アジング シンカー。 【アジング遠投リグ】スプリットなどで遠くのポイントのアジを攻める!

アジングで使うシンカーの種類や役割とは?使いやすいおすすめシンカーまでご紹介!

アジング シンカー

ライトソルトウォーターゲームで人気の。 そのアジングの仕掛けで最も使われるのがワームで、アジの捕食の特徴にあわせて作られています。 そして捕食の特徴に対して、各メーカーがさまざまな思考を凝らしたワームを製造・販売しています。 さまざまな種類があることによって、日々変わるアジの状況にあわせやすく、攻略していくことができるようになっています。 本記事ではそのアジングワームについて、アジング歴10年を越える筆者が、アジングワームの選び方やおすすめ商品をご紹介。 アジを釣って楽しんでもらえるように解説していきます。 アジングワームとはどういうもの? アジングで釣れるアジはシーズンや場所によって10センチほどのサイズから30センチを超えるものまであり、捕食しているエサに関しても、プランクトンからゴカイ、イワシやシラスといった小魚に至るまでさまざまとなります。 いずれにおいてもアジングではワームの質感やカラーを状況にあわせて使い分けていくことが必要です。 アジはワームを吸い込んでもすぐに吐き出してしまうことが多く、出来る限りワームを吐き出す時間を長くするために、形状や味といった工夫を各メーカーがしてあります。 また、一緒に使うハリも工夫することでヒット率を高めることが出来るようになります。 アジにおいてはワームを吸い込むようにして喰い付くタイプです。 そのため体長に対して、口が大きめといった特徴があります。 アジングワームではまずアジの吸い込みを妨げないように、やわらかい素材のものを選ぶのがおすすめです。 やわらかい素材はアジの口の中に収まりやすいからです。 また、ある程度の長さがあるほうがよいことも多いです。 アジングでは2インチから4インチ程度までの長さのワームが使われます。 長さがあることによって水の抵抗が増え、引っ張ったときに移動距離が少なかったり、落としていく時によりゆっくりと沈んでいくようになり、アジが喰い付いてくる時間を長く取ることができます。 やわらかくても全体的に太いワームやパーツが多すぎるようなワームでは、アジが吸い込みにくくなってしまいます。 アジングワームは全体が細いものであったり、長さの半分が細くして折れ曲がるようにしてあったりと、アジの吸い込みを妨げないように工夫してあるものが多いです。 このようなポイントを抑えていくことで、アジが釣れる確率を高めることができます。 アジングはほかのどのルアーフィッシングよりもカラーが多く、より細かく分類されている傾向があります。 選ぶときにはピンクやオレンジの明るい色、ブラウンやグリーンといった暗い色、それとあわせて透明なクリア系カラーを持っておくのがおすすめです。 これらを揃えたら、さらにケイムラ(UV発光)カラーやラメ入りカラーを持っていると釣果アップにつながります。 そんな時に持っておくと重宝するのが味やにおい付きのワームです。 アジングワームでは集魚効果のある液にワームを浸けてあるものや、素材自体にエビなどの粉末が練り込んであるものなど、さまざまなものがあります。 現在では多くのメーカーが味やにおい付きのワームを販売しており、パッケージに表示がしてありますので選ぶときの参考にしてみてください。 【こちらもCHECK】ワームに関連するおすすめ記事はこちら Amazonの情報を掲載しています サイズ:2インチ 入数:12本 多くのソルトウォーター用ワームを手掛けるマルキューが販売しているアジングワーム。 ボディとテールそれぞれに設けられたリブが水を掴み、アジにアピールしてくれます。 サイズの半分ほどからボディとテールに分かれており、アジの吸い込みを妨げない設計にしてあるおすすめのアジングワームです。 仕切りが取り外しできるタイプがアジングワームの長さにあわせて調整できるのでおすすめです。 また、ケースによってはワームを入れると溶けてしまうものもあります。 あまり安価なものは溶けてしまうことも多いので避けたほうがよいです。 「ワームプルーフ」と表示があるものは溶ける心配が無いのでそういったものを選ぶようにしてみてください。 また、アジングワームは高温になるところでは保管しないようにしましょう。 高温になると、ワームが変質してしまうことがあります。 特に車の中に乗せたままにしておくのはあまりおすすめできないので、注意してみてください。 このジグヘッドですが、重さを細かく揃えておくのがおすすめです。 アジングではワームのカラーや形状を変えることでアジの反応が変わることも多いですが、ジグヘッドの重さに関しても同じようなことが言えます。 時には0. 2グラムの重さの違いでまったく釣れない状態から、延々と釣れ続く状況に変わったりすることもあります。 できるだけアジングではワームのカラーを多く持つとともに、ジグヘッドに関しても多くの重さを持っておきましょう。 真っ直ぐセットしないと回転したりする影響が出てしまうからです。 特にアジングにおいてはワームが小さいため、その影響が大きくなりがち。 アジングワームはやわらかくフックが刺しやすいので、何度か練習すれば真っ直ぐセットできるようになります。 釣りに行く前に真っ直ぐセットする練習を少ししておくことをおすすめします。 アジングワームでアジを釣ろう! アジングは年中どの季節でも行うことが出来、時間を問わないのも大きな魅力です。 アジをワームで狙うとエサを用意したり片づけたりといった手間を必要としないので、タックル1つあればいつでも楽しむことができます。 紹介しているアジングワームは初心者の方から上級者の方まで使ってもらえるものを選んでいますので、ぜひこの中からどれか使ってみてはいかがでしょうか。 サイズが小さくても簡単には弱らない引きで楽しませてくれるアジをぜひアジングワームで狙ってみてください。

