手作り マスク 簡単。 簡単!プリーツ入りガーゼマスクの作り方

大人用マスクを手作りしよう♪あっという間にできる簡単な作り方をご紹介!

手作り マスク 簡単

北海道で非常事態宣言が発表されるなど、世界中で猛威を振るっているコロナウイルスですが、 マスク不足も深刻な問題となっています。 何処を探してもマスクが見当たらなく、商品棚がすっからかん! そんな中で今注目されているのが 「手作りマスク」です。 そう! 無いなら自分で作ってしまえばいいのです!! 現状を考えると、マスクが買えない状況は長く続きそうですよね。 そこで、今回はマスクを手作りで簡単に作る方法をご紹介します。 コロナウイルスだけでなく、インフルエンザや風邪の感染にも役立つであろう! 自分や家族・大切な人の身を守るため、マスクが買えなくて困っている人のため 今回は簡単に作れるマスクのご紹介です!! 目次• 手作りマスクの素材 手作りマスクに使う素材は何がいいのでしょう? 材料を手軽に用意ができて簡単に作るなら ガーゼやキッチンペーパーがおすすめです。 最近では使い捨ての不織布マスクが主流ですが、少し前まではガーゼ生地のマスクを洗って繰り返し使用していました。 そういった面から考えてもガーゼはおすすめな素材です。 最近のマスク不足問題で、ガーゼも品薄なところもあるようです。 そんな時は、ご家庭にあるキッチンペーパーでも手作りマスクが作れます。 ちょっと頼りなさそうな気もしますが、ハッキリ言って 「無いよりマシ!」と思います。 次はガーゼ生地を使ったマスクの作り方・キッチンペーパーを使ったマスクの作り方をご紹介します。 さぁ!手作りマスクを作ろう!! 手作りマスクを作るなら簡単な方法で、尚且つ マスクの機能もちゃんとしている方がいいですよね。 無いよりマシ!とは言えども、マスクの機能を果たせない物はおすすめできません。 ガーゼ・キッチンペーパーを使った簡単だけどマスクの機能もしっかりとしている、手作りマスクの作り方をご紹介します。 ガーゼ生地で手作りマスクを作る方法 すごく分かりやすくて簡単な手作りマスクの作り方がコチラ!! 用意する物• 使い終わった使い捨てマスク• キッチンペーパー• 両面テープ• ハサミ まずは、使い終わった不織布マスクからパーツを切り取ります。 汚れてしまった物や、外出先で使用したマスクにはウイルスが付着している可能性があるので、家で使った物が良いですね。 今の時期は、ちょっと使っただけで捨ててしまうのも勿体ないくらいのマスクからパーツをいただきます! マスクの端から約1cmカットします。 コツとしては、マスクの紐が取れない幅でカットすることです。 次に鼻に当たる部分のワイヤーを引っ張り出します。 破損しないように、慎重に取り出しましょう。 続いては、キッチンペーパーを1枚用意し、作りたいマスクの幅になるようにカットします。 そして先ほど引っ張り出したワイヤーの裏表に両面テープを貼り付け、キッチンペーパーの端に貼り付けます。 ワイヤーが張り付いたところを1回折り、ワイヤーが中に巻かれている状態にします。 次はキッチンペーパーをプリーツ状に折ります。 折り幅は、パーツを取り外したマスクを参考にして折ってみると良いと思います。 今回は3つのプリーツを作りました。 キッチンペーパーの両端から約2cmの所に両面テープを貼り、プリーツを接着します。 次に、カットした紐のパーツとキッチンペーパーの縦幅を合わせていきます。 同じ縦幅になるように、キッチンペーパーの余った部分は裏側に折ります。 カットした紐のパーツの裏側に両面テープを貼り、キッチンペーパーの両端に貼り付けます。 キッチンペーパーを裏返し、余って折り返した部分にも両面テープを貼り、落ちてこないようにくっつけます。 完成です!! つけてみると、こんな感じです~! 手作りガーゼマスクの洗い方 使い捨てマスクしか使ったことが無い人は、ガーゼマスクを洗ったことがないかもしれませんね。 ガーゼ生地は、 とてもデリケートなので手洗いをすると良いです。 塩素系漂白剤を薄めてつけ置きすれば、汚れは落ちやすくなり除菌効果もあるのですが、色柄が色落ちしてしまう場合があるので、注意しましょう。 ガーゼ生地のマスクを洗った後は、 熱湯で煮沸消毒すれば除菌できるので、無理に漂白剤を使わなくても良いと思います。 マスクは直接顔に触れる物ですので、使用する 洗剤や柔軟剤は匂いが強い物よりもおしゃれ着洗いや中性洗剤で洗うのがおすすめです。 洗った後は、しっかりと絞って水気を切り、シワにならないように伸ばしてから陰干しをしましょう。 もし、 洗濯機で洗うなら洗濯ネットに入れましょう。 できれば水流を弱めに設定し、脱水時間も短い方が良いですね。 乾燥器で乾かすのは、傷みやすくなってしまうので陰干しするようにしましょう。 さいごに 今回は、マスクを簡単に手作りする方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 日に日に増えるコロナウイルス感染者。 それに伴って マスクの品薄・品切れ状態は、これからも続くと思われます。 普段からこの時期は、インフルエンザや風邪の流行や花粉症対策でマスクの需要は非常に高いと言えます。 それに加えてこの度のコロナウイルス感染の拡大となり、本当に どこを探してもマスクがありませんよね。 通販サイトでマスクが入手できるようですが、普段なら 考えられないような値段で販売されているようです。 今現在、マスクが無くて困っている方は、ぜひこの手作りマスクの作り方を参考にして、作ってみてください。 そして、ご自身でコロナウイルスから身を守っていきましょう。 感染予防にはマスクは有効ですが、 手洗いやうがいなども非常に大切です。 そして、ウイルスに負けない体づくりとして、 しっかりと食事と睡眠を取って免疫力を上げることも気にしてみてください。 もしあなたの周りでも、マスクが無くて困っている人がいたら、ぜひこの手作りマスクの作り方を教えてあげてくださいね! また、 免疫力をアップさせたい場合オススメの食材レシピもあるので、参考にしてみてくださいね。

