四月一日さん家の 感想。 四月一日さん家の|5話見逃し動画無料視聴はこちら【5/17配信】

四月一日さん家の

四月一日さん家の 感想

1話【前回】のあらすじや感想 1話では、1期で二葉が結婚をして家を出たのにも関わらず、出戻りしてくるという回でした。 毎週のように喧嘩をして、二葉は家に出戻りしているようですね。 そして、今回出戻りしてきた理由が、旦那さんが浮気をしているのではないかという理由だったので、スピード離婚かと不安になる一花でした。 そして呆れ顔の三樹です。 笑 旦那さんが二葉の居場所を嗅ぎつけて家にやってくるが、二葉は顔も見たくないと一花に帰るよう伝言を頼みます。 ですが、旦那さんは帰ろうとしません。 どうして、浮気を疑うのかと二葉に聞く二人。 浮気の決定打として、旦那さんのスマホにロックがかかっている写真フォルダーがあり、見せてくれないのだといいます。 それを聞いた一花と三樹も浮気が決定的だと疑い始めました。 玄関先にいる旦那のスマホを一花は取り上げ、恐る恐る写真フォルダーを開いてみると、そこにあった写真は、二葉が写っている写真ばかりでした。 二人は呆れ、機嫌を取り戻した二葉は旦那と帰っていきました。 そして、最後は新居に新しい妹がやってくるという展開で1話が終了です。 二葉は旦那さんに日常的にイライラしていることが多いようですね。 二葉は女性の共感してほしい!という部分が強く出すぎていて、旦那さんが振り回されている気がします。 笑 そして、最後は新しい妹?が登場しましたね! 一体どういうことなのでしょうか?三樹は事情を知らない模様… 2話のネタバレと感想 2話が放送され次第、更新していきます! 次回のあらすじや内容を予想 2話が放送され次第、更新していきます! まとめ 以上が、四月一日さん家と2話のあらすじと感想でした。 二葉が結婚をして家を出ていきましたが、まさかの新しい妹が入居で今後の展開が楽しみなってきましたね! 来週の放送も見逃せません!.

次の

「四月一日さん家と」3話あらすじ!2話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

四月一日さん家の 感想

ある日、四月一日家に1話のカラスが庭にやってきました。 そのとき三樹からヒッチコックの話がでて、カラスは頭を襲うと言われて一花は「最悪」と言いました。 生子が「最悪って言ったらだめですよ」とカラスには人の言った言葉を覚えるという豆知識を入れつつ言いました。 とりあえずカラスを追い出そうと生子が窓を開けて大声を出します。 ですがカラスはびくともせず家の中に入ってきてしまいます。 一花はカラスを家から追い出そうと三樹に箒を取ってこさせます。 そして三樹が持ってきたのが掃除機でした。 それは違うといいましたが、三樹は「進化した箒じゃん」と言って一花を納得させます。 その掃除機もとい進化した箒で威嚇しますが全く動きませんがなぜか三樹が近づくとカラスは離れていきます。 もしかしたら話が通じるかもしれないと一花がこれ以上家には入らないでねとお願いしたら家からは出てくれました。 別の日にまたあの時のカラスがやってきます。 言いつけ通りに家には入って来ません。 一花が急にカラスに質問をします。 「カァ」1回でYES、「カァ」2回でNOで答えさせようとします。 カラスは見事に質問に答えてくれます。 最後の質問にこの3人だったら誰がタイプか聞きます。 そうすると三樹だと答えました。 その答えになぜか一花は嫉妬します。 後日生子が何かを書いているときに消しゴムを探していると『ハセガワ』と書かれた消しゴムを見つけます。 使おうとしたときに、三樹から小学校の時に借りたもので今度の同窓会の時に返そうと思っているから使わないで。 と言われます。 話が終わった後に一花は二葉が働くスナックに行きカラスの話をします。 そのとき店にいた山村しのぶにカラスは不吉なものの象徴とよく言われるという話をして一花が少し不安になりどう対処したらいいのか聞くと、火をたくかタンバリンのようなもので音を出すことを助言します。 ある日三樹のもとに電話がかかってきます。 内容を聞くと、同窓会の幹事からハセガワが1年前に亡くなったと話をされたようです。 死因はバッティングセンターでの自打球 この話をしているときにカラスが鳴き始めます。 タイミングが合いすぎていたので一花は前に山村から聞いたカラスは死神という話を思い出しあいつは死神かもと言います。 さすがにカラスがずっと鳴いているのはうるさいので追い払おうとしたら家の中に入ってきてしまいます。 その時に生子がとっさにハセガワと書かれた消しゴムを投げ飛ばします。 あたりはしなかったのですがその消しゴムをもっていく代わりにドミノを置いて去っていきます。 その時に置いていったドミノが小学生の時に三樹がハセガワに貸していたドミノでした。 もしかしたらあのカラスがハセガワだったのかもしれないと一花はいいました。 四月一日さん家とでは割と多めな都市伝説のような話でした。 三樹が実は過去に告白されたことがあるというのは驚きでした。 結構地味なタイプに見えるのですが小学生のころは活発だったのでしょうか。 」と言っていたシーンは面白かったですw 個人的に気になったのが生子が消しゴムを投げるシーンで床ではねた消しゴムをマトリックスの名シーンで避けるところは一体今の若い人はどれだけ知っているのだろうかと、ふと思いました。 【四月一日さん家と】12話 最終回 予告 生子と一緒に暮らしてきた日常が終わってしますかもしれません。 どうやら生子の家族らしき人と連絡が取れたようです。 【四月一日さん家と】11話を見逃した方 で 6 月22日 月 02:04 まで無料公開していますので気になるけど見ていない方は是非見てみてください。

