水素 ガス 吸入。 【水素吸入器ランキング】発生方式で価格も安全性も差が!どれが一番おすすめ?

HHOガスとは?

水素 ガス 吸入

水素吸入器も今ではかなり多くの製品が作られ、消費者としてはどれを選べば良いのでしょうか。 水素水より効率よく水素を体内に取り込むことができるため、愛用している人も多く、まだこれからの方も口コミや評価を見ていると使ってみたい!と思う人も多くいるでしょう。 水素吸入器によっては、飽和した状態の水素水を飲むことができるのも魅力的です。 水素吸入を体験する場合、水素サロンなどお店に行き、リラックスした状態で吸わせてもらえるのも魅力で、1回あたり2000円~3000円というのを考えると、購入したほうが安いようにも感じてしまいます。 一度や二度、水素サロンに足を運ばれて、予想以上の体験をし、効果を実感したならば、いつでも水素を吸うことができる状態にしたいというのもわかります。 水素吸入器はタイプ別で分類することができ、手軽に持ち運べ、どこでも簡単に吸うことができる「携帯型」。 水素吸入でよく見る鼻から吸入するチューブ「カニューレ」を使わなくても良いタイプです。 携帯型よりは大きく、持ち運びも可能なボトル型。 以前も取り上げたことのあるダブル水素ボトルを中心に、水素カニューレを利用するものがほとんどです。 据え置き型は、この中でも業務用に近いパワフルな水素吸入器で、他のものと比べ物にならないくらい大量の水素の恩恵に与れます。 今回は、タイプ別にどの水素吸入器を選べばよいのか解決するために、おすすめをランキング形式でお届けします。 水素吸入器のススメ!選ぶべきポイントは濃度ではなく水素量!? 水素吸入器の比較ランキングをお届けする前に、どんなポイントを見ていけば良いかとても大切ですね。 というのも水素水の場合、パッケージや製造からの期間、保存状態によって、水素が抜けてしまうため、実際は、表記されている水素量以下なのです。 多くの方が認知している水素水の何万倍!と謳えば、知識のない人はそんなにもすごいもの?!と言うように感じてしまいます。 広告効果が高いため、採用している会社がほとんどです。 そもそも、水と気体を比べるのもおかしいと思いませんか? 水素吸入器は、その場で水素を発生させるため、電気分解であっても、十分な水素が発生します。 では、電気分解のものであればすべて一緒なのか?といったら、そうでもないです。 マシンによってのパワーが違います。 よりパワフルなものの方が、短期間により多くの水素を発生させることができます。 業務用水素吸入器は、最高峰とも言えるでしょう。 ちなみに、水素吸入器によっても水素濃度は変わります。 高濃度水素といいつつも、鼻や口から吸う直前に、空気と混ざるため、実際のところは薄まります。 カプセルのように密閉された空間ならば、理論上高濃度水素を作り出すことは可能です。 水素を発生させる方式についておさらい 水素吸入器の場合、水素を発生させる方法は3つあります。 水素サプリや水素バスと同じように水素パウダーと水を反応させて、水素を発生させます。 多くの場合、マグネシウム系の金属と反応させて発生する場合が多いでしょう。 小学校の理科の実験でも行った電気分解方式は、水を電気分解することで、水素と酸素の混合気体を発生させます。 機械によっては、酸素やオゾンを処理する機能も備えられているので、気になる人はチェックすると良いポイントです。 水素吸入の中では、一番安全と言われている熱処理方式。 水を加熱し気体にさせ、気体にさらに熱を加えることによって、水素分子と酸素分子を分ける方式です。 熱処理方式は高価ですが、安全面を考えると一番良いと言われています。 しかし、ただでさえ高い(10万円~20万円)のにさらに高くなってしまう(100万円を超える)と躊躇してしまいますね。 また、電気分解は危険だという意見もありますが、まだ論争は終わっていません。 今回は、水素吸入器を持ち運びができると言われているボトル型、水素サロンで設置されるような据え置き型、手軽にどこでも水素を吸うことができるポータブル型の3ジャンルに分けて、ランキングをお届けします。 想像以上にパワフルかつお手軽なボトル型水素吸入器ランキングベスト3 ボトル型は、水素吸入器によりますが想像以上にお手軽で、外出する際に持っていくこともできます。 据え置き型のパワフルさは、より多くの水素を体内に取り入れるためにはとても良いのです。 しかし、移動することが困難です。 いつでもどこでも水素を吸入できるのはもちろん、できることなら、より水素発生量が多いボトルを選びたいですね。 持ち運びも可能なボトル型の水素吸入器ランキングベスト3をお届けします。 