エウレカ 3 at レベル 示唆。 『パチスロ交響詩篇エウレカセブン HI

エウレカセブン3 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 周期 終了画面 小役確率 設定6の挙動

エウレカ 3 at レベル 示唆

今作は「パチスロ交響詩篇エウレカセブンシリーズ」3作目となり、2017年に登場した『パチスロエウレカエセブンAO』をシリーズに含めると4作目となります。 そんな新作アニメとのタイアップした本機。 原作映画を知らないけれど……という方は多いかもしれません。 けど、そう構える必要はありません。 それは、これまでの作品と登場キャラや世界観などがそれほど変わらないからです。 登場キャラの関係性など一部変更はありますが、敵対関係などストーリーの軸はそのままです。 なので、パチスロ前2作を打った方は違和感なくプレイでき、さらに前作までには語られなかったエピソードなどが搭載されていますのでより今まで以上にエウレカワールドに引き込まれていくはずです。 そんな注目機種の初打ちをアシストすべく、今回の特集では入手したばかりの内部数値やお得な情報をご紹介していきたいと思います。 波ニ乗ッて、乗リに乗ッて、波ヲ超スためにも要チェックです。 ゲームの流れに沿って紹介していく前に、 まずはスペックから見ていきましょう。 1 98. 6 98. 2 100. 5 104. 4 107. 5 111. 出玉率は設定5が107. 1%、設定6で111. 2%と納得の数値。 6 小役確率は設定1の一部でのみ判明。 強レア役の合算確率は464. 8分の1、弱レア役の合算確率は30. 8分の1。 ・強レア役……強スイカ・強チェリー・チャンス目 ・弱レア役……弱スイカ・弱チェリー ・中段チェリー……確定役 通常ゲーム中に「ねだるな勝ち取れ!」が発生しない状況での「リプ・リプ・ベル」は弱レア役扱いとなります。 50枚あたりのゲーム数は設定1で50. 通常ゲーム中は、AT契機となるボーナスをまず目指します。 そのボーナスの契機となるのがレア役と周期抽選で、メインとなるのが周期抽選です。 周期抽選はサブ液晶のコンパクカウンターに注目です。 分母……周期抽選が受けられる値 分子……現在の値 分子の値が分母の値まで貯まれば、周期抽選が受けられる仕組み。 分子の値は、レア役、リプレイ、ハズレなどで獲得できます。 この画像はプレイ開始時の画面で、分子が1000まで貯まれば周期抽選が受けられます。 この周期抽選は、CZ「コンパクカウントチャンス」に突入することで一気に加速します。 CZにはレア役の25%で突入するほか、高確中はハズレでも突入抽選が行なわれます。 ブリッジステージが高確示唆のステージです。 CZ確率は設定1で63. 3分の1。 CZ中はコンパクカウンターの分子を加算し、分母を減算します。 画面中央に表示されているのが獲得できるコンパクカウンターの原資で、毎ゲーム成立役に応じて原資を加算&減算していきます。 ベルやハズレ成立時は次ゲームへ継続し、リプレイやレア役で終了となりその時点での原資をコンパクカウンターに加算&減算して通常ゲームに戻ります。 分子が増えれば周期抽選まで近づくのはもちろんですが、分母を減らすことでも周期抽選に近づきます。 さらに、この分母は減ったらそのままで有利区間をリセットするまでその状態を維持します。 なので、CZに突入するごとに分母も減り、周期到達が早まっていくわけです。 周期というと100G周期だったり規則的に訪れるものという認識かもしれませんが、今回便宜上そう呼んでいる周期抽選はプレイすればするほど早く到達する斬新なシステムとなっています。 このCZ、ただ周期抽選を加速させるだけではありません。 リプレイやレア役で「GET」となり終了となるわけですが、分子が1000以上になった時点でボーナス濃厚になったり、分子が増えるほどレア役時の報酬が変化し「V」に表示が変わったあとにレア役成立ならボーナス濃厚となります。 なので、CZ中はベルやハズレで継続させながらコンパクカウンターを加算&減算しボーナス直撃まで持っていくというのが目標です。 ちなみに、Vはエフェクトが3種類あり、青Vならボーナス確定、赤VはBB確定、虹VはBB+AT確定です。 CZ中は演出にも注目したいところです。 予告音発生時は押し順ベルor共通ベルが濃厚となるため次ゲームへの継続も濃厚です。 