そうなん です ね 敬語。 最低限の敬語を覚えておこう!今さら聞けない敬語のマナー2・CHAPTER 2 使うと「おっ」と思われる敬語ベスト5|日立ソリューションズ

#twst夢 #クロスオーバー ナイチンゲール成り代わり主は全ての人を救いたい【twst夢】

そうなん です ね 敬語

敬語のマナーのポイント 好感度の高い相づちのうち方 相づちの基本は「はい」です。 「ええ」は使ってはいけないということはありませんが、年上の人には使わないのが無難です。 「ええ」ばかり使って相づちをうっていると敬意が払われていないような印象になります。 「うん」はもってのほかです。 「はい」という相づちでも、ワンパターンな「はい」だと聞き流しているような印象になるので、いい方にバリエーションをつけましょう。 「本当におっしゃる通りですね」という意味を込めたり、「そうなんですか、もっと詳しく聞きたいです」という意味を込めたりして、表現をつけましょう。 また、「はい」だけでなく、「そうなんですか!」という驚きや、「それでどうなりました?」など話を促すような相づちがうてると相手に気持ち良く話をしてもらうことができます。 それから、相手の話し方とテンポを合わせるのも大事です。 ゆっくり話している人に頻繁に相づちをうつと、相手がせかされているような気になりますし、早く話す人にのんびり相づちをうつと話を聞く気がないように受け取られかねません。 反対に相手に嫌がられる相づちは「それで?」、「なるほどね」などが挙げられます。 これらは口調によって相手の発言を見下すような印象を与えるからです。 「それで?(それがどうした?)」「なるほどね(君の言っていることは正しいよ)」と受け取られる恐れがあるので特に目上の人には気をつけましょう。 「なるほど」という場合でも、「なるほど、勉強になります」など、相手の話していることに対して知らなかったと感心するような表現でいえば、相手を不快にさせませんが、基本的に目上の人に使うのは避けたほうが良いでしょう。 また、「なるほどですね」という言葉を使う人がいますが、そもそもこれは日本語の表現として間違っています。 相づちにはその人の癖が出るものですが、「癖なんだからしょうがない」と開き直らず、相手の立場に合わせて、その相づちをうつことで相手がどう感じるかということを考えて使いましょう。 大嶋利佳 先生 Toshie Igaki プロフィール 大学勤務、会社勤務等を経て、1988年、第一回日本語教育能力検定試験に合格、日本語学校教員、専門学校教員となる。 その後研修講師として独立し、1997年、株式会社スピーキングエッセイ設立。 現在、同社取締役講師代表として、ビジネスコミュニケーション全般の研修、講演を実施。 著述の分野でも活動し、著書出版、雑誌記事等の執筆監修も多数行う。 著書に、 生徒のタカハシです。 前回の敬語のマナー講座でも大嶋先生に敬語の使い方をレクチャーしていただきましたが、その時は敬語のバリエーションを増やすことが課題として残りました。 それ以来、日常でも気をつけて覚えるようにしてきたので、その成果も先生に見ていただきたいです。

