バイ キュービック 法。 Illustrator でのネイティブファイルと PDF ファイルの最適化

Photoshop画像解像度変更、デフォルト(自動)のまま使うともったいない!拡大と縮小で違う対応が必要になるよ!

バイ キュービック 法

ニアレストネイバー法 これまで挙げた方法に比べて、画像が粗くなっていることがわかるかと思います。 もともと汚れた人形ではありますが、 エッジのギザギザや埃が強調されて、ずいぶんとトゲトゲしくなりました。 この「ニアレストネイバー法」は、 今ほどパソコンの性能が高くない時代によく使われていた方法です。 高速で処理できるのがメリットですが、画質の精度は低くなります。 この画像のように、エッジやギザギザも出やすい部分があります。 効果や味として使うのならアリですが、キレイに縮小するのであれば厳しいかも。 フリーソフトを使う場合は フリーソフトを探す場合も、「バイキュービック法」「バイリニア法」「ニアレストネイバー法」のどれを使っているかが分かると選びやすくなります。 フリーソフトで縮小したら、ギザギザになった・画像が粗いという場合は、二アレストネイバー法のものかもしれません。 今でしたら「バイキュービック法」または「バイリニア法」のものを探すと、元画像から大きく劣化することなく、画像を縮小することができます。 まとめ 現在、最も使われている「バイキュービック法」は、以前「処理の遅さ」が難点でした。 が、今はパソコンの性能が上がり、この問題も解消されました。 画像の縮小・圧縮で困っている方がいましたら、よかったら参考にしてみてくださいね。

次の

ニアレストネイバー法、バイリニア法、バイキュービック法のリサイズ比較

バイ キュービック 法

バイキュービック法の計算公式について 画像のリサンプリングで用いられる、バイキュービック法についての質問です。 最近になって画像のリサンプリングについて勉強する機会が増えたのですが、 バイキュービック法の中間値算出法がいまいち理解できなくて困っています。 通常、データのリサンプリングといえば、 現在あるサンプリング点を基にして、その間のデータを補間していくものです。 正直、あまりに係数と条件分岐だらけで、何をしているのか殆ど理解できていません。 sinc関数をテイラー展開したものなのかとも思ったのですが、 実際展開してみても、似ても似つかない式になってしまいましたし…。 画像・信号処理について詳しい方、この式についての解説をお願い出来ませんでしょうか? また、バイキュービック法はsinc関数を用いた補間に比べ、どのようなメリット・デメリットがあるのかも、 合わせて解説して頂けるとありがたいです。 bicubic用の関数は、これの3次までの近似になっているそうです。 h t において、tは原点からの距離、aは関数の形状を決める定数 一般的には-1が使われる です。 これは、bicubicではxyそれぞれの距離が2以下となる近傍16点の重み付けで画素値を求める、という事に相当します。 16点の各近傍点について、xy軸でそれぞれ原点からの距離tを求め、h t を求めてください。 xyそれぞれのh t の値を乗じたものが、その近傍点の重みとなります。 なお、この式に従う限り、重みの和は常に1となります。

