サルーの太陽 進化。 絶滅をバネに進化する生物

進化の歴史|科学バー

サルーの太陽 進化

序章:進化のために準備された死 最初の生命が地球上に誕生してから、38億年が経過した。 この間に、約90%の生物が絶滅する絶対的な危機が、この地球を何度も襲った。 単純な計算をしてみよう。 生存率10%の絶滅が、10回くり返されれば、今私たちが存在している確率は、100億分の1になってしまう。 あなたと私がコンピュータの前に坐っているのは、奇跡としかいえなくなる。 ところがこれは奇跡などではなく、当たり前のこととして、進化は、私たちを地球上に誕生させた。 生物のしたたかでタフな柔軟性は、計算の範囲をこえた、自然の摂理によって獲得されている。 生物の進化は示している。。。 何度も、何度も絶滅があったからこそ、今人類が存在している。 陸地の見えない広大な海。 地球の原始大気に酸素は全く含まれていず、溶岩から放出された二酸化炭素(炭素分子)や硫化水素が大気成分の大部分を占めた。 生命の誕生と維持にもっとも大事な分子は、水と炭素化合物だ。 それらが原始地球には十分にあった。 生命の誕生と進化は、惑星の形成と同時に、当たり前のことのように準備された。 水は化学物質をよく溶かし、多種多様な化学反応が、水の中できわめて効率よく進む。 温かい原始の海の中で、炭酸分子が集まって複雑にからまりあい、生命のもとになるアミノ酸を形成し、やがてそれはタンパク質へと進化した。 この海の中で、遺伝子(DNA)を形成する核酸塩基や糖も作られた。 私たちのからだを構成する細胞群は、今でも原始の海を必要とし、その海の中で生きている。 私たちのDNAの基本構造は、祖先の単細胞生物によって作られ、今でも私たちのからだの中で機能している。 人間のからだには60兆個の細胞がある。 この数は、日常的に使う数の範囲をはるかに越えているので、どれくらいの数なのか、実感としてピンとこない。 世界の総人口が66億人なので、総人口の1万倍近い数の細胞をからだの中に持っている、と説明すればいいだろうか? これだけの数の細胞が、卵子と精子という、たった2個の細胞の子孫として作られる。 各細胞は懸命に生きている。 私たちのからだは、これら独立した60兆個の細胞の、精巧かつ柔軟な協力関係の上に構築されている。 受精卵からの分化と成長、それに成長後のからだの維持には、とても複雑な細胞間の協力が必要になる。 1個1個の細胞が懸命に生きているだけではなく、からだを総体として生かすために、どんどん死んでいく細胞がある。 個の死が全体を生きのびさせる。 このエッセイの最初のほうに書いた、全体を生かすために個が死ぬ、という生命存続のための摂理は、個体の維持においても実行されている。 バクテリアの大増殖によって、栄養素として取りこんでいた、発酵作用に必要な糖と酸が海中から消えてしまったのだ。 バクテリアの多くが死滅し、その死骸が厚い地層になったところが、西オーストラリアで見つかっている。 生き残ったわずかなシアノバクテリアが、太陽エネルギーを生存のために使う方向へと、進化した。 現在の植物がやっている炭酸同化能を、この時代に獲得し、光合成をおこなうようになったのだ。 このシアノバクテリアのおかげで、酸素が大気中に初めて蓄積されるようになった。 最初の大絶滅が、のちの生物の生存に必要な酸素を作る生物を、地球上で進化させる原動力になった。 同じ遺伝子群が、多様な組み合わせによって、異なるタンパク質を作る、というような離れわざが日常的に行われている。 あるいは、特定の遺伝子を沈黙させることによっても、同じ遺伝子群が異なるタンパク質を作ることができる。 