クイズノック 中上。 『着回しシンプルシャツ型タンクトップ』【 タンクトップ レディース インナー トップス キャミ ロング丈 ラウンド シャツ型 コットン100% 春 夏 秋 冬 年中 】※メール便可※【10】

フレドリック・ブラウンのおすすめ作品5選

クイズノック 中上

山瀬まみの経歴 山瀬まみさんは、 1969年10月2日、埼玉県の出身で、2020年5月現在の年齢は、50歳となっています。 子供のころから芸能界に入ることをめざしていたという山瀬まみさんは、ホリプロタレントスカウトキャラバンで優勝したことによって、芸能界デビュー。 そしてシングル「メロンのためいき」のリリースによって、歌手としてデビューをはたしました。 2020年現在、すっかり司会者のイメージが定着した山瀬まみさんではありますが、デビュー当時はアイドルで、「国民のおもちゃ新発売」という、聞いたことがないような斬新なキャッチコピーだったのです。 歌手としては、「セシリア・ Bの片想い」、「Heartbreak Cafe」、「Strange Pink」、「怪傑ぶんぶんガール」、「可愛いゝひとよ」といった曲を発表していきました。 山瀬まみさんはやがて、歌手だけにとどまることなく、声優としても、アニメ映画『ブレイブ・リトル・トースター』でデビュー。 また、女優としても、 1987年にドラマ『同級生は13歳』への出演によって、デビューすることになります。 以後、映画では、『釣りバカ日誌』、『丹波哲郎の大霊界 2 死んだらおどろいた!! 』、『白い手』、『Jリーグを100倍楽しく見る方法!! 』など。 ドラマでは、『オレの妹急上昇』、『熱っぽいの! 』、『ツヨシしっかりしなさい』、『なまいきスチュワーデス物語』、『愛してるよ! 先生』などに出演しました。 そんな山瀬まみさんは、アイドルとしてはあまり伸びなかったものの、『テレビ探偵団』でブレイクしたことで、徐々にバラエティー番組で活躍していき、バラエティーアイドルとして知られていくことに。 これ以降、『ブロードキャスター』、『新婚さんいらっしゃい! 』などといった番組で、さらに欠かせない存在になっていき、金鳥のCMの河童の着ぐるみ姿でも、国民的に浸透していきます。 これまでに出演してきたテレビ番組は、『天才! 志村どうぶつ園』、『火曜サプライズ』、『森田一義アワー 笑っていいとも! 』、『ものまねバトル』、『アッコにおまかせ! 』など、多数。 また、 2012年には、ひらつか観光大使に起用されるなど、タレント活動以外でも活躍していきました。 山瀬まみの旦那の中上雅巳との馴れ初め 山瀬まみさんが結婚した旦那は、俳優の中上雅巳さんです。 中上雅巳さんは、 1972年2月19日、東京都の出身で、2020年5月現在の年齢は、48歳となっています。 では、そんな 2人の馴れ初めとは、何だったのでしょうか。 それは、『森田一義アワー 笑っていいとも! 』での共演でした。 山瀬まみさんはタレントとして、中上雅巳さんは「いいとも青年隊」として出演していたのですね。 中上雅巳さんは、もともと山瀬まみさんのファンだったといいますから、結婚できてうらやましい限りでしょう。 2人は1999年に結婚し、結婚生活は、2020年現在、21年にも及んでいました。 あいだに子供はいないそうですが、これからも仲良くやっていってほしいものですね。 山瀬まみの現在の仕事 2020年現在、山瀬まみさんの仕事はどうなっていたのでしょう。 バラエティー番組は、『新婚さんいらっしゃい! 』、『天才! 志村どうぶつ園』、『火曜サプライズ』となっていました。 いずれも長期間レギュラー出演していますから、さすがですね。 『天才! 志村どうぶつ園』においては、とくに、志村けんさんが亡くなったこともあり、今後、山瀬まみさんの存在感はますます増していくことでしょう。 以上、山瀬まみさんについて迫ってみました。 なかなか、彼女のイメージとはかけ離れたネタもあって、おどろきでしたね。 そんな山瀬まみさんが、これからも視聴者に元気を与えてくれることに期待しましょう。