1位:ダブル水素ボトル ダブル水素ボトルは、据え置き型の水素吸入機を持ち運べるくらい小型化したものです。 業務用の発生量と遜色ないくらいたくさん吸い込むことができます。 使い勝手として、何よりミネラルウォーターや純水など、気軽に手に入るものを活用できるということです。 多くの水素吸入器は、専用の電解液を活用するものが多く、使い続けるためには、ある程度のコストがかかってしまいます。 それがないのがとっても嬉しいこと。 安全性の設計もされており、水を電気分解することによって発生する酸素やオゾンは、傾けることによって外に逃がすことができます。 純粋な水素を吸いたい場合、イチオシです。 大きさは、500mlのペットボトルより小さく、車のボトルソケットに設置できるものです。 そして、本体重量も205gと軽く、外出先でも使えるのが便利です。 水素を発生させた後は、水も水素水となっているため、最後まで美味しいのです。 電解補助液が1ヶ月500円という金額のため、比較的安くはありますが、水素を吸うだけで終わってしまうため、水素サロンで行うような、吸い終わった後のたっぷり含んだ水素水を摂取することはできません。 公式データの中で、好印象と思ったのは、水素ガスの発生量です。 30分で510ml発生し、業務用には劣ってしまいますが、しっかり発表しているのは嬉しいところです。 水素は、濃度はもちろん発生量が大事で、呼吸とともに取り込める量が多ければ多いほど、細部にまで届けることができるのです。 ダブル水素ボトルやBeautyfly(ビューティフライ)は、電気分解式で水素を発生させますが、化学反応で水素を発生させるアイテムです。 電気分解に比べ、水素発生量は膨大ですが、疑問なのは、ピュアな水素以外の気体も発生してしまっている可能性があることです。 水素サプリや水素水においても、化学反応で発生させるアイテムは、安全性に疑問を持つ専門家も少なくありません。 安いには理由もありますが、ちゃんとした情報を取って選択してください。 据え置き型ともなると、水素を発生させる方法で差別化を図れます。 しかし、問題なのは想像以上に高価なこと。 いわゆる水素水サーバーなどと同等の金額は覚悟しておいたほうが良いでしょう。 もし導入するならば、家を水素吸入サロンのように素敵な空間にして、リラックス状態で楽しむと良いでしょう。 1位:水素吸入器ラブリエリュクス 1分間に60ml、30分で1. 8リットルもの水素が発生する「水素吸入器ラブリエリュクス」は、本格的な水素吸入が楽しめる機械です。 本体価格27万円とかなり高価ですが、手に入る範囲であるため、健康のために購入する人もいらっしゃいます。 【水素吸入器ラブリエリュクス】 価格:270,000円 容量:600ml 水素発生方法:電気分解水素バブリング方式 水素濃度:1. 電気分解を行う場合、オゾン(O3)が発生しているのではないかと言う方もいらっしゃいます。 しかし、電気分解方式で、発生している気体を分析依頼すると、その結果、水素66. 6%、酸素33. 3%という結果も。 もし、オゾンが出ているならば、記載があると推測されます。 水素吸入器における、オゾン論争は尽きませんが、安全性にこだわるならば、スイソニアをはじめ、過熱蒸気分解法の機械を選ぶと良いでしょう。 これは、水素サロンへ行くときも同様です。 スイソニアは、商品スペックを見ると、サイズ、重量共に業務用です。 価格も約200万円もするので、個人で購入する場合は、かなり裕福な方でしょう。 体験したい方は、公式ホームページより申し込めますので、一度体験してみると良いでしょう。 発生する水素も99. 5%と高濃度水素です。 水素と酸素の混合気体ではなく、純水な水素を吸いたい人におすすめで、1時間で1. 5リットルもの量を吸入できるのもすごいところ。 電解補助液を使うため、ランニングコストはかかってしまいます。 ただ、水素濃度を見せてくれるメーターや表示盤がついているので、本当に出ているのか疑問に思っている方にとっては、とっても良いかもしれません。 【ルルドハイドロフィックス】 価格:160,704円(水素吸入セット込) 使用水素水:電解補助液+精製水 水素濃度:0. 8~1. 2ppm(生成した水素水) 水素発生量:毎分26ml(30分で780ml) 水素純度:99. しかし、様々な形の水素吸入器が開発され、よりコンシューマー向けのアイテムが徐々に開発されています。 水素発生量は、業務用や据え置き型には敵いませんが、いつでもどこでも水素を取り込めるという点では優れたアイテムとも言えるでしょう。 外出先で、休憩がてら水素を吸入するという時代も近いかもしれませんね。 