おきたがりょう。 竹原千史の顔画像!『立川のボス』と沖田臥竜(元ヤクザの作家)がツイート?

吉本闇営業動画まとめ!なぜバレた?背後にあった流れを調査!

おきたがりょう

吉本闇営業動画 以下、リークされた吉本闇営業動画です。 2014年暮れ。 都内某所。 某パーティ会場。 色々FRIDAYとか撮られてるからややこしいねんー で、ものの見事にFRIDAY。 えらく気前が良い人ですね。 雨上がり決死隊の宮迫博之さんが歌っている動画やガリットチュウの福島善成さんがパンツ1丁でいる動画、ザブングルの松尾陽介さんと加藤歩さんがネタをしている動画。 その他の方の姿は動画内で見ることはできませんが、写真の中では確認することができます。 沖田臥竜のプロフィール ちょっとだけサンジャポ出てました。 暴走族の先輩がヤクザをやっていたことがきっかけで、 21歳の時に神戸山口組の4次団体(神戸山口組の傘下の傘下の傘下)である上田会の組員になったとみられています。 21歳(1997年):傷害致死と死体遺棄の罪で逮捕• 21~29歳(1997~2005年):服役• 29歳(2005年):別の事件で再逮捕• 29~32歳(2005年~2008年):服役 と合計12年間も刑務所にいたことになります。 これまでの前科の合計は8犯。 2005年~2008年:大平組傘下の「上田会」の若頭になる• 2011年:大平組若頭補佐から若頭代行になる• 2013年:大平組の最高幹部になる 2014年に二代目大平組の中村天地朗組長が引退しました。 組長が引退したタイミングで沖田臥竜(おきたがりょう)さんはヤクザを引退されました。 刑務所で服役中のときは、本を1000冊以上読みヤクザを引退した後は作家になろうと考えていました。 予定通り、ニュースサイトの記事執筆や連載小説の執筆などをされ、今に至ります。 沖田臥竜さんの「死に体」昨日のトークライブを聞いた上でもう一度読むとまたさらに内容が頭に入ってきます。 月9になると思います。 沖田臥竜が吉本闇営業をリークした? 本日発売のFRIDAY。 この写真とオリジナル?と同様のものを沖田臥竜さんはもっておられました。 これは明日ですね。 しかしながら、どうもそうではなさそうなんですよね。 全てはFRIDAYでももちろんオレらでもなく、1人の勇敢な戦士が立ち上がったことから始まった。 仕事等で会った吉本興業の芸人さん達は全て親切にしてくれましたしね。 これは書きますけど闇営業について当初一番消極的だったのは私なんです。 それをある人間が動画をTV局に勝手に売った事でおかしくなるんです。 「誰か」というのは、ツイートにも書かれていませんが、沖田さんはもしかすると知っているかもしれませんね。 また、 これは書きますけど闇営業について当初一番消極的だったのは私なんです。 という書き方を見るに、「吉本闇営業についての情報(動画や画像)はもっていたが、公開には踏み切っていなかった」というようなことをおっしゃっているのだと思います。 だから私がリードしたんです。 我が物顔でスクープを打たせれませんからね。 私の価値は文章力より情報分析と情報収集なんです。 ちょうど芸能界のスキャンダルについての書籍を執筆してましたしね。 追随なんてさせませんよ。 でもこの問題を掘り下げた所で意味がないんです。 誰も幸せにならないでしょう。 持っている情報は誰よりも先に出したいですよね。 なぜ吉本闇営業をリークしたのか? 