次の

マスクを手作りで簡単に作る方法!コロナウイルスから身を守ろう!|ドドヨの腹ぺこ自由帳

手作り マスク 簡単

子供用布マスクの簡単な作り方1段階目は、「生地布をカットして縫い合わせる」ということです。 具体的な手作りの簡単な作り方については以下の通りです。 布生地の端を縫っていく際には、表地を上にした方が生地がずれてくる心配がなく縫いやすいのでおすすめです。 子供用布マスクの簡単な作り方1段階目:生地布をカットして縫い合わせるまでの流れ• 表地となる布を縦横17cmにカットし、中の生地のを縦17cm、横15cmの大きさにカットする。 表生地に中の生地を乗せて、端を1cmで縫っていく。 端の位置が変わらないように気をつけながら縫い、最後まで縫ったら返し縫いをする。 反対側も左右同じように1cmで縫っていく。 なお、この記事では、子供用サイズの布マスクの簡単な作り方をご紹介していますが、以下の記事では、大人用サイズの布マスクの作り方が紹介されています。 お子様用のマスクと合わせてご自身の布マスクも作りたいとお考えの方は、こちらの記事もご覧になってみてはいかがでしょうか。 子供用布マスクの簡単な作り方2段階目は、「生地布を完成させる」ということです。 具体的な作り方は以下の通りです。 折り目をつけて布生地を曲げる際には、均等になるように生地を曲げると綺麗に仕上げることができておすすめですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 また、子供用布マスク全体に2mmステッチをかけていく際には、縫っている最中に布マスクの生地がずれてこないように生地を押さえ、ゆっくり作業をするのがポイントです。 子供用布マスクの簡単な作り方2段階目:生地布を完成させるまでの流れ• 両面の生地を表の方に肩倒しして、縫いしろのみにアイロンをかける。 両面を真ん中で折り目をつけて、そこに向かってくるっと表の方に肩倒しをして生地を曲げる。 両面の折り曲げたところに軽くアイロンを当てる。 縫い端を隠すために、全部表にくるっとひっくり返す。 表地全体にステッチを2mmステッチをかけていく。 2段階目で生地布を完成させていますので、最後にこの過程を終えれば完成となります。 具体的な作り方は以下の通りです。 マスク用のゴムをゴム通しに通す際には、隙間を開けておくと通しやすくておすすめです。 また、ゴムを固結びする際には、手作りの簡単布マスクのゴムの長さはお子様の顔に合わせて調整すると良いでしょう。 一般的に販売されているキッズ用布マスクのゴムの長さは52cmとなっていますので、参考にしてみてくださいね。 子供用布マスクの簡単な作り方3段階目:ゴムを通すまでの流れ• マスク用のゴムをゴム通しに通し、マスクの穴の部分にゴムを通す。 ゴムを固結びする。 ゴムの結び目をマスクの中に隠す。 本格的にガーゼ布を使ってマスクを作る場合には、先に下準備としてダブルガーゼの形を整える作業があります。 具体的な作り方については以下の通りとなっています。 なお、縫いしろにアイロンをかけて生地を表に返す際には、縫い合わせた部分が内側に入るようようにするとより綺麗な仕上がりになっておすすめです。 子供用ガーゼマスクの簡単な作り方1段階目:ダブルガーゼ生地の下準備の流れ• ダブルガーゼを縦36cm、横18cmの大きさにカットする。 ダブルガーゼを2つ折りにし、端から1cm部分を縫っていく。 縫いしろを割って軽くアイロンをかけ、生地を表に返す。 全体をアイロンがけする。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 なお、右端から1. 