エウレカカットイン時に押し順当てに成功するとボーナス濃厚になったり、分子が1000以上になればボーナス濃厚となります。 CZがレア役で終了した場合はCZ再突入も濃厚となり(ボーナス前兆中除く)、中段チェリーなら本機最強の特化ゾーン「HI-EVOモード」に突入となります。 そんなCZ、内部的に3種類存在します。 現在の周期数はサブ液晶に表示されています(分子の左上)。 つまり、10周期到達でボーナス+AT濃厚となり、これが天井の役目も担います。 ゲーム数天井も存在し、まず有利区間移行後303G消化時にボーナス抽選が行なわれ、ここで当選ならBBが確定します。 303Gでの抽選をスルーし707Gに到達するとBBが確定します。 この707Gに到達するとATレベル2以上が確定するためBBからATにつながればAT期待枚数も高まります。 ATレベルについてはまたあとでご紹介します。 さて、周期に到達し、周期抽選を受けると、一部で前兆ステージに移行します。 前兆ステージに移行すればボーナスのチャンスとなります。 前兆ステージは、ATレベルを示唆しています。 ・NVモード……ATレベル1以上 ・303モード……ATレベル2以上 ・SHモード……ATレベル3以上 ・theENDモード……ATレベル4以上 ATレベルはボーナスorATに当選するまでダウンすることはなく、周期抽選をハズすたびに昇格抽選が実施されるため、ハマっているほどATレベルが高い可能性があります。 コックピットモードでのATレベル示唆は、先ほどの前兆ステージと同様です。 前兆ステージ&コックピットステージは、連続演出を経てボーナスの当否を告知します。 以上のような流れを経てボーナス確定となります。 ボーナス契機をおさらいしますと、メインとなるのが周期抽選で、それ以外にCZからの直撃、レア役からの直撃なども存在します。 ここからはボーナスについて説明していきます。 ボーナスは、赤7揃いのBB、白7揃いのBB、RBの3種類。 BBはチャンスゲームとJACゲームの2部構成。 チャンスゲームでリプレイが成立するとJACゲームへ移行し、JACゲームは15G消化するまで継続します。 そのチャンスゲームとJACゲームが1セットとなり、赤7BBは3セット、白7BBは2セット消化すると終了となり、SPバトルに発展します。 チャンスゲームでリプレイを引かずどれだけ伸ばせるかがここでのポイントです。 BB中はレア役やハズレでSPバトルの勝利期待度をアップさせていきます。 押し順チャンス目が出現することもあり、基本的に強レア役と同様の抽選を行ないつつ特殊抽選により勝利期待度をMAXまで到達させることもあります。 BB中のカットインは、7が揃えばATが確定します。 基本は白7を狙えですが、赤7を狙えならその時点で赤7揃いが確定し、白7揃いよりも恩恵が大きくなります。 ちなみに、BB中の1G純増は、チャンスゲームが約1. 8枚、JACゲームが約4. 5枚です。 BB終了後に突入するSPバトル。 BB中に獲得した数値の期待度で勝利抽選を実施し、勝利すればATへと突入します。 SPバトルは4G継続し、チャンスアップが出るほど期待度もアップしていきます。 トータルのAT突入率は約35. 5%(設定1)。 RBは前半パートと後半パートの2部構成。 前半パートは20G継続し、「中押しで白7を狙え!! 」のセブンチャンス成功でBBへ昇格となります。 セブンチャンスの契機はレア役。 後半は押し順当てが5回発生します。 成功回数に応じてAT抽選が行なわれ、3回以上成功はAT確定です。 押し順当て時にナビが発生することもあり、ベル間でハマればハマるほどナビ発生のチャンスとなります。 ATにいく前に、通常ゲーム中のAT直撃契機「ねだるな勝ち取れ!」について触れておきましょう。 「ねだるな勝ち取れ!」は、「リプ・リプ・ベル」の次ゲームに発生する可能性のある押し順当て勝負で、成功すればATに直行します。 成功時はATの複数ストックも確定し、75%で2セット、25%で3セット獲得となります。 「ねだるな勝ち取れ!」の一部でアドロックが登場します。 ここでの成功は本機最強の特化ゾーン「HI-EVOモード」が確定します。 ここからはAT「コーラリアンモード」について解説していきます。 ATは1セット30GのST型。 エアリアルチャンスに突入すれば1G目から再スタートします。 ATとエアリアルチャンスをループさせながらボーナスに3回突入させることができれば上位AT「スペック3モード」へと移行します。 