この過程で重要な役割を演じるのは、DNA鎖上の遺伝子(ゲノム)だけではない。 ノンコーディング領域(ジャンクDNA)の役割も重要だ。 後者の遺伝子発現調節領域が、DNA鎖の大部分を占めるが、機能についてはまだほとんど知られていない。 人間が遺伝子操作をすることの危険性は、ここにある。 38億年の進化の結果として、現在機能している遺伝子を変えると、それに誘発されて、ノンコーディング領域のどこが、どのように変化するのか、全く見えない。 ノンコーディング領域には、現在は眠っているが、生物が危機的状況におちいったときに活性化される、遺伝子構造があるかもしれない。 操作された遺伝子と、新規活性化遺伝子との相互作用を、あらかじめ知ることはできない。 短期的な視点から、病気治療などで実施される遺伝子操作が、長期的には人類の絶滅につながる可能性を、誰にも否定できない。 さらにもう一つ指摘しておきたい。 細胞の分化や増殖をうながすタンパク質に、増殖因子がある。 これは、からだの成長や損傷個所の修復に必須の因子だ。 ところが、このタンパク質は、同時にガン細胞の増殖を助ける。 ガン関連因子ということで、増殖因子の遺伝子を取り除くことは、死につながりかねない。 生体は、このように一見相反する複雑な機能を持った要素によって、構築されている。 除けばいいとか、加えればいいというような単純な判断では、大きな誤りをおかす可能性がある。 もっとも、当評論の主旨からは、もしも人類が人類自身の絶滅の引き金を引くならば、次の新しい種の進化を助けることになるので、生物全体としては特に問題にはならない、といえる。 本当にそれでいいのかどうかは、絶滅するかもしれない人類である私たち自身が、自分自身に問いかけなければならない。 単細胞が寄り集まって現存生物へ進化 15億年前のことだった。 次の進化は、1個の細胞がさらに巨大化するのではなく、いくつもの細胞が集まって全体として大きな個体になる、多細胞生物化だった。 多細胞生物化によって、遺伝子を子孫へ有効に引きわたすために、遺伝子を入れる細胞核を持つことになった。 これらは真核生物といわれる。 それまでは、遺伝子は細胞の中にばらばらに散らばっていた。 今のバクテリアは同じ状態をたもっている。 多細胞生物化によって、寄り集まった細胞の一つひとつの遺伝子の活性化の度合い(遺伝子発現)に、違いが出るようになった。 これは、環境と対話しながら遺伝子発現を規定する、単細胞時代に獲得した能力の延長線上にある、機能だ。 多細胞生物化によって、多くの異なる機能を有する器官を体内に持つ、現存の生物へ進化する準備が整えられた。 多細胞生物化によって、これまでにない大きな運動能力を獲得した生物が、出現した。 この運動能力によって、生存に適した環境へ自ら移動することができる。 9億年前の地層から、50種におよぶラン藻や菌類などの微小化石が見つかっている。 その中には、真核細胞と思われる化石がある。 複雑な構造を有する細胞壁が、細胞の安定化に貢献する。 真核藻類の多くには多数のトゲがあり、移動や防御に役立てていたと思われる。 多様化とは、DNA内に異なる機能を持つ遺伝子が増えることだ。 これは、最も基本的な遺伝子が、コピーを作る過程で、少しずつ変異をすることによって達成される(遺伝子重複)。 この小さな変異が繰りかえされて、多様な遺伝子プールができあがる。 遺伝子の進化だ。 環境の変化によってこの遺伝子プールにスイッチが入ると、眠っていた遺伝子が覚醒し、新しい種が生みだされる。 