辛い 食べ物 腹痛。 辛いもので腹痛になる!対処としてヨーグルトが効くか試した!

まさかの「バニラアイス」で激辛料理でも腹痛知らず!?ベストな腹痛対策をまとめてみた

辛い 食べ物 腹痛

夏になると無性に食べたくなるのが激辛料理、 辛い物に含まれている辛味成分には食欲を増進させる効果があるので、 バテやすく食欲がなくなりがちな夏に最適なグルメのひとつです。 しかし、辛いものを食べた後に胃が痛くなることも・・・。 辛いものは、少ない量だと胃酸の分泌を抑えて食欲を増進させる効果がある一方、 とり過ぎると、胃酸の分泌を促進し胃や食道を痛める結果になってしまうんです。 そこで今回は、辛い物を食べて胃が痛くならないための予防の方法や、 胃痛になってしまった時の対処方法、よく効く薬の見分け方などをご紹介します。 このページの目次はこちら• 辛いものを食べて胃痛にならないための予防法とは? 辛い物を食べた時に胃が痛くなる主な原因に、 胃酸が出過ぎているというのがあります。 辛味成分であるカプサイシンは、多くとりすぎると胃酸がたくさん出てくるのですが、 胃酸は食べ物を消化する役割を果たしている反面、胃酸が出すぎると胃の粘膜を痛めることも。 そして、胃の粘膜が痛めばお腹が痛くなるという結果に。 このことから、 胃酸から胃の粘膜を守ることが胃痛の予防につながるといえます。 胃の粘膜を守ってくれるのは、牛乳をはじめとした 乳製品が効果的 食べると胃の粘膜に貼りついてくれるので、 胃酸の刺激から胃を守ってくれます。 牛乳でお腹を下しやすい人は、 ヨーグルトやチーズなどでもOKです。 もちろん、牛乳などの乳製品は激辛料理を食べる前だけでなく 一緒に食べても効果があります。 インド料理のお店ではカレーと一緒にラッシーやチャイを飲むことがありますが、 あれは辛味を抑えるほかに胃を守る効果もあるんですね。 辛い物を食べて胃が痛い!そんなときの対処の仕方とは? 辛い物を食べて、しばらくしたら胃が痛くなった・・・ そんな時は、 まず安静に、 無理に吐きだそうとすると、食道が荒れたり胸焼けの原因となる事があるので止めておきましょう。 お腹が痛くなった後でも、先ほどご紹介した 乳製品を摂る方法も効果的です。 また、胃の刺激となる 冷たい物はやめて温かいものを飲むようにしたり、 整腸剤や胃薬を飲むのも効果的です。 辛いもので腹痛になったときに効き目のある胃薬の見つけ方 胃薬といっても、種類が豊富で何を選んでいいのか悩みますよね。 胃酸が多く出すぎたことによる胃痛には、 ・胃酸を中和することで胃痛を和らげる「制酸薬」 ・胃酸の分泌のもとを抑える「H2ブロッカー」 ・胃の粘膜を守ることで胃痛を和らげる「胃粘膜保護薬」 と呼ばれる種類の胃薬が効果的です。 その中でも辛い物を食べたときに一番適しているのは、 胃の粘膜を守ってくれる「胃粘膜保護薬」です。 市販薬だと、スクラルファートが配合されているスクラート胃腸薬と テプレノン配合のセルベール この2つが有名です。 この他に、上記3つの要素が入る総合胃腸薬の第一三共胃腸薬プラスも胃酸から胃の粘膜を守ってくれます。 このあたりは他の成分との兼ね合いもあるので、 不明点があったり自分にあったものを見つける際は薬剤師さんに相談するのがよいでしょう。 スポンサーリンク 日常的に辛いものが食べたくなる派には、体質から改善できる漢方がおすすめ! 胃薬を利用すれば即効性はありますが、 日常的に辛い物を食べたい場合、その度に胃薬を飲むのはちょっと考えものです。 飲みすぎると効果が薄くなる、胃の調子が悪くなったといった口コミをみかけることがあります。 胃薬はここぞ!という時に飲む分には良いですが、常に飲むというのは避けた方が無難ですね。 なら、日常的に辛い物が食べたいけれど、胃痛に悩んでいる人はどうすればよいのでしょうか…? その場合は、 体質から改善できる漢方を利用するのがおすすめ。 漢方は、 その場しのぎの対処ではなく、根本からの改善をのぞめることが多いのが特徴です。 漢方の基本的な治療は体質改善。 まずは症状を抑えて、その後に体質改善に移行するのが通常です。 つまり、 将来に向けて、症状の出ない 胃痛のない 体を作っていくことができるのが漢方というわけです。 通常、漢方を利用したい場合は、専門家である漢方医に相談するのがベスト。 ですが、漢方薬処方が可能な外来病院というのは通常の病院と比べて数が少なく、 相談しに行くのはなかなかハードルが高いですよね。 そういった場合は、 漢方サプリを利用して、悩みを解決しながら胃の自然治癒力を高めていくのが効果的です。 生薬製剤イツラック は胃痛に特化した漢方で、カプセル状になっているため 飲みやすく生薬が胃痛にサッと効くようにできています。 胃痛になった時は、 やさしく胃をいたわってあげることが大切です。 体に優しい漢方生薬由来の成分は、 痛みを取り除きつつ胃の健康を高めるのに適した健胃剤といえるでしょう。 辛いものは体に良い食べ物ですが、食べすぎると害になってしまうもの。 激辛料理を食べた後のお腹の痛みを軽い症状と考えず、しっかり対処をするようにしましょう。 上記の対策でも胃痛が治まらないときは、別の原因なども考えられますので、無理をせずに病院にいって検査や正しい治療をしてもらうことも大切です。 適度を守って楽しい激辛ライフを送りましょう!.

