ロッカー 世にも 奇妙 な 物語。 ロッカー (世にも奇妙な物語)とは

世にも奇妙な物語「迷路」のネタバレやキャストを紹介! DVD未収録作品の動画を無料で観る方法も紹介します

ロッカー 世にも 奇妙 な 物語

簡単なあらすじ 1 悟 織田裕二 は、研究所に夜間忍び込み、研究データを盗もうとしていた。 作業中、研究者の佐口邦夫 段田安則 に発見されてしまい、揉みあいになる。 悟は、坂口を突き飛ばし、頭を打った坂口は死亡してしまう。 2 悟は逃げ出そうとするも、研究所の物音を聞いた警備員がやってきてしまう。 逃げ出すこともできず、仕方なく悟はロッカーに身を隠す。 警備員は警察に通報しに行き、その隙に出て行こうとするが、ロッカーは鍵が壊れており、悟は逃げ出すことができない。 そのロッカーは、殺してしまった坂口のものだと悟は気づく。 3 警察に自分の存在が気づかれてしまうのではないか、と悟は怯える。 そんな中、ロッカーを回収しにやってきたリサイクル業者がやってきて、悟が入ったロッカーを運び出す。 悟は、ロッカーごとリサイクル工場に運ばれていく。 そこで叫ぶが、業者の人間に声は届かず、スクラップとしてロッカーごと潰される・・・夢を見た。 4 ホッとしたのもつかの間、悟はやはりリサイクル工場で潰されてしまう。 ロッカーはサイコロ状の鉄の塊となり、その中に悟の遺体が入っているとは、誰も気づかないのだった。 詳細なあらすじ 悟 織田裕二 は、研究所に夜間忍び込み、研究データを盗もうとしていた。 作業中、研究者の 佐口邦夫 段田安則 に発見されてしまい、揉みあいになる。 悟は、坂口を突き飛ばし、頭を打った坂口は死亡してしまう。 悟は逃げ出そうとするも、研究所の物音を聞いた警備員がやってきてしまう。 逃げ出すこともできず、仕方なく悟はロッカーに身を隠す。 警備員は悲鳴を上げ、警察に通報しに向かう。 悟はその隙に逃げ出そうとするも、ロッカーの鍵が壊れており、開けることができなかった。 ついには、警備員が呼んだ警察官たちまでやってきて、現場検証が始まってしまう。 出るに出れない状況の中、悟は隙間から外の様子を窺い、自分の存在が知られてしまうのではないか、と怯えていた。 ロッカーの外には、坂口が倒れており、その遺体はロッカーの方を見ていた。 目が合うような状況であり、悟は目を逸らす。 また、ロッカーの中では、写真が飾ってあった。 その写真には坂口の姿が写っており、坂口のロッカーに入り込んで閉じ込められたのだと知る。 池田刑事 菅田俊 は、ロッカーの中に気配を感じ、覗き込もうとする。 そんな中、廃品回収の業者がやってくる。 その業者は、壊れていると聞いていた、悟の入ったロッカーを回収し、持ち出す。 悟は、「ざまぁみろ!」とつぶやく。 ロッカーは、トラックに積み込まれ、悟はスクラップ工場に運ばれていく。 潰されてしまう恐怖に怯え、悟は「助けてくれ!」と叫ぶ。 業者の1人は「何か聞こえた」と言うが、もう1人に「気のせいだろ」と言われてしまう。 悟は、ロッカーごとクレーンで運ばれ、潰されてしまいそうになる。 彼は悲鳴をあげ、その瞬間、坂口の写真と目が合う。 死を覚悟した直後、悟はそれが夢だったと気づく。 ほっと安心したのもつかの間、やはり悟はロッカーごと潰される。 サイコロ状の鉄の塊が出来上がり、業者の人間たちはその中に、悟の遺体が入っているとは気づかないのだった。

次の

【名作】世にも奇妙な物語の怖い話 厳選ベスト5!結局どれが怖いの?