次の

やっぱり言葉遣いって大事だなぁ。

そうなん です ね 敬語

私たちは『馴染みの関係』を持つ為に 普通の言葉で話すようにしています。 言葉遣いが丁寧だとなんだか 固っ苦しい感じがするから。 『家庭的』なんだから親しみやすい 言葉で話したほうが利用者は喜びます。 って言ってるのを聞いたことがあります。 利用者はそれで喜んでます。 敬語だと関係が深められない。 だいたい家庭だったら敬語なんて使わないでしょ。 なんてこと言っちゃったりして。 反敬語派はこういったことを言いながら 自分たちのやってることを正当化しようとします。 今回もまたそういうゆるい方々に対し ちょっくら言い返したいと思います 爆 (気分を悪くしないでくださいねw) …僕が聞いた話ですと、そうおっしゃる方々は 敬語という価値観やルールに疑問を感じてるそうです。 でも、そういう人に限って。 しっかりしてる人には敬語でしゃべって 認知症の方には【タメ語】で話していたりしています。 その線引きってなんなんでしょうね。 しっかりしている人は認知症じゃないから? 敬語じゃないと文句言ってきそうだから? 僕は思います。 そう言う人たちは何らかのレベルに達してない方に対して 単に「敬語を使いたくない」だけじゃないでしょうか? 明らかに馬鹿にしてますよね。 尊厳の「そ」の字も守っていませんから。 それとも。 認知症だから簡単で分かりやすい言葉で 伝えたほうがいいと思ってるんでしょうか? 気持ちは分かりますし、分かりやすい言葉で伝えたほうが 伝わりやすいのも確かでしょう。 これに関しては反論しません。 【タメ口】のほうが分かりやすいだなんて それこそ単なる思い込みに過ぎませんから。 『馴染みの関係』を作っていく為にとか。 『家庭的な雰囲気』を出していく為にとか。 よく言いますが、普通の言葉を使っていく中で 互いの関係が馴染んでいくとは考えにくいです。 ましてや『家庭』じゃないし『家族』でもない。 あなたの思い込みですよね。 仲良くなってるって思ってるのは むしろあなただけってことです。 痛いですね。 一気に可哀想な人になっちゃいましたね。 それでも仮に。 言葉遣いが普通で、利用者が元気に生活してるとするなら それは言葉ではなく 皆さんの心温まる対応にあるのでしょう。 決して【タメ語】で話していたおかげじゃありませんから。 敬語を使うというのは、価値観やルールではなく 日本の世間一般での常識なんだと思います。 だって 年上や目上の人に敬語使うって当たり前ですから。 むしろ【タメ語】派は、その常識さえくつがえす 年上の人には敬語を使わなくてよいって価値観や ルールがあるのでは…と疑問を感じてしまいます。 例を言いますね。 仮におばあさんがこう言ったとします。 『敬語なんて使わなくていいよ』 すると【タメ語】推進派はこう言うのでしょうか。 「そうなん?うん、分かったよ! じゃあこれからは普通の言葉で話すね!」 一見普通の会話ですし、関係が深いようにも思えますが。 てか実際には相手に感じのよい印象を与えませんか? つまり。 敬語を使っていたら、その人と【馴染みの関係】が 作れないって思っているのは職員の勝手な妄想か、 【馴染みの関係】【家庭的】を武器に、自分自身の 言葉遣いのお粗末さを正当化しているだけなのです。 要は相手に敬語を使いたくないだけなんだよね。 どこかしら、なんかしら利用者を見下してるんですわ。 知らず知らずのうちに… 追伸 たしかに単純な言葉で、本人にとって入りやすい言葉で 会話をしたほうが、伝わりやすいってケースもあると思います。 そんな場合は、その人に【タメ語】が必要なら、 ケアプランに書いていけばいいじゃない 笑 本人・家族にちゃんとそのプラン見せて、 「我々はこういう思いで接します」ってさ。 …ちなみに。 僕は逆にケアプランに「丁寧に接する」的なことを書いてました。 しっかりしてる人には書きません。 なぜか職員守れてますしw 書かせてもらってたのは認知症の方、そして障害が重い方など。 そういった方の尊厳を守るために書かせてもらっていました。 だって書かないと守れないんだもん、残念なことに。 弱者と強者では必然的に上下関係ができてしまうんです。 たとえ老いで体が不自由になろうが、認知症になっていようが 『私たちはこの人に対して敬意を持って接していきます』 って思いを乗せていきたいから。 それが介護の第一歩だから。 確かに例外のケースもある。 …でも。 基本の姿勢は基本としてもっていてほしい。 僕はそう思います。 介護短歌 関係を 深める前の 第一歩 言葉遣いで 尊厳を守る 介護って何かと相手に依頼することが多いと思います。 自分のことは自分で 頑張っていただく 何か手伝ってもらう トイレに一緒に入る お風呂の介助をする などなど。 そのとき相手はどう感じ、何を思うでしょうか? だからこそ。 日々の声掛け・口調からきちんとした言葉で 尊厳を守っていく必要があると僕は考えます。

次の

『そうなんだ』を英語で伝える!ネイティブが良く使う5つの言い回し

そうなん です ね 敬語

全段の説明で、説明の仕方が悪かった部分があ留ので、修正させて頂ます。 ですから、平易に使うと"さようか"ということもあります。 "そう"は"さよう"の"さ"、"さにある"の"さ"であると同時に"さよう"並びに"そのよう"を略した言い方でもあります。 現在一般的に使われる"そう"は"そうなのだ"や"そうなのです"の"の"の部分が促音便に変化して"ん"になった"そうなんだ"または"そうなんです"の"そうなん"の"ん"を略した形が殆どです。 長々と済みませんでした。 敬語と呼ばれる中に尊敬表現・謙譲表現・自敬表現が特にあって、基本は丁寧語です。 尊敬表現は、尊敬する相手又は尊敬すべき立場の相手に対して行為を与える場合に用いるもので、能動表現とも言います。 謙譲表現は、尊敬する相手又は尊敬すべき立場の相手からなにがしかの行為を受ける場合に、へりくだる気持ちを表すために用いるもので、受動表現とも言います。 自敬表現とは、自他共に自信が敬われるべき存在であるときに用いる表現で絶対敬語と言います。 此は、一語しかなく"朕"という天皇しか使えないとされていた言葉で、戦後は使われていません。 それ以外は丁寧語で、相手の人格を尊重していることを表す意味で用います。 "そうですかの"尊敬表現はなく丁寧語か謙譲表現を用いることになります。 丁寧語の場合は、"そう"の丁寧語が"さよう"で、"ですか"自体が既に丁寧語でもありますから、"さようですか"でよいですね。 謙譲表現は、"そう"が相手が自信に話した内容に掛かっていて、"ですか"が話している行為を受けて謙譲表現になります。 "ですか"の謙譲表現が"ございますか"ですから、"そう"は何らかの敬語を使うことになるのですが、"そう"は行為を表す語彙ではありませんので丁寧語を用いることになります。 参考になりましたでしょうか? 私も前の回答に同感です。 専門的に分析するといろいろあるようですが,おおまかにいって,尊敬語は「動作を行なう人に対する敬意」,謙譲語は「動作を受ける人に対する敬意」を表す言い方ですので,それぞれ「為手(して)尊敬」「受け手尊敬」とも呼びます。 では丁寧語はというと,話を聞く(読む)人に対する敬意と考えられるので,「聞き手尊敬」です。 「そうである」という文には動作をする人も受ける人もないので,尊敬語や謙譲語はあり得ないでしょう。 敬語でない(ニュートラルな)表現として「そうか」「そうであるか」等があって,それを丁寧語にしたものが「そうですか」,さらに聞き手に対する敬意を高めたのが「さようでございますか」で,これもやはり部類としては丁寧語に入ると思います。 おそらく,その先輩の方は「相手を敬っていう言い回しは全部尊敬語」だと思っていたのかもしれません。

次の