現存する動物のすべての祖先が一度に誕生した、後述するカンブリア大爆発の前に、このような遺伝子が準備された。 この遺伝子プールには、将来の危機に対応できる遺伝子も含まれている。 DNAは、たった4種類の塩基分子(アデニン、チミン、グアニン、シトシン)から構築されている。 これをベースにして、複雑に機能する私たちのからだが作られる。 この効率のよさに驚く。 30億対(60億個)の塩基がつらなったDNA鎖の中で、構造遺伝子とはっきり同定できる領域は、わずか3%しかない。 残りの97%は、上に述べたノンコーディング領域で、遺伝子発現において重要な役割を演じたり、眠った状態にある遺伝子だ。 DNAの基本構造はよく似ていても、機能の発現の仕方を変えることによって、同じ種の中で、異なる適応力をもつ個体を容易に生みだすことができる。 さらに、この遺伝子プールを使えば、短期間のうちに、次の種へ進化することが容易になる。 この逃避行は非常に苦しいものだった。 陸上は、魚類にとってはとても過酷な環境だ。 空気を呼吸するために、えらを乾燥化から守らなければならない。 皮膚から水分が逃げてひからびてしまう。 体重を軽くしてくれる水が存在しない。 だがこの挑戦は実りのある挑戦だった。 祖先の生存のための苦しい戦いのおかげで、今私たちが存在している。 陸を目指して逃げたことは、次の生物絶滅のときに幸運をもたらした。 3億6000万年前に、海洋生物の多く(82%)が絶滅する危機があった。 氷河期による気温低下が原因だったといわれる。 海水温が低くなりすぎたのだ。 少量のヘリウム原子を除く、水素以外の全ての原子は、燃える恒星の中で、水素原子をもとにして作りだされた。 それらの原子が、宇宙空間や地球のような惑星上で分子進化をし、水や炭酸分子など、生物のからだを作るために必要な基本的な物質を作り上げた。 水(氷)も炭酸分子も、宇宙には大量に存在している。 原始地球の温かい海の中で分子が寄り集まり、外の環境から自らのかたまりを切り離すことによって、ひとつの細胞になった。 まるで当然のことのように生命が誕生した。 環境の激変は、新しい環境に適応した種を生みだす。 繰り返されてきた生物の大絶滅下でも、この地球上に、新しい種が確実に生みだされてきた。 驚くほどタフで柔軟な生物存在の本質を考えれば、この宇宙の多くの惑星上で、地球型の炭素系生物が進化している、と考えるのが自然だ。 人類が存在するのは奇蹟などではなく、「自然」と考えざるをえない。 この宇宙において、水素原子からひとまでの進化は、「必然」だったことになる。 私たち人類は生まれるべくして生まれた。 進化史の上では余りにも短い。 この存在期間だけを考えても、今の人類は、まだまだ大きく進化すると考えていい。 種として進化しはじめたばかりの人類のからだは、まだ二足歩行にも適応していない。 「個体発生は、系統発生を繰り返す」。 ひとの一生は、最初の生命である単細胞生物に似ている、卵子、精子からはじまる。 母親の体内で、進化の途中にあった海中生活を経験する。 四足歩行のからだをまだ残している人間は、幼児のときに、二足歩行へ移るのに苦労をする。 幼児は、両親にはげまされながら、なんとか立ち上がる。 無理に立ち上がるために、背骨は腰のところで極端に曲げられる。 ガイコツの骨格標本で見れば、この腰の部分の背骨の曲がり方が、いかにも不自然なことがよくわかる。 これが腰痛の原因になる。 頭骨の内側を見れば、人間の脳には、まだまだ大きく進化する可能性があることを、見て取れる。 脳が接触する頭骨の内側は、デコボコになっている。 脳が極限にまで発達したときに、内面はツルツルになると考えられる。