次の

第4話 四月一日さん家と(ドラマ)を見逃し無料動画フル視聴【四月一日さん家と笑いのファンタジスタ】

四月一日さん家の 感想

『四月一日さん家の』1話のあらすじネタバレ 子供の頃お母さんが亡くなり、去年お父さんが亡くなった四月一日さん家の三姉妹は、4月19日の今日は、お父さんの一周忌です。 次女の二葉と三女の三樹はお坊さんが来る時間の話をしています。 お坊さんが来るのは11時のようですが、二葉は11時はいちばんお坊さんが似合う法事の時間のイメージがあると言います。 すると三樹が11時は歌の歌詞にいちばん出てこない時間だと教えてくれます。 その理由がふたりはわかってしまいました。 「数珠」の読み方から「珠数」の方が「じゅず」と読めると三樹が言い、ふたりは納得します。 しかしここで二葉のイントネーションに関して三樹のツッコミが入ります。 二葉の「数珠」のイントネーションが「柚子」のそれになっているというものです。 正しくは「水」「ゲス」「フェス」と同じだと説明します。 どうやら二葉のイントネーションは、父親の影響を受けているようです。 長女の一花が帰ってきました。 一花は二葉にお寺に電話するように頼んでいたと言うのですが、二葉は聞いてないと言い張ります。 「どうしてすぐに忘れちゃうの?」と一花が言うと「次女だからー!」と答える二葉でした。 お坊さんは来ないことになるのですが、金額が高いしそれでよかったのではということになります。 三樹は去年来てくれたお坊さんが「いきなりステーキ」にいたと暴露します。 三樹がお坊さんはネットで頼めると提案します。 ネット通販のことで、二葉と一花が言い争いになるのですが、 またまた三樹のツッコミが二葉に入ります。 二葉の「ネット通販」のイントネーションが「チャック全開」と同じだと指摘します。 一周忌をやめてお花見にでも行こうと二葉が提案しますが、 三樹が蚊に刺されて、手を痒そうに掻いていました。 4月の蚊は珍しいと話しながら、二葉が蚊を叩こうとすると一花が止めます。 一花は急に鶴瓶の番組に二代目中村七之助が出演していた時の話を始めます。 七之助の父である十八代目中村勘三郎が、いつもハエに生まれ変わって来るという話をしていると、そこにハエが飛んできて、鶴瓶の足に留まると鶴瓶が「お父さんや!」と言った話をして、三樹が刺された蚊はお父さんじゃないかと言い出します。 そんな話をしていると、三樹の手にまた蚊が留まり刺してきたので、今度は一花の制止を振り切って、蚊を叩いてしまいます。 三樹がお坊さんの代わりに、iTunesに入れているお経を流すのはどうかと言います。 遺影やお供え、ロウソク、思い出の品を遺品箱を探そうとすると、カブトムシが遺品箱の上に乗っていました。 二葉は殺虫剤を手に取り、殺していい虫と良くない虫の区別はないと言いながら、カブトムシを殺虫剤で殺そうとしますが、一花と三樹が止めます。 虫を殺さない人の論理で、みんな同じ命だからと皆殺しはいけないと言われます。 そこでまた一花が、春にはカブトムシは珍しいからお父さんだと言い出します。 そしてカブトムシに話しかけると、カブトムシが微妙に応えます。 三樹がカブトムシに話しかけても、微妙に反応したのですが、二葉と三樹にはそうは見えなかったようです。 一花がコンビニに行って来るねとカブトムシに話しかけると、カブトムシは飛び立ちますが、コンビニから帰って来ると、亀に食べられてしまっていました。 それをもし見ていたら「トラウマ」確定だったと二葉が言うと、ここでまたまた三樹のツッコミが入ります。 「トラウマ」が「やばいよ」のイントネーションになっていると指摘します。 一花は今度は、亀がお父さんだと言い出します。 三姉妹は、位牌と亀に向かって近況報告とお礼を言い始めます。 そして二葉の番では、家を出て結婚すると言う爆弾発言が飛び出します。 番組後のアフタートークでは、 VTuberの3人が反省会で自己紹介をしていきます。 そして3人の出演の感想を話します。 スポンサーリンク 『四月一日さん家の』1話のネタバレ感想 どんな展開になるのかと未知の世界を覗くような感覚で観ましたが、すんなりと入って行けて、通常のドラマを観る感覚で楽しむことができました。 とにかく三姉妹のやりとりがテンポよく軽快で面白すぎました。 特に四月一日二葉(猿楽町双葉)のイントネーションへの四月一日三樹(響木アオ)のツッコミには思わず声をあげて笑ってしまいました。 例を挙げてイントネーションの違いを指摘する手法が面白く素晴らしいですね。 1話で最も話題になった出来事 1話観終わった。 見た目はアニメっぽいけどそれ以外は確かにドラマだったからちょっと不思議な感じ。 変にわかりにくいネタとか無くてゆったりゆるく観てられそう。 放送後、SNSでも面白い!という声が多く、かなり好評でしたね。 「CGの動作が時々ぎこちない」という声がありましたが、確かにところどころ動きがあるところでぶれる感じがありましたね。 まあ、こればっかりはしょうがないのかな? 『四月一日さん家の』2話のあらすじ 公式サイトが発表している『四月一日さん家の』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。 両親を亡くし、長女・一花(ときのそら)、次女・二葉(猿楽町双葉)、三女・三樹(響木アオ)の三姉妹で暮らしている四月一日家。 書類に捺印するために早朝から印鑑を探していた双葉は、その音で起きてきた一花とひょんな事から言い争いになってしまう。 tv-tokyo.

次の