公務員 年金 いくら。 公務員の年金はいくらもらえる?平均受給額と種類!退職金はいくらもらえるか

公務員の年金支給額、いくらもらえる?共済年金の簡単早見表 [年金] All About

公務員 年金 いくら

豊かな日本を作るため国家公務員も頑張っているんだね! 国家公務員は、大臣や国会議員、裁判官・裁判所職員、防衛省職員・自衛隊員などの特別職と行政職や外交官、税務署職員などの一般職に分かれています。 平成30年度の国家公務員(令和元年度末予算定員)は約58. 5万人で、特別職が約29. 8万人(50. 9%)、一般職は約28. 7万人(49. 1%)です。 国家公務員の退職手当制度は、「独立行政法人の役員や国会議員とその秘書などを除く常時勤務あるいはこれに準じるもの」が対象です。 令和元年7月1日現在の常勤職員数は約26万7425人(内閣人事局「一般職国家公務員在職状況統計表」)。 前年より1590人増加しました。 在職者数トップ5は次の通りです(カッコ内は構成比)。 行政職俸給表(一) 15万534人(56. 29%)• 税務職俸給表 5万2804人(19. 75%)• 公安職俸給表(二) 2万3090人(8. 63%)• 公安職俸給表(一) 2万2960人(8. 59%)• 専門行政職俸給表 8139人(3. 04%) 出所:「一般職国家公務員在職状況統計表(令和元年7月1日現在)」2020年1月17日公開 退職金は「俸給表」をもとに計算される 退職金は上記を含む20の俸給表の適用範囲に基づいて計算されます。 政職俸給表(二):守衛や用務員、自動車運転手、理美容師、調理師など• 税務職俸給表:国税庁に勤務し租税の賦課及び徴収に関する事務に従事する職員(国税庁の局長や国税不服審判所の所長・次長・首席国税審判官など一定の職員を除く) 約56%を占める行政職俸給表(一)は、行政職俸給表(一)を除く19の俸給表の適用を受けないすべての職員を適用範囲とします。 詳しい俸給表の適用範囲はを参照して下さい。 国家公務員の退職金の計算方法 国家公務員の退職手当額は、次の計算式で算出します。 勤続年数20年 24. 586875• 勤続年数25年 33. 27075• 勤続年数30年 40. 80375• 35年以上 47. 709(一律) 勤続30年を超えると退職金支給率は高くなる 計算式にある「調整額」とは、平成18年4月に施行された制度です。 「在職期間中の貢献度をより適格に反映して、人材流動化等にも対応できる制度となるようにとの観点から、民間企業のポイント制の考え方を国家公務員の人事管理、人事運用等に合わせた形で取り入れた、いわば『職責ポイント』に相当する制度」(総務省)というものです。 職員の区分と調整月額についてはを参照してください。 ちなみに現在の国家公務員の定年年齢は原則60歳。 検事総長や検察官、医師、守衛、用務員など職種によっては61~65歳が定年年齢になっています。 関連法案を2020年の通常国会に提出する予定です。 国家公務員の退職金は平均1054. 9 万円 内閣人事局「国家公務員退職手当実態調査(退職手当の支給状況)平成30年度」によると、常勤職員の平成30年度中の退職者は3万3794人で、平均退職手当は1054. 9万円(前年1076. 3万円)です。 うち常勤職員の約56%を占める行政職俸給表(一)の退職者は6374人(退職者の約19%)で、平均退職手当は1520. 4万円(前年1509. 1万円)です。 退職理由別の退職手当受給者数と平均退職手当は次の通りです。 ( )内は平成29年度の退職手当額です。 9万円(1076. 3万円) <内訳> 定年 1万3101人 2068. 0万円(2108. 5万円) 応募認定退職 1508人 2649. 6万円(2708. 0万円) 自己都合 6846人 335. 5万円(341. 0万円) その他 1万2339人 183. 4万円(189. 4万円(1509. 1万円) <内訳> 定年 3254人 2152. 3万円(2149. 2万円) 応募認定退職 826人 2288. 3万円(2316. 6万円) 自己都合 1199人 418. 9万円(452. 0万円) その他 1095人 269. 9万円(253. 応募認定退職とは、平成25年10月31日で廃止された「勧奨退職」に代わって導入された制度です。 退職手当の支給率は定年退職と同率ですが、勤続年数20年以上で定年前6月を超え15年以内の退職者に対しては定年前1年につき3%(定年前1年以内の人は2%)割増があります(最大45%)。 定年退職金は平均2068. 0万円 定年退職したのは1万3101人で平均退職手当は2068. 0万円、うち行政職俸給表(一)適用者は3254人(定年退職者の約25%)で、平均退職手当は約2152. 3万円です。 では、年齢別の定年退職者数と平均退職手当を見てみましょう。 ( )内は平成29年度の退職手当額です。 0万円(2108. 5万円) <内訳> 50~54歳 4981人 1848. 3万円(1898. 3万円) 55~59歳 744人 2428. 4万円(2483. 7万円) 60歳以上 7376人 2180. 0万円(2204. 3万円(2149. 2万円) <内訳> 60歳以上 3254人 2152. 3万円(2149. 2万円) 退職金額別の受給者数の割合 定年退職手当支給額別の受給者数の割合が最も高いのは、常勤職員・行政職俸給表(一)共に2000万~2500万円未満でそれぞれ48%、78%を占めます。 次いで1500万円~2000万円未満、2500万円~3000万未満と続きます。 1%に高額な退職手当が支給されています。 内訳は、4000万~5000万円未満が260人(うち定年退職63人)、5000~6000万円未満が79人(うち定年退職者10人)、6000~7000万円未満が45人(うち定年退職者25人)、7000~8000万円未満が1人(定年退職0名)、7000~8000万円未満が1人(うち定年退職者0人)。 行政職俸給表(一)適用者だけを見ると、3000~3500万円未満が18人(うち定年退職者5人)、3500~4000万円未満が1人(うち定年退職者1人)、4000~4500万円未満が1人(定年退職者0人)です。 民間の退職一時金は約1700万円 国は国家公務員と民間企業の退職金の格差を約400万円とし、平成25年から国家公務員の退職金を段階的に引き下げました。 その時に想定した民間企業の退職金は一時金1041. 5万円+企業年金1506. 3万円です。 平成28年8月に行った「民間の退職金及び企業年金と国家公務員の退職給付についての調査」(人事院 平成29年4月公表)によると、国家公務員と民間企業の退職金の格差は80万円まで縮小しました。 1万円+企業年金1453. 1万円+共済年金給付223. 6万円) *年金分は退職時点で一時金として支給するものとして計算した。 <出所>民間の退職金及び企業年金の調査結果並びに国家公務員の退職給付に係る本院の見解の概要(平成29年4月 人事院) 民間の退職金は年々下がっており、厚生労働省「平成30年就労条件総合調査の概況」(2018年10月23日公表)によると、民間企業の大学卒の定年退職給付額は、退職一時金制度のみでは1678万円、退職一時金制度と退職年金制度併用は2357万円でした。 民間と公務員の退職金の格差は続きそうです。 【関連記事】•

