飽和 ポリエステル 樹脂 アルコール。 合成樹脂 物性値

プラスチック素材辞典

飽和 ポリエステル 樹脂 アルコール

概要 略記号:UP 英語名:unsaturated polyester resin 化学式: 特性• 機械的性質がすぐれており、特にガラス繊維強化ポリエステルは、耐衝撃性にすぐれている。 耐熱性が大きい。 電気的特性にすぐれている(ととの中間の性能を有する)。 耐薬品性や耐水性、耐溶剤性にすぐれている。 強酸、強アルカリ性に対しては耐性が弱く、侵される。 耐薬品性 耐薬品タイプ 強化タイプ• はこちら 製法• 不飽和ポリエステル(アルキド)の製造と、このアルキドの架橋剤となるモノマーとの混合の2工程からなる。 代表的な配合例は、プロピレングリコール1. 01モル、無水マレイン酸0. 5モル、無水フタル酸0. 5モルでアルキドを製造する。 反応終了後、重合禁止剤を加えて溶解槽に移して、所定量のスチレンを加えて製品とする。 硬化及び成形法• 不飽和ポリエステルは、加熱又は紫外線照射することで硬化する。 一般的には有機化酸化物や促進剤を加えて、室温又は加熱により架橋して硬化させる。 (触媒促進剤は下表参照) 触媒 促進剤 ・過酸化ベンゾイル ・エチルメチルケトンペルオキシド ・シクロヘキサノンペルオキシド ・ラウリルペルオキシド ・アゾビスイソブチロニトリル ・ジメチルアニリン ・ナフテン酸コバルト (加熱硬化) (加熱又は紫外線硬化) 成形法• 不飽和ポリエステルは、硬化時に揮発性の副生物を生じることなく、常温常圧でも成形が可能である。 安価な型を用いて、大型の成形物を作成することが出来る。 (船の本体やタンクなど)• 典型的な低圧(常圧)成形樹脂であることから、成形法も注型、塗装、ライニング、ガラス繊維との積層品、プリミックスコンパウンドによる成形など種々の成形法が適用される。 構造 利用用途• 化粧版• ボタン• 塗料(重防食塗料)• 成形品(浴槽、小型船、ボート、浄化槽、タンク類、浴室ユニット) 構造.

次の

不飽和ポリエステル樹脂

飽和 ポリエステル 樹脂 アルコール

PET樹脂 製の スプレーをアルコール系の消毒薬用に購入しました。 『 素材 本体 PET樹脂 アルコール類 有機溶剤不可 』 と記載されていることを発見しました。 一方、 PETボトル、繊維のテトロン、ポリエステルとして有名なプラスチック。 [長所]: 耐熱性に優れる。 電気絶縁性が良い。 (耐アーク性:90~120sec) 耐薬品性が良い。 耐摩耗性 が良い。 耐溶剤性に優れる。 ガラス繊維を配合すると、エンジニアリングプラスチックとして用いられる。 (耐クリープや耐疲労性が大きく、成形性、寸法安定性が良い。 ) 燃やしても有害ガスを出さない と記述されています。 エタノールについてですが、 専用の容器 付属品 をご使用くださいと書かれていますよね。 わたしは『エタプラス』という商品を使用しています。 こちらは手押しタイプのスプレー式なので非常に便利ですよ。 kenei-pharm. html 1000mlと500mlがありますが、どちらもポンプ付きです。 kenko. html 心配なようでしたら、今後は付属品付きの商品を購入されたほうが良いと思います。 しかし、わたしは持ち歩き用に 100円ショップで購入した携帯用のディスペンサーに このエタプラスを入れて使用しています。 旅行などにも持ち歩いていますが、今のところ特に問題はありません。 大型の容器はどうかわかりませんが、小さな容器は大丈夫みたいです。 ちなみにわたしはダイソーで購入しました。 ご参考になれば。 はじめまして、病院で勤めております。 エタノールについてですが、 専用の容器 付属品 をご使用くださいと書かれていますよね。 わたしは『エタプラス』という商品を使用しています。 こちらは手押しタイプのスプレー式なので非常に便利ですよ。 kenei-pharm. html 1000mlと500mlがありますが、どちらもポンプ付きです。 kenko. html 心配なようでしたら、今後は付属品付きの商品を購入されたほうが良いと思... A ベストアンサー 家庭でのご使用を想定して良いのでしょうか。 だとすれば500mlのポリエチレンかポリプロピレンの瓶に入ったものを購入されることになると思います。 エタノールは、他の有機溶剤と比較して、プラスチック類を溶かす可能性は低いので、これまでのご回答にもありますように、ペットボトルなどで大丈夫です。 小出しにするのであれば、ポリエチレン、ポリプロピレン、PETなどの容器であれば大丈夫でしょう。 ただし、塩化ビニルは不適当ですし、ポリスチレン(スチロール)も少し心配です。 ガラス製の薬の空き瓶などがあれば利用できると思います。 なお、光の作用によって過酸化物を生じる場合もありますので、光の当たらない場所に保存するのが無難だと思います。 また、エタノールの種類によっては酒税の対象になり、高価になると思います。 Q 豆乳と無水アルコールで脱毛ローションを作ろうと思っています。 早速薬局を回りましたがやはりどこも売り切れ。 もともとそんなに売れるものでもないので店の在庫は少ないし 入荷するのはいつかも未定という状態です。 ネットで検索してみてて気づいたのですが 「無水アルコール(無水エタノール)」と記載されているのを 見かけたのですが、無水アルコールと無水エタノールとは 同じものと考えてよいのでしょうか? 同じものなら、無水アルコールはどこを探しても見つけられないので、無水エタノールで代用してみようかと思っています。 どなたか詳しい方がいらしたら、同じものなのかどうか 教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー 既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。 エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。 アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。 殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。 日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。 似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。 これは大変有毒で、わずかな量でも体内に入ると失明したり、死亡したりします。 皮膚からも吸収されるので、注意が必要です。 工業用アルコール(これもエタノールです)には、飲みものなどに転用されないように、少量のメタノールが混ぜてあります。 ローションは体につけるものですから、メタノールを含むものは絶対に使ってはいけません。 薬局で買えば、間違いはないと思いますが。 「無水」ということについてですが、薬局で普通に売っているエタノールは70%の消毒用エタノールと、99. 5%エタノールの2種類だと思います。 化学の実験室でも、「100%エタノール」と言っても、実際には99. 5%のもので代用できる場合が多いです。 その意味では、No. 2さんのおっっしゃるように、「無水=99. 5%以上」と言うのは正しいです。 しかし、本当に水を完全に除いた、厳密な無水エタノールと言うのも、たしかに作られてはいます。 特殊な目的のためには、本当の「無水」エタノールが必要な(つまり、0. 5%の水でも邪魔になる)場合もあるのだと思います。 このような「本当の」無水エタノールは、当然、99. 5%のものよりも高価であると思います。 豆乳ローションの作り方がわからないので、何ともいえないのですが、厳密に無水でないといけないのか、99. 5%でも良いのか、確認する必要があるかと思います。 つまり、豆乳ローションのレシピの中で、「無水」という言葉を、どれくらい厳密な意味で使っているのか、ということです。 既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。 エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。 アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。 殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。 日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。 似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。 これは大変有毒で、わずかな量... Q エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。 両者の違いが良くわかりません。 宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。 (例) セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3. 89444、STDEVPでは3. 741657となります。 また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る 182 、これをデータの個数13で割る 14 、この平方根を取ると3. 741657となります。 では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。 A ベストアンサー データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。 また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。 で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。 公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。 まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。 AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