なので、AT中はまずボーナス高確状態のエアリアルチャンスへの突入を目指します。 リプレイ以外でコーラリアンを撃破し、100体撃破すればボーナスが確定します。 演出パターンによって大量撃破の期待度は変化します。 ベル揃いなら10体以上の撃破確定、通常攻撃の場合は強攻撃(赤背景)は20体以上撃破のチャンスとなります。 キャラアップはレア役or完全撃破濃厚、演出なしなら大量撃破or完全撃破濃厚、保証ゲーム内での転落煽りは完全撃破濃厚です。 撃破できなかった場合は、撃破数を次回に持ち越します。 これ、地味に嬉しい機能で、のちのち結構響いてきます。 エアリアルチャンスでの100体撃破、あるいはAT中のレア役などでボーナスへ突入となります。 このAT中ボーナスはBBのみとなり、基本的には通常ゲーム中のBBと仕組みは同じです。 違う点が1点あり、BB終了時のSPバトルに勝利するとループタイプの「EXJAC」に突入となり、以後それが50%でループします。 EXJACが継続を重ね7JACに到達するとATをストックします。 EXJAC中のレア役はJAC上乗せ抽選がありますが、継続告知と同じため見分けにくくなっています。 AT中はLFO(機体)にも注目です。 ATレベルやループ率を示唆しているためです。 ATレベル別機体枚数 ATレベル 期待枚数 1 597. 7 2 826. 5 3 911. 2 4 1115. 8 ATレベル別の期待枚数はこんな感じです。 ATの継続が約束されているATレベル2以上になればATレベル1より期待枚数は200枚以上アップします。 獲得枚数に影響を及ぼすATレベル。 決定タイミングなどは以下のようになっています。 まず、有利区間開始時に初期のATレベルを決定します。 このとき、ATレベル2以上なら、1周期目でのボーナス抽選が大幅に優遇されます。 その後、周期抽選をハズすごとにATレベルの昇格抽選を実施。 707Gの天井到達時はBBが確定し、ATレベル2以上も確定します。 ATレベル4まで昇格しているときにボーナスに当選ならATも確定。 一方、ATレベル2or3のときのボーナスは、ATを勝ち取らないことには現在保有しているATレベルを活かせません。 そして、有利区間終了でATレベルもリセットとなり、有利区間開始時に再度ATレベルを決定する流れとなります。 ちなみに、AT「コーラリアンモード」中のファイナルチャンス終了時にATレベルの転落抽選を実施し、ATレベルが高いほど転落率が低くなります。 ATレベル2以上の場合は残りのATストック数に関係なく強制的にAT継続となるため、ATレベルが高いほどAT継続率が高くなります。 さて、AT中の目標であるボーナス3回を達成すると上位AT「スペック3モード」へ移行します。 スペック3モードは1セット10Gのセット継続型で、毎ゲーム全役でセットストックを抽選し、そのセットストックを用いて継続していきます。 AT「コーラリアンモード」が1G純増約1. 8枚だったのに対し、こちらは1G純増約4. 出玉増加のスピードが大幅にアップします。 これにより、スペック3モード突入時の有利区間リミット到達率は約40%と高くなっています。 スペック3モード中は、それぞれ5段階ある「表ストックレベル」と「裏継続モード」で管理されています。 ・表ストックレベル……目に見えるストック確率に影響 ・裏継続モード……ストックがなくなったときの継続率に影響 スペック3モード突入時に、コーラリアンモードの残りストック数を参照して初期の裏継続モードを抽選します。 ストック数が多いほど上位モードが選択されやすくなっています。 スペック3モード中は、3セット継続するごとに表ストックレベルの昇格&転落抽選を実施。 表ストックレベルは、セットストックを保持しているかどうかでストック確率が変化し、複数ストックした場合は表ストックレベルが高いと判断できます。 BGM変化が発生すれば複数ストック濃厚です(10セット以降で発生のチャンス)。 裏継続モードは、セット継続時に昇格抽選を実施。 金のスペック3による告知発生時は33%でモード昇格となります。 10セット目開始時には特殊抽選があり、これに当選した場合は3セット以上をストックします。 そして、総獲得枚数が2100枚を超えた場合、エンディングへと移行することがあります。 スペック3モードで継続抽選から漏れるとATは終了となり、有利区間をリセットし通常ゲームへと移行します。 これが本機の一連の流れです。 本機最強の特化ゾーン「HI-EVOモード」についても触れておきましょう。 