ロッカー 世にも 奇妙 な 物語

2年間付き合っていた彼女にフラれた上、就職の面接もダメだった主人公(松本潤・野村周平)。 ついていない自分にため息をつくと、自宅にポテトチップスを食べながらくつろぐ見知らぬおじさんがいることに気がつきます。 家に勝手に上がりこんだ不審者として警察を呼びますが、警察にはおじさんの姿が見えていないらしく、相手にされないままさっさと帰ってしまいます。 翌日友人におじさんのことを話した主人公は、それが「イマキヨさん」という座敷わらしに似た幸運を呼ぶ存在だと説明されます。 幸運を呼ぶ秘訣として、「追い出さない」「傷つけない」「引っ越しの話をしない」「謝らない」の4つを厳守するように、と友人から言われた主人公は、そのルールを守ろうとしますがことごとく破ってしまいます。 3つの決まりまで破ってしまった主人公の家には、なぜかイマキヨさんがどんどん増加していました。 最後の決まりだけは破らないようにしていた主人公ですが、謝ってはいけないイマキヨさんに謝ってしまうのです。 すべてのルールを破った主人公はイマキヨさんとして取りこまれ、生きていかなければいけなくなってしまうのでした。 死刑制度が廃止された世界。 多くの人を殺害した凶悪犯の男(三上博史)は、ついに女性とドライブを楽しんでいる時に逮捕されました。 彼は裁判を受け、犯した罪に対して判決が出ます。 彼に下された判決は、なんと「懲役30日」というとても短い刑期でした。 「これだけ短い懲役なら楽勝だ」とほくそ笑む凶悪犯。 しかし、実はこの判決は死刑の方がましだと思うほど過酷で、苦痛を濃縮した恐ろしい判決だったのです。 死を感じてしまうほどの苦痛を与えられながら、実際の世界はまだ5分ほどしか経っていない、という「懲役30日」。 凶悪犯は想像以上の苦しみを味わいますが、時間的には数分程度で一向に時間が進まないのに、次から次へと死んでしまいそうな苦痛が与えられます。 そして懲役の最終日である30日後。 刑期を終えた凶悪犯は人間の尊厳をすっかり奪い取られた廃人となってしまったのでした。 公園でキャッチボールをしている陽介(堂本光一)と親友の隆男(山崎樹範)。 何気ないいつもの日常でしたが、その日隆男は片思いをしている典子(原田夏希)に告白を考えていると陽介に伝えます。 自身も典子が好きな陽介は複雑な気持ちになりますが、それを顔に出さず隆男を励まします。 しかしキャッチボールをして別れた後、典子から隆男が死んだという連絡が入り陽介はショックを受けます。 翌日、キャッチボールをしていた公園で落ち込む陽介。 すると足元にボールが転がってきました。 拾い上げると目の前には亡くなったはずの隆男が立っています。 自分が過去に戻ったことに気がついた陽介は、隆男を死なせたくないと思い、未来を変えるために奮闘しますが、どんなに頑張ってもなぜか隆男は死んでしまいます。 自分の無力さに憔悴する陽介に、隆男はあることを伝え、陽介は親友の死を受け入れようとしますが…。 栄子(黒木メイサ)は彼氏に時計をプレゼントされましたが、サイズが合わないため調節をしようと時計屋さんへやってきました。 すると、そこで大学時代の親友・朱美(藤井美菜)と再会します。 話をすると、なんと朱美も自分とまったく同じ理由で時計屋さんへ時計のサイズを直しにやってきたとのこと。 不思議な偶然に彼女たちは盛り上がり、時計を直した後は懐かしさも手伝って、積もる話をするためにバーへと行きました。 話が進むにつれて、二人のお互いの彼氏が同じ名前であることや、同じ日に付き合ったことなどが次々とわかってきます。 バーのマスターはそんな二人の状況を「シンクロニシティ」で偶然ではなく必然のことだと話します。 その話にはしゃぐ二人ですが、ふとあることを思い出してお互いに気持が暗くなります。 実は今日8月7日は二人がいじめて自殺に追い込んだクラスメートの命日でもあったのです。 これまでのシンクロニシティに、彼女との関わりがあるのではないかと考える二人。 そんな彼女たちの犯した罪に対して、かたき討ちをしようと大学時代の恩師が襲いかかります。 実はクラスメートとひそかに付き合っていた恩師は、彼女が二人のせいで追い詰められて自殺したことが許せなかったのです。 しかし、クラスメートの自殺は二人のせいではなかったことが判明。 二人は自分たちが罪を犯していなかったことを喜びます。 恩師と別れ、帰宅するためにタクシーに乗り込んだ二人。 まだ話はつきず、二人はクラスメートを罠にかけるために落とし穴を掘ったが、それが重大なことにならずよかった、と話していました。 タクシーの中の二人の会話を聞き、タクシー運転手はある話をします。 数年前の今日、一人娘が誰かが掘った落とし穴にはまってけがをしたことが原因で命を落としたこと、妻が娘の死によって深く悲しみ数年後の今日に病気で亡くなったこと、生きる気力を失くした自分もまた今日自殺を考えていること…。 落とし穴を掘ったのは誰かを悟った二人ですが、その瞬間タクシーの運転手はそのまま大型トラックへと突っ込んで行きました。 容姿端麗・頭脳明晰な会社員として人々から一目置かれている三上修二(草刈正雄・藤木直人)。 自らの知識量に自信を持つ彼は、仕事の場でそれを披露し周囲の人間を圧倒していました。 しかし、ある時「ズンドコベロンチョ」という奇妙な言葉を耳にします。 たくさんの人の間で話題になっているズンドコベロンチョですが、三上はその意味も、何を指すのかも知りません。 一部の人は「ズンベロ」と略していて「これを知らないと業界人じゃない」とまで言われる始末。 今更誰にも聞けない上に負けず嫌いな三上は必死にその意味を突き止めようとしますが、いつも革新に触れられそうな所で触れることができません。 そんな中、ズンドコベロンチョの一大プロジェクトが発動し、三上がチーフとして抜擢されてしまいます。 ズンドコベロンチョの正体がまったく分からない三上は、「ズンドコベロンチョって何…?」と人々に問いかけ、彼の無知さに驚愕され、呆れられてしまいました。