次の

辛い物を食べ過ぎるとなぜ腹痛に? 知らなきゃ損する原因と治す方法

辛い 食べ物 腹痛

冷たいものの摂り過ぎや冷え性によって 胃腸の血流が悪くなると、腸の動きが弱まるのでガスを排出しづらくなります。 1日仕事をしてきて、夕方16時以降というのはどっと疲れが出てくる時間帯です。 身体の筋肉も疲れていますし、内臓の動きも弱っているのでガスが発生しやすくなります。 空気を飲み込んでいる 早食いの人、食事中によくしゃべる人は、食べ物と一緒に空気を飲み込んでしまっているので、それがお腹の中でガスになります。 このような「空気嚥下症(くうきえんげしょう)」と呼ばれる症状は、日本人の8人に1人いるといわれ、特に女性に多いそうです。 女性の方が食事中に人とお話しすることが多いからでしょうか。 おならの原因となるガスは、7割が飲み込んだ空気だといわれていますから、食事の仕方にも注意が必要ですね。 フードアレルギー アレルギーにはすぐに症状が出る即時型と、時間が経ってから症状が出る遅延型とあります。 遅延型にはさらに、数時間でわかるものもあれば、症状が出るまでに数日かかるものもあります。 時間がかかるほど、アレルギーが原因であると気づきにくいのが厄介です。 卵、乳製品、小麦、そば、ピーナッツなど、基本的には即時型アレルギーと同じ食品がアレルゲンとなります。 ただ、症状が出てくるのが遅いだけなんです。 遅延型アレルギーは 下痢や便秘、胸やけなど他の症状が出る場合もあります。 お腹の張り以外にも辛い症状が重なっている時はフードアレルギーを疑ってみてもいいかもしれません。 費用はかかりますが、病院でアレルギー検査が出来ますし、今は自宅で指先から採血して病院に送ることが出来るキットなども売っています。 病気が原因 お腹の張りを強く感じるのには、病気が原因であることも。 あまりに辛い時は病院を1度受診した方が良いかもしれません。 腰に手を回して親指でグリグリするとき持ちがいいですよ。 逆立ちをする 物理的に大腸を動かしてガスだまりを解消する方法です。 加齢によって腹筋が弱り、大腸の位置が下がってきてしまっている人にはとても有効な方法です。 とはいっても、普通の人は逆立ちなんて難しいと思います。 無理して両手だけで逆立ちしようとせずに、椅子に脚をのせてお尻を持ち上げたり、壁を使ってお尻を上にあげてみるなど工夫をしてみて下さい。 要はお腹が逆さになればいいんです。 ガスが溜まりにくい寝方 寝る向きによって腸を刺激してガスだまりを解消しやすくなることもあります。 身体を締め付けない服装にする スキニーパンツやガードル、きついタイツなどお腹を締め付ける服装は腸を圧迫して動きを弱めてしまいます。 いつもタイトなファッションが多い人は、身体が楽になるような服装を心がけましょう。 整腸剤を利用する 整腸剤にも色々種類がありますが、 ガスをつぶれやすくする消泡剤の入ったもの、消化を促進する消化酵素の入ったものを利用するといいでしょう。 また、元々 便秘がちな人はビオフェルミンなど乳酸菌の力で腸内環境を整えるタイプの整腸剤もいいでしょう。 乳酸菌で腸内環境を整える 腸内環境を整えるために、ビフィズス菌などの乳酸菌は積極的に摂りたいもの。 ヨーグルト、キムチ、ぬか漬け、味噌など乳酸菌が含まれた食べ物を意識して食べるといいですね。 ヨーグルトは寒い時期に毎日食べるのは辛いので、ホットヨーグルトにして食べるのがおすすめです。 蜂蜜をかければオリゴ糖も同時に摂れるので、お腹の調子を整えるのに役立ちますよ! 食事だけで取れない場合にはサプリメントなども上手に取り入れてみて下さい。 