特に、KENCOS(ケンコス)シリーズは、年々進化しており、これまでの水素吸入の概念を変えてくれそうです。 「手軽=水素量」が少ないわけではなく、小まめに吸うことで1日トータルの水素摂取量は上回る可能性があります。 1位:KENCOS(ケンコス)シリーズ KENCOS(ケンコス)は、タバコではありません。 いわゆるICOSをはじめ電子タバコの類でもありません。 KENCOS(ケンコス)は、いつでもどこでも水素を吸入することができるアイテムで、水素だけでなく、アロマリキッドを気体化することで、フレーバーも楽しめる水素吸入器となっています。 タバコを吸っているような雰囲気を出してくれるのも一つの演出で、口から水蒸気を出すというギミックも盛り込まれています。 もちろんタバコではありませんので、喫煙スペースだけという訳ではありませんが、周りから誤解を招く場合もありますので、水蒸気が発生しないパターンで使うと良いでしょう。 充電のmicroUSBを活用するため、ノマドワーカーをはじめ、どこでも仕事をできる人にとって次世代のアイテムとも言えるかもしれません。 電解水や電解槽など、使い続けるためには交換が発生する部品もあります。 人とは何か違うものを使ってみたいという人にとって、優れたアイテムかもしれませんね。 【KENCOS(ケンコス)】 価格:75,060円 混入液・原料:電解水(クエン酸ナトリウム)/アロマリキッド 水素発生量:最大毎分8ml(混合ガス最大毎分12ml) 気体:水素66. 化学反応式ということで、まだまだわからない点もありますが、共和医療機という医療機器メーカーが開発したアイテムですので、信頼性はありそうです。 無味無臭の水素をどうにかして感じてもらうため、フレーバーと一緒に吸うというのは、リラックス効果も得られるため、これまでになかった水素吸入器です。 吸入時間が5分~10分という短さが疑問で、水素吸入機器メーカーが言うには、最低30分は吸うことで体感すると言っています。 水素を吸うというより、フレーバーのリラクゼーション効果の方が高い設計かもしれませんね。 マグネシウム合金とクエン酸液が触れることによって、水素が発生する設計だと思います。 水素の発生量は、カートリッジ入れた瞬間には、14000ppmもの水素が発生するとのことです。 反応が落ち着いた後は、1000~300ppmという量で、手軽さの割には思った以上、発生していると考えられます。 ただ、5~10分程度の吸入時間というのは、身体に十分な水素量が巡らない可能性もあるため、こまめな使用が求められます。 【H2 air(エイチツー・エアー)】 価格:19,800円 容量:6ml 混入液・原料:クエン酸液 水素発生量:飽和水素水(1. 単純に水素発生量で考えるならば、据え置き型が良いですが、すべての方が据え置き型を活用できるかといったらそうではありません。 据え置き型はどうしても場所を取るし、値段も張ります。 据え置き型に引けを取らない水素吸入器として、ボトル型がありますが、パワフルなのは、ダブル水素ボトルです。 その他、ボトル型以上に手軽な携帯型水素吸入器のランキングもお届けしました。 こう比べてみると、水素を発生させる目的でも方法はいくらでもあり、大きく分けると3つで、電気分解方式、過熱蒸気分解式、化学反応式の3つです。 一番安いのは、化学反応式ですが、純水な水素以外も発生する可能性があるため、安全性に関して疑問です。 一番安全なのは、過熱蒸気分解法ですが、スイソニアも200万円くらいするなど、ありえないくらい高価な機器です。 業務用と言ってもいいでしょう。 水素を得るためには、水素発生器のスペックで判断すると良いですが、発生量が多く、濃度も濃いほうが良いです。 純粋な水素を吸いたいならば、酸素の処理をしっかりしているアイテムのほうが良いのです。 自分のライフスタイルに合った水素吸入器を選ぶと良いでしょう。 今回のランキングも参考にしてください。 コメントありがとうございます。 水素マガジン編集部です。 貴重な情報をありがとうございます。 水素吸引器業界において、あまり知られていないプロダクトが多いのも実情です。 個人向けにプロモーションを行っている一般企業と 業務用として、ひっそりとプロモーションしているメーカーと 情報の差は出てきます。 LHGの水素発生器に関しまして、こちらの方で調査し、 ランキングも見直していく予定です。 また、水素吸引において、純度や濃度、発生量、 いずれが良いと言うのは未解決問題でもあります。 医療分野にまで進出となると、繊細な問題にもなってくるため 難しいこともありますが、できる限りの情報を発信させていただければと思っております。 ありがとうございました。

次の

HHOガスとは?