次の

公務員の年金支給額、いくらもらえる?共済年金の簡単早見表 [年金] All About

公務員 年金 いくら

第1号被保険者 第2号被保険者 第3号被保険者 20歳以上60歳未満の自営業者・学生・フリーター・無職の人 厚生年金や共済年金に加入している65歳未満の人 第2号被保険者に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の人 上の表で第1号被保険者は自営業者・学生・フリーター・無職の人ですね。 第2号被保険者はサラリーマンや公務員の人です。 そして、第3号被保険者はサラリーマンや公務員の妻で専業主婦の人。 自営業者の妻で専業主婦の人は第1号被保険者になり、国民年金を収めていることになります。 第3号被保険者(サラリーマンや公務員の妻で専業主婦)は年金を一切収めなくても老後国民年金が受給できます。 じゃあいったい、第3号被保険者の年金は一体誰が負担しているかといえば、第2号被保険者が負担していることになります。 なんか不公平ですが、現在のしくみはそのようです。 それで、年金支給額は厚生労働省が平成25年に発表した資料によると下記のとおりです。 独身サラリーマン・公務員なら 148,409円(年金受給額)-153,724円(支出合計)= -5,315円 サラリーマン・公務員で妻が専業主婦の夫婦なら 203,031円(年金受給額)-268,907円(支出合計)= -65,876円 このマイナスになった部分を自己資金でまかなうことになります。 だたし、一部のサラリーマン・公務員には企業年金や共済年金という、いわゆる3階建ての年金がありますから、なんとかなるかもしれませんね。 しかし、老後ある程度ゆとりのある生活をしようと思うと生命保険文化センター「生活保障に関する調査」(平成25年度)では平均35. 4万円必要という結果だそうですから、とても良い生活とはいえませんね。 ところが自営業者となると大変です。 1人あたり54,622円ですから、国民年金だけでは生活できないでしょう。 何も対策をしなければ、独身であろうと夫婦であろうとゆとりはおろか過酷な老後が待っていそうです。 自営業者は特に老後対策を早いうちにしないと大変ですね。

次の

年金受給額平均はいくら?年金だけで生活できない?

公務員 年金 いくら

公務員は文字通り公の職員として国家、地方の職務を遂行します。 その給与は国民が納める税金から支払われています。 そして年金はその給料から支払われているので、その制度については非常に気になるでしょう。 年金は老後の生活を送るために国家全体で支えている制度です。 原則20歳から60歳までの全ての国民が加入する国民年金とそれ以外の年金が存在します。 公務員の共済年金は厚生年金に統合された 以前までは公務員は共済年金に加入していましたが、2015年10月にされています。 厚生年金とは、国民年金の他に、民間の企業に勤める会社員が加入する年金です。 共済年金は受給額が異なり避難を受けていたため 共済年金には職域加算という制度があり、他の年金よりも受給額が多くなっていました。 これを公務員への優遇であるとの批判があり、共済年金は厚生年金に統合されることになったのです。 「国民年金」のみ場合はいくらになるのか 共済年金と厚生年金に加入していなかった場合、全ての国民が加入する国民年金のみ受給できますが、その額は満額加入でも最高78万円、仮に夫婦ともに満額でも156万円になります。 国民年金のみでは毎月12万円程しか支給されない 「国民年金」のみ場合はいくらになるのかというと、月に換算すると12万円ちょっと、これでは安定した老後の生活を送るのには少し厳しそうですね。 公務員の場合は月に一人あたり12~20万円ほど。 これなら多少自由な生活も送ることができそうです。 老後の生活を豊かなものにするためにも年金にはしっかりと加入しておきたいです。 公務員の共済年金では160~270万円の支給があり会社員といくらか差がある 公務員の受給額はいくらか、また過去の共済年金についてご紹介いたしました。 金がいくらもらえるかは現在加入している若者全ての疑問だと思います。 今まで優遇気味だった公務員の年金も制度の変更によっていくらかばかりか変わるでしょう。 公務員や会社員は今後は納める額だけ増えて受給額は減っていくとも噂されている年金問題ですが、年金はいくらになるか、今後もしっかりと見張っていきましょう。

次の