ウーバーイーツ デポジット。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の黒バッグの失敗しない選び方【新規登録者向け】

ウーバーイーツの配達用バッグについて経験者が解説【3分でわかる】|シロハヤブログ

ウーバーイーツ デポジット

もくじ• ウーバーイーツの配達用バッグはお金がかかる?値段は? まず、バッグの値段について書いておきます。 僕の時は、緑のバッグだったのですが、その当時はデポジットとして8,000円必要でした。 (毎週の報酬からデポジット代として2000円ずつ引かれ、それをx4週間と言う形でした。 ) ですが、バッグが黒色の新しいタイプになったらへんの2019年に4,000円に引き下げられました。 追記:新しく「デポジット」ではなく、登録会時に「購入する」ようになったみたいです。 ちなみに、クレジットカードを持っていない人は信用が皆無だった僕でも作れ、速攻で発行してもらえた楽天カードがオススメです。 正直、忘れかけたときに郵送で送られてきたので、荷物がきた時は「何かamazonで買ったっけ?」って思ったほどでした。 笑 僕は京都で配達パートナー登録しましたが、他の地域でもUber Eatsの配達用バッグの在庫がなくなるということが起きているようです。 そういう場合、今回紹介するような感じで自宅まで郵送されて送られてきます。 あとは、簡単な説明書きがかかれた紙のみが入っています。 パートナーセンターの人曰く、Uber Eatsの配達用バッグは、海外から送られてくる(おそらく、日本のどこかに一回送られて、そこから各都市に配分される)のタイミングによっては、結構待たされる場合もあるようです(僕がそうでした。 怒ってはいないよ。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達用バッグの組み立て方 パートナーセンターで登録時にもらえる場合も、郵送で送られてくる場合も、畳まれた状態で受け取ることになります。 実際に配達で使うには、 この状態からバッグを組み立てる必要があります。 まぁ、組み立てるといっても難しくはありませんが、少しコツがいる部分もあるので解説しておきますね。 まず、はじめはサイドの留め具がとまった状態だと思いますので、ここを外します。 次に底板をセットします。 底板は二枚ありますが、マジックテープがある方が上に来るようにするといいと思います(たぶん)。 パートナーセンター曰く、海外製のため雑な作りで、ポケットのサイズがキツキツで入らない場合があるとのこと。 なので、もしこの板がサイドのポケットに入らない場合は、 板のした部分を少し斜めに切っても良いとのことでした。 僕の時は、入りづらかったので無理やり押し込んで入れました。 板の上部が少し出てしまってもバッグ的には、大丈夫です。 ちなみに、 他の部分を切ってしまうと、バッグの劣化時のバッグ交換や配達員を辞めるときのバッグ返却時のデポジットなどに対応してもらえない可能性があるようなので、そこは注意してください。 雨よけカバーのセットの仕方 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達用バッグには雨よけカバーが付いています。 この雨よけカバーには、留め具がついてます。 (案外知られてない) 別にパートナーセンターで教わったわけではないので、僕が勝手にやっているだけですが、オススメなので使い方を紹介します。 この留め具を、ペットボトルポケットのある方に向けてセットします。 次に、その向きのまま、上部をひっかけます。 ひっかけたら一気に「Uber Eats」のロゴ面の下面まで引っ張ります。 下面にひっかかればOKです。 最後に、ペットボトルポケットのところにある留め具とカチッととめて完了です。 これで気づいたら雨カバーが外れて無くなったということも防げます。 配達時の基本的なバッグの使い方 支給品の配達用緑バッグのみの場合の、僕が使っている基本的な使い方を紹介を書いてみたいと思います。 初めての配達する場合、Uber Eatsはだれも教えてくれないので不安だと思いますので、一つの参考になればと思います。 配達になれてきたり、自分でもっとやりやすい使い方が見つかればどんどんアレンジしていってもらえればと思います。 僕は、バッグの内部はこんな感じで区切っています。 丼もの一つとかの場合は、仕切板の片方をはずし斜めに取り付け直し、三角形を作って、空間を埋めています。 この写真の透明なものは、配達用に買った高めのカッパ(雨具)が入っていた固めのプラスチック?の袋です。 かなり高機能で、かつおしゃれな感じで良いです。 固定するものは、なんでも良いです。 (小さなスペースをうめるなら、晴れの日の場合、雨よけカバーを代用したりしています。 ) 僕も以前は、タオルを丸めて輪ゴムで留めたものを使って固定してたし、キャンプ用のシートなんかを使っている人もいるみたいです。 タオル等を使って固定する場合の注意点は、 汚れていないものを使うこと。 お客さんにバッグの中を見られたときに、たとえそれが未使用だったとしても、汚れてると良い印象は与えませんし、 最悪の場合、BAD評価に繋がってしまう可能性もあります。 