エクセル 3 次元 グラフ。 図形の作図、グラフの作成/エクセル

Excel2007

エクセル 3 次元 グラフ

3-D縦棒グラフを作成する:エクセル2013基本講座• 3-D縦棒グラフを作成する• ここでは3-D縦棒グラフの作成方法について書いています。 スポンサードリンク• 下表のデータを使って3-D縦棒グラフを作成してみます。 データリストの例• 再計算によって値が変化するようにしています。 グラフの変化を見るためです。 ここでの説明画像で数値が変化しますが気にしないでください。 作成手順例• 3-D縦棒グラフが作成されました。 データ系列の書式• グラフの系列をダブルクリックして、書式設定を開きます。 棒の形状でピラミッド 全体 を選択しました。 他の系列も同じく、棒の形状を「ピラミッド 全体 」に設定しました。 3-D回転を利用する• 「軸の直交」のチェックを外しました。 透視投影の設定ができるようになります。 X方向に回転、Y方向に回転を設定してみます。 軸の並びが変化しているのが分かります。 手前に「月」、奥行きに「支店」が並んでいます。 床面を塗りつぶしました。 系列「3月」の要素の塗りつぶしの色を変更しました。 タイトルは選択して[Delete]キーで削除しました。 グラフの系列をダブルクリックして、書式設定を開きます。 系列のオプションの棒の形状で「四角柱」「ピラミッド 全体 」「ピラミッド 一部 」「円柱」「円錐 全体 」「円錐 一部 」の6種類から選択することができます。。 また、系列ごとにこれらの棒の形状を組み合わせることもできます。 四角柱• ピラミッド 全体 とピラミッド 一部 ピラミッド 一部 は系列内の最大値がピラミッドの全体になり、その他はピラミッドの一部分として表示されます。 円錐 全体 と円錐 一部 円錐 一部 は系列内の最大値が円錐の全体で表示され、その他は円錐の一部分として表示されます。 混合した例 四角柱、円柱、円錐、ピラミッドを各系列に設定した例です。 スポンサードリンク |||3-D縦棒グラフを作成する.