HI-EVOモードは100G固定のボーナス超高確状態。 1G純増は約1. 消化中は約23分の1でBBが当選し、それを繰り返しながら一定枚数獲得でエンディングへと移行します。 エンディング中は1G純増約4. 5枚となり、出玉スピードがアップします。 ここでのボーナスはAT中のボーナスと同じで、BB終了後はSPバトルに発展し勝利すればEXJACへ突入となります。 初回のボーナス時は30Gのオリジナルエピソードが発生。 劇場版ハイエボリューションの前日譚を描くエピソードは全3種類。 このHI-EVOモードには、アドロック出現の「ねだるな勝ち取れ!」成功、CZ終了時の一部(中段チェリーなど)、RB開始時のフリーズなどから突入し、設定1の突入率は34660分の1となっています。 フリーズも搭載しています。 発生条件は、通常ゲーム中の中段チェリーの12分の1。 恩恵は、赤7揃いBB+ATストック5個。 発生率は65536分の1と極めて低いものの、そのぶん大量獲得が期待できます。 以上、ゲームの流れにそって新情報などをご紹介してきました。 最後に狙い目と設定推測ポイントについて。 狙い目 ボーナス終了後やAT終了後、設定変更後などは有利区間がリセットされますが、すぐに有利区間に突入となります。 有利区間開始時にCZへ突入するのは紹介済みですが、高確にも移行します。 高確中はハズレでもCZ抽選がされ、CZに頻繁に突入することで周期抽選の加速や、CZからのボーナス直撃も期待できます。 有利区間開始時に獲得する高確は最大100G。 なので、ボーナス終了後などは即ヤメせずある程度様子を見たほうがいいかもしれません。 周期抽選を進めていった場合、7周期目はボーナスの大チャンスとなり、10周期目はボーナス+ATが濃厚となります。 303G消化で受けられるボーナス抽選、707G消化での天井(ボーナス確定)を考慮しながら押し引きを判断する必要もあります。 周期到達後の前兆ステージも要注目です。 前兆ステージの種類がATレベルを示唆し、さらにこのATレベルはボーナスorATまで下がることはありません。 ATレベル4ならボーナス当選でATも確定し、ATレベル3以下でも周期抽選をハズすごとにATレベル昇格抽選を受けられます。 前兆ステージとATレベルの関係は、 ・NVモード……ATレベル1以上 ・303モード……ATレベル2以上 ・SHモード……ATレベル3以上 ・theENDモード……ATレベル4以上 となっており、theENDモードなら次のボーナスorATまでは続行、SHモードでも次のボーナスorATまで続行したいところです。 通常ゲーム中の一部演出でATレベルを示唆したりもします。 「LFO通過演出」 ・NV通過……全レベルに期待 ・303通過……1周期目に出現でATレベル2以上が確定、2周期目以降はATレベル2以上を示唆 ・SH通過……2周期目までに出現でATレベル3以上が確定、3周期目以降はATレベル3以上を示唆 ・theEND通過……3周期目に出現でATレベル4が確定、4周期目以降はATレベル4を示唆 「会話演出」 ・チャールズ&レイやアネモネ&ドミニクが出てくるとATレベル3or4の可能性アップ(前兆中除く) 設定推測のポイント 「サミートロフィー」 BB終了時にサミートロフィーが出現すれば設定2以上が確定し、色で設定を示唆。 銅は設定2以上、銀は設定3以上、金は設定4以上、キリン柄は設定5以上、虹は設定6確定となります。 プレイ開始後1000Gまでは出現しやすく、5000〜8000G消化時も出やすくなっています。 「BB終了画面」 出現した画面で設定が確定したり示唆を行なっています。 ・エウレカ&レントン……基本パターン ・ホランド&タルホ……奇数設定示唆 ・チャールズ&レイ……偶数設定示唆 ・エウレカ……ほぼ設定1否定 ・ムーンドギー&ギジェット……ほぼ設定2否定 ・ウィル&マーサ……ほぼ設定3否定 ・アゲハ隊……ほぼ設定4否定 ・アクセル……設定4以上濃厚 ・サクヤ……設定6濃厚 これ以外の部分に関しては、現時点では設定6が突出してボーナス初当たり確率が高い=AT出現率が高いという程度しかわかりません。 2周期目から6周期目のヒット率で設定の奇偶を予想しながら、エピソードBBが出現したらしばらく様子見を見るといった感じでしょうか。 昨今の新機種は設定確定要素が出やすくなっていますので、周囲にも目を光らせながら高設定を掴んでもらいたいと思います。 (C)Sammy.