次の

アジングで使うシンカーの種類や役割とは?使いやすいおすすめシンカーまでご紹介!

アジング シンカー

目 次• アジングのリグについて 冒頭でも紹介しましたが、アジングで使用するリグ(仕掛け)は、ジグヘッドとワームを組み合わせた ジグ単(ジグ単体リグ)が一般的です。 アジングでは0. 3~3. 0g程度のジヘッドを使うことが多いため、あまり遠くまで飛ばすことができません。 アジングで使用するリグには、• ジグ単• メタルジグ• スプリットリグ• キャロライナルグ• フロートリグ などがありますが、ジグ単とメタルジグについては他のページで詳しく解説していますのでそちらを参考にして下さい。 ここでは、スプリットリグ、キャロライナリグ、フロートリグについての解説と使い方、おすすめを紹介します。 ジグ単についてはこちら アジングで遠いポイントを攻めるためのリグ ここからは、アジングで遠いポイントにいるアジを攻めるための仕掛けについて解説していきましょう。 スプリットリグ スプリットリグとは、軽量ジグヘッドまたはノーシンカーのフックの30cm~1mほど手前にオモリを取り付けたもので、遠投できるうえにワームを自然に泳がせることができるという仕掛けです。 スプリットリグのメリットとデメリット• メリット:ジグヘッドよりも重いオモリを付けるので遠投できることとフックの部分は軽量ジグヘッドかフックだけになるので、ワームがナチュラルな泳ぎをする。 デメリット:フックの手前にオモリがあるのでラインが絡まりやすくなる。 キャロライナリグ キャロライナリグとは、シンカーの下にスイベルを付け、ワームの間にリーダーで間隔を取った仕掛けのことです。 アジングで遠投しようと思っても、アジの口の大きさを考えるとジグ単の仕掛けを大きくすることが無理なために考えられたのが、キャロライナリグといわれています。 キャロライナリグを利用することで、ジグ単の2倍近くの飛距離が可能になり、広範囲を探ることができるようになります。 キャロライナリグのメリットとデメリット• メリット:なんといっても飛距離を伸ばせるいうことです。 ジグヘッドを軽量化できるのでアジに違和感なく食いつかせることができる。 シンカーがバックライトフォールと呼ばれる独特のフォールをするので、アクションの幅が広くなり、よりアピール力が上がる。 デメリット:糸が絡みやすくなる。 アタリが取りづらくなる。 メリットでもあるバックライトフォールするために仕掛けが絡んでしまうことがある。 フロートリグ フロートリグとは、キャロライナリグと同じような仕掛けで、シンカー(オモリ)の代わりに重さのあるフロート(ウキ)を付けたリグです。 餌釣りでも、「飛ばしウキ」と呼ばれる同じような仕掛けを用いる釣り方があります。 フロートリグのメリットとデメリット• メリット:スプリットやキャロライナリグでは、遠投はできるのですが、仕掛けをゆっくり引くとすぐに沈んでしまい上層や中層にいるアジを攻めることができません。 それに対してフロートリグは、スローリトリーブでもすぐに沈むことがありません。 また、フロートが目立つので、アジに存在を気づいてもらいやすいことや仕掛けを調節することで、根がかりを回避することができます。 デメリット:比較的にフロートの体積が大きくなるため、風の強い日には風の影響を受けて狙ったポイントに投入できないというデメリットがあります。 このようにジグ単では届かない沖や深場のポイントは、 スプリットショットリグ、 キャロライナリグ、 フロートリグなどを使用することで効果的に攻めることができるようになります。 おすすめのアジングスプリットリグシンカー ダイワ シンカー アジング メバリング 月下美人 アジングシンカーII 3g• 自重:3g• シンカー入り数:3• ラバー入り数:6• ボートアジング、深場対応の7. 5gを含めた幅広いサイズラインナップ。 本体にg数を記載しているため分かりやすい。 糸グセを減少させ、簡単に装着できるスリット構造。 プロズファクトリー ラバースプリットショット• 自重:4. 特殊ラバー貼り• サイズ:0. プロズファクトリーの代名詞、ラバースプリットショットが新たなパッケージになって登場!! ラインを傷つけず、付け外しがカンタンなのにズレないことが特徴。 