こぼさず配達する為に工夫したのに、それが仇となってしまうなんて悲しすぎますから! 使うものの見た目・清潔感だけは気を使っておきましょう! 以外と知らない?知っておきたいバッグの機能 内部のつるす用フック あまり知られていませんが、サイドには、プラスチックの吊るす為のフックがあります。 小さな汁物などに利用すると良いみたいです。 僕は置いて固定するのが好きですが、状況に応じて使うのが良いです! 拡張もできる Uber Eatsのロゴの面に向かって右側上部にジッパーがあります。 小さなピザなら拡張せずに運べますが、大きめのピザだと拡張しないと入らないです。 それ以外の時は、基本的に拡張せずに運ぶことができますし、拡張しない方が安定するので、入らない時以外は使わない方がいいと思います。 遮温のみ。 保温機能はない。 ちなみに、パートナーセンターで聞いたのは、この緑バッグは「遮温のみで保温機能はない。 」ということ。 なので、やはり迅速に配達することが大事ですね(事故らない程度に!)。 (無くても大丈夫。 あると便利、なだけ。 黒は、少し重いらしい.. 緑バッグは「小さい保冷バッグ」は無い 東京で配達パートナーの人がやっているUber Eats関連のブログで、配達用バッグが「大きいもの」と「小さい保冷用のバッグ」の二つがあるのをみたことがあるかもしれません。 あれ、 緑バッグにはないです! その他、 スマホケースや モバイルバッテリーなども東京の初期のときはもらえたようですが、今は全然ありません。 僕は、登録時にスマホケースとモバイルバッテリーを期待して行って、 「え?まだそんなこと言ってんの?あれずっと前に終わったよw」 みたいな感じであしらわれました(実際は、もっと優しく丁寧に断られましたよ)。 まぁ、自分が情弱だったのが悪いですけどね...。 配達パートナーが増えてきたということもあるでしょうが、Uber Eats側もコロコロいろんな条件・ルール等が変わるため、あまり情報を信じすぎるとがっかりすることが多いので「あったらラッキー」くらいに思っておく方がいいです。 笑 あまりUber Eats側に期待せずに、 自分でどうにかするのが大事ですね。 (個人事業主なわけですし) 都市を超えて配達するときや移動時はこの方法がオススメ バッグを持って電車で移動するときなどに、緑バッグを組み立てたままだと、 デカくて邪魔ですし、黄緑色とUber Eatsのロゴが目立って恥ずかしいですよね。 僕は以前、をしてきたことがありますが、今回紹介する方法で、夜行バスに配達用のバッグをのせて行きましたし、東京で宿に泊まるときなども、このやり方つかいました。 結構、便利だったのでご紹介します! まず、サイドの板を抜き、底板を上げ、ペタンとした状態(箱に入っていた状態)に戻します。 サイドの板は、バッグの中にいれておきます。 サイドの留め具はとめておきましょう。 ふたをして、雨よけカバーをかけます。 雨よけカバーの留め具は、上で解説したようにバッグとくっつけておきましょう。 横から見ても結構薄くなっているのがわかります。 ウーバイーツで働く上で、配達用バッグは必ず使う必要があるの? さいごに、配達時にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達用バッグを必ず使う必要があるのか、ということについてかいておきます。 これは、僕が実際に京都のパートナーセンターで聞いたので、正しい情報のはずです。 (ただし、都市ごとにルールが変わる可能性もありますし、これからまた僕が聞いたルールが変更になる可能性もありますので、そこは注意が必要だとおもいます) 僕がパートナーセンターで聞いたは、 「Uber Eatsの配達用バッグを使うのは強制ではない」 ということ。 それと、同時に、 「Uber Eatsの配達用バッグを使ってないことでBad評価もらっても自己責任」 とも言われました。 まぁ、個人事業主なので、Uber Eatsのロゴを入ったバッグの使用は強制されないということなのかもしれませんね。 ただ、レストラン側は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」というある種新しいサービスを利用していることをアピールしたいという目的がある場合もあるので、そのような場合はマイナスの評価をもらってしまう可能性もあるというわけです。 さらに、僕が思うのは、 「Uber Eats配達バッグを使わないのであれば、他により良いバッグがあるのか?」ということ。 ピザなどの大きさにも対応できるバッグで、雨よけカバーも必要で、遮温・保温などの機能もある。 そういうバッグや代用品があれば良いですが、ほとんどの人はそんなもの持ってないので、個人的にはUber Eatsのバッグを使うのが、(評価の面も考えて)ベストかなと思っています。 \自由な働き方をいち早く体験しよう/.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は稼げるの?実際に働いて検証しました!|デリバリー配達ナビ