次の

標準偏差をエクセルで求める方法と完璧なグラフの作…|Udemy メディア

エクセル 3 次元 グラフ

Q 散布図で分散の傾向を見ているのですが、同じ(X,Y)が何度も出現しており、ポイントが重なる点を立体的に山高く視覚的に表現し たいと考えています。 良い方法があれば教えてください。 データとして X,Y 13,209 11,211 9,213 7,215 5,217 3,219 1,221 0,224 0,224 0,224 0,224 0,224 …… のようにあり、0,244を高く表現したいという感じです。 データ数が多く自力でカウントするには大変です。 Excel2007は手元にありますので、Excelかその他のソフト、もしくはjava言語でのプログラムで解決できると助かります。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー データをマトリックスで表すことで,等高線グラフを用いて立体的に表すことができますよ。 行にX,列にY,度数としてZを書き込んだ表をエクセルで作成します。 tacchonさんのデータを例に取りますと,データを表す X, Y に度数を表すZを加えて, 209 211 213 215 217 219 221 224 13 1 11 1 9 1 7 1 5 1 3 1 1 1 0 5 これを全部選択して,3Dの等高線を選べば3次元表示になるはずです。 また,kgu-2さんが書かれておられますが,エクセル2007ですとバブルで表現ができますよ 他のバージョンは未確認。 tacchonさんのデータを例に取りますと,データを表す X, Y に度数を表すZを加えて X, Y, Z 13, 209, 1 11, 211, 1 9, 213, 1 7, 215, 1 5, 217, 1 3, 219, 1 1, 221, 1 0, 224, 5 といった表をつくり, X,Y に対して散布図をまず作成し,グラフの種類の変更でバブルを選択してZの列をサイズとして指定することで,散布図のマーカーの大きさがZの値に依存したグラフをつくることができるはずです。 データをマトリックスで表すことで,等高線グラフを用いて立体的に表すことができますよ。 行にX,列にY,度数としてZを書き込んだ表をエクセルで作成します。 tacchonさんのデータを例に取りますと,データを表す X, Y に度数を表すZを加えて, 209 211 213 215 217 219 221 224 13 1 11 1 9 1 7 1 5 1 3 1 1 1 0... 14159・・・です 関数にパイがありますのでそれを使用してください わからないことありましたらまた回答します Q エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。 両者の違いが良くわかりません。 宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。 (例) セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3. 89444、STDEVPでは3. 741657となります。 また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る 182 、これをデータの個数13で割る 14 、この平方根を取ると3. 741657となります。 では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。 A ベストアンサー データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。 また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。 で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。 公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。 まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。 AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。 A ベストアンサー 3次元空間の曲面ではなく、直線に乗ると仰るのだから、 1 x, y, zのどれかを与えて、残りの2つを推定する問題。 2 と直線との距離d[i]の二乗和が最小になる直線を求める問題。 と分類すべきでしょう。 1 の場合は、たとえばzを与えてx,yを求めたいのであれば、 ・zからxを求める問題。 ・zからyを求める問題。 の二つを別々に解けばおしまいです。 2 の場合はやっかいです。 [1]ちょっと手抜きしながらも、まともにやってみましょう。 i 直線をどう表すか。 ご質問の式を見ると、この直線はx軸、y軸、z軸のどれとも平行でも垂直でもないことが仮定されています。 a,b,c,dが決められれば良い訳です。 ii 点と直線との最短距離を求める。 これがa,b,c,dについて非線形である(一次式でない)ことは言うまでもありません。 一筋縄では行かず、反復計算で徐々に収束させていくしかありません。 [2]手抜き もうすこし手抜きの方法を考えてみましょう。 この座標系を回転・平行移動した座標系をX-Y-Zとします。 そして、求めたい直線がZ軸と一致するようにしたとします。 回転と平行移動は行列を使って X = R x + p Y y q Z z r と表せます。 さて、UはZ[i]の値とは無関係ですからZ[i]を求める必要はない。 さらに座標系をZ軸の周りで回転してもUは変化しません。 これを収束するまで繰り返せば良いのです。 なお、stomachmanは計算間違いの常習犯ですから、チェックは慎重に。 3次元空間の曲面ではなく、直線に乗ると仰るのだから、 1 x, y, zのどれかを与えて、残りの2つを推定する問題。 2 と直線との距離d[i]の二乗和が最小になる直線を求める問題。 と分類すべきでしょう。 1 の場合は、たとえばzを与えてx,yを求めたいのであれば、 ・zからxを求める問題。 ・zからyを求める問題。 の二つを別々に解けばおしまいです。 ・回答者 No. 1 ~ No. 3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。 0E-1 1. 0E-2 1. 0E-3 1. ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。 ・よって、『2. 43E-19』とは? 2. 0000000000000000001だから、 0. 000000000000000000243という数値を意味します。 ・E-数値は 0. 1、0. 01、0. 001 という小さい数を表します。 ・数学では『2. wikipedia. wikipedia. ・回答者 No. 1 ~ No. 3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。 0E-1 1. 0E-2 1. 0E-3 1. ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...

次の

[Excel] 3次元(3D)データを並び替える方法: Kenの我楽多館blog館

エクセル 3 次元 グラフ

乱数の発生関数を使用しサンプルデータを作成する グラフ用のサンプルデータを、乱数発生の関数「RANDBETWEEN」を使用し作成します。 サンプルデータはA1〜A10とB1〜B100の100個にしました。 C3セルに入力したRANDBETWEEN関数を、他のセルにコピーし完成させてください。 3D縦棒グラフの作成 1.データ範囲を選択します。 2.リボンの[挿入]〜[縦棒グラフの挿入]〜[3D縦棒]を選択します。 これで3D縦棒グラフが作成できます。 3D等高線グラフの作成 1.データ範囲を選択します。 2.リボンの[挿入]〜グラフ グループ右下のボタンをクリックします。 グラフの挿入ダイアログが開きます。 1.「すべてのグラフ」タブを選択します。 2.左の種類から「等高線」を選択します。 3.右上の等高線のリストから種類を選択します。 ワイヤーフレーム3-D等高線グラフを作成しました。 3D散布図を作成し近似線を追加する 1.散布図のデータ範囲を選択します。 2.リボンの[挿入]〜グラフ グループ右下のボタンをクリックします。 3.グラフの挿入ダイアログが開くので、すべてのグラフタブを選択します。 4.左の種類から「散布図」を選択します。 5.散布図の種類を選択しますが、ここで3D効果付きを選択してもうまくいかなので、2Dグラフを選択します。 1.作成したグラフを選択した状態で、リボンの[グラフ ツール]〜[デザイン]〜[グラフの種類の変更]をクリックします。 2.グラフの種類の変更ダイアログが開くので、散布図の3D効果付きバブルを選択します。 これで3D散布図が作成できたので、次に近似線を追加します。 グラフを選択した状態で、リボンの[グラフ ツール]〜[デザイン]〜[グラフ要素を追加]〜[近似曲線]をクリックします。 すると近似線のリストが表示されるので選択します。 これで近似線付の3D散布図が作成できました。 下は分かり易いように近似線の色と太さを変更しています。 Excelグラフのサンプルファイル:.

次の