次の

【エバーテイル】序盤から使えるおすすめの野生モンスターは?

サルーの太陽 進化

モチーフは名前の通りで、腕の色合いからするにあたりと思われる。 猿らしく素早い動作が得意で、やんちゃかつ好奇心旺盛な性格。 特徴的な頭髪に取り外し可能な短いを刺している。 これは彼らの群れが暮らす森に生えている木の枝が独自の変化を遂げたもので、気になったものはその棒を使っていじってみる習性があると思われる。 緑色の体毛は太陽の光からエネルギーを作り出すことができ、手持ちのスティックはそのエネルギーを浴び続けることで、特殊な効果を発揮するようになる模様。 事実サルノリが草木の近くでスティックを使い遊んでいると、枯れていた花が色づいたり、葉っぱが青みを増したりするようだ。 公開された映像では棒でリズム感良く石を叩いており、手先の器用さがアピールされていた。 名前の由来は「猿」と、PVでのリズミカルな動きから「ノリ」、また 前述の気性から 「悪ノリ」と予想されている。 英名は「groove グルーヴ。 植物のモチーフがあるとすれば「糊の木」だろうか。 また「サルスベリ」「サルナシ」など猿の名前がつく植物もあるので、由来かもしれない。

次の

【ポケモン剣盾】進化条件一覧!進化の石・特殊進化【全種類】

サルーの太陽 進化

序章:進化のために準備された死 最初の生命が地球上に誕生してから、38億年が経過した。 この間に、約90%の生物が絶滅する絶対的な危機が、この地球を何度も襲った。 単純な計算をしてみよう。 生存率10%の絶滅が、10回くり返されれば、今私たちが存在している確率は、100億分の1になってしまう。 あなたと私がコンピュータの前に坐っているのは、奇跡としかいえなくなる。 ところがこれは奇跡などではなく、当たり前のこととして、進化は、私たちを地球上に誕生させた。 生物のしたたかでタフな柔軟性は、計算の範囲をこえた、自然の摂理によって獲得されている。 生物の進化は示している。。。 何度も、何度も絶滅があったからこそ、今人類が存在している。 陸地の見えない広大な海。 地球の原始大気に酸素は全く含まれていず、溶岩から放出された二酸化炭素(炭素分子)や硫化水素が大気成分の大部分を占めた。 生命の誕生と維持にもっとも大事な分子は、水と炭素化合物だ。 それらが原始地球には十分にあった。 生命の誕生と進化は、惑星の形成と同時に、当たり前のことのように準備された。 水は化学物質をよく溶かし、多種多様な化学反応が、水の中できわめて効率よく進む。 温かい原始の海の中で、炭酸分子が集まって複雑にからまりあい、生命のもとになるアミノ酸を形成し、やがてそれはタンパク質へと進化した。 この海の中で、遺伝子(DNA)を形成する核酸塩基や糖も作られた。 私たちのからだを構成する細胞群は、今でも原始の海を必要とし、その海の中で生きている。 私たちのDNAの基本構造は、祖先の単細胞生物によって作られ、今でも私たちのからだの中で機能している。 人間のからだには60兆個の細胞がある。 この数は、日常的に使う数の範囲をはるかに越えているので、どれくらいの数なのか、実感としてピンとこない。 世界の総人口が66億人なので、総人口の1万倍近い数の細胞をからだの中に持っている、と説明すればいいだろうか? これだけの数の細胞が、卵子と精子という、たった2個の細胞の子孫として作られる。 各細胞は懸命に生きている。 私たちのからだは、これら独立した60兆個の細胞の、精巧かつ柔軟な協力関係の上に構築されている。 受精卵からの分化と成長、それに成長後のからだの維持には、とても複雑な細胞間の協力が必要になる。 1個1個の細胞が懸命に生きているだけではなく、からだを総体として生かすために、どんどん死んでいく細胞がある。 個の死が全体を生きのびさせる。 このエッセイの最初のほうに書いた、全体を生かすために個が死ぬ、という生命存続のための摂理は、個体の維持においても実行されている。 バクテリアの大増殖によって、栄養素として取りこんでいた、発酵作用に必要な糖と酸が海中から消えてしまったのだ。 