クラ ロワ ペッカ デッキ。 【クラロワ】最強メガナイトデッキランキング【最新】|ワイズマン

ペッカを使ったデッキの攻め方と編成12個

クラ ロワ ペッカ デッキ

スポンサーリンク 【デッキ編成】は適切ですか? クラロワで勝つ為に占めるウェイトは、 【デッキ編成】が、 ゆうに5割以上を占めると言っても過言ではないでしょう。 多種多様なカードが存在するクラロワで、 『正解!!』 なデッキと言うのは、 なかなか難しいものだとは思います。 しかし、 『不正解!!!』 というデッキは簡単に言えるかもしれませんw 【低コスト】偏重デッキ• スケルトン• ゴブリン• 槍ゴブ• アーチャー• デッキの試行錯誤 マスケット銃士とナイト、 ジャイアントとバルーン、 レイジとザップとフリーズ・・・・ 自デッキの組み合わせは、 本当に【自由】です。 そんな【自由】な組み合わせの中から、 最適なデッキ編成をすることは至難の業です。 マルチでも、 フレンドバトルでも、 色々な組み合わせで戦ってみると良いでしょう。 また一番身近な、 自分と戦った相手で、 『厳しかった相手の編成』を パクるマネしてみる、 などということも有効な手段のひとつです。 スポンサーリンク クラロワ戦術論! クラロワにおける勝敗を分かつウェイトの5割は、 【デッキ編成】である、と言いました。 では、残りの5割は?何だと思いますか? はい、【腕前】に他なりません! ユニットの出し方や、 局面局面でのカード選択の確かさ、 のことですね! 後手に回っていませんか? クラロワで大事なことは、 『場を支配すること』です。 「いきなり何言ってんだよ!」 はいw そうですね 笑 どういうことかと言うと、 『相手に動かされる』のではなく、 『相手を動かして自らに有利な状態にする』のです。 ユニットの相性ってありますよね。 乙」 という 余裕を持つ為の戦略なのです。 まだ難しいですね。 例えば、 アナタが敵に出されて嫌なユニットはなんですか? 私は、• プリンス• エアバルーン• ホグライダー• ジャイアント• ガーゴイルの群れ• ゴブリンバレル• ペッカ などです。 これらのユニットは、 コチラも何らかのユニットで対抗しないと、 コチラに大きな被害を被ってしまうユニットたちですね。 プリンスが出てきたら、 スケルトンや大砲などで、 突撃の矛をそらしたり、 フリーズをかけて食い止めたり。 ガーゴイルの群れが出てきたら、 範囲呪文やウィザードがいないと、 結構ダメージを負ってしまいますよね。 これを、 相手に先にされるのではなく、 コチラが先に行うのです。 上に挙げたユニット以外でしたら、 アナタはどうしますか? 例えば、 槍ゴブやガーゴイル。 私は無傷状態だったら、 やっぱり何とか食い止めようとします。 槍ゴブが来たなら、 槍ゴブで返したり、 ボムタワーで防御したり。 この一連の流れの中で、 悪手を打った、 好手を打った、 の結果が、 クラウンタワーの破壊やキングタワーの破壊、 引いては勝敗をもたらす原因なのです。 この一連の流れを握った方が、 『その戦いを制した』と言えるのです。 相手を自分の意のままに動かすことが、 【勝利の秘訣】と言えましょう。 スポンサーリンク まとめ ちょっと抽象的な話だったかもしれません。 前に、 『クラロワはサッカーに似ている』 という話をしました。 加えて、 リアルタイムで動き、 先手と後手が存在しないクラロワは、 先手後手がハッキリとしたチェスでもなく、 そして流動的なサッカーでもない。 でもその両方の要素を併せ持っています。 まるで『チェスボクシング』のようだと私は思いますw 戦略的な読み、 相手が何をしてくるかの読み。 そして即座に対応するべき瞬発力。