次の

12/9〜[エウレカセブン3

エウレカ 3 at レベル 示唆

どちらに関しても天井到達時にはBIG当選が確定となりますが、 707G天井到達時には必ずATレベル2以上に昇格といった恩恵が追加されます。 周期天井に関しては10周期となっており、周期天井到達時にはBIGに加えて AT「コーラリアンモード」突入も確定とハマリが深いほど恩恵が強力に。 ただ、期待度の高い7周期目やゲーム数天井に遮られることがほとんどなのではないかと予想しています(苦笑) 天井狙い目 ここからは、ゲーム数天井の狙い目と周期天井の狙い目を順番に考察していきます。 ゲーム数天井の狙い目 現状のゲーム数天井の狙い目は、 通常時420Gハマリが目安ということで。 ゲーム数天井到達時にはBIG確定という恩恵はあるものの、通常時のボーナス確率や仮天井の選択率が判明していないため、天井狙い目は深めに設定しています。 今後の解析続報、実戦値を見ながら狙い目は調整していきます。 ボーナス初当たり確率を踏まえて、天井狙い目は仮天井をフォローできる 290Gということに変更します。 周期天井の狙い目 周期天井の狙い目に関しては 6周期目以上を目安にし、期待度の高い7周期目をカバーしながら初当たり当選まで打ち切りということにしておきます。 こちらも続報が判明次第、改めて狙い目を調整するかもしれません。 奇数設定と偶数設定で期待度の高い周期が異なりますが、7周期目はどちらも期待度の高い周期となっています。 ゾーン狙い目 先述した通り、期待度の高い7周期目は天井狙いを兼ねて狙っていく方向で立ち回っていきます。 周期以外にゾーン狙いできそうなのは仮天井である303Gですね。 現時点では振り分けが判明していませんが、仮天井到達直前でやめられていれば狙っていこうと考えています。 ただ、低設定は振り分けが極端に冷遇されている可能性もあるので、中途半端なゲーム数から狙っていくのは避けた方がいいかもしれません。 やめどき エウレカセブン3のやめどきは1周目をフォローするかどうか迷うところですが、とりあえずは有利区間再セット後に即やめということにしておきます。 ただ、エウレカセブン3にはATレベルを示唆する演出がいくつも存在するため、1周期目の当選率次第では演出を確認しつつ1周期目までフォローしてやめということに変更するかもしれません。 ATレベルを示唆する演出は下記の通り。 前兆ステージでのATレベル示唆 ステージ ATレベル ニルヴァーシュ 全レベルで出現 303 LV2以上確定 スピアヘッド LV3以上確定 theEND LV4確定 LFO通過演出でのATレベル示唆 LFO ATレベル ニルヴァーシュ 全レベルで出現 303 1周期目に出現すればLV2以上確定 スピアヘッド 2周期目以内に出現すれば LV3以上確定 theEND 3周期目以内に出現すれば LV4確定 ATレベル3以上が確定している状況ならボーナス初当たりまで打ち切って良さそうなので、天井狙い稼働以外でもATレベル示唆演出はしっかりと確認しておきたいところですね。 <解析まとめ・記事一覧>.