朝食をしっかり食べること 起きている時間、 内臓が働いている時間に何も食べないでいるとガスの塊ができて、お腹に溜まりやすくなります。 また、朝食をしっかり食べると胃腸の働きが活発になり、腸の蠕動運動を促進します。 朝ごはんはもちろん、3食しっかり食べることがガスだまりの予防になります。 食事の仕方に注意 食べ物と一緒に空気を飲み込まないように、食べ物が口に入っている間は喋らないようにしましょう。 そしてよく噛んで食べるようにします。 そうすると早食いも予防できるので、ガスだまりを防ぐとともにダイエットにも役立ちますよ。 お腹を冷やさない お腹が冷えると血行が悪くなり、腸の動きも悪くなってしまいますから、とにかく冷やさない!下記のような点を心掛けましょう。 薄着をしない• 短いスカートを履かない• 冷たいものばかり食べない• 食物繊維はバランスよく 食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。 それぞれを1:2の割合で摂ることが理想とされています。 不溶性食物繊維ばかり摂ると消化不良を起こしますから、水溶性食物繊維も意識して摂って下さい。 リンゴ、柑橘類、海藻類、山芋、オクラなどのネバネバしたもの、こんにゃく、ごまなどがおすすめです。 アレルゲンとなるものを食べない もし色々な方法を試してもガスだまりが解消されない場合、食べ物が原因であるということも考えられます。 毎日必ず食べているものがあれば、いったんそれをやめてみるか、3日食べたら1日休むなど、続けて食べないようにしてみて下さい。 食べたものを記録してみるのもいいでしょう。 食べたものや食材をザッとメモします。 それとお腹が張った日や時間帯なども書き込んでいくと、お腹の張りと食べ物のとの関係が見えてくるかもしれません。 お腹が張る原因となっている食べ物がわかれば、しばらくそれをやめて様子を見てみましょう。 病院ではどのような治療をしてくれるの? 自分ではどうにも解消できない場合は1度病院を受診してみてはいかがでしょうか。 もしかしたら、何らかの病気が隠れているかもしれません。 特に、痛みがある場合は注意して下さい。 お腹の症状なので、内科もしくは消化器科を受診するとよいでしょう。 過敏性腸症候群(ガス型)の治療 ガスだまりの原因が過敏性腸症候群であれば、運動療法、食事療法などを組み合わせながら治療していきます。 薬物療法も併用していきますが、治療には長い時間がかかります。 この病気の原因がストレスですから、リラックスすることも大事。 自分なりのストレス解消法を見つけ、ストレスが溜まらないようにしていくことが改善への近道です。 胃腸薬や下剤の処方 ガスだまりは、病気が原因でなければ生活習慣からくるものがほとんどです。 ですから、治療としては便秘を解消したり、痛みを抑えたりといった対処療法になってきます。 ブスコパン、ガスコン(ジメチコン)などが処方されることが多いようですが、それも症状しだいなので、市販薬で治らなかった人は自分に合った薬を見つけるためにも病院で相談してみましょう。 手術 腸閉塞や巨大結腸症、潰瘍性大腸炎など薬だけではどうにもならない病気が原因の場合は開腹手術が必要なこともあります。 まとめ お腹のガスだまりの原因は生活習慣にあるものがほとんどです。 つまり、病気以外は生活習慣を見直していけば、薬に頼らなくても改善できるということです。 ガスだまりが解消されれば、苦しみからも解放され、見た目もスッキリします。 今回ご紹介した解消法は便秘にもいいですから、ぜひ試してみて下さいね。 関連記事:.