ウーバーイーツ デポジット

UberEatsとは2014年にアメリカ合衆国のサンフランシスコでオンラインフードデリバリーとしてスタートしました。 日本では2016年9月に東京の一部エリアでUberEatsの事業であるフードデリバリーサービスが始まりました。 2020年の1月現在のサービスエリアは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、福岡県などの政令指定都市などでサービスが行われています。 つまり、どんなサービスかと言うとマクドナルドやスターバックス、モスバーガーや個人で経営しているお弁当屋さん、スイーツのお店、牛丼チェーン店などの宅配を代行するサービスなのです。 その代行サービスであるフードデリバリーサービスを運営しているUberEatsを利用して自転車で配達してダイエットしながらお金まで貰えちゃう減量方法を今回は紹介してみたいと思います。 これは痩せます!!UberEatsダイエット!!副業や本業でも 本当にウーバーイーツは痩せる 自分の空いた時間をウーバーイーツで好きな時間にアプリを開いてお金を稼ぎながらダイエットも出来る、なんて素晴らしい事ではないでしょうか。 しかも空いた時間を有効活用できるので有酸素運動したいな~なんて思ったら、そんな時こそ自転車で有酸素運動しながらダイエットとお金まで貰えちゃうなんて驚きですよね。 TVのバラエティー番組で木梨憲武さんがタピオカを星野源さんに配達したのが記憶に新しい事と思います。 この事業を本業でやってる方も沢山いるぐらいです。 頑張ってらっしゃるウーバ女子の方達を紹介したいと思います。 👇 そのお金を貰えるシステムなんですが各都市で違っていて下の表を見てみると違うのが分かって頂けると思います。 受渡料金はお店のお料理をお客様の所へ無事配達完了したときに発生する料金になります。 距離料金はお店から配達先であるお客様のお宅までの距離料金のことです。 例えば東京で依頼を受けて265円+お客様のお宅まで125円+配送距離が1キロの場合は60円で合計450円この料金に東京の場合は手数料が 10 %引かれますので合計収入は405円になります。 東京は受取料金や受渡料金が高めだけど結構手数料がひかれる値が高いのが特徴です。 西の料金は低いけど引かれる手数料は10%なのでそれ程関東と変わり無いように思えますがやはり距離があると距離料金が高い関東の方が有利だとは思います。 (お友達に ウーバーイーツやってる方がいらしたら紹介コード教えてもらいましょう、いない方もウェブ登録で出来ちゃいます) 言い遅れましたが 18歳以上の方が対象で高校生は駄目みたいです まずは自分のプロフィール写真(肩から上の顔写真)、免許証の写真(自転車はパスポートでもOK、バイクの場合は免許証のみ 、バイクの場合は自賠責保険の証明書全体の写真、バイクのみナンバープレートの写真など、あとお給料の振込先銀行の銀行名と銀行コードや口座番号、支店番号などをローマ字で入力する事があるかと思いますがこれは会場でもできるので心配ないと思います。 原付バイクの配送もできます。 (50~125cc ちなみに自転車の利用率が80%だそうです。 都内だと近場に沢山お店が群生してるので自転車の方が効率良いみたいですね。 書類審査が通ると近くの登録会場(パートナーセンター)に来てくださいとメールかアプリなどでメッセージがきます。 各会場で開いてる時間帯やお休みの日が異なるので確かめていきましょう。 4000円引かれてしまえば自分のバッグになるわけですが返したら4000円戻ってくるので捨てないようにしましょう。 ) UberEats ウーバーイーツ配達の基本的な流れ ウーバーイーツ配送はダイエットに最適 ウーバーイーツで これらのすべての行動を Uber Eatsアプリの Uber Driverをみながら進めていくわけですが。。。 お店側からUberEats本部のAI(コンピューター)から店に一番近くにいるアプリ起動している方のスマホに配達の依頼が来る(ここで今いる場所からお店まで何分かかるかわかります。 遠ければ拒否したりもできます) 👇 配達を承諾してお店までお料理を取りに行くんですが、ここではアプリ内臓の地図を見ながらお店まで行きます。 (この移動の収入はないです) 👇 お店に付いたらお料理をウーバーイーツバッグにいれて配達開始のスマホ操作しますがとても簡単ですよ。 👇 お客様の家までアプリ地図を使います、そして到着したらお料理を渡して配達完了のスマホ操作をして終わりです。 1回の配送で平均400円~500円位の収入になります。 翌週の水曜日に振り込みがあるように言われました。 その時に以前登録していた銀行に振り込んでくれます。 郵便局は駄目だそうです、銀行によって振り込まれる日が違うかもしれないそうです。 (基本は翌週水曜日らしいです) 大体1時間2~3件位配送出来るみたいです、凄い人は1日2万円とか稼いでます。 凄いですね。 お友達に副収入が入り凄く喜んでくれると思いますよ。 最後に 皆さんも是非 ウーバーイーツでダイエット成功してみませんか。