水素 ガス 吸入

水素は「飲む」時代から、『水素 気体 』で吸入する時代に! 水素ガスの吸入効果は、自分自身で一番実感じやすいものです。 特に何回か続けると、より効果が実感できます。 「日経プラス10」で、水素吸入がとりあげられました 2019年1月24日 医療分野だけでなく、美容、健康面での水素ガスの効果は期待されています。 番組中で、坂本英二氏(日本経済新聞編集委員 が 30分間水素吸入をする前と後の赤血球の変化です。 たった30分間で赤血球の悪玉活性酸素が除去されて、ドロドロだったものがサラサラに変化したことがわかります。 水素吸入はすぐに効果を実感できるので、エステなどでの導入がさらに増えています。 他にもパーキンソン病等の対策として水素吸引を用いる研究が進められています。 「水素吸引」は、医療の現場で需要が高まっていますが、一般でも、 病気予防や美容対策・ダイエット対策等で積極的に活用されてきています。 特に美容や健康の意識が高い方たちと、スポーツ選手やアスリートが積極的に水素吸引を活用しています。 「水素吸引」は、大量の水素を体内にとりいれられるだけでなく、リラックス効果も高いです。 水素ガスの発生方法 1. 水の電気分解 一番一般的な方法です。 水道水では塩素が発生するため、浄水や専用水の利用が必要です 2. 加熱式・高熱処理 3. 化学物質との反応 加熱式の水素吸入器大手の「スイソニア」は、「水素サロン」や「水素バー」の専門施設や、エステサロンや施術院などでも多く採用されています。 一番下でスイソニアについて紹介しています 業務用の水素吸引器は高価なため、専門施設に通っての水素吸入が当たり前でしたが、家庭で使える安価な 「水素吸入器」も続々と発売され、家庭での水素吸入も一般的になってきています。 家庭用水素吸入器ランキング 水素吸引では、リラックス効果も得られるので、家庭で気軽に手軽に読書や音楽鑑賞など「ながら」でリラックスして吸うのもおすすめです。 その時に深呼吸するとさらにいいでしょう。 水素吸入を手軽に楽しめる携帯型水素吸入器。. 持ち運びに便利な軽量・小型サイズ。 カートリッジを入れて混入液を入れた瞬間が最も多くの水素ガスが発生し、最初の1分間で15ml。 30分間で16. 3mlの水素ガスが発生します。 1分間に最大8mlの水素ガスを生成。 1回5分間の吸引で、水素水2L分の水素摂取に相当 USBケーブル充電、自動オフタイマー、過熱防止安全機能付、手のひらにおさまるスマホサイズ設計。 【水素専用モード】【フレーバー専用モード】【水素+フレーバー併用モード】3種類の使い方。 水素専用モードで40分間、フレーバー併用モードで20分間の吸引が可能です。 【電気分解式】 KENCOS3-m ブラック 39,500円 税別 KENCOS3-m レッド 39,500円 税別 専用電解液1,250円(税抜)購入必要、3種類【キシリトールメンソール、ビタミンレモン、カテキングリーン】のフレーバーカートリッジ有り2,750円(税抜) KENCOS3-mは、7月30日新発売のため在庫が無く取り寄せになります。 すぐ手に入る少し大きめサイズのKENCOS2-sもおススメ は、在庫があります。 サイズと重さは少し大きめですが、バッテリーが大きいため充電の回数を減らすことができ、長時間の水素吸入が可能です。 医療機関トップシェアの株式会社ドクターズチョイスの水素吸入器 ピュアラスmini Deluxe 水素水サーバー+水素吸入 ピュアラスミニデラックスは、わずか10分間で水素水約6本分の水素が摂取できます。 ボタン1つで水素飲料水も水素ガス吸入も兼ねた1台2役の高機能水素水サーバーです。 吸入が可能。 家でもサロンのような本格的な水素吸入を気楽に楽しめます。 価格342,000円 税込 369,360 円 水素吸入器ブームの中気をつけること ブームにのって、怪しい水素吸入器も販売されています。 水素水は溶存水素濃度が表示されていますが、水素吸入器は水素濃度の表記がされていないものもあります。 その濃度も水素が発生している電極近くと、カニューラの吹き出し口では、数値が変わってきます。 また気体であるため、気体の濃度は体積比で表すため数値が大きくなります。 