マイナポイント 面倒。 マイナポイント登録してみました!

【還元率25%】マイナポイントのデメリットを教えて!

マイナポイント 面倒

Contents• 一人あたり最大5,000円分のマイナポイントもらえる。 つまり、 2万円の買い物(もしくはチャージ)で5000円付与されるということです。 意外なのは、子供も対象ということです。 子どものマイナポイントの予約・申込はどうすれば良いか。 15歳未満の未成年者の方の予約・申込については、法定代理人が行うことができます。 15歳以上の未成年者の方の予約・申込については、やむを得ない場合には、本人に代わり法定代理人が手続を行うことができますが、特段の理由がなければ本人にて手続を行ってください。 やむを得ず法定代理人が手続を行う場合も、原則として本人同席のもと手続を行ってください。 出典:総務省 マイナポイント事務局HP マイナポイントの申込は未成年者もOK。 結論、子供が多い家庭はやらなきゃ損です。 そもそもマイナポイントとは マイナポイント事業は、マイナポイントの活用により、 消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業です。 なお、制度の詳細については、今後変更になる可能性があります。 適宜本ホームページで公表します。 出典:総務省 マイナポイント事務局HP ようするに、 マイナポイントとは、消費の活性化を図りながら、マイナンバーやキャッシュレス決済の普及促進を目的とした国の政策のひとつ。 キャッシュレス決済サービス(クレジットカード、電子マネー、QRコード決済など)とマイナンバーをひも付け、 チャージまたは決済すると25%(最大5000円分)が還元されるというもの。 マイナポイント申込方法 マイナポイントのもらい方についてざっくりと手順をまとめました。 マイナポイントの申込をするには、申込の前に 「マイナンバーカード」と 「マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)」が必要 具体的な申請方法については総務省のがとても分かりやすいです。 マイナポイントの予約・申込はいつまでにする必要があるか。 マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合には、マイナポイントの予約を締め切る可能性があります。 マイナンバーカードの交付には一定の時間を要するため、申請はお早めにお願いします。 出典:総務省 マイナポイント事務局HP マイナポイント事業の予算は約2500億円 上記の様にHPにも、予約者数が予算の上限に達した場合には、マイナポイントの予約を締め切る可能性があるとはっきり記載されているので、 早い者勝ちになりますね。 子どものマイナポイントは誰の決済サービスで申込めば良いか。 規約上、本人名義のキャッシュレス決済サービスへのマイナポイント付与を本人が申し込む必要がありますが、未成年者のマイナポイントについては、法定代理人名義のキャッシュレス決済サービスをポイント付与対象として申込みすることができます。 ただし、この場合、同じキャッシュレス決済サービスに複数人のマイナポイントを合算して付与することはできないため、法定代理人名義の異なるキャッシュレス決済サービスを選択する必要があります。 出典:総務省 マイナポイント事務局HP 子供の決済サービスを選択する際は、親名義のキャッシュレス決済サービスを申込むことができますが、 複数人のマイナポイントを合算して付与することはできません。 よって、子供の分を代理で申込む人は、対象となるキャッシュレス決済サービスを複数持っておいた方が良さそうです。 対象となるキャッシュレス決済サービスは、有名なところで挙げると、下記です。 電子マネー 楽天Edy、PASMO、nanacoなど… QRコード 、LINE Pay、メルペイ、楽天ペイなど… クレジットカード 楽天カード、エポスカード、三井住友カードなど… (総務省HP)から対象となる決済サービス検索ができます。 おわりに マイナポイントについてざっくりやり方を調べてみました。 子供の分も申請できるので少々手続きがめんどくさいですが、やってみようと思います。 我が家はまだマイナンバーカードの取得すらしていない状態なので、正直焦っています。 (マイナンバーカードの取得には時間がかかるようなのですぐに手続きします。 マイナポイントの予約が締め切られないと良いですが…) 選択するキャッシュレス決済サービスはご自身が一番よく使うサービスが良いと思います。 我が家の場合、PayPay、エポスカード、楽天カードといったところでしょうか。