次の

ウーバーイーツの給料の仕組み【週払いを活かした生活方法も解説】

ウーバーイーツ デポジット

私はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を始めてすでに300回以上配達を行っている配達パートナーなのだが、今回は、 Uber Eats(ウーバーイーツ)ってなんなのか? 仕組みはどうなっているの... Uber Eatsの配達パートナーの仕組みとは? Uber Eatsは色々なお店から食べ物を届けてもらう事のできる便利なサービスなのですが、この配達を行うパートナーになって働くことでお金を稼ぐことが出来ます。 この仕事は一回運ぶごとにいくらという賃金が発生するタイプの仕事で、通常のアルバイトのように 時給ではなく歩合制となっています。 なので今日は天気がいいし、5回ぐらい配達して運動するかとか、今日は疲れてるから2回だけにしとこうとか 自分で仕事を調整することが出来ます。 いっぱいお金が必要な時は 朝9時から夜の24時まで一生懸命頑張って限界までお金を稼ぐことが出来たりもします。 私は自転車が好きなので、このUber Eats(ウーバーイーツ)の仕事を始めてみました。 実際に自転車で食べ物を運ぶ仕事、 Uber Eats(ウーバーイーツ)がどんな感じなのかをまとめていますので興味のある方は読んでみてください! 目次• Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事を始めるまで Uber Eats(ウーバーイーツ)は インターネットで登録して、 パートナーセンターへ行って説明を受けて配達用のバッグを借りて仕事を開始することが出来ます。 登録する時になんかややこしい部分が出てきますがUberは アメリカの会社なのでちょっと勝手が違う部分があると思って我慢しましょう…。 私も何度かつまづきそうになりましたが ちゃんと登録できました。 インターネット登録で身分証明書を写真で撮って送ったり、プロフィール写真を入れたりすることが出来ます。 出来なければ パートナーセンターへ行った時にやってもらうことも出来ます。 銀行情報などもスマホで事前に入れておくとパートナーセンターで入力する手間が減ります(銀行情報も海外からの送金なのでわかりづらいです。 私はパートナーセンターで教えてもらいながらやりました)。 ネットで登録すると翌日ぐらいに電話がかかってきて ネット登録完了のお知らせをしてくれます。 その後、 パートナーセンターへ行って説明を受けてバッグを借りて仕事スタートです。 ちなみに電話に気づかなくても ショートメールで全部内容を送信してくれるので電話を取れなくても問題ないです。 仕事はパートナーセンターでの説明が終われば、すぐにでも開始できるのでオープンと同時でパートナーセンターへ行き、説明終了直後から仕事スタートすることも出来ます。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は登録して、配達バッグを借りればすぐにスタート出来ます。 ただ、正直あのバッグはそれほど使い勝手が良くないのでまず、準備をしてからスタートした方がよいでしょう。 準備が出来たらアプリでスタート 仕事開始はUberドライバーアプリを立ち上げて スタートボタンをタップするだけ。 流れは以下のとおりです。 注文が入るのを待つ• 呼び出しが入る• 呼び出しをキャッチするか拒否するか選ぶ• 呼び出しをキャッチして配達開始• 自転車・バイクでレストランへ行き、料理を受け取る• 料理をお客さんへ届けて仕事完了 この辺のマニュアルとかもUberからは何も説明がないのでファストフード店のように 朝礼でみんなで復唱する挨拶みたいなのを教えてもらえません。 とりあえず、 Uber Eats(ウーバーイーツ)です!って言えばいいと思います。 店に行って、Uber Eats(ウーバーイーツ)です!って言えば「番号は?」と注文番号を聞かれるので答えて荷物を無言で受け取る、もしくは「お預かりします」でいいと思いますし、お客さんのところへ行っても呼び鈴を押して「Uber Eats(ウーバーイーツ)です!」って言えばいいし、受け渡す時も無言で渡すか、「お待たせしました」「ご利用ありがとうございました」とか言えばいいでしょう。 このへんはマニュアル無しなので自分で 自分の評価が上がると思われそうな行動を取ればいいです。 評価システムがあるので無愛想だとバッドボタンを押される危険性があります。 