吉本闇営業問題の原因となった忘年会があったのは、2014年12月27日のことです。 発覚したのが2019年6月ですから、約4年半前の話が今になって出てきたということです。 これは、非常に不自然なかんじが私はしています。 イリエコネクションの実態 入江は2015年10月にイベントの立案企画などを行う会社「イリエコネクション」を設立。 吉本興業も協力し、自治体や行政関連の講演会などを行うようになった。 「急によそよそしい態度を取り始めた。 それを面白く思わない人物もいた」。 出典元: この記事で重要なことをまとめると• 入江さんの会社「イリエコネクション」に吉本興業もかかわるようになった• ヤバい人脈を避けるようになった• 闇営業で入江さんはマージンを半分以上とっており、芸人仲間からも批判的な声があった という3点です。 イリエコネクションと吉本興業 吉本興業は2011年の島田伸介さんに始まり、反社会的勢力と関わらない方向にもっていこうとする動きがあります。 吉本興業は1912年に創業され、比較的古い組織体制で運営しているように思います。 例えば、所属している芸人との間で正式な契約をしていないということも、古い組織運営の1つなんじゃないでしょうか。 そういったこともあり、 反社会的勢力と一線を引こうとしていたと私は予想します。 「イリエコネクション」が反社会的勢力と関わっていて、吉本興業全体のイメージダウンにつながってしまうと困りますよね。 だから、早めに対処しようとしていたのだと考えます。 イリエコネクションと反社会的勢力 一方、反社会的勢力が入江さんに近づいたのは、たぶんお金になるからだと思います。 今回は入江さんを介して、反社会的勢力がお金を払って芸人さんたちに忘年会の芸をお願いしました。 一見、芸人さんたちがトクしているように見えますが、逆です。 反社会的勢力からしたら、 忘年会の様子を映像や画像として残しておくことで、入江さんたち 芸人さんたちを脅したりすることができますよね。 また、この忘年会がきっかけで、入江さんの人脈を使って 芸人を広告塔にして金儲けなんてこともしようとしていたかもしれません。 イリエコネクションと吉本に報復した反社会勢力 反社会勢力からしたら、 「イリエコネクションはせっかくの金づるなのに吉本が邪魔する!もう!」なんだと思います。 だから、入江さんと吉本に報復として反社関係者が「闇営業忘年会動画」をテレビ局にリークしたという流れだと予想します。 吉本は入江を切りたかった こんな見方もできると思います。 イリエコネクションの立場を「闇営業(直営業)」の仲介者とみることができます。 つまり、「吉本」という本来の事務所を通さず、代わりに「イリエコネクション」を通すということです。 今回の反社会勢力の忘年会の依頼を受けたように。 これを見て吉本はどう思うでしょうか? たぶん、多くの芸人から批判的な声があるくらいですから、吉本も入江さんを解雇したかったと考えていたかもしれません。 だって、吉本が手に入れられるはずの仲介料が取られるのですから。 ちなみにですが、吉本は所属芸人のギャラ(テレビ番組や劇場出演料、グッズ販売など)の90%を取っているそうです。 入江さんを解雇することにより• 反社会勢力との関係を切ることができる• 闇営業(直営業)のビジネスをつぶすことができる まぁ、個人的には吉本が入江さんを解雇した後でも、「闇営業の仲介者」としてイリエコネクションは残りそうな気がしますが。