次の

【クラロワ】全デッキ一覧【クラッシュロワイヤル】

クラ ロワ ペッカ デッキ

ペッカの特徴と使い方 ペッカは今こそ多くのプレーヤーが好んで使うカードですが、一昔前のペッカはどちらかというと今のスパーキーのような「 ロマンを追い求める」ユニットという扱いでした。 現在はジャイアントやゴーレム主体のデッキの増加とともに、相対的にペッカを主体とするデッキも増えてきました。 そんなペッカが誇る最大の武器は、 圧倒的な攻撃力です。 ジャイアントやゴーレムに当てて出すことで、一瞬で処理することができます。 体力が高いのも特徴で、盾としての性能も高いです。 そんなペッカが抱える欠点は、 地上のみの単体攻撃であること、 動きが遅いことが挙げられます。 攻撃対象が地上のため、空ユニットのガーゴイルやメガゴには弱いです。 さらに、移動速度も攻撃速度も遅いため、細かい系のユニットで囲まれてしまうと簡単に処理されてしまいます。 なので、ペッカ単体で突っ込ませるというよりかは、後衛に範囲攻撃系のユニットをつけたり、細かい系のユニットに強いザップやポイズンをデッキに入れて補助するのが基本です。 ゴブリンの小屋・ホバリング砲・ザッピー この3種類のカードはファイボやポイズンに弱いのが特徴ですが、どれかに撃ったら 他の2種類が生きるというように、相手に常に4コストの呪文をどこに撃つかの選択を迫ることができます。 基本的な試合の流れとしては、序盤は小屋を建てることに専念してください。 そして手札がこのように、切れるカードがない場合には、 ゴーストは後ろから出すだけで、相手にエリアドをとられることは滅多にないカードですので、手札に自分から切れるカードがない場合は、 ゴーストをとりあえず後ろから出しましょう。 さらに、ザッピーも同じように後ろからセパレートで出すことで、相手としては動きにくいため、相手の動きをけん制することができます。 ゴースト・ザッピーはとりあえず出すだけで強い 防衛ではペッカはもちろん、 ホバリング砲とザッピーがカギになってきます。 ホバリングは射程が長く、相手が思わず呪文を撃ちたくなるユニットの1つなので、ホバリングに呪文を使わせることでザッピーを生かすことができます。 逆もまた然りなのでホバリング砲とザッピーをうまく使って防衛することを意識しましょう。 守るときは ポイズンやファイボでゴブリンの小屋やホバリング砲・ザッピーを一緒に巻き込まれないように注意しましょう。 このデッキの負け筋としてはゴブリンの小屋のリードをとりたいところで、このようにゴブリンの小屋とザッピーまたはホバリング砲もろとも4コストの呪文で処理されて、エリアドをとられてしまうことです。 ゴブリンの小屋を壊されたとしても、ザッピーかホバリングが生きていれば、そこにディガーを加えてカウンターができるので、どちらも処理されるという最悪のケースは絶対に避けるようにしてください。 防衛で小屋とザッピーまたはホバリングを同時に処理されないように 逆に相手の建物とユニットを巻き込める場合は積極的にポイズンを撃ちましょう。 ペッカ三銃士デッキ このデッキは日本人プレーヤーの はろうぃんNightさんが、シーズン中ですが グローバル1位をとったデッキです。 このペッカ三銃士デッキに関しては ペッカの基本が当てはまりません。 意識するのは 形を作ることを優先する立ち回りです。 まずエリポンを建ててエリアドがとれたら、ペッカを後ろから展開します。 そしてエリクサーが10溜まったら、三銃士を1体の方がペッカの後衛につくようにセパレートで出します。 そして相手が2体の方に4コストの呪文(ファイボ・ポイズン)と2コストの呪文(ザップ・丸太)または、バルキリーやメガナイトなどのユニットを使ってきたら、 ペッカとマスケット1体の方にユーノ・コウモリ・ギャングを一気に追加することで相手が守れない形を作ることができます。 4コストの呪文を三銃士に撃ってもエリポンに撃っても、 どちらかを生かすことができるのも強みです。 エリポンのリードさえ守れれば、後は形を完成させることを意識するだけです。 タワーを捨てるタイミング、3クラウンを狙いに行くべきタイミングの感覚はちょっとやそっとでは身につかないので、ぜひ練習しながらタイミングをつかんでみてください。 ペッカ三銃士はタワーを捨てても形を作ることを優先 参考にYoutuberの偽きおさんのチャンネルで公開された、本家本元はろうぃんNightさんのペッカ三銃士解説動画を載せておきます。 ペッカ攻城デッキ ペッカに攻城ババを組み合わせたデッキです。 ペッカとエレウィズで防衛力が保証されているだけではなく、 攻城ババ・ユーノ・ゴーストの 陸攻め3トップで相手のタワーに特攻をしかけることもできます。 ラヴァハウンドなどの空攻めデッキに弱いという弱点がありますが、陸受けユニットがないタイミングでユーノやゴーストを流せれば相性を覆すこともできます。 このデッキを使う上で意識したいのは、 両サイドを攻めるということです。 普通であれば削れているタワーの方を攻めるのがセオリーですが、このペッカ攻城デッキは片方をペッカ+エレウィズで、もう片方をユーノ+ガーゴイルなどで攻めることで 陸ユニットを枯渇させて、確実にタワーにダメージを入れていくことができます。 そして 相手のエリクサーがないタイミングでのユニット流しの強さもこのデッキの特徴です。 相手がペッカの守りに失敗したとき、相手の攻めを低エリクサーで処理できたとき、 橋前からユーノやゴーストや攻城ババを流すだけでタワーを落とすことができます。 相手のエリクサーがないタイミングを見逃さない攻めを意識していきましょう。 ・両サイド攻め ・相手のエリクサーがないときのユニット流し まとめ ペッカ主体のオススメデッキを3つ紹介しました。 ペッカデッキを使うときはペッカの防衛でエリアドをとって、そこからカウンターという形がオーソドックスな形です。 しかし、ペッカ三銃士デッキのような自分からペッカを出すことで無理やり自分のペースに持っていくというペッカデッキも存在します。 それぞれのデッキの特徴を活かしながら、攻撃と防衛の両面でペッカの攻撃力を最大限生かせるように立ち回りましょう。 最後にペッカ小屋ホバザッピーデッキについて解説したファミ通Appさんの記事を載せておきます。 各カードの役割も詳細に書いてあるので参考にしてみてください。