アルカジックジャパン スプリットシンカー 5. 00g• 重量:5. 00g• 仕様:クロムメッキ仕上げ 入数:2個• 低比重、高硬度のブラス 真鍮 素材を採用。 ラインを屈折させず、痛めにくい構造と特殊表面加工処理。 スリット構造により、アタリをダイレクトに伝達。 スプリットストッパーS 2個付き おすすめのアジングキャロライナリグシンカー キャロライナリグは、ジグ単の前に遊動式のシンカー(オモリ)を装着して、ジグ単だけでは届かないポイントを攻めるためのリグです。 TICT MキャロVer. 2Nタイプ• 自重:4. タイプ:N• フォール角度:斜め30度• メタルジグに匹敵する約60mの飛距離で、沖にいる群れにダイレクト! スローフォールのため、レンジキープも簡単ポイントの水深を問わない• 内径の太いパイプを使用アタリがハッキリ伝わる高感度設計。 TICT Mキャロ Ver. 2 Lタイプ• 自重:5. タイプ:L フォール• 角度:斜め15度• 水面でライズする群れや表層付近のレンジ狙いに。 ゆっくりとフォールで魅せたいときにも効果的。 TICT MキャロVer. 2チューンドウェイト• 自重:3g・4g• タイプ:チューンドウェイト• 入り数:2個• 小さな着水音で群れを散らしません。 高い浮力を持ち、表層デッドスローが可能です。 従来のL・N・Sとは異なる、独特の沈降角度で沈みます。 TICT ミニMキャロ• 自重:3. 1パック2本入り• カプセル2. 5cm• 障害物にリグをタイトに絡めることができる「ミニMキャロ」• 独特のバックスライドと圧倒的飛距離はそのままにMキャロがコンパクトになりました。 TICT MキャロVer. 2Sタイプ• 自重:5. タイプ:S• フォール角度:斜め60度• よりボトムを意識したギガサイズを攻略。 おすすめのアジングフロートリグフロート フロートリグとは重さのある浮きのことで、アジングで軽いジグ単やプラグ系のルアーを遠投するときなどに使用します。 沖のポイントの上層や中層を攻めるときに有効です。 SHIMANO ウキ ソアレ アウトシュート 01T グロー 3. 6 SF-A21Q• 自重 g :3. カラー:グロー• 適合ライン:0. 3-1. 様々なシチュエーションに、より細かく対応! アルカジックジャパンのフラッグシップモデルと言っても過言ではないフロート『ぶっ飛Rocker』。 あらゆるフィールドにおいて、「フロートリグで更に細かく攻略したい」…を開発コンセプトに誕生したのが『ぶっ飛びRockerII』です。 細分化されたタイプと残浮力が、様々なシチュエーションとアプローチに対して、よりベストな対応を可能にします。 シマノ ソアレ ウルトラシュート アミパーティ• 自重:20g• サイズ:133mm• 今まで狙えなかったポイント攻略を可能にした、ぶっ飛び新型フロート!!• ゆっくり巻いてもレンジキープできる!通常のフロートでは届かない場所まで遠投でき、さらにレンジキープ力が高いため、ゆっくり巻くことが可能。 ティクト Mフロート• 自重:7g• サイズ:133mm• ミサイルのように飛ぶ! 長距離型表層攻撃弾• 今まで届かなかった「ブレイク」や「明暗部」のライズを攻略!! スルスル遊動によってフロートを支点に先のジグヘッドだけを動かすネチネチ誘いも可能!! ダイワ 月下美人 月ノ雫II F• 自重:8. カラー:夜光• 軽量ジグヘッドを手つかずの沖のポイントまで届ける飛ばしウキ。 飛距離に優れたティアドロップ 涙型 形状で、着水した時の音が魚の捕食音に近い。 仲間の捕食音に刺激されて活性が上がる傾向がある魚に特に効果的。 まとめ アジングで遠くのポイントにいるアジを攻めるためのリグの解説とおすすめのリグを紹介しました。 近年はアジングを楽しむ釣り人も多くなってきましたが、他の人と釣果で差をつけるためには、沖目のポイントを攻めることも大事なことです。 また、良型のアジは岸壁から離れたところを回遊することが多いので、アジング遠投リグを使用することで大型のアジを狙うこともできます。 いろいろなリグを使い分けてアジングを楽しんで下さい。 アジングで使用するジグ単についてはこちらを御覧ください。

