次亜塩素酸はコロナに有効?。 次亜塩素酸水の新型コロナウイルスに対する殺菌効果と安全性

次亜塩素酸水、新型コロナへの有効性は確認されず→ちゃんとした濃度の次亜塩素酸は大丈夫ですよ

次亜塩素酸はコロナに有効?

製品評価技術基盤機構 NITE は、新型コロナウイルスへの消毒目的として利用されている「次亜塩素酸水」について、現時点において「新型コロナウイルスへの有効性は判断できない」との中間結果を公表した。 特に、噴霧での利用は安全性が確認されていないと注意喚起している。 新型コロナウイルスに対して有効なアルコール以外の消毒方法の有効性を検証する調査の一環で、界面活性剤 11種とともに、次亜塩素酸水 電気分解で生成したもの で検証試験が行なわれた。 国立感染症研究所の次亜塩素酸水の検証試験では、一部のサンプルで感染価減少があったが、北里大の検証試験では、ウイルス不活化効果は認められなかったという。 NITEは今回の試験では「次亜塩素酸水 電気分解によるもの についての有効性は判断できない」とし、引き続き評価を進める。 また、次亜塩素酸水として販売されている製品は、製法 電気分解、混和等 や原料が明記されておらず、液性をpH値によって明記しないものも多く、安全性も根拠不明なものが多いと指摘。 特に噴霧での利用について、注意を促す文書を公表。 NITEの調査で販売状況を確認できた81品目中、66品目が空間除菌を謳って販売しているが、空間噴霧については、ウイルス除去性能の評価方法が国際的に確立されておらず、また、次亜塩素酸水の噴霧が「換気によるウイルス排出や、『3密』回避による感染防御よりも有効とする分析は、発見されていない」としている。 同様に消毒液噴霧による人体への安全性についても、確立された評価方法が無く、消費者からの事故情報データバンクには「次亜塩素酸 水 の空間噴霧による健康被害」と捉えられる報告が届いていることなどを指摘している。 【訂正】記事初出時に、タイトルを「新型コロナへの有効性は確認されず」としておりましたが、継続して評価が進められるため、タイトルを変更。 追記しました 30日1:00 新型コロナに有効な界面活性剤を追加 なお、新型コロナウイルスに対して有効な界面活性剤の検証も進めており、新たに塩化ベンゼトニウム 0. 01%以上 も有効と判断。 有効と判断された界面活性剤は、以下の7種。 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム 0. アルキルグリコシド 0. アルキルアミンオキシド 0. 塩化ベンザルコニウム 0. 塩化ベンゼトニウム 0. 塩化ジアルキルジメチルアンモニウム 0. 01%以上• ポリオキシエチレンアルキルエーテル 0. 2%以上 これらを含んだ住宅・家具用洗剤のリストも公開している。 ただし、これらは身近な物の消毒用で、手指・皮膚には使用してはいけない。 スプレーボトルでの噴霧も行なわないよう呼びかけている。

次の

次亜塩素酸水は新型コロナに有効だった

次亜塩素酸はコロナに有効?