次の

ミニペッカを使ったおすすめデッキや対策をご紹介!

クラ ロワ ペッカ デッキ

30分仮眠をとろうと寝たら5時間たっていたろなうどです 今回はアリーナ4で作れる最強デッキを紹介します。 ペッカの登場によってアリーナ3まではジャイバルが猛威を振るっていましたが、ペッカと相性の悪いジャイアントはアリーナ4からは少し厳しくなってきます。 そうした影響もあってアリーナ4までスムーズに来れても、アリーナ4で勝てなくなってアンストしてしまう方も多く、ここが正念場になります。 アリーナ4からなかなか抜け出せないという方は今回オススメするデッキを試してみてください。 無課金でも組めるデッキとウルトラレア入りのデッキも紹介できたらと思います。 そして私事ですが、僕がクラロワを勧めて始めた友達はみんな、なぜかこのアリーナ4でやめてしまいました(泣) この記事を読んでいるみなさんには勝手ですが、ぜひとも根気強く続けてほしいです。 アリーナ4で入手できるカードは以下の8枚です。 メガゴは対空ユニットとして絶大な信頼がおけるカードです。 バルーンやラヴァハウンドなどの空ユニット対策として多くのデッキで採用される万能なカードです。 ガーゴイルの群れはガーゴイル6体を5コストで出せるカードです。 呪文に弱いのが弱点ですが、カードパワーは5コスト以上のものを持っています。 ディガーやジャイアントや攻城バーバリアンなどの盾役ユニットと組み合わせて使うと、よりガゴ群れの良さを活かすことができます。 インフェルノタワーは対重量級でユニットに対して真価を発揮する防衛施設です。 体力が高く、ダメージが徐々に上がっていくため、ゴーレムも一瞬で溶かすことができます。 ザップやライトニングを撃たれるとリセットしてしまうので、他のユニットと上手く絡めて使うのがコツです。 ライトニングはユニットやタワーの動きを一定時間止めつつ、ダメージを与えられる呪文です。 3発の雷撃をユニットや建物に対して撃つ呪文で、 体力の高い順に3発の雷撃を浴びせることができます。 ペッカは言わずと知れた高火力ユニットです。 ゴーレムやジャイアントに対して出してあげると、圧倒的な攻撃力によって一瞬で処理してくれます。 ただし、 移動スピードも攻撃速度も遅いため、タワーにはなかなか届かないので、攻撃的なユニットというよりかは相手のユニットを一瞬で処理してくれる防衛でこそ真価を発揮するカードです。 ウルトラレアがついにアリーナ4から登場します。 ディガーは アリーナのどこへでも、地中を潜って出すことができるユニットです。 主にタワーに出して タワーを削るために使いますが、自陣に出して 防衛に使うこともあります。 ラヴァハウンドは空飛ぶジャイアントとでもいいましょうか。 1つ違うとすればラヴァハウンドは体力が0になると、分裂して6体のラヴァパピィが生成されるところです。 これぞウルトラレアというオンリーワンな性能です。 ディガーやバルーンをデッキに組み込むと強力なデッキが完成します。 アリーナ4で組める最強デッキ ウルトラレアがないデッキとウルトラレアが入っているデッキの2つをそれぞれ紹介していきたい思います。 アリーナ4で組めるウルトラレアなしデッキ アリーナ4で組めるウルトラレアなしの無課金でも組めるデッキを3種類紹介します。 ホグライダーデッキ ホグ使いの僕がオススメするデッキはこちら。 6ホグデッキの丸太のところが槍ゴブリン、アイゴレがナイト、アイスピのところがガーゴイルになってコストも少し重くなったデッキです。 基本の立ち回りは2. 