次の

腹痛によい食べ物と悪い食べ物を紹介! 食事のポイントは?|私の救急箱

辛い 食べ物 腹痛

下痢になる香辛料の食べ方・使い方 香辛料は身体にもよいものというイメージを持っている人も多いかと思います。 ではなぜ香辛料によって下痢になるのでしょうか。 実はそれは香辛料の食べ方や使い方に原因があります。 香辛料の使い過ぎ 香辛料によって下痢になる原因として、もっとも多いのが香辛料の使い過ぎです。 香辛料の中には、身体を温めたり、胃腸の調子を整えたりするものもありますが、どのようなものでも使いすぎると身体にマイナスの影響を与えてしまいます。 また、体質によってはもともと香辛料などを受け付けないということもあり、そういった体質の人が香辛料を食べると、少量であってもお腹を下してしまうということがあります。 食べてるうちに舌の味覚が麻痺して度を超す 香辛料を食べ過ぎてしまう原因には、味覚のマヒも挙げられます。 どれだけ辛い香辛料でも、食べていると辛さに慣れてきて食べれるようになってきますが、それは舌がマヒしているため。 舌がマヒしてしまうと、辛さが苦手な人でもついつい香辛料を食べ過ぎて、内臓を刺激、下痢の原因となってしまいます。 また、辛いものが好きという人の中には、通常の辛さを超えてどんどん辛さをアップさせていく人もいますが、その場合脳の中で辛さに耐えるための快楽物質が生まれ、辛さが快楽になっていることもあります。 そういったケースでは、ついつい香辛料を食べ過ぎてしまうことが考えられます。 辛さを和らげるために大量の水を飲む 辛いものを食べているとついつい水を飲みすぎてしまうこともありますが、この大量の水も下痢の原因になります。 水分は身体の中に入ると腸から吸収されますが、腸の水分の吸収力には限界があり、それを超えると処理しきれなかった水分がそのまま排出されるということになってしまいます。 もともと、食事には多くの水分が含まれているため、食事中に水を取るとどうしても水分オーバーになることも少なくありません。 そのとき、気を付けたいのがミネラルウォーター。 ミネラルウォーターにはカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が多く含まれているものですが、日本の水はミネラル分を含まない軟水なので、日本人の中には体質的にミネラルウォーターを受け付けにくいという人も少なくありません。 もし食事中にミネラルウォーターを大量に飲むと、さらに下痢を悪化させてしまう恐れがあります。 なお、辛いものを食べたときには水分が欲しくなりますが、実は唐辛子などの成分は水には溶けません。 そのため、辛いものを食べたときに水を飲んでも、実際には辛さの成分が口の中で拡散して、辛さが収まることはなく、さらに水を飲みたくなってしまいます。 辛さを抑えるためには、アルコールか、脂肪分を含んだ牛乳などが適していますが、こちらも飲みすぎると下痢の原因となるので注意したほうがよいでしょう。 下痢になる原因 そもそも、香辛料は身体にプラスの影響を与えるもの。 では香辛料が原因で下痢になるときにはどのようなメカニズムが働いているのでしょうか。 香辛料には胃腸を刺激しすぎる性質があるものも 香辛料の中には、消化の促進や整腸効果のあるものも少なくありません。 しかし、もし香辛料を摂りすぎた場合、それらの作用が過剰に働いてしまうことがあります。 そうなると、胃腸の働きが過敏になりすぎて、身体は体内から悪いものを排出しなければならないと判断して、下痢の原因となってしまいます。 