次の

『パチスロ交響詩篇エウレカセブン HI

エウレカ 3 at レベル 示唆

目次:設定判別ポイント 小役確率 弱スイカ及び弱チェリー出現率に設定差あり。 合算でカウントしても良いだろう。 4 通常時のボーナス出現率 通常時のボーナス出現率は高設定ほど優遇されている。 特に 通常時のエピソードボーナスの設定差が大きいのでチェックしておこう。 高設定ほど赤7が出現しやすくなっている。 (AT中のボーナスは設定差なし。 ) ボーナス比率(通常時) 設定 赤7 白7 REG 1 7. なおエピソードボーナス終了時は専用の終了画面となる。 表示タイミングは以下の通りとなっている。 全部で12のカテゴリが存在し、カテゴリごとに示唆内容が異なる。 5Gずつ、計4回の抽選が行われ、選択されたカテゴリからいずれかのキャラクターが均等に出現するシステムとなっていいる。 かなり種類が多いので、キャラごとの画像の詳細は以下のページで確認しよう。 ちなみに表示はすぐに消えてしまうので注意しよう。 昇格したか否かの見た目での判別は出来ないが、ハマった場合高設定ほど高いATレベルからスタートする可能性が高まると言えよう。 設定 昇格当選率 1 12. 当選時は「セブンチャンス」orREG前半の最終ゲームにて告知される。 (比率は約1:1) 設定 弱チェリー 弱スイカ 1 6. なお強レア役成立時は直撃抽選も別途行われているため、強レア役による周期到達時は下記数値より期待度が高くなるので覚えておこう。 周期 設定 1 2 3 4 5 6 1周期 20. 設定 303G天井での当選率 1 5. (通常時ならばいつでも通過する可能性あり) 特に早い周期の出現は強い示唆となるので、1周期は様子を見た方が良さそうだ。 ATレベルはボーナスorコーラリアンモード当選まで下降しないので、前兆が非当選だったとしてもなるべく続行したい。 特に「type the END」は ボーナス当選で最高レベルのコーラリアンモードの可能性大となるのでヤメない様にしよう。 KCC高確(最大100G)への移行も確定となるので覚えておこう。 知っ得情報 BIG中の7揃い BIG中には白7カットインが発生するが、第1停止時or第2停止時に 「赤7を狙え」カットインに変化する可能性あり。 レア役はもちろん、ベルでも通常より期待度UP!? ファイナルチャンスを完全告知に! ファイナルチャンス突入の1G前(「残り3G」表示時)の第3停止後に「PUSH」を1秒間押すと、PUSHボタンが一瞬点滅しファイナルチャンスが 完全告知となる。 完全告知では、ファイナルチャンス成功時のレバーで 下パネルが必ず点滅する。 基本的に強レア役と同等の抽選を行うが、特殊抽選に当選すれば一気にMAXに到達することも!? PUSHを押した後、ストロボが激しく光ると REG入賞後フリーズ確定! (HI-EVO MODE確定!? C Sammy.

次の