次の

画像をキレイに縮小する方法

バイ キュービック 法

画像を 再サンプルしない限り(詳しくは、を参照してください)、プリントサイズまたは解像度を変更しても画像データの量は一定です。 例えば、ファイルの解像度を変更すると、画像の幅と高さが変更され、同じ量の画像データが保持されます。 Photoshop では、 画像解像度ダイアログボックス(イメージ/ 画像解像度を選択)で画像サイズと解像度の関係を確認できます。 写真の画像データの両方を変更するわけではないので、「画像の再サンプル」の選択を解除します。 次に、幅、高さまたは解像度を変更します。 1 つの値を変更すると、それに応じて他の 2 つの値も変更されます。 「画像の再サンプル」オプションが選択されていると、プリントや画面上での必要性に合わせて画像の解像度、幅および高さを変更できます。 キロバイト(KB)、メガバイト(MB)、またはギガバイト(GB)で表される画像のデジタルサイズのことを、ファイルサイズと呼びます。 ファイルサイズは、画像のピクセル寸法に比例します。 同じプリントサイズであれば、ピクセル数が多いほど詳細に表示できますが、保存に必要なディスク容量が大きくなり、編集や印刷にも時間がかかります。 つまり、画像の解像度は、画像の画質(必要なデータすべてを含む)とファイルサイズとのバランスによって決まります。 また、ファイルサイズはファイル形式によっても変わります。 GIF、JPEG、PNG、TIFF など、ファイル形式ごとに圧縮方式が異なるため、ピクセル寸法は同じでもファイルサイズが大きく異なる可能性があります。 同様に、色のビット数、画像のチャンネルレイヤー数と画像のチャンネル数によってもファイルサイズは異なります。 Photoshop で扱える画像のピクセル寸法は最大 300,000 x 300,000 です。 この制限により、画像のプリントサイズおよび解像度が限定されます。 プリンターの解像度は、1 インチあたりのインクドット数(dpi)で表されます。 一般的に、1 インチあたりのドット数が多くなるほど、プリント出力は細かくなります。 多くのインクジェットプリンターの解像度は、およそ 720 ~ 2880 dpi です(技術的には、インクジェットプリンターは、実際にドットを出力するイメージセッタやレーザープリンターとは異なり、インクを霧状に噴射します)。 プリンター解像度は画像解像度とは異なりますが、関係しています。 インクジェットプリンターで高画質の写真をプリントする場合、適切な結果を得るには、最低でも 220 ppi の画像解像度が必要です。 スクリーン線数とは、グレースケール画像や色分解のプリントに使用される、1 インチあたりのプリンタードットまたはハーフトーンセルの数です。 スクリーン線数は、 ラインスクリーンまたは単に 線数とも呼ばれ、1 インチあたりのライン数(lpi)、ハーフトーンスクリーンの場合は 1 インチあたりのセルのライン数で表されます。 出力デバイスの解像度が高くなるほど使用できるスクリーン線数が増え、高品質なプリントを再現できます。 画像解像度とスクリーン線数の設定で、プリント画像のディテールが決まります。 最高画質のハーフトーン画像を出力するには、通常、スクリーン線数の 1. 5 ~ 2 倍の画像解像度を使用します。 ただし、画像および出力機器によっては、低い解像度でも高画質の出力結果が得られることがあります。 プリンターのスクリーン線数を設定するには、プリンターのマニュアルを参照するか、サービスビューロに問い合わせてください。 再サンプルを行うと画質が低下することがあるので注意してください。 例えば、画像のピクセル寸法を大きくする再サンプルを行うと、ディテールが一部失われ、鮮明さが低下します。 再サンプルした画像にアンシャープマスクフィルターを適用すると、画像のディテールに再度焦点を合わせやすくなります。 再サンプルしなくても済むようにするには、十分に高い解像度で画像をスキャンまたは作成します。 画面上でピクセル寸法の変更結果を確認したり、様々な解像度で校正刷りを行う場合は、元ファイルの複製を作成してから再サンプルします。 Photoshop では、 補間方式を使用して画像が再サンプルされ、既存のピクセルのカラー値に基づいて新しいピクセルにカラー値が割り当てられます。 使用する方式は、 画像解像度ダイアログボックスで選択できます。 プリント用の画像を作成する場合は、プリントサイズおよび画像解像度で画像サイズを指定すると便利です。 これら 2 つの測定値は ドキュメントサイズと呼ばれ、これによって総ピクセル数および画像のファイルサイズが決まります。 さらに、他のアプリケーションで画像を使用する場合の基本サイズも決定します。 「プリント」コマンドを使用すると、プリントする画像の寸法をさらに拡大または縮小できますが、「プリント」コマンドで行った変更はプリントする画像だけに反映され、画像ファイルのドキュメントサイズには影響しません。 画像の再サンプルが選択されている場合、プリントサイズと解像度を別々に変更できます。 さらに、画像の総ピクセル数を変更することもできます。 再サンプルの選択が解除されている場合は、プリントサイズまたは解像度の一方だけを変更できます。 この場合、総ピクセル数を保持するために、Photoshop によってもう一方の値が自動調整されます。 一般に、最高のプリント画質を得るには、再サンプルを行う前にサイズと解像度を変更します。 次に、必要に応じて再サンプルを行います。

次の