バクテリアの多くが死滅し、その死骸が厚い地層になったところが、西オーストラリアで見つかっている。 生き残ったわずかなシアノバクテリアが、太陽エネルギーを生存のために使う方向へと、進化した。 現在の植物がやっている炭酸同化能を、この時代に獲得し、光合成をおこなうようになったのだ。 このシアノバクテリアのおかげで、酸素が大気中に初めて蓄積されるようになった。 最初の大絶滅が、のちの生物の生存に必要な酸素を作る生物を、地球上で進化させる原動力になった。 同じ遺伝子群が、多様な組み合わせによって、異なるタンパク質を作る、というような離れわざが日常的に行われている。 あるいは、特定の遺伝子を沈黙させることによっても、同じ遺伝子群が異なるタンパク質を作ることができる。 この過程で重要な役割を演じるのは、DNA鎖上の遺伝子(ゲノム)だけではない。 ノンコーディング領域(ジャンクDNA)の役割も重要だ。 後者の遺伝子発現調節領域が、DNA鎖の大部分を占めるが、機能についてはまだほとんど知られていない。 人間が遺伝子操作をすることの危険性は、ここにある。 38億年の進化の結果として、現在機能している遺伝子を変えると、それに誘発されて、ノンコーディング領域のどこが、どのように変化するのか、全く見えない。 ノンコーディング領域には、現在は眠っているが、生物が危機的状況におちいったときに活性化される、遺伝子構造があるかもしれない。 操作された遺伝子と、新規活性化遺伝子との相互作用を、あらかじめ知ることはできない。 短期的な視点から、病気治療などで実施される遺伝子操作が、長期的には人類の絶滅につながる可能性を、誰にも否定できない。 さらにもう一つ指摘しておきたい。 細胞の分化や増殖をうながすタンパク質に、増殖因子がある。 これは、からだの成長や損傷個所の修復に必須の因子だ。 ところが、このタンパク質は、同時にガン細胞の増殖を助ける。 ガン関連因子ということで、増殖因子の遺伝子を取り除くことは、死につながりかねない。 生体は、このように一見相反する複雑な機能を持った要素によって、構築されている。 除けばいいとか、加えればいいというような単純な判断では、大きな誤りをおかす可能性がある。 もっとも、当評論の主旨からは、もしも人類が人類自身の絶滅の引き金を引くならば、次の新しい種の進化を助けることになるので、生物全体としては特に問題にはならない、といえる。 本当にそれでいいのかどうかは、絶滅するかもしれない人類である私たち自身が、自分自身に問いかけなければならない。 単細胞が寄り集まって現存生物へ進化 15億年前のことだった。 次の進化は、1個の細胞がさらに巨大化するのではなく、いくつもの細胞が集まって全体として大きな個体になる、多細胞生物化だった。 多細胞生物化によって、遺伝子を子孫へ有効に引きわたすために、遺伝子を入れる細胞核を持つことになった。 これらは真核生物といわれる。 それまでは、遺伝子は細胞の中にばらばらに散らばっていた。 今のバクテリアは同じ状態をたもっている。 多細胞生物化によって、寄り集まった細胞の一つひとつの遺伝子の活性化の度合い(遺伝子発現)に、違いが出るようになった。 これは、環境と対話しながら遺伝子発現を規定する、単細胞時代に獲得した能力の延長線上にある、機能だ。 多細胞生物化によって、多くの異なる機能を有する器官を体内に持つ、現存の生物へ進化する準備が整えられた。 多細胞生物化によって、これまでにない大きな運動能力を獲得した生物が、出現した。 この運動能力によって、生存に適した環境へ自ら移動することができる。 9億年前の地層から、50種におよぶラン藻や菌類などの微小化石が見つかっている。 その中には、真核細胞と思われる化石がある。 複雑な構造を有する細胞壁が、細胞の安定化に貢献する。 真核藻類の多くには多数のトゲがあり、移動や防御に役立てていたと思われる。 多様化とは、DNA内に異なる機能を持つ遺伝子が増えることだ。 