次の

飽和ポリエステルと不飽和ポリエステルとの違いは何ですか。

飽和 ポリエステル 樹脂 アルコール

概要 [ ] ポリエステルの合成方法は、ポリアルコール(アルコール性の官能基 -OH を複数有する)と、多価カルボン酸(カルボン酸官能基 -COOH を複数有する化合物)を脱水縮合させて作ることを基本とする。 この場合、ポリアルコールと多価カルボン酸が交互に配列した形で重合する。 したがって、ポリアルコールと多価カルボン酸の組み合わせを選択することによって、様々なポリエステルを合成することが可能である。 他のポリエステルの合成の手法として、多価カルボン酸のエステル(たとえばメチルエステル)を使用して、も利用される。 なお、数々のポリエステルの中で、最も多く生産されている物はとから製造される、 PET である。 なお、PETの(SPIコード)は1である。 分類 [ ] ポリエステル樹脂の用途によって、分類名が変化してきた。 主なものは次である。 繊維やなどに使われる、テレフタル酸とエチレングリコールを主成分とするもの(poly-ethylene-terephthalate 略して PET ペット)。 繊維では(アメリカ・の商標)、テトロン(との共同商標)などの商品名のままで呼ばれることも多い。 ボタンなどの成形品、ガラス繊維などで強化して、船舶・ボートなどに使われるもの。 ポリエステルに不飽和基を含ませ、スチレンなどのをもったモノマーと成形時に共重合させる。 不飽和ポリエステルと言う。 アルキド樹脂 油脂や他の樹脂(たとえばエポキシ樹脂)をも反応に加えて、変性(性質を調整)したポリエステル樹脂。 成分 [ ] ジカルボン酸成分 [ ]• TPA• NDC ジオール成分 [ ]• PDO• CHDM ポリエチレンテレフタレート [ ] 略史 [ ] 1941年に、のキャリコプリンターズが『テリレン』として発表され、1953年にのがを取得し工業化した。 石油由来の物質である。 日本では、1958年から生産が開始された。 なお、このようにヒトによって合成された物質であるのにもかかわらず、微生物の中にはポリエチレンテレフタレートを分解する酵素であるを発現している種類がいることが発見された。 用途 [ ] 繊維・・容器など広く使用され、経済性に優れた樹脂である。 飲料容器としてが広く利用されている。 繊維として耐熱性、強度に優れ、また染色性や蒸散性にも優れている為、現在生産される衣料用繊維(天然繊維を含む)の半数近くがPETである。 また溶融糸法紡績する際に糸の形状に変化を与えたり、抗菌素材を練りこんだりすることにより、種々の特性を持った合成繊維とすることが可能である。 ポリトリメチレンテレフタレート [ ] ポリトリメチレンテレフタレート( polytrimethyleneterephtalate)の略号は PTTである。 またはとから製造される。

次の