6ホグデッキと一緒で、ガーゴイルはアイスピのように気軽に切れるユニットではありませんが、 ラヴァハウンドやバルーンなどの空デッキに強いデッキになっています。 ガーゴイルの群れにはファイアボール、槍ゴブリンでも処理することができます。 ジャイプリンスデッキ ジャイアントと高火力のプリンスとハンターを組み合わせたデッキです。 大雑把な使い方として、防衛では ハンターをジャイアントやゴーレムや巨大スケルトンに当てましょう。 攻撃ではジャイアントを守りで使ったユニットの前に出すか、後ろからジャイアントを展開して後ろにプリンスやメガゴをつけて、 ジャイアントが盾になるように攻めてください。 槍ゴブの枠はディガーを持っていればディガーに代えてください。 さらに完成されたデッキになります。 しっかりとジャイアントの形を作れれば ジャイアントが苦手とするペッカも突破することができます。 ペッカデッキ このデッキは個人的にもイチ押しのデッキです。 ペッカを使いたいという方はこのデッキを使ってみてください。 まずは序盤はゴブリンの小屋を多く建ててください。 ペッカを出すタイミングは自分から出すのではなく、 相手がジャイアントやホグライダーを出して来たところに合わせるように出しましょう。 そして、ジャイアントやホグライダーをペッカで処理した後に、ペッカの後衛にホグライダーや槍ゴブやマスケットをつけてカウンターを仕掛けることができます。 たまった小屋から出てくる槍ゴブリンも攻守で活躍してくれます。 スケルトンは防衛でも使えますし、手札を回すために自分から切ることも出来ます。 マスケットはペッカを出すエリクサーがないときに相手のユニットに対して当ててください。 そこからペッカで処理したときと同じように、ホグライダーを盾にカウンターも可能です。 ラヴァバルはランカーの間でも人気のデッキだ! まずはラヴァハウンドを他の重量級同様に後ろから展開してください。 しかし、キングタワーの後ろからではなく、アリーナタワーの後ろの端から出しましょう。 そして橋前に到達したタイミングで バルーンをラヴァハウンドの後ろにつけましょう。 これだけで相手のタワーを落とすことができますが、相手がラヴァハウンドやバルーンにガーゴイルや槍ゴブを出して来たときはザップやファイボを撃ちましょう。 相手がメガゴやガーゴイルなどの空ユニットを使った瞬間に、 逆サイドにバルーンを流すという戦術も可能です。 しかし難しいことを考える必要はありません。 ラヴァハウンドの後ろにバルーンをつけるだけでもタワーは確実に落ちます。 アリーナ4でラヴァハウンドを偶然ゲットして、さらにこのデッキが組めるという人は早速組みましょう。 下手をすれば、このデッキでレジェンドアリーナまでそのまま上がれると思います。 ずっと使い続けるのも夢ではありません。 要点まとめ アリーナ4でラヴァハウンドが当たった人は必ず使いましょう まとめ アリーナ4で組める最強デッキをURあり・なし計4個紹介しました。 アリーナ4の最強デッキはもちろんラヴァバルといいたいところですが、持っていない人がほとんどだと思うので、 ペッカデッキがアリーナ4では最強と定義したいと思います。 ペッカアリーナをいち早く攻略したいという方は、ぜひ今回紹介したデッキの中からお好みのデッキを実戦で使ってみてください。 皆さんのトロ上げの助けになれれば幸いです。 最後にGameWithさんの記事を載せておきます。 ホグライダーフリーズやベビドラバレルなどユニークなデッキが多く紹介されているので、こちらも参考にしてみてください。

次の