たとえば水素水で1. 6ppmの場合、水素ガス濃度に換算すると17000ppm以上の数値になります。 ダブル水素ボトルは第三者機関による測定で水素ガス最大10000ppm以上生成されていて、30分吸入すると1ppmの水素水3リットルを飲んだのと同じと表示されています。 ルルドハイドロフィクスは「30分間の吸入で、1. 0ppmの水素水780Lの水素量に相当します」と表示されています。 この数値の差は実力の差では無く、捉え方の差だと思います。 水素吸入器の第三者機関による統一測定規格が必要 「ガスクロマトグラフィー」という機器を使って 、第三者機関による測定に統一することはできないのでしょうか? 水素水のようにただ溶存水素濃度を測定するのとは違うので、測定基準を設置することは難しい面もあるでしょうが、水素業界を健全にオープンにしていくためにも、何らかの 規格を定めて、統一した条件下での測定値の公表がのぞましいと思います。 現在のように何ら規制が無い状態だと、国民生活センターや消費者庁の指導が入るようになってしまい、また「あやしい」とバッシングされることになるかもしれません。 水素ガスの有効濃度について 医療では、吸引に使用する水素ガスの 有効濃度は1%以上であると言われています。 ラブリエリュクスの水素濃度は、約1%と公表されています。 計算してみると、成人が安静時の1回の呼吸量は400ml、呼吸頻度は1分間に約15回で1分間に6000mlの空気を取り込むと仮定すると、1分間に60ml水素が生成されると約1%になります。 ルルドハイドロフィクスは、1分間に24ml水素が生成されるので、0. 新発売されるラプリエエランは1分間に30ml水素が生成されるので、0. 5%の水素濃度になります。 1分間の水素発生量の測定方法が統一されていないので、現時点ではこの水素濃度だけで比較するわけにもいかないようです。 医療の治療目的ではなく、健康増進・美容目的なら、1%未満でも有効なのでしょう。 水素濃度が高いと頭痛や吐き気などの副作用が出るとも言われています。 水素濃度が4%を超えると爆発の危険があります 統一規格が無いので、各メーカーが公表している数値を表示しています。 低い数値だからといって、性能が悪いとは、一概には言えません。 濃度4%以上では、爆発の危険性もあるので、注意が必要です。 通常の密封されていない空間ではその危険性は低いと言われています。 カニューラ「吸入チューブ」について 酸素用のカニューラは手軽に購入できます。 しかし「酸素」に比べて「水素」の分子の大きさは非常に小さいので、酸素用のチューブでは壁面を水素分子が通り抜けてしまうため、水素分子が通り抜けない加工がされている「水素用チューブ」専用のものの方が適しています。 水素吸入専用のカニューラは、あまり発売されていませんでしたが、最近機器の普及とともに販売されています。 酸素用に比べて高額です。 水素吸入の効果が高い理由 それは、水素の摂取量が圧倒的に多いから 水素を体に取り込むなら「水素水」を飲むことが一番一般的です。 しかし水素水には限界飽和量というものがあって、1リットルの水に対して1. 6ppmの水素しか溶け込むことができません。 さらに水素は、とても空気中に拡散しやすいため、アルミパウチやボトルの口をあけた瞬間から、濃度が下がっていきます。 これに対して、直接鼻孔から水素を送り込む「水素吸入」では、 高濃度の水素をほとんど逃さずに体内に届けることができます。 水素の濃度は水素発生装置によっても違いがありますが、先にあげたラブリエリュクスの場合、60分吸引すると水素水に換算すれば180リットル分の水素を体内に取り込むことができます。 500mlの水素水に換算すれば、36本相当の水素に匹敵します。 吸収効率が良い 気体なので肺から取り込まれた水素がすぐに血液中に流れ込み、素早く無駄なく体内に届きます。 拡散によって脳の隅々にまでも届く 水素の拡散によって、吸入する鼻を中心とした頭部全体に水素が直接届きます。 鼻や眼や脳の炎症や脳梗塞の合併症など、活性酸素の関与の大きい疾患の治療や予防になります。 吸入時間を増やすことでさらに水素を取り込める 水素水を大量に飲んだり、水素風呂に長時間つかることには、体への害がありますが、水素ガスを大量に摂取しても何ら副作用も害もありません。 