ロキ マーベル 死亡。 マーベル映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ロキに衝撃の新説が登場 ― 武器を持つのは右手?それとも左手?

インフィニティウォーでロキは本当に死んだ?生存の可能性を考察

ロキ マーベル 死亡

MCU映画作品においてメインヒーローに並ぶほどの人気を獲得しつつも、 「アベンジャーズ/インフィニティーウォー」冒頭においてサノスに殺され退場した (かに見えた)ロキ。 初登場の「マイティー・ソー」から「アベンジャーズ」までは悪役としての活躍がほとんどでしたが、 「マイティー・ソー/ダークワールド」以降は 兄であるソーや両親・仲間との関わりを通して大いに成長し、 死亡シーン公開時には大変な衝撃と悲しみをファンダムにもたらしました。 ・・・しかし、 ロキは本当に死んだのでしょうか? 悪戯の神としての面も持つロキは、 本当になんの策も無く死んでしまうのでしょうか? 今回はそんな 「ロキの死」について、• 監督/俳優さん/ファンの発言• ドラマ『ロキ』での復活の真相• そもそもロキは「インフィニティーウォー」で死んでいない!? という点から深掘りしてみました! 終わりにはロキの出演作品リストと見所もまとめているので、ぜひ最後まで読んでみてください! まず、 ロキの死亡が本当なのか?というところから掘り下げていきましょう! — 2019年11月月27日午前7時43分PST 冒頭から悲報ですみません;; 「アベンジャーズ/インフィニティーウォー」で 監督を務めたジョー&アンソニー・ルッソ監督は、同映画公開後の海外イベントに登場した際に次の衝撃的発言をしました。 それは、 「ロキは本当に死んでいる」というもの。 さらに、「インフィニティーウォー」の 脚本を務めたクリストファー・マルクスとスティーブン・マクフィーリーも、米BuzzFeedのインタビューに対して 「(ロキなど、サノスの手にかかって死んでしまったキャラクターに関して) 登場人物の死は本物です。 (中略) 早く受け入れていただくほど、喪の作業は早く進むと思います」 と述べています。 これらの発言だけを見るとMCUでのロキの 生存は絶望的に思えてきますね・・・ しかしこれらの発言はどちらも「エンドゲーム」公開前のもの。 しかし、その過去において四次元キューブ(=スペースストーン)が「アベンジャーズ1」時点におけるロキ(以後「過去ロキ」と呼びます)の手に渡り、 過去ロキは四次元キューブとともに人知れず行方をくらましてしまいます。 そうです、「ドラマ:ロキ」はこの姿を消した 「過去ロキ」を主人公として物語が作られるのでは?と目されているのです。 しかもこの話は憶測にとどまりません! ロキを長年演じてきた トム・ヒドルストンさんは、コミコン・インターナショナル2019(米サンディエゴ)において次のように話しています: 「ドラマのロキはエンドゲームの時のロキ。 ハルクにぶっ飛ばされたばかりで、その後の 心理的な変化はまだ起きていない」 と。 また彼はトーク番組「The Late Show」において、 「これまで何度も自身の死を偽装してきたロキならば、インフィニティーウォー冒頭における死さえも偽装してしまうのでは?」 「エンドゲームで四次元キューブとともに消えたロキはどうなったの?」 と言った疑問に対して、 「これらの質問の答えが単独ドラマで明かされる」と発言しています。 