5cm部分を縫っていく作業を行う場合には、生地が重なって厚みがあるので、丁寧に縫うのがポイントです。 また、マスクの穴にゴムを通していく時には、マスクゴムについているゴム通しを使ってゴムをゴム通しに通すとスムーズに作業を行うことができておすすめです。 子供用ガーゼマスクの簡単な作り方2段階目:ダブルガーゼ生地を仕上げてゴムを通すまでの流れ• 生地を11cmで三つ折りにしていき、3cm程度残す。 その3cmの部分を別に三つ折りにする。 右端から1. 5cmくらいのところを縫っていく。 反対側も、端から1. 5cmくらいのところを縦に縫う。 マスクの穴にゴムを通していく。 ゴムの端を結び、マスクの両側にゴムをつけたら、結び目を生地の中に隠していく。 立体マスクの簡単な作り方1段階目は、「表布を完成させる」ということです。 具体的な作り方は以下の通りですので、参考にしてみてくださいね。 上の部分と下の部分を縫い合わせる際には、洗濯バサミやマチ針などを使ってずれないようにすると綺麗な仕上がりにすることができておすすめです。 立体マスクの簡単な作り方1段階目:表布を完成させるまでの流れ• 型紙に合わせてカットした布を、ガーゼを中心に置く。 上の部分と下の部分をそれぞれ縫いしろ1cmのところで縫い合わせる。 布を表に戻して、全体をアイロンがけする。 アイロンをかけたら、今度は反対も同様に折り曲げてアイロンをかける。 具体的な作り方は以下の通りです。 なお、三つ折りにして全体を縫い合わせる際には、手縫いでも良いのですがミシンを使うのがおすすめです。 また、この際、押さえた縫い目が隠れるようにすると良いでしょう。 立体マスクの簡単な作り方2段階目:裏布も完成させてゴムを通す• プリーツをよせて裏側にする。 プリーツを押さえて、左右の端から1cmの部分をそれぞれ縫い合わせる。 三つ折りにして全体を縫い合わせる。 100均などで販売されているマスクゴムとゴム通しを使って、ゴムをゴム通しに通す。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 なお、このプリーツマスクの作り方では、基本の布にダブルガーゼを使用していますが、100均のセリアには、特にキュートな柄のダブルガーゼが販売されていておすすめです。 プリーツマスクの簡単な作り方1段階目:プリーツマスク生地の下準備の流れ• ダブルガーゼを2枚用意して、1枚を縦が28cm、横が11cmにカットし、もう一枚を、縦が10cm、横が5cmになるようにカットする。 ダブルガーゼを半分に折って上から1cmの部分を一度縫う。 ダブルガーゼをひっくり返して、生地の分かれ目のところにアイロンをかける。 アイロンを当てたら、ダブルガーゼを半分に折って、中心から1. 5cmのところに印をつける。 反対側も同様に、中心から1. 5cmのところに印をつける。 具体的な作り方は以下の通りです。 幅が1cmのところで折り返してアイロンを当てる際には、折り目がつくようにするのがポイントとなっています。 また、アイロンを当てた後に、1cmのところを折り返すという作業がありますが、この作業の後に3cm幅で1cmずつの折り返しが完成している状態になっているか確認するようにしてください。 プリーツマスクの簡単な作り方2段階目:表のプリーツマスク生地を完成させる• 5cmの印をつけたところを返して、アイロンをかける。 幅が1cmのところで折り返して、アイロンを当て、反対側も同様にアイロンを当てる。 アイロンを当てたら、1cmのところを折り返す。 ダブルガーゼを表に返して、小さいダブルガーゼを中心に当て、両サイドが1cmずつ出るくらいのところを縫っていく。 