吸入時間をのばすことで、水素摂取量を増やせます。 毛細血管は全身の血管の99%を占め、酸素と栄養を体の隅々にまで送り届ける大切な働きをしています。 しかし検査の結果、皮膚の毛細血管が、60〜70代の人は20代に比べて、4割も減少しているとのこと。 日ごろから十分な血流があると、細胞がお互いにくっつきあって、血液の漏れを防ぎ、健康な毛細血管を生み出してくれます。 番組では、第2の心臓と言われる『ふくらはぎ』のポンプ機能を、スキップすることで強める方法が提案されていました。 水素吸入は毛細血管の血流をアップさせる ラブリエリュクスを使用した水素吸入前と吸入中の、「顕微鏡で手の指先の血流の変化をみる動画」が公開されています。 吸入前は、ほとんど流れていなかった血流が水素ガスを吸入することで、だんだんと血流の流れがはやくなる変化が明らかに動画の中にあらわされていました。 水素吸入することで、最先端の毛細血管の血流を良くしてくれることが、動画からわかります。 毛細血管が年齢とともに減っていくということがわかってきたのは、新しい研究です。 水素吸入はコストパフォーマンスも良い 水素水を飲む場合の水素摂取量と吸入する場合の水素摂取量を比較すると、水素水を飲むことに比べて、水素吸入はコストパフォーマンスが圧倒的に良くなります。 水素吸入しています by くらら 2016年の10月からルルドハイドロフィクスを使って鼻腔に入れるカニューラで水素吸入を毎日しています。 水素吸入はとてもリラックス効果があるように感じています。 就寝前に30分間水素吸入をしてから眠っています。 深く眠りにつけるように思います。 異常な肩こりになりやすい体質なのですが、水素吸入を続けていると、肩こりが楽になりました。 以前は毎日「サロンパス」や「シップ」を就寝前に肩にはらなければ、肩こりがつらかったのですが、現在は貼る必要が無くなっています。 ハウステンボスの健康の館では、「健康チェック」で血管年齢を測定してくれます。 水素吸入をするようになってから、「血管年齢」を測定してもらうと、なんと実年齢よりマイナス19歳でした。 簡易な測定器なので、たまたまなのかもしれませんが、水素吸入は「血流を良くする」ので、血管も若返るのできないかと推測しています。 ボトルから直接吸引できる仕組みになっていました。 この仕組みだと、初期コストもかからないので、これからはこういう水素発生剤を利用したタイプの水素吸入も出回っていくと思います。 やはり、水素発生パックを利用した、水素吸入キットが発売されました。 シリコンキャップで栓をし、チューブをつけて吸入します。 後片付けも、水と一緒に水素パックを捨てるだけ。 簡単すぎる水素吸引法です。 手間がかからないから続けられる! Body+の水素発生量 Body+の水素発生量は2,400ml! 溶存水素濃度1. このガスの比率は、水素と酸素の比率が66. スイソニアの仕組みは、「水素ガス発生装置の発明」としての特許を取得 平成29年3月3日 しています。 スイソニアの仕組みが、 原子状水素の効用として語られていることは、とても新しい見解です。 分子状水素の研究をされている太田成男元教授は、 原子状水素は、大変反応性が高いため、すぐに分子状水素になり、地上では存在出来ないといわれていました。 しかし橋本氏は、原子状水素は、水素分子に比べてはるかに酸化還元力が強くて反応性が高いという視点にたって「原子状水素の作用」としてスイソニアの効能を語られています。 加熱生成された水素は還元力が高い 市販されている吸入用の水素ガス発生装置については一般に「水素ガス濃度が高いほど健康効果が高い」とうたわれていますが、これは正しい視点とは言えません。 健康効果をもたらすのは還元力であり、その基準となるのは「発生した水素のうちどれだけがラジカルな原子状水素のまま摂取できるか」というポイントです。 その点において勝るのが加熱方式で水素を生成する機器です。 熱エネルギーを与えられた水素はラジカルな状態を保ちやすいという特徴があります。 加熱方式の水素ガス発生装置が濃度に関係なく高い還元力を実現できるのは、大量の原子状水素を吸入できるためではないか、という声が研究者からも寄せられています。 