これらの発言を見ると、単独ドラマが「過去ロキ」を主人公とした話になる、というのは確定と言えそうです。 しかしここで 驚くべき考察が!なんでも、「インフィニティーウォー」においてロキは殺されてなんかいない、とするファンの考察があるようなのです! だが、しかしロキが生きているかもしれない衝撃の事実も — 2020年 1月月23日午後12時32分PST 「インフィニティーウォー」においてサノスに完全に息の根を止められたように見受けられるロキですが、 この死が ロキによる偽装ではないかとする説がファンより発せられています。 また、「エンドゲーム」公開前のルッソ両監督の発言(「ロキは死んでいる」)についても、 そのまま鵜呑みにしてしまうのは危険です!! というのも、「エンドゲーム」公開後のインタビューにおいて、「ロキは今も生きているか」という質問に対してアンソニー・ルッソ監督が答え、 「ロキはどこかのタイムラインでは絶対に生きているだろうね」と述べているのです。 もちろん、「どこかのタイムラインでは」とわざわざ限定している通り、必ずしも「インフィニティーウォー」の世界線のロキがそのまま生きている・もしくは生き返るとは限りません。 でも、監督自身の発言内容がこうも短期間で変わるとなると、 彼らの発言すらもファンを惑わすための作戦・伏線なのでは?と勘ぐってしまいませんか?笑 実際に、「マイティ・ソー/ダークワールド」においてロキは一度本当に死んだとされたものの、 試写会のファンの反応を受けて映画の内容が変更され生き返るに至った、という逸話があります。 ロキ、もとい制作側にとっては死を偽装することは、さほど難しいことではないのかもしれませんね。 とにかく、 「ドラマ:ロキ」においてロキが、何らかの形で復活するであろうことは確定しました。 来たるドラマシリーズに向けて、ロキの過去の出演作をふりかえってみましょう! ロキの登場作品一覧 ここからは、 「ドラマ:ロキ」の公開までにロキの活躍をふりかえりたい!という方のために、チェックしておきたい映画をご紹介します。 観ていない作品があるという方はもちろん、観るのは二度目三度目(あるいはそれ以上?)という方も、ストーリーを知った上で観ると ロキの表情やしぐさ・発言に注目しやすいかもしれません。 また、「マイティ・ソー」シリーズを通して全編に描かれているのは、ロキとソー・オーディン・フリッガらの 兄弟愛・家族愛の変遷です。 ソーやオーディンに対して憎しみを持っていたロキが、父や母・そしてアスガルドの民達の死を経てどのような心境の変化を見せるのか?といった点に着目して観ると、よりロキのことが知れるはずです! 〈ロキの登場作品一覧〉 『マイティ・ソー』 :記念すべきロキの(そしてソーの)MCU映画初登場作品!ソーやオーディンに敵対心・反抗心全開の青いロキが観られます笑 『アベンジャーズ』 :メインヴィランとして地球を襲い、アベンジャーズ結成のきっかけとなりました。 悪役とは思えない、お茶目なシーン満載です。 ソー達をかばって死ぬシーンは必見です! 『マイティ・ソー バトルロイヤル』 :全編を通しコメディタッチな本作品。 俳優さんの名演技も相まって観るのも辛いシーンですが、ロキの「オーディンソン」としての覚悟も垣間見ることのできる名シーンです。 復習もしやすい作品数です! 死してなお、その動向が注目されるロキ。 その復活方法も含め、まだまだ楽しませてくれそうです! 「ドラマ:ロキ」の日本での公開日なども、決定し次第お知らせいたします。