一応 愛想だけは良くしといたほうがいいでしょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は簡単で楽しく稼げる 一連の流れを紹介してみましたがいかがだったでしょうか? Uber Eats(ウーバーイーツ)という新しい仕事は今各都市でどんどんと盛り上がってきていて、利用している店舗数も増えていますし、配達パートナーも増えています。 それに伴い利用者数も増えていますので 今後まだまだ盛り上がってくるでしょう。 私は難波に住んでいるのですが、毎日Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを3〜5人は確実に見かけるぐらい増えています。 なぜここまで増えているのか?というと気軽に一日1時間働いて4〜5回配達して終わりとか出来ますし、今日は頑張って1日1万円稼ぐぞ!と目標を決めて働いたりできるフレキシブルさにあると思います。 自分で工夫してバッグをカスタムしている人もいますし、効率よく運べるように地図を頭に全部入れている人もいます。 私の場合も、仕事というより、 アプリを使ったお届けゲームのような感じで毎日働いています。 今度はどこのタワーマンションかな?とか、このお店美味しそうだから今度来ようとか毎日新しい発見で楽しいです。 登録にはお金はかかりませんし、バッグもレンタルなので 無料で借りることが出来ます(デポジットはある)。 今は大都市近郊のみなので地方に住んでいる人には出来ませんが大都市や大都市近辺に住んでいる方にはおすすめの楽しい仕事だと思います。 自転車かバイクが無いと出来ないの? 基本的に自転車かバイクを選択して登録するため、自転車かバイクが無いと仕事は出来ません。 ただ、Uberとドコモのレンタル自転車が提携していて自転車がない人はレンタル自転車を使って仕事をすることが出来ます。 道に迷ったりしないの? アプリでGPSを使って道順を調べることが出来ますので基本的に道に迷う事はありません。 たまにGPSのピンがずれている場合があり、その場合マンション名をGooglemapアプリに入れて再検索する必要があります。 一回の配達はどれぐらいの時間がかかるの? 正直これに関しては かなり幅があります。 マクドナルドなどのファストフード店の場合、店に行くとすでにほとんど出来た状態でおいてあり、それを預かって徒歩でも5分以内の場所に届ける事ができたりするので 10分で終わってしまうこともありますが、店に行ったらまだ出来てなくて10分ぐらい店で待たされて、届け先を確認したら難波から此花区への配達で片道20分以上かかる場所となり、また難波へ戻るのに20分以上かかるため1時間近くかかってしまうという場合も稀にあります。 ただ、基本的に遠いところはバイクの人が届けるため 自転車は片道15分以内の場所となります。 平均すると1件15分以内がほとんどでしょう。 どういう物を届けるの? 食べ物ならなんでもと言っていいほど様々な物を注文することが可能なのがUber Eatsです。 実際にUber Eatsの注文用アプリをダウンロードしてみればわかりますので無料ダウンロードしてみてください。 多いのはマクドナルドやスターバックスですがタピオカドリンクなども人気です。 どのぐらい稼げるの? これに関しては変動が大きいため、一概には言えません。 地域によってもかなりばらつきがありますし、時間帯によってもブーストという倍率の変更があります。 ただ、Uber Eatsを本業にしてこの仕事だけで生活している人もいるため、一生懸命働けばしっかりとした収入にはなると言えます。 私の場合、基本的に最低時給を下回ったことはほぼありません。 トラブルはないの? 基本的に簡単で誰でも出来る仕事ですが、極稀にトラブルはあります。 慣れない最初のうちはアプリの操作を誤ったりして困ることがありますが、Uberのサポートセンターへ連絡すれば指示をしてもらえるので遠慮なく電話しましょう。 例えば平野区でUber Eatsやっても稼げるの?と言われたり、淀川区は稼げる?と言われたりします。 結論としては中心部の方が店が多くて呼ばれやすくなるので中心部ほど稼ぎやすいですが、平野区や淀川区にもUber Eatsと提携している店はたくさんありますので全く稼げないということはありません。 マクドナルドに関してはどこでも大体あるのでとりあえずマクドナルドに張り付いておけば昼や夜のピーク時間帯ならそれなりに稼げるでしょう。

次の