次の

マイナンバーカード取得が面倒すぎてマイナポイントを諦めた話

マイナポイント 面倒

2020年7月1日からマイナポイント事業の申し込みが開始します。 普段使うクレジットカードやQR決済コード決済で申し込みをしてもいいですが、マイナポイントを申し込むと独自で特典を用意しているサービスもあります。 今回はマイナポイントを申し込むと独自に特典が貰えるキャッシュレス決済を紹介していきます。 マイナポイントの決済サービスはお得さと使いやすさで決めよう マイナポイント事業とはマイナンバーカードを取得している人を対象に最大5,000円分相当のポイント還元を受けられるキャンペーンです。 申し込みは2020年7月1日から開始、 申込み後に別のキャッシュレス決済サービスに変更することはできないので注意が必要です。 特におすすめなWAON・ゆうちょPay・au PAY・au PAYカードのマイナポイントについて紹介していきます。 一番還元額が大きい「WAON」 マイナポイントを申請する際に、WAONが有力候補に上がってきます。 イオン系列で使えるWAON、イオン系列のスーパーでの買い物を良くする人におすすめ、 ファミリーマートやローソン等のコンビニからビックカメラ等の家電量販店でも使えるので使いみちにも困ることもありません。 難点として、 WAONカードの発行に発行手数料が掛かります、 WAON付きのイオンカードやモバイルWAONでも還元を受けられるので発行手数料を削りたい人はそちらで対応しましょう。 QRコード決済で還元額が一番高い「ゆうちょPay」 ゆうちょPayはゆうちょ銀行が提供するサービスで、利用代金はゆうちょ口座から即時引き落としされる方式、利用できる店舗も徐々に増えています。 マイナポイントでゆうちょPayを選択すると1,500ポイント獲得でき、 新規でゆうちょPayを使うと更に500ポイント獲得、計2,000ポイント獲得出来ます。 ゆうちょPayを利用するには ゆうちょ銀行の口座開設が必要、口座を作ってる人は問題ありませんが、新規口座開設となると少し手間がかかってしまいます。 他キャンペーンと合わせられる「au PAY」、クレジットカードで使い勝手がいい「au PAYカード」 最近大きなキャンペーンを打ち出していたau PAY、キャンペーン時から利用していた人も多いのではないでしょうか。 au PAYを普段使っている場合、いつもの店でいつもの使い方が出来るので楽に還元を受けることが出来ます。 追加還元額は1,000円分相当で、WAONやゆうちょPayに比べると少し劣りますが、普段から使っている場合には、新しく使いみちを模索する必要もないので使いやすい。 au PAYカードの場合はクレジットカードなので、利用できる店舗が大幅に拡大、いつもの買い物で利用するだけでキャンペーンの恩恵を受けることが出来るのでおすすめです。 クレジットカードでマイナポイントの還元を受けたい場合はau PAYカードを作成しましょう。 交通系で便利な「Suica」ポイント交換が少し面倒? 交通系電子マネーとして有名なSuica、交通時の決済にはもちろん普段の買い物にも使えて利便性が非常に高い決済サービス、そんな Suicaでマイナポイントを受け取るとJREポイントが1,000ポイント追加で受け取ることが出来ます。 ポイントを受け取りにはJREポイントに登録する必要があり、受取時にも注意点があります。 種類 JREポイント受け取り方法 ICカード JR東日本の駅のSuicaマークのある自動券売機で受取り モバイルSuica モバイルSuicaのアプリ内からポイント受け取り ICカードの場合、 JR東日本の自動券売機に行かないとポイントが受け取れないので手間が掛かる、JR東日本の自動券売機が近くにない場合は Suicaでポイントが受け取れない可能性があるので注意も必要になります。 マイナポイント事業で最大限恩恵を受けるなら「WAON」.

次の

マイナポイントは子供分(家族分)も受け取れる!?手続には子供のマイナンバーカードが必要?