次の

ロキ(アース199999)

ロキ マーベル 死亡

死んだヒーロー、生き残ったヒーロー。 実をいうと、アベンジャーズ4 エンド・ゲームでは前作 アベンジャーズ3 インフィニティ・ウォーで死んだキャラが生き返ります。 これ自体は別にネタバレってほどじゃなくて、指パッチンで死んだはずのスパイダーマンやニック・フューリーが映画スパイダーマン ファー・フロム・ホームの予告で普通に出てきていることからも皆さんお察しのことかと。 (時系列的にスパイダーマン ファー・フロム・ホームがアベンジャーズ4 エンド・ゲーム直後の出来事なのは公式発表による情報) しかし、残念ながら生き返らなかったキャラや、結局エンド・ゲーム劇中で死んでしまったヒーローもたくさん出てきました。 ネタバレ注意も含めて前置きが長くなってしまいましたが、それらのヒーローをまとめます。 エンド・ゲームで死んでしまうヒーロー アベンジャーズ4 エンド・ゲームもまた、最終章に相応しい壮絶なる戦いが待っています。 指パッチンで消え去った全宇宙の半数の人々が一度蘇ったとはいえ、戦いが終わったわけではなかったのです。 そしてその戦いのため、多くの人々が犠牲になっていきます。 残念ながら アベンジャーズ4 エンド・ゲームにおいて、世界を救うためトニー・スタークが犠牲になります。 また、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフもやむを得ない事情により、自身の身を犠牲にせざるを得ませんでした。 トニー・スタークの長い歴史、そしてあまりにも悲しい人生を送ってきたナターシャ。 二人のヒーローの最期には久しぶりに映画で泣くかと思った。 滅多に映画で泣くことないんですけど、特に10年来のトニーのことを思ったら…… エンド・ゲームで生き返らなかったヒーロー アベンジャーズ4 エンド・ゲームでは紆余曲折あったうえで「 逆指パッチン 」が行われ、アベンジャーズ3 インフィニティ・ウォーでチリとなって 消えてしまったすべてのヒーローが生き返ることになりました。 しかし残念ながら、犠牲になったすべてのヒーロー・人々が生き返ったわけではありません。 ガモーラ• ヴィジョン• ヘイムダル• ロキ サノスがソウルストーンを得るために犠牲となった娘ガモーラも、6つの石の力を使っても残念ながら生き返ることはありませんでした。 そりゃそうですよね。 ほかの石の力を含めてとはいえ、ソウルストーンを手に入れるための犠牲をインフィニティストーンの力で取り戻せるのでは犠牲とはいえませんためでしょう。 しかしこれで、 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーはヒロイン不在のまま続編を作っていくことになるような。 そしてアベンジャーズ3 インフィニティ・ウォーの作中、指パッチンとは関係なく死んでしまったヴィジョン、ヘイムダル、ロキもまた生き返ることはありませんでした。 ロキは実は死んだふりだった可能性がまだゼロではありませんが、少なくともアベンジャーズ4 エンド・ゲームでの逆指パッチンにより生き返ってはいません。 サノスに首を絞められて死んだのが本当だとしたら今後の出番は絶望的です(ロキ主役のスピンオフドラマがあるけれど)。 まとめ:アベンジャーズ4 エンド・ゲームで死亡するキャラ• 前作インフィニティ・ウォーで死んだ登場人物のうちガモーラ、ヴィジョン、ヘイムダル、ロキは生き返らない。 また、トニー・スターク、ナターシャ・ロマノフがエンド・ゲーム作中で世界を救うための犠牲となり、命を落とす。 しかしブラック・ウィドウ、スピンオフドラマ予定したんじゃなかったでしたっけ……? ロキといいブラック・ウィドウといい、スピンオフドラマは過去の話になるのかな?• Advertisement 関連する記事• 2019. 28 キャプテン・マーベルが公開された2019年3月時点で、MCU映画としてはもうすでに21作品目。 多くのヒーローとヴィランたちの激闘・死闘とともに、アベ[…]• 2019. 07 実写映画X-MENシリーズで人気が出まくり、スピンオフ映画が作られたヒュー・ジャックマンが演じるウルヴァリン。 ローガンもウルヴァリンスピンオフ枠とい[…]• 2019. 公開された予告編の最後、なんと死[…]• 2019. 04 四次元キューブはアベンジャーズシリーズ(MCU)を語るにおいて外せないキーアイテムのひとつ。 もっとも早くに登場し、またもっとも多く登場したインフィニ[…]• 2019. 04 アメコミも実写映画も大人気のマーベルX-MENシリーズ。 しかし、実写映画版のX-MEN: フューチャーアンドパストのラストシーンを観て混乱されている[…]• 2020. 18 すごーくいまさらなのですが、『 君の膵臓を食べたい 』を鑑賞。 小栗旬さん・浜辺美波さん主演の実写版映画です。 当初、タイトルでホラー映画かと思って観て[…] コメント (2件)•

次の

ロキ、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』で死ぬはずだった ― マーベル映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』登場、トム・ヒドルストン演じる