次の

世にも奇妙な物語の神回の怖い話!ロッカーのストーリーネタバレ!

ロッカー 世にも 奇妙 な 物語

原作・脚本・出演をすべてバカリズムがやったことでも話題になった『来世不動産』は、「アイデア」と「ラスト」の二点とも素晴らしかったです! まずアイデアについて。 善いことをしたらポイントが貯まって悪いことをしたらポイントが下がる、というアイデアは僕も考えたことがあったんですが(おそらく多くの人が考えたことがあるでしょう)、そこからさらに、 その足し引きの総合点で来世を買う、という発想は凄まじいと思いました。 やはりアイデアは、思い浮かんだところからさらにその先まで、深く考えないといけないんですね。 そして来世選びを、不動産に例えているのも斬新です。 「お客様のご予算ですと、人間もなくはないんですけど、あまり条件の良い物件が残ってないんですよね…」 と不動産屋(バカリズム)に言われて、客(高橋克実)は、人間ではなく動物の中から来世を選ぶことになります。 家の物件探しでもそうですが、すべて好条件のものってないんですよね。 便利な立地だけど騒音がうるさいとか、自分が何を優先して、どこなら妥協できるのかを考える必要があります。 例えば「乳牛」という来世の物件。 「閑静で眺望も抜群ですし、のんびりとした生活をされたい方にはオススメです」 とメリットを伝えながら、デメリットについては、 「しいて言うならば、定期的に乳を搾られるぐらいです」 とサラっと伝えてきます。 『来世不動産』のラスト・オチについての考察・世にも奇妙な物語と芸人は相性が良い さて、 『世にも奇妙な物語』を観るときは、ラストがどうなるかを予想しながら観ていて当たることも多いのですが、『来世不動産』のラストは予想できなかったです。 というのも、 「A」か「B」かでラストを予想させておいて、全然違う「Z」みたいな違う角度からの変化球のオチ、というパターンがあって、今回もその感じなんですよね。 今回の話でいえば、実はバカリズムが悪徳不動産で、売れてない物件を騙して売りつけていた、というラストにもできたわけです。 最後にバカリズムが不敵な笑みを浮かべてハンコを押して、営業成績のグラフに花丸を書く、みたいな。 これはまあ、後味の悪いラストですよね。 もしくは、ギリギリで高橋克実が息を吹き返して、その後の人生では来世で人間に生まれ変わるために積極的にゴミを拾うようになったりして、夫の変わりように妻が驚く、というような「ほのぼの」系のラストにもできますよね。

次の