緊急事態宣言が解除され「新しい生活様式」に基づいた感染対策が奨励されています。 新型コロナウイルス感染症は新しい感染症であり、これまでの感染対策の常識が通用しない(発症前から感染性がある、など)部分があるため、みんなが模索しながら感染対策を進めているところです。 しかし、そんな弱みにつけ込んでか、本当に善意でやっているのか分かりませんが、消毒薬を噴霧する機器を飲食店や学校・美容院に置くようにすすめる訪問販売・通信販売があるようで、医療機関にも営業に来ているようです。 居酒屋チェーン店でも、入店前に次亜塩素酸水を浴びる謎の装置をくぐることを求められるお店もあるようです。 kichiri. pdfより これは居酒屋チェーン店が悪いわけではなく、根拠なく謎の装置で除菌できると喧伝して商売をしている業者が悪いと言わざるを得ません。 さらには!筆者の友人のご家族が美容院で買わされたという次亜塩素酸水スプレーには、このようなチラシが付属していたそうです。 次亜塩素酸水スプレーに付属していたチラシ(筆者の友人提供) ちょっと見にくいかもしれませんが「次亜塩素酸水の使い方」として様々な間違った使い方が紹介されています。 ニキビやアトピーにって・・・かゆみ止めってことなんでしょうか。 それよりも空間除菌に飽き足らず、口の除菌・・・しまいには目の除菌まで! 危険ですので絶対にやめてください! そもそも消毒薬を空気中に噴霧して使うことはありません。 使用目的は「物の表面」の消毒です。 空気中に噴霧すると人が吸い込む可能性があり危険です。 業者は「次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムと違って安全です!食品にも使えるくらいですから!」というセールスをしているようですが、。 口に入れることを前提に使われるものではありません。 ということで、ついに経済産業省が「『次亜塩素酸水』の空間噴霧について(ファクトシート)」を発表しました! ぜひ内容をご一読いただければと思いますが、清々しいほどにぶった切ってくれています。 大事な部分を引用します。 「次亜塩素酸水」の空間噴霧について(ファクトシート) ・現時点において、「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスへの有効性は確認されていない ・消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない。 これは、肉体的にも精神的にも有害である可能性があり、感染者の飛沫や接触によるウイルス感染力を低下させることにはならない(WHO) ・消毒剤噴霧は、空気や表面の除染のためには不十分な方法であり、一般衛生管理には推奨されない(CDC) ・人がいる状態で空間・空気に対して消毒を行うべきではない(中国国家衛生健康委員会) ・消毒液噴霧による人体への安全性については、確立された評価方法が存在していない 「次亜塩素酸水」等の販売実態について(ファクトシート) ・液体の販売にあたって、製法(電気分解、混和等)や原料が明記されていないものが多い。 ・液体の販売にあたって、製造日及び使用可能期間、使用可能期間中における次亜塩素酸濃度の低減について明記していないものが多い ・食品添加物であることを根拠として、人体への安全性を謳っているものがある。 ・有人空間での「次亜塩素酸」等の噴霧によるウイルス対策が、公式に認められていると誤認させるような表示を行う例がある というわけで、次亜塩素酸水を噴霧するのは効果も不明ですし有害な可能性があり、現時点では推奨されません。 ましてや口や目の消毒には使わないようにしましょう。 このファクトシートにも健康被害と思われる報告について記載があります。 行政指導の対象となった事例の概要表示の例 ・身につけるだけで、空間のウイルスを除去 ・身につけるだけで1m2の空間除菌 ・携帯することで、オフィスや会議室などで除菌・消臭できます ・通勤時の予防として、除菌・消臭いたします ・電車やバスの中、各種施設の中などで、空間に浮遊するウイルス・菌・臭いを除去します 身につける系の空間除菌だけでなく、置いておく系の空間除菌グッズも除菌効果は証明されていません。 ましてや新型コロナウイルスに対する有効性は完全に不明です。 もし本当に効果があるのであれば、病院をはじめ全国どこにでもこれらの空間除菌グッズが即座に配備され、日本国内から新型コロナが排除されているはずですが、そうなっていないということはそういうことです。 世の中、そんなに都合のいい感染対策はなく、手洗いや咳エチケット、3密を避けるといった基本的な感染対策を行うしかありません。 悪徳業者や過大広告に騙されることなく「新しい生活様式」における適切な感染対策を行っていきましょう。

次の

新型コロナウイルスに有効な界面活性剤及び次亜塩素酸水を公表します(最終回) (METI/経済産業省)

次亜塩素酸はコロナに有効?

報道発表資料 発表日: 令和2年6月26日 金 タイトル: 新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について最終報告をとりまとめました。 ~物品への消毒に活用できます~ 発表者名: 独立行政法人製品評価技術基盤機構 消毒手法タスクフォース 資料の概要: NITE(ナイト)[独立行政法人 製品評価技術基盤機構 理事長:辰巳 敬]は、第5回「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」を6月25日に開催し、新型コロナウイルスを用いた候補物資の有効性評価結果の最終報告をとりまとめました。 今まで公表済みの結果に加え、新たに2種の界面活性剤、及び一定の濃度以上の次亜塩素酸水が、新型コロナウイルスの消毒に対して有効であることが確認されました。 1.独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は、経済産業省の要請を受け、新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、家庭や職場におけるアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすため、上記検討委員会を4月に設置し、消毒方法の有効性評価を進めてきました。 2.昨日6月25日、最終回となる第5回検討委員会を開催し、国立感染症研究所、学校法人北里研究所、国立大学法人帯広畜産大学、国立大学法人鳥取大学及び一般財団法人日本繊維製品品質技術センターと共同で進めていた新型コロナウイルスを用いた検証試験結果について審議を行い、最終的な報告をとりまとめました。 結果の概要は、以下のとおりです。 (赤字部分が、今回委員会で新たに判断された事項です。 ) 1 界面活性剤は次の9種を有効と判断しました。 ・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0. ・アルキルグリコシド(0. ・アルキルアミンオキシド(0. ・塩化ベンザルコニウム(0. ・塩化ベンゼトニウム(0. ・塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0. 01%以上)• ・ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0. ・ 純石けん分(脂肪酸カリウム(0. 24%以上)• ・ 純石けん分(脂肪酸ナトリウム(0. 22%以上) 2 次亜塩素酸水は、以下のものを有効と判断しました。 3.今回の検証結果のとりまとめにより、新型コロナウイルス対策のための家庭や職場における消毒方法の選択肢がさらに広がることを期待いたします。 4.本発表に関連する資料• ・「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価(最終報告)」• ・上記報告の概要ペーパー• ・その他、第5回委員会の資料• (参考1)検討委員会について• 「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」• 委員長: 松本哲哉 国際医療福祉大教授(日本環境感染学会副理事長)• 委員会の構成: 国立研究所/大学の学識経験者、関係団体他• オブザーバー: 厚生労働省、経済産業省他• (参考2)委員会の検討経緯• 第1回(4月15日) 検討開始• 第3回(5月21日) 界面活性剤5種について有効と判断。 第4回(5月28日) 新たに界面活性剤2種(計7種)について有効と判断。 なお、「次亜塩素酸水については、今回の委員会では判断に至らず、引き続き検証試験を実施することとされました」。 5月29日プレスリリース文より.

次の