マイナポイント 面倒

予約:自分専用の「マイキーID」を発行すること。 申込:マイナポイントを貰いたいキャッシュレスサービスを選択すること。 マイキーIDはネット上で本人確認をするための固有の番号です。 今回のようなポイントを貰う際などに必要になります。 とは言え、 今回の「予約」と「申込」に関しては、発行したマイキーIDを使って何か特別な手続きをするということはありません。 発行したマイキーIDはパスワード管理アプリなどに書き留めておけばいいだけです。 申し込むサービスを決める どのサービスのポイントを貰いたいか決めましょう。 オレは迷わず 「Suica」を選びました。 決め手になったのは以下の点です。 貰えるポイントの多さ(最大6000円+抽選で2000円=最大8000円相当)• 貰ったポイントの受け取りやすさ(JRE POINTに自動的に付与される)• 貰ったポイントを使える場所の多さ(電車やバス、主なコンビニ、自販機、ファストフード、ドラッグストアなど超多数)• 貰ったポイントの自由度の高さ(期間限定ポイントではなく通常ポイント) Suicaの場合、特筆すべきは 貰ったポイントを使える場所の多さです。 つまり出口戦略が充実しているんですね。 ルミネやアトレといったJR系のショッピングモールはもちろん、ららぽーとでも使えます。 さらにイオンやイトーヨーカドーといったライバル系列のお店でも使えるんです!加えてドン・キホーテやヨドバシカメラ、ビックカメラ、ソフマップなどもイケます。 つまり Suicaを選んでおけばわざわざWAONやnanacoを選ぶ理由はありません。 必要な手続きを確認する マイナポイントを貰うためには以下の手続きが必要です。 オレは以下のような流れで作業しました。 (1)SuicaはすでにJRE POINTの会員ページに登録済み。 (4)〜(6)は必ずこの順番でやって下さい。 今回は(4)の予約と(5)の申込をやってみます。 チャージは9月1日以降にすべし 注意したいのは上記(6)のチャージ時期です。 2020年9月1日になったらチャージしましょう。 先走って8月31日までの間にチャージしてしまうとマイナポイントの対象にならず、6000円相当のJRE POINTがパァになってしまいます。 必ず2020年9月1日になってからチャージしましょう。 さらなる上乗せポイントを狙うならビューカードでチャージしよう 同じく上記(6)の「JRE POINTに登録済みのビューカード」というのは、上乗せポイントのさらなる上乗せポイント抽選用の条件です。 この特典が不要な人や、そもそもビューカード自体を持っていない人はビューカード以外でチャージしても構いません。 用意するものは5つ マイナポイントの予約と申込に必要なものは以下の5つです。 に書いてあるスマホまたはパソコン• 「マイナポイント」アプリ• マイナンバーカード• マイナンバーカードを受け取る際に設定した「利用者証明用電子証明書暗証番号」という4桁の数字• JRE POINT交換番号という10桁の数字 マイナポイントの予約と申込はスマホとパソコンどちらでもできますが、今回はSIMフリー版の「Pixel 3a」という、おサイフケータイ付きのAndroidスマホでやってみました。 「マイナポイント」アプリをダウンロードする まずは専用アプリをダウンロードしましょう。 マイナポイントの予約をする 「マイナポイントの予約」を押す 専用アプリのインストールが済んだら、同アプリ開き「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」を押します。 「次へ進む」を押す 画面が変わって「マイナンバーカードの読み取り」というタブが開いたら「次へ進む」を押します。 画面にはゴチャゴチャ書いてありますが、この時点ではまだマイナンバーカードはスマホにかざす必要はありませんよ。 マイナンバーカードをスマホにかざす 「ICカードセット案内」の画面になったらマイナンバーカードをスマホにかざします。 うまく読み取るためのコツは、マイナンバーカードの金色のICチップがスマホの背面の上の方に来るようにすることです。 マイナンバーカードは横向きにするよりも 縦向きにする方が位置合わせがしやすいですし、片手で持っても安定します。 マイナンバーカードの表裏は関係ありません。 オレの場合、最初の2回はエラーになりましたが3回目でようやく次の画面へ進めました。 マイナンバーカードはスマホにかざしたままにして下さいね。 4桁のパスワードを入力し「OK」を押す 「パスワード入力」の画面になったら、 マイナンバーカードをスマホにかざしたままの状態で、マイナンバーカードを受け取る際に設定した「利用者証明用電子証明書暗証番号」という4桁の数字を入力します。 