プロ コントローラー switch。 縦画面のマウントも可能! Switch Proコントローラーに本体を固定できるSwitch用のマウントホルダーが登場

Nintendo SwitchのProコントローラーは高いけど買い? 購入してみた

プロ コントローラー switch

Joyconの場合 Joy-conの登録は、 1.本体に直接接続する方法 2.ボタンを押す方法です。 本体に接続するのが楽で確実だと思います。 1.switch本体に接続 switchのホームからコントローラを選びます。 新しいコントローラーの登録を選びます switch本体に直接とりつけます。 以上となります。 SwitchのProコン登録方法 Proコンは2種類接続方法があります。 1つはケーブルを使って登録する方法、2つ目は、ボタンを押して登録する方法です。 ケーブルを使った方が確実に登録できますが、面倒かもしれません。 ボタンを使って登録できなければ、ケーブルを使って登録するってことで問題は無いと思います。 1.有線でswitchドックに接続 本体買ったものに同封されている、USBケーブルをswitchドックに接続すると自動的に接続されます。 2.Proコン無線での登録方法 switchのホームからコントローラを選びます。 画面上にProコンの絵が出てくれば登録完了となります。

次の

ニンテンドースイッチプロコントローラー 左スティックの修理手順 │ ゲームについて思いついたことを書く

プロ コントローラー switch

Nintendo Switch対応コントローラーの選び方・コツ おすすめコントローラーを紹介していく前に、ぜひ知っておいてほしいコントローラーの選び方やコツをお話していきます。 大きく分けて以下の基準を重視して選ぶことをおすすめします。 純正 or 非純正で選ぶ• コントローラーの機能で選ぶ• ボタンの配置で選ぶ ひとつずつ詳しく説明していきますね。 1.純正 or 非純正で選ぶ コントローラーには、Nintendoが製造している純正コントローラーと、他社が製造している非純正コントローラーが存在します。 この2つの違いをざっくりとまとめると、 Switch対応コントローラー 純正 非純正 値段 高い 安い 不具合 少ない 純正に比べて多い こんな感じになります。 純正コントローラーはゲームソフト1本分の価格と比較的高価になりますが、その分Nintendoが作っているためSwitchやソフトとの不具合がほぼありません。 逆に非純正コントローラーの場合は半額ほどの価格となりますが、Switch本体と整合性がとれず不具合を起こすことも多々あります。 お金に余裕があるのであれば純正をおすすめしますがもちろん非純正でもゲームプレイは可能なので、 性能を取るか、値段を取るか、で選び分けましょう。 無難なものを選びたいなら純正のプロコンを買っておけば間違いありません。 2.コントローラーの機能で選ぶ 種類によってコントローラーの機能も変わってきます。 とくに大きく影響してくるのがジャイロセンサーですね。 コントローラーを傾きに反応し直感的な操作が可能となる機能です。 ジャイロセンサー必須のゲームもありますので、プレイしたいゲームを決めた上でコントローラーを選びましょう。 また、ジャイロセンサー付きのコントローラーを買う場合は遅延対策の意味も含め純正の購入をおすすめます。 3.形状・ボタンの配置で選ぶ 形状やボタン配置も大切な要素です。 とは言えこちらは個人の好みとなる部分が大きいので、どれが良い悪いはありません。 実際に店舗などでコントローラーを触ってみて、手に馴染む形状、ボタン配置のものを探してみましょう。 背面ボタンが欲しい場合はこちらがおすすめ。 【おまけ】ちょっと変わったおもしろいコントローラー Switch対応コントローラーには一風変わったものも発売されています。 イーブイ』において従来のコントローラーの代わりとして遊べる特殊なコントローラー。 イーブイ内につれていくことができます。 他のゲームには対応できない特殊なコントローラーですが、ポケモン好きならオブジェクトとしても楽しめますよ。 コントローラーの違いでパフォーマンスに大きな差が出ますので、少しでも勝率を上げたい方はJoy-Con以外のコントローラーでもプレイしてみることをおすすめします。

次の

ニンテンドースイッチのProコントローラーについて。値段や特徴について紹介。

プロ コントローラー switch

Advertisement 無線での接続方法 Bluetoothの確認 まず無線接続をする場合はBluetoothでの接続になるので、 自分のPCにBluetooth機能が付いているか確認しましょう。 よく分からない方はタスクトレイにBluetoothのアイコンがあるか、 コントロールパネルの「ネットワークとインターネット」の項目に 「Bluetooth Devices」があるか等を確認してみて下さい。 自分のPCがBluetoothに対応していない場合は別途Bluetoothアダプタを用意しましょう。 ちなみに私のPCはBluetooth機能が付いていなかったため、 レビューで接続実績があった下記のアダプターを購入しました。 ペアリングを行う Bluetooth機能がついている場合はPCとProコントローラーをペアリング(接続)しましょう。 タスクトレイのBluetoothデバイスを右クリックし、デバイスの追加を選択します。 PCがペアリングする機器を検索し始めます。 Proコントローラーのシンクロボタンを長押しして下さい。 Proコントローラーの下部のLED部分が流れるように点滅し、 コントローラーからPCに信号が送られるはずです。 PC側が正常にコントローラーを検出すると「Pro Controller」という表示が出てくるので、 選択して次へをクリックして下さい。 少し待ち「このデバイスは、このコンピューターに正常に追加されました」と 表示されればペアリングは完了です。 以上が無線での接続方法でした。 Bluetoothアダプタとの相性みたいなものがあるようです。 うまく接続できない方は下記の記事も参考にしてみて下さい。 PS4コントローラーでの接続時にうまく接続できなかった時の記事ですが、 Proコントローラーでも同じ症状になる可能性があります。 接続の確認 上記の方法で接続を行ったら、PC側で認識しているか念のため確認しましょう。 Windowsのコントロールパネルから「デバイスとプリンター」を開きます。 ここで表示が無いようであれば何かしらが原因で接続がうまくいってません。 接続方法に問題無いか、コントローラーを充電してあるか、PCの環境等確認してみて下さい。 原因が分からない方は上記の「 うまく接続できない方は~」の記事も参考にしてみて下さい。 「Pro Controller」を右クリックし「ゲームコントローラーの設定」をクリック。 開いたウィンドウで「Pro Controller」を選び「プロパティ」を開きます。 テスト用のウィンドウが開くので実際にコントローラーを操作してみて、 全てのボタンやスティックが反応するかを確認してみましょう。 以上で接続の確認は終わりです。 後は各々のゲームのキーコンフィグで設定を行い遊びましょう! キーボード操作にしか対応していないゲームなどで遊びたい場合は 「JoyToKey」というソフトを導入してみて下さい。 コントローラーにキーボードのキーを割り当てることができるので コントローラーに対応していないソフトも遊べます。 「JoyToKey」の導入方法や使い方については以下の記事を参照。

次の