これは、最も基本的な遺伝子が、コピーを作る過程で、少しずつ変異をすることによって達成される(遺伝子重複)。 この小さな変異が繰りかえされて、多様な遺伝子プールができあがる。 遺伝子の進化だ。 環境の変化によってこの遺伝子プールにスイッチが入ると、眠っていた遺伝子が覚醒し、新しい種が生みだされる。 現存する動物のすべての祖先が一度に誕生した、後述するカンブリア大爆発の前に、このような遺伝子が準備された。 この遺伝子プールには、将来の危機に対応できる遺伝子も含まれている。 DNAは、たった4種類の塩基分子(アデニン、チミン、グアニン、シトシン)から構築されている。 これをベースにして、複雑に機能する私たちのからだが作られる。 この効率のよさに驚く。 30億対(60億個)の塩基がつらなったDNA鎖の中で、構造遺伝子とはっきり同定できる領域は、わずか3%しかない。 残りの97%は、上に述べたノンコーディング領域で、遺伝子発現において重要な役割を演じたり、眠った状態にある遺伝子だ。 DNAの基本構造はよく似ていても、機能の発現の仕方を変えることによって、同じ種の中で、異なる適応力をもつ個体を容易に生みだすことができる。 さらに、この遺伝子プールを使えば、短期間のうちに、次の種へ進化することが容易になる。 この逃避行は非常に苦しいものだった。 陸上は、魚類にとってはとても過酷な環境だ。 空気を呼吸するために、えらを乾燥化から守らなければならない。 皮膚から水分が逃げてひからびてしまう。 体重を軽くしてくれる水が存在しない。 だがこの挑戦は実りのある挑戦だった。 祖先の生存のための苦しい戦いのおかげで、今私たちが存在している。 陸を目指して逃げたことは、次の生物絶滅のときに幸運をもたらした。 3億6000万年前に、海洋生物の多く(82%)が絶滅する危機があった。 氷河期による気温低下が原因だったといわれる。 海水温が低くなりすぎたのだ。 少量のヘリウム原子を除く、水素以外の全ての原子は、燃える恒星の中で、水素原子をもとにして作りだされた。 それらの原子が、宇宙空間や地球のような惑星上で分子進化をし、水や炭酸分子など、生物のからだを作るために必要な基本的な物質を作り上げた。 水(氷)も炭酸分子も、宇宙には大量に存在している。 原始地球の温かい海の中で分子が寄り集まり、外の環境から自らのかたまりを切り離すことによって、ひとつの細胞になった。 まるで当然のことのように生命が誕生した。 環境の激変は、新しい環境に適応した種を生みだす。 繰り返されてきた生物の大絶滅下でも、この地球上に、新しい種が確実に生みだされてきた。 驚くほどタフで柔軟な生物存在の本質を考えれば、この宇宙の多くの惑星上で、地球型の炭素系生物が進化している、と考えるのが自然だ。 人類が存在するのは奇蹟などではなく、「自然」と考えざるをえない。 この宇宙において、水素原子からひとまでの進化は、「必然」だったことになる。 私たち人類は生まれるべくして生まれた。 進化史の上では余りにも短い。 この存在期間だけを考えても、今の人類は、まだまだ大きく進化すると考えていい。 種として進化しはじめたばかりの人類のからだは、まだ二足歩行にも適応していない。 「個体発生は、系統発生を繰り返す」。 ひとの一生は、最初の生命である単細胞生物に似ている、卵子、精子からはじまる。 母親の体内で、進化の途中にあった海中生活を経験する。 四足歩行のからだをまだ残している人間は、幼児のときに、二足歩行へ移るのに苦労をする。 幼児は、両親にはげまされながら、なんとか立ち上がる。 無理に立ち上がるために、背骨は腰のところで極端に曲げられる。 ガイコツの骨格標本で見れば、この腰の部分の背骨の曲がり方が、いかにも不自然なことがよくわかる。 これが腰痛の原因になる。 頭骨の内側を見れば、人間の脳には、まだまだ大きく進化する可能性があることを、見て取れる。 脳が接触する頭骨の内側は、デコボコになっている。 脳が極限にまで発達したときに、内面はツルツルになると考えられる。

次の