で、続けて「OK」を押します。 「発行」を押す 「予約の確認」というタブが開いたら「発行」を押します。 この画面になったら、スマホにかざしたままになっているマイナンバーカードは離して構いません。 確認画面の「OK」を押す マイナポイントの予約が完了する これでマイナポイントの予約が完了しました。 とくに難しいことはありません。 ちなみにこの時点でマイキーIDも自動的に発行されていますが、後ほど確認しましょう。 マイナポイントに申し込む 続けてマイナポイントの申込をします。 「申込へ」を押す マイナポイントの予約が完了した画面で「申込へ」を押します。 Suicaを検索する 「決済サービスの選択」という画面になったら「キーワード」の欄に「Suica」と入力してから「検索」を押します。 「次へ進む」を押す 「申込方法の選択」の画面になったら「次へ進む」を押します。 利用規約にチェックを付けて「申込へ進む」を押す この画面、かなり長〜いですが頑張って下さいw JRE POINT番号をコピーする ここで専用アプリをいったん離脱し、ブラウザを開きます。 で、JRE POINTの会員ページにログインします。 で、上の方に書いてある 「JRE POINT番号」という10桁の数字を長押しし、コピーして下さい。 そうしたらブラウザを離脱しましょう。 JRE POINT番号を貼り付ける 専用アプリに戻って、先ほどコピーした10桁の数字を「決済サービスID」の欄に貼り付けます。 さらに「セキュリティコード1」と「セキュリティコード2」にそれぞれカナ氏名と生年月日を入力します。 Suicaの場合、入力するのはこれら3つの欄だけです。 その他の欄は空白のままでオーケーです。 なお今回は念のため電話番号の下4桁も入力しました。 こうしておくと万が一コールセンターに電話で問い合わることになったとしても慌てずに済みますよ。 最後に一番下の「確認」を押します。 内容を確認し「申込」を押す 確認画面の「OK」を押す マイナンバーカードをスマホにかざす マイナンバーカードはスマホにかざしたままスマホから離さないようにします。 パスワードを入力し「OK」を押す この画面になってもマイナンバーカードはスマホにかざしたままにして下さい。 申し込みが完了する 画面が変わって「マイナポイントの申込が完了しました」と表示されたらマイナンバーカードはスマホから離して構いません。 これでマイナポイントの予約と申込が完了しました。 あと一息です。 オマケにも申し込んでみた 実はマイナポイントの予約と申込には続きがあるんですね。 実際にやるまで知りませんでした。 マイナンバーカードは2021年から保険証として使えるようになるなど、さまざまな行政サービスに使えるようです。 こうした機能を使うかどうか、マイナポイントの申し込みが完了したときの画面から続けて申し込めるようになっているんですね。 後で個別に申し込むのも面倒臭いので、この機会に申し込んでおくことにしました。 「一括利用申込」を押す やり方はカンタンです。 マイナポイントの申込が完了したときの画面で「政府からのご案内」の欄を見て下さい。 そこにある2カ所にチェックを付けてから、一番下の「一括利用申込」を押すだけです。 確認画面の「OK」を押す 一括利用申込の申し込みが完了する これで一括利用申込が完了しました。 続けて「利用者マイページトップへ」を押しましょう。 申込状況を確認する 「申込状況照会」の画面になったら「あなたは、マイナポイントを申込済です」と書いてあることを確認しましょう。 こうなっていればマイナポイントの手続きはすべて完了です。 後は9月1日以降にSuicaにチャージするだけでマイナポイントが貰えます! マイキーIDを確認する ついでにマイキーIDも確認しておきましょう。 左上の「三」を押すとこのような画面になり、上の方にマイキーIDが表示されます。 マイキーIDは、万が一のときのためにパスワード管理アプリなどに書き留めておくといいでしょう。 マイナポイントの予約は早い者勝ち! ご存知かもしれませんが、マイナポイントの予約は先着順、早い者勝ちです。 何人になったら予約を打ち切るのかは公表されていませんが、公式サイトに小さな文字でシレッと書いてあるんです。 え? 国策なんだから全国民に平等なんでしょ? 当然そう思いますが、実はそうじゃないんですねー。 予算が尽きたらハイそれまでよ。 早く手続きしないアンタが悪い。 きっとそういうことなんでしょうね。 「マイナンバーカードなんて絶対に作らん!」と意地を張るのは自由ですが、マイナポイントが欲しい人は早め早めに行動しましょう!.

次の