次の

5月27日遂に情報解禁された綾野剛と舘ひろしの共演作「ヤクザと家族 The Family」(文・沖田臥竜)|トレンド、アングラ、ビジネス、カルチャー R

おきたがりょう

吉本闇営業動画 以下、リークされた吉本闇営業動画です。 2014年暮れ。 都内某所。 某パーティ会場。 色々FRIDAYとか撮られてるからややこしいねんー で、ものの見事にFRIDAY。 えらく気前が良い人ですね。 雨上がり決死隊の宮迫博之さんが歌っている動画やガリットチュウの福島善成さんがパンツ1丁でいる動画、ザブングルの松尾陽介さんと加藤歩さんがネタをしている動画。 その他の方の姿は動画内で見ることはできませんが、写真の中では確認することができます。 沖田臥竜のプロフィール ちょっとだけサンジャポ出てました。 暴走族の先輩がヤクザをやっていたことがきっかけで、 21歳の時に神戸山口組の4次団体(神戸山口組の傘下の傘下の傘下)である上田会の組員になったとみられています。 21歳(1997年):傷害致死と死体遺棄の罪で逮捕• 21~29歳(1997~2005年):服役• 29歳(2005年):別の事件で再逮捕• 29~32歳(2005年~2008年):服役 と合計12年間も刑務所にいたことになります。 これまでの前科の合計は8犯。 2005年~2008年:大平組傘下の「上田会」の若頭になる• 2011年:大平組若頭補佐から若頭代行になる• 2013年:大平組の最高幹部になる 2014年に二代目大平組の中村天地朗組長が引退しました。 組長が引退したタイミングで沖田臥竜(おきたがりょう)さんはヤクザを引退されました。 刑務所で服役中のときは、本を1000冊以上読みヤクザを引退した後は作家になろうと考えていました。 予定通り、ニュースサイトの記事執筆や連載小説の執筆などをされ、今に至ります。 沖田臥竜さんの「死に体」昨日のトークライブを聞いた上でもう一度読むとまたさらに内容が頭に入ってきます。 月9になると思います。 沖田臥竜が吉本闇営業をリークした? 本日発売のFRIDAY。 この写真とオリジナル?と同様のものを沖田臥竜さんはもっておられました。 これは明日ですね。 しかしながら、どうもそうではなさそうなんですよね。 全てはFRIDAYでももちろんオレらでもなく、1人の勇敢な戦士が立ち上がったことから始まった。 仕事等で会った吉本興業の芸人さん達は全て親切にしてくれましたしね。 これは書きますけど闇営業について当初一番消極的だったのは私なんです。 それをある人間が動画をTV局に勝手に売った事でおかしくなるんです。 「誰か」というのは、ツイートにも書かれていませんが、沖田さんはもしかすると知っているかもしれませんね。 また、 これは書きますけど闇営業について当初一番消極的だったのは私なんです。 という書き方を見るに、「吉本闇営業についての情報(動画や画像)はもっていたが、公開には踏み切っていなかった」というようなことをおっしゃっているのだと思います。 だから私がリードしたんです。 我が物顔でスクープを打たせれませんからね。 私の価値は文章力より情報分析と情報収集なんです。 ちょうど芸能界のスキャンダルについての書籍を執筆してましたしね。 追随なんてさせませんよ。 でもこの問題を掘り下げた所で意味がないんです。 誰も幸せにならないでしょう。 持っている情報は誰よりも先に出したいですよね。 なぜ吉本闇営業をリークしたのか? 吉本闇営業問題の原因となった忘年会があったのは、2014年12月27日のことです。 発覚したのが2019年6月ですから、約4年半前の話が今になって出てきたということです。 これは、非常に不自然なかんじが私はしています。 イリエコネクションの実態 入江は2015年10月にイベントの立案企画などを行う会社「イリエコネクション」を設立。 吉本興業も協力し、自治体や行政関連の講演会などを行うようになった。 「急によそよそしい態度を取り始めた。 それを面白く思わない人物もいた」。 出典元: この記事で重要なことをまとめると• 入江さんの会社「イリエコネクション」に吉本興業もかかわるようになった• ヤバい人脈を避けるようになった• 闇営業で入江さんはマージンを半分以上とっており、芸人仲間からも批判的な声があった という3点です。 イリエコネクションと吉本興業 吉本興業は2011年の島田伸介さんに始まり、反社会的勢力と関わらない方向にもっていこうとする動きがあります。 吉本興業は1912年に創業され、比較的古い組織体制で運営しているように思います。 例えば、所属している芸人との間で正式な契約をしていないということも、古い組織運営の1つなんじゃないでしょうか。 そういったこともあり、 反社会的勢力と一線を引こうとしていたと私は予想します。 「イリエコネクション」が反社会的勢力と関わっていて、吉本興業全体のイメージダウンにつながってしまうと困りますよね。 だから、早めに対処しようとしていたのだと考えます。 イリエコネクションと反社会的勢力 一方、反社会的勢力が入江さんに近づいたのは、たぶんお金になるからだと思います。 今回は入江さんを介して、反社会的勢力がお金を払って芸人さんたちに忘年会の芸をお願いしました。 一見、芸人さんたちがトクしているように見えますが、逆です。 反社会的勢力からしたら、 忘年会の様子を映像や画像として残しておくことで、入江さんたち 芸人さんたちを脅したりすることができますよね。 また、この忘年会がきっかけで、入江さんの人脈を使って 芸人を広告塔にして金儲けなんてこともしようとしていたかもしれません。 イリエコネクションと吉本に報復した反社会勢力 反社会勢力からしたら、 「イリエコネクションはせっかくの金づるなのに吉本が邪魔する!もう!」なんだと思います。 だから、入江さんと吉本に報復として反社関係者が「闇営業忘年会動画」をテレビ局にリークしたという流れだと予想します。 吉本は入江を切りたかった こんな見方もできると思います。 イリエコネクションの立場を「闇営業(直営業)」の仲介者とみることができます。 つまり、「吉本」という本来の事務所を通さず、代わりに「イリエコネクション」を通すということです。 今回の反社会勢力の忘年会の依頼を受けたように。 これを見て吉本はどう思うでしょうか? たぶん、多くの芸人から批判的な声があるくらいですから、吉本も入江さんを解雇したかったと考えていたかもしれません。 だって、吉本が手に入れられるはずの仲介料が取られるのですから。 ちなみにですが、吉本は所属芸人のギャラ(テレビ番組や劇場出演料、グッズ販売など)の90%を取っているそうです。 入江さんを解雇することにより• 反社会勢力との関係を切ることができる• 闇営業(直営業)のビジネスをつぶすことができる まぁ、個人的には吉本が入江さんを解雇した後でも、「闇営業の仲介者」としてイリエコネクションは残りそうな気がしますが。