ロキ マーベル 死亡

ロキは、アベンジャーズの主要メンバーマイティ・ソーと血の繋がりがない弟です。 時には味方に時に敵になる、いわば騙しキャラです。 悪戯大好きな性格が災いして、多くの迷惑がアベンジャーズに降りかかりましたが、そこが人気の所以でもあります。 そもそも「アベンジャーズ」ではヴィランとしてアベンジャーズ結成の要因を作ったりしていますが、ソーとの絡みも増えてくる中で、そのキャラはややヒーロー寄りな様子も。 「インフィニティ・ウォー」では冒頭で、その存在が消されてしまいました。 ですからロキは、MCU作品ではキーキャストの1人。 端正な顔立ちなのにこじらせた性格というギャップで女性人気は抜群、現在単独の新作ドラマも製作中です。 その存在を、過去作品と原作から紐解いて迫ってみましょう。 Contents• ロキとは ロキは、異世界の実質上不死の種族、ヨトゥンの血を引いています。 マイティ・ソーの父であるアスガルドの王オーディンが、ストーム・ジャイアントとの戦いの際に、残されていた子供がロキでした。 彼を見つけたオーディンが、養子として引き取ったことで、ソーの「弟」となりました。 実は、氷の巨人の惑星ヨトゥンヘルムの王子です。 ともに育ったソーのまっすぐな性格の反動か、かなり性格が歪んでいます。 ロキという名前は北欧の神々の名です。 神々の敵ヨトゥンの血を引いている、という神話の設定そのまま、マーベルのロキになっていることを考えれば、常に裏切りを画策する「悪戯の神」なのもうなづけます。 原作初登場は1949年「ビーナス」ですが、マーベルに正式に登場したのは1962年「ジャーニー・イントゥ・ミステリー」です。 2016年にはFOXの気象情報コーナーに、スーツ姿のロキが「お天気お兄さん」として登場しました。 実際にアメリカを襲ったサンダーストームの説明に「腹違いの兄がご迷惑をおかけしています」とコメントしました。 武器・能力について ロキが持つ能力のジャンルは魔法です。 アスガルド最強と言われる魔女カーニラと同等の能力だとされています。 人を幻惑させたり、瞬間移動ができるなどです。 もちろん超人的な力や肉体は、アスガルド人同様持っていますが、元のフロスト・ジャイアントから譲り受けたものはありません。 変身能力もありますが、その相手の能力は継承できないため、あくまで見た目勝負。 邪悪で狡猾な性格を持つため、変身能力と巧みな話術で人を陥れるその才能は抜群です。 だから、ソーのことすら騙しちゃうのです。 コミックでの活躍について ロキは、原作では今のような少年ぽさを持っていない、大物ヴィランの扱いでした。 しかし、MCU作品が出始めてからは、そちらのロキに支持が集まるようになったためか、徐々に性格も変化してきているようです。 ややヒーロー寄りと言えるでしょう。 2010年「シージ」では、ヒーローたちのために自分の魔石を使って協力するも死亡してしまいました。 それからは、キッド・ロキとして転生して、新たな人生を歩んでいます。 「エージェントオブアスガルド」でも、ヤングアベンジャーズに関わっています。 映画での活躍 ロキは、その掴みどころのないキャラで、多くの作品で姿を見せてきました。 マイティ・ソー(2011)• アベンジャーズ(2012)• 弱気に見せつつ、むちゃくちゃ腹黒なのも、ここまで行けばむしろ清々しい。 このソーとの確執は、次の「アベンジャーズ」につながる伏線になります。 チタウリと同盟を結んで、スペース・ストーンを手に入れようと地球にやってきます。 それを阻止するために終結したのがアベンジャーズ。 結成のきっかけはロキが作ったのでした。 初めて兄弟が共闘し、兄弟愛芽生えたかな?と思いきや、死んだふりして結局ソーを騙します。 ソーに王位継承権を放棄させることに成功します。 ああ、悪いやつ。 ソーが見る悪夢に出てくる予定だったらしいです。 兄弟で惑星サカールに行ってのやり取り、幼少期に兄弟で編み出したコンビ技「助けて」(ネーミングもいかにも子供が考えたっぽところも笑える要素)を披露するなど、悪さよりも可愛らしさが先立ちました。 ソーを殺そうとするサノスに媚びを売るように見せかけ、ソーを救おうとするあたりに兄弟愛感じます。 首を折られちゃいますけど。 サノスの「今回は本当に死んだ」は、かつて手を組んでいた頃の名残のセリフです。 単独スピンオフドラマが進行中 ロキのそのユニークすぎるキャラは、アベンジャーズが前面にいる限りはなかなかスポットライトが当たりにくくて、ちょっと悔しい。 そんなロキファンのために、単独スピオンオフドラマが進行中です。 ロキは原作でも歴史上の長い時間に、多くの悪事に関わっていたようです。 そんな原作に紐づく悪戯を軸にドラマが展開されるとの情報です。 楽しみですね。 ロキ役には当然、トム・ヒドルストンが続投すると見られています。 トムヒでないと、あのキャラじゃないですよね。 しかし、変身能力を考えると、エピソードごとにロキを演じる俳優が変わるなど、トリッキーな構成とキャスティングなのでは?と期待が寄せられています。 キャスト情報 演じるのは、トム・ヒドルストンです。 名門ケンブリッジ大学を優秀な成績で卒業後、王立演劇学校で演技を学んだエリート中のエリートと言って良い経歴の持ち主です。 実は、最初はソー役のオーディションに参加していたところを、監督からスカウトされて、のロキ役なんです。 今やドはまり役なのに。 日本語吹き替えは、声優の平川大輔。 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのレゴラス(オーランドブルーム)などで知られる、エレガントな声色の持ち主です。 まとめ.

次の