次の

【リグ別】アジング上達講座!ジグ単、スプリットリグなどの基本アクション|TSURI HACK[釣りハック]

アジング シンカー

沖のボトム攻略はスプリットが有利 より素早くボトムに仕掛けを届けることができるので、「沖のボトム付近にしかアジがいない」というコンディションではスプリットショットリグが最強の選択肢なのです。 潮の流れが強いとき スプリットショットリグは潮の流れが強い時に使うのも有効です。 潮通しが良い釣り場でガンガンに流れが効いている場合、ジグ単を投入しても激流過ぎて一向に沈まないことも多くなります。 軽い仕掛けは激流の前では無力… スプリットショットリグを使えば、ジグ単がひたすら流されてしまうような激流でも、狙ったレンジに仕掛けを届けることが可能です。 激流下では、たとえ遠投をしなくても良い場面であっても、ジグ単にこだわらずに重量のあるリグを使った方が得策ですよ。 風が強いとき スプリットショットリグは強風時に使うのも有効です。 軽量リグのラインは風にあおられやすい リグが極めて軽いジグ単は沈む力が弱いので、なかなかラインが海中に入っていきません。 強風時に使うとラインが風に大きくあおられて、リグの操作性が失われてしまいます。 スプリットショットリグでシンカーを追加すれば、強風時でもそれほどラインがあおられません。 仕掛けが素早く沈むと同時にラインも海中に入っていきますので、リグの操作がしやすくなります。 ちなみにアジングの強風対策については、以下の記事で詳しく解説しています! スプリットショットリグに向かないコンディション 逆にスプリットショットリグを使うべきでないタイミングは次の2つです。 表層~中層をスローに攻めたいとき• アジの活性が低いとき どちらもスプリットショットリグの「重さ」「沈下スピード」が仇となってしまいます。 表層〜中層をスローに攻めたいとき 前述した通り、スプリットショットリグは他のリグと比較して圧倒的にフォールスピードが速いです。 スプリットは沈むの早すぎ… 海に投入するとすぐにガツガツ沈んでいきますので、表層や中層のアジにゆっくりワームを見せるのは難しいです。 遠投したうえで、表層~中層をスローに攻めたい場面ではSキャリーやMキャロ、フロートリグといったシンカーに浮力がある遠投リグを使った方が良いでしょう。 アジの活性が低いとき また、アジの活性が低い時もスプリットショットリグでの釣りが厳しくなります。 低活性時のアジは、「来るもの拒まず、去る者追わず」状態。 目の前を素早く通り過ぎるエサを追いかけるほどの元気はないけど、目の前に現れて停滞するエサなら食べようかなといった感じなのです。 なかなか口を使わない状況下では、アジがいるエリアにより長くワームをステイさせなければなりません。 フォールスピードの速いスプリットショットリグでは、海中にワームを漂わせるような釣り方は難しく、食いがシブい状況下への対応は困難。 軽量ジグ単や他の遠投リグの出番となります。 スプリットショットリグでの基本的なアジング釣法 スプリットショットリグでアジングをするときは、フォールスピードが速いこと、ジグヘッドよりも先にシンカーが沈むことを想定しなければなりません。 良い感じに使いこなすためのコツをご紹介しますね。 スプリットショットリグの場合はボトム狙いがメインになりますので、まずはカウントを取りながら着底させるのがおすすめです。 最初に着底までのカウントを取っておけば、ボトムで釣れないときに少しずつカウントを短くしていくことで効率よく探ることができます。 アクション スプリットショットリグで使うアクションは、ただ巻きとリフト&フォールの2種類がメインとなります。 ただ巻きはジグ単と一緒で、一定のスピードで巻いてくるだけです。 変化を付けたいときは、一定の感覚で巻くのを止めてフォールを挟んでいくのも良いでしょう。 アクションは大きめに リフト&フォールについても、何度がロッドを「ちょんちょん」とシャクって、ラインのテンションを張ってフォールさせながらアタリを待つという流れはジグ単の時の同じです。 ただ、スプリットショットリグの場合はスプリットシンカーを動かす形となり、先端のジグヘッドにアクションが伝わりづらくなります。 ジグ単の時よりは気持ち大きめにアクションを入れるようにするのがおすすめです。 アワセ スプリットショットリグではシンカーが固定されているぶん、手元に伝わるアタリの感度は鈍くなってしまいます。 とは言ってもやるべきことは通常と変わらず、「コツッ」といった違和感を感じたら軽くロッドを立てあげましょう。 しっかりとアワセを入れてあげることで、フッキングに持ち込める確率も高くなります。 また、強風や激流といった厳しいコンディションでも真価を発揮します。

次の