蠕動運動を高める 下痢の直接的な原因には、腸の蠕動運動があります。 腸の蠕動運動は、摂取した食物を吸収したり、たんぱく質の腸内での腐敗を防いだりするために必要なものですが、この蠕動運動が激しくなると、腸の水分吸収が阻害され、結果としてお腹を下してしまいます。 香辛料の中にはこの蠕動運動を高めるものも含まれていて、食べ過ぎると過剰な蠕動運動の原因になります。 胃腸の負担になり消化不良をおこす 実は日本人の食事に香辛料が使われるようになったのはごく最近のこと。 伝統的な和食の中でもワサビなどの香辛料が使用されているイメージがありますが、そもそも生の魚が流通するようになったのはそれほど昔のことではありません。 そのため、日本人の体内環境はまだまだ香辛料に慣れているとはいいがたい状態です。 そのため、人によっては香辛料を摂取するとどうしても胃腸の負担になってしまいます。 胃腸に負担がかかると消化不良や腸内環境の悪化につながり、これもお腹を下す原因となってしまいます。 下痢の原因なりやすい香辛料 使い過ぎには注意したい香辛料ですが、具体的にはどのようなものに注意すればよいのでしょうか。 七味唐辛子 七味唐辛子は日本人にとってもおなじみの香辛料で、そばやうどんなど使う機会の多い物。 しかし、七味唐辛子の辛さは舌をマヒさせやすく、結果として使い過ぎにつながってしまいます。 にんにく 料理に風味を添えてくれるにんにくは、スタミナ食というイメージですが、生の状態で食べると胃腸に大きな負担をかけます。 マスタード マスタードは比較的辛みの柔らかい香辛料で、消化を促進するなどの働きがありますが、こちらも食べる過ぎると下痢の原因となります。 また、すでに加工されたイエローマスタードなどは、塩や砂糖が添加されているため、こちらも胃に負担を掛けることがあります。 タバスコ タバスコは強い辛みが特徴の香辛料で、摂取量が増えると下痢になるほか、胃腸の粘膜を痛めることもあります。 香辛料でお腹を下さない対策 このように香辛料は取りすぎるとお腹を壊しやすいものですが、それでも香辛料が食べたいときにはどのような対策を行えばよいのでしょうか。 生野菜と一緒に食べる 香辛料でお腹を下しやすい体質だという場合には、生野菜と一緒に食べると下痢を防いだり緩和したりといった効果が期待できます。 唐辛子など、特に辛い香辛料を摂取するときには生野菜はおすすめ。 生野菜には、消化酵素が含まれていて、辛み成分を緩和してくれるだけでなく、食物繊維も豊富に含まれていることから、腸内の環境を整える効果もあり、お腹の不調を緩和してくれます。 お腹が不調の場合は香辛料はさけ、整腸作用のあるハーブなどを使う 普段は香辛料を食べてもなんともないという人でも、風邪をひいているときや胃腸が弱っているときには香辛料に過剰に反応してしまうこともあります。 そのため、身体に不調を感じるときには香辛料の使用は控えたほうがよさそうです。 それでも食事にアクセントや刺激が欲しいというときには、フェンネルやコリアンダーなど整腸作用があるハーブがおすすめ。 昔のヨーロッパではハーブは家庭薬の一種として使用されていたという歴史もあり、お腹の不調には最適です。 ほどほどに楽しむ 香辛料でお腹を壊さないようにするための対策として、もっとも効果的なのが「ほどほどに楽しむ」ということ。 どんなに美味しいものでも食べ過ぎると良いことはありません。 常に適度な量を心がけるとよいでしょう。 まとめ 食卓のアクセントとなる香辛料ですが、使い過ぎは身体に毒。 もし香辛料でお腹の不調を感じるときには、普段の食生活を見直してみる必要があるかもしれません。

次の