を使い尽くすことはまずない。 勝率6割程度ある日もあり回収率は悪く無い。 ボロ儲けしないかわりにボロ負けもしないイメージ。 普段ちょびちょび負けても一ヶ月に一度ぐらい大きめの馬券を取るとうまくプラスマイナスゼロに回復出来ちゃうようなこともよくあるので去年トータルプラスになった。 (普段の傷が小さければ 万馬券で一気にプラスにできるというのが大きい) 当たる馬券まとめ 多分本当に当たりまくる馬券は単勝とか複勝の全通り買い以外では ワイドのボックス馬券なんだろうけど 配当が悲しくなるので掛け金を多くするしか無く傷が大きくなってしまう。 だから馬連ボックスが一番理想的だと私は思う。 馬連ボックスなら一日一度ぐらいは3000円つく事が多いし、ちょっと荒れれば 8000円とか万馬券とかになるのでテンション上がるし。 お金がたくさんあってどうしても大儲けしたい!って思うなら馬連じゃなくて 三連単5頭ボックスで狙ってみよう。 一レース6000円必要だが荒れれば 数十万馬券になることもあり夢がある。 このやり方はうまズキ!というテレビ番組でこじはる(AKB)がやっている買い方。 こじはるは年に何回か当てて回収率そこそこいい感じになってると思う。 (2016年は安田記念が当たってトータル収支プラスが確定) ちなみにグラビアアイドルののもこの三連単ボックスで荒れそうな大きなレースで人気の馬が馬券に絡まなければとんでもない万馬券が飛び出すので夢がある。 まぁ競馬というのは人それぞれ求めるものが違うので好きな買い方すればいいと思うが私はこのやり方が一番合ってたなぁって話でした。 BOXで買う時は トリガミ(当たっても配当が低くてマイナスになること)があるので 必ずアプリでオッズを調べてからマイナスにならないようにかけるお金を決めましょう。

次の