次の

沖田臥竜の前科は殺人じゃなくて傷害致死?親分や刺青の画像は?

おきたがりょう

記憶に新しいのが2015年。 現場に残されていた粘着テープの指紋の採取に成功した時だ。 各メディアも、一斉にその模様を報じている。 被害者2人を縛りつけていた粘着テープはニチバン社製で、事件の約2カ月前から、東京、埼玉、千葉、神奈川、山梨のコンビニエンスストアなどで販売されていた。 事件発生時に、粘着テープに指紋の一部が残されていることは発見されていたものの、当時の技術では、その指紋を検出することができなかった。 それほど粘着テープに残された指紋の検出は困難だったのだ。 しかし、警視庁は2010年以降、特殊な液体や剥離剤を使うなどの試行錯誤の上、ついに粘着テープに残された指紋を検出することに成功したのである。 そして採取した指紋が、捜査の進展をもたらすことになる。 1人の男が捜査線上に浮上したのだ。 警視庁が検出した指紋を警察庁の指紋データベースと照合した結果、事件当時、多摩地区に住んでいた男のものとほぼ一致したのだ。 捜査本部が色めき立ったことは想像に難くない。 画像は「Getty Images」より引用 だが、決定的な問題があった。 指紋は、特徴となるべき12点全てが一致して初めて同一人物と認定できることになっている。 この男については、そのうちの8点しか一致しなかったのだ。 ただ、残りの4点が一致しなかったわけではない。 検出された指紋が不鮮明過ぎて確認しきれなかったのだ。 当時マスコミでも報じられた通り、8点でも一致すれば相当高い可能性で特定されたと見てよいだろう。 だが、 該当した男はすでに病死していた。 この男は生前、タクシードライバーなどの仕事をしながら、暴力団関係者との交友関係のほか、拳銃などを入手できると周囲に吹聴していたという。 「限りなく怪しい」 証言を集めた捜査員らがそう思うのも無理はなく、こうした情報を入手したマスコミが、事件解決を見据えて報じたのももっともである。 だが、加熱するかと思われた報道は、しばらくすると一気に鎮静化し始める。 その理由は、あくまで12点の指紋線が一致しなければ法的な証拠能力がなかったことに加え、さらに後の捜査で、 事件当時、男には別の場所にいたことを裏付けるアリバイが判明したことにあった。 そのアリバイから、少なくとも事件発生の時間帯には、男はスーパーナンペイには来ていないと判断されたのである。 アリバイが成立したことで、男が実行犯である可能性は極めて低くなった。 こうして「指紋の男」は、有力容疑者から脱落していったのだった。 だが、警視庁の捜査により、男には、 悪事を働く際に相棒としてよく連れ立っていた元同僚が存在することが判明した。 そこで、この「指紋の男」と入れ替わるようにして、相棒の男が捜査線上に浮上することになった。 この男は事件当時、粘着テープが販売されていた地域で暮らしていた。 当然、このことは警察も把握しており、男に関して捜査が続けられることになった。 だが、男が事件に関わっていたとする証拠はいまだ何も見つかっていない。 結果として、「指紋の男」と「相棒の男」の犯人説は、今も潰しきれていないままとなっている。 「指紋の男」はアリバイがあるので実行犯ではないが、事件に関わっていなかったとも断言できない。 「相棒の男」も怪しくはあるが、証拠はない。 白とも言えないが、黒とも断言できない。 ゼロとは言い切れない可能性が、そのまま残っているということだ。

次の