生地を倒して、アイロンをかけていく。 ひっくり返して、両脇を1cmずつ織り込んでアイロンをかけていく。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 以下の作り方の中で、端にアイロンをかけて生地を内側に倒す作業を行う場面がありますが、この時ミシン目に沿って折り目を合わせるとスムーズに作業を行うことができておすすめです。 プリーツマスクの簡単な作り方3段階目:プリーツマスクを完成させる• 反対側も表のガーゼ布と同じようにアイロンをかけていく。 端を1cm倒して、アイロンをかけ、生地を内側に倒す。 全体をアイロンがけし、折り目の部分を縫っていく。 両サイドを本返し縫いし、反対側も同様に縫うが、反対側は返し縫いはしない。 全体のアイロンがけを行い、マスクゴムをゴム通しを使って通していく。 ゴムの両側を通せば完成! プリーツマスクを作る際に、最後に両サイドを本返し縫いをするとお伝えしましたが、以下の記事では、本返し縫いや本返し縫いと似た半返し縫いの縫い方が紹介されています。 普段ハンドメイドをされないという方や、ミシンを使われないという方はこちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。 上手なハンドメイドマスクのコツ1つ目は、「全体がずれないようにゆっくり作業する」ということです。 縫っている途中に全体が少しでもずれ、それに気づかず作業を進めてしまった場合でも、仕上がりに差が出てしまいます。 このため、特に立体マスクなどの全体を縫っていく場合や、表の縫い目が見える面を縫っていく際には、洗濯バサミやマチ針、ダブルクリップなどで留めておくと布がずれるのを防ぐことができておすすめです。 マチ針がある場合でも、留めたい範囲が広い場合には洗濯バサミなどを使うと良いでしょう。 早く仕上げることよりも、布やガーゼなどの生地全体がずれないようにゆっくり作業をすることに重点を置いて手作りマスクを作ってみてくださいね。 これは、ガーゼ布は、生地が柔らかくてよれやすいためです。 本返し縫いをしなくても、作業中にもしよれてしまった場合には、優しくガーゼ布を伸ばすようにすると、ガーゼ布に負担をかけることなく綺麗に伸ばすことができます。 今回は、子供用ガーゼマスク、立体マスク、プリーツマスクの手作りの簡単な作り方をご紹介した際にダブルガーゼを使用しています。 このため、これらの3種類のマスクを手作りする際には、マスクの両方の面の返し縫いをしないように注意してください。 ところで、マスクをして寝ることで、お肌の乾燥対策などの美容効果があることをご存知でしょうか。 以下の記事では、寝るときにマスクをすることのメリットとデメリットが紹介されています。 日中だけでなく、マスクは寝るときにも役立ちますので、興味のある方はこちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。

次の

手作りマスクの簡単な作り方|立体とプリーツや子供用布やガーゼは?

手作り マスク 簡単

Contents• アイスコットン• ダブルガーゼ• 麻 それぞれの生地の特徴を簡単に説明します。 「アイスコットン」 薄手で軽くひんやりとしたシャリ感が特徴です。 天然素材による接触冷感機能のある生地です。 「ダブルガーゼ」 通気性や吸湿性に優れた生地で、赤ちゃんの肌を拭いたりするのにも適しています。 洗うほどにふわふわになっていくので、肌触りも抜群です。 「麻」 綿と比べると少しざらざらした硬い手触りが特徴。 通気性・吸湿性に大変優れており、汗をかいてもべたつかず快適。

次の