太田成男元教授の「分子状水素論」のみが正しいという流れがありましたが、橋本氏はあえて「原子状水素」に基づいた理論を展開されています。 それらの理論も順正学園九州保健福祉大学免疫学研究所との共同研究を基に、科学的裏付けがされているようです。 ラジカルな水素には適正濃度があり、「水素ガスの濃度が高いほど健康効果が大きい」とは言えないことが、研究により明らかになりつつあります。 とありました。 吸入する適正な濃度については、今後さらに研究されていくようです。 引用: 水素エステなら「湯エステ」 油性ペンが落とせるシャワーヘッドとして「ミラブル サイエンス ウルトラファインミスト」がミヤネ屋で紹介されて人気ですが、同じ原理のそのサイエンス社の「マイクロバブルトルネード」という入浴装置も大変人気です。 「湯エステ」は、マイクロバブルバスに水素が加わった入浴装置で、最も微細で洗浄力に優れたナノバブルヘッドシャワーも付属しています。 水素と極微細な泡で、毎日エステの効果を実感でき大好評で、今ならまだ在庫があります。 契約のしばりが無いのでお試しで使ってみることもおススメです。

次の

HHOガスとは?

水素 ガス 吸入

活性酸素ってなに?• 大気汚染• 紫外線• 放射線• 激しい運動• これが「体がサビる」という現象の正体です。 これにより以下のような現象が起こります。 糖尿病• 高血圧• メタボリックシンドローム• 悪酔い・二日酔い• 肌のシミ, シワ• アレルギー• 内臓の老化• DNA損傷による発がん どうやって除去する? 活性酸素の毒性は間違いないのですが、ではどうやって除去すればいいのでしょうか? 水素には素晴らしい効果が!• 実は医学界でも水素の研究は大変活発に行われており、人体に対する効果はここでは語りつくせないほどあります。 水素は非常に小さな分子で、脳や細胞、ミトコンドリアまで行き届くのが特徴で、細胞内レベルまで効果を出すことができます。 その水素は悪玉活性酸素と結合し無害に変えることが研究の結果立証されています。 シスプラチン投与マウスを10日間、1%水素ガス下で飼育 すると腎機能異常による生存率の低下を抑制できたが、 水素水の投与でも同様の保護効果が認められた。 一方で、水素水はシスプラチンの抗がん作用を阻害しな かったことから、副作用抑制に向けた水素水の臨床応用の可能性が示された。 免疫チェックポイント阻害薬の抗PD-1抗体は、PD-1に結合することでPD-L1との結合を阻害し、T細胞を活性化させる。 ハイゼルベータET100による水素ガス吸入では1日1時間以上の吸入を行ったグループで50%以上のPR率であった。 またPD1陽性KT細胞が減少し、PD1が発現していないKT細胞の割合が増加効果の発現には1ー3か月かかる。 このET100は統合医療学会で発表された免疫を活性化し癌の縮小効果を認めた水素ガス研究に用いられたものです。 当院では慢性疲労除去やがん予防、倦怠感改善など活性酸素除去による体質改善をめざし、水素吸入療法を開始しました。 がんへの水素吸入療法の場合• 毎日2-3時間の吸入にて効果が認められています。 その場合は水素発生機を購入またはレンタルにてご自宅にお渡しします。 (要相談) ハイゼルベーターET100を使う理由• 水素は分子量が最小である。 気体なら呼吸さえできれば体内への取り込みが可能である。 溶存しているものを使うのではなくその場で発生させたものを利用するため消失している可能性がない。 取り込める量に制限がない。 がんへ対する水素へ効果を検証した赤木純児先生の論文(2016. 12) 水素ガスは、免疫を抑制する悪玉活性酸素を除去することで、体内の炎症を低減することが報告されている。 しかし、その詳細な機序については不明な点が多い。 StageIV の癌患者37 名に対して、水素ガスの吸入を行った。 その結果、PR12 名(32. このうち、毎日吸引したのが14 名、週に2 回が4 名、週に1 回が17 名、2 週に1回が2 名であり、これらの奏効率は、それぞれ57. このことから、水素ガス吸入量と患者の予後には相関関係があるものと思われる。 0kg 25. 詳しくはお問合せください。

次の