次の

小川彩佳アナの経歴|夫の豊田剛一郎との馴れ初めから年収と会社メドレーの場所や事業内容まで

クイズノック 中上

期末期首特番 春・秋の番組改編期と年末年始の年3回(1990年のみ4回)、基本2時間・年末年始は2時間半(1989年年始は1時間半)の特番が放送された。 番組タイトルは放送の時期が反映され、それぞれ『クイズ 正月はSHOW by ショーバイ!! 』、『クイズ 春満開SHOW by ショーバイ!! 』、『クイズ 秋本番SHOW by ショーバイ!! 』、『クイズ 年末はSHOW by ショーバイ!! 』(特番開始当初から1990年までは、春の場合「 4月は」(1989年春)または「 春休みは」(1990年春)となっていた。 また、秋も同様に「 10月は」(1989年・1990年秋)となっていた)などと題された。 司会者の逸見政孝とレギュラー解答者の山城新伍をキャプテンとして「 逸見チーム」と「 山城チーム」に分かれてクイズを行う対抗戦形式。 番組開始当初からの「クイズ番組初司会、人のよい逸見政孝」と「逸見にちょっかいを出してからかう解答者代表・山城新伍」という対決構図から発展したものであり、年間最高視聴率ランキングに毎年登場するほどの人気特番となった。 この特番ではレギュラー回では解答者として参加している山城が司会に回り、逸見と山城によるダブル司会の形で番組を進行する。 レギュラー回で司会として参加している渡辺は逸見チームの解答者として参加。 逸見、山城共に基本的には司会者の立場ではあるが、問題によっては問題と答えが本番前に教えられていない状態で他のチームメイトと一緒に解答を行う、いわば「司会兼任解答者」として出演した。 逸見が番組を降板して出演しなかった1993年の秋と年末の特番についてもチーム名は「 逸見チーム」のままで、司会、及びチームキャプテンは渡辺正行が務め 、通算での対戦成績もそれまでの逸見チームのものに合せて計上された。 福澤朗が2代目司会者に就任した1994年春と秋の特番は、福澤が率いる「 福澤チーム」と「 山城チーム」の対戦として同様の形式で行った。 番組タイトルが『新装開店! 』になって以降の特番(1994年年末から)は解答者を男女に分けての紅白対抗戦、あるいは「 山城チーム」と上岡龍太郎が率いる「 上岡チーム」との対決となり、山城は解答者としてのみの出演、福澤ら司会者は司会に専念して解答者チームのメンバーに加わらなくなった。 また、特番のタイトルも『新装開店! SHOW by ショーバイ!! 』の後に「紅白年末大繁盛スペシャル」などとサブタイトルを付す形となった。 放送時間は基本的に春と秋には2時間(19:00 - 20:54)、年末年始には2時間半(18:30 - 20:54)だった(なお、1990年・1991年・1995年の年末は2時間だった)。 なお、1994年年末以降は両チームの解答者数が毎回変更された。 1992年年末の特番は、逸見チームが負けた場合、逸見が山城新伍と司会の座を交代するというタイトルマッチとして行われた。 結果は逸見チームが勝利し、逸見は司会の座を守った。 ルール 一方のチームから相手チームに出題する筆記問題(司会である逸見、山城もそれぞれ解答)や両チーム対抗の早押し問題、司会も含めた全員参加のウソつき4択などで対戦。 問題が終わったら両チームそれぞれ、正解者の中から代表1名が司会者席のミリオンスロットに挑戦。 『新装開店! 』時代の特番では殆どの問題で正解した際に獲得できるショーバイマネーが予め決まっており、スーパーミリオンスロットが使われる機会はほぼ無かった。 賞品は、当初はナゲット金貨などのレギュラー回で売り上げNo. 1に与えられるものと同じものを優勝チーム全員に授与、後にチームに1つ番組特製100万円のゴールドプレートを授与するようになる。 『新装開店! 』以降の特番では賞品は100万円のゴールドプレートではなくなった。 番組宣伝 1993年春までの特番の予告では本編とは別にPR用の映像を収録しており、逸見と山城が様々なキャラクターに扮しコント仕立ての番組宣伝を行うのも恒例となった。 また、引き立て役として司会の渡辺正行をはじめ、他の解答者も出演した。 『 クイズ正月はSHOW by ショーバイ!! 』 山城が渡辺と司会者席に立っている所に腕を縛られ口に猿ぐつわをされた逸見が割って入り、渡辺の手でこれを解かれた逸見と山城が口げんかを始める。 「酷いじゃないですか! 」と言う逸見に対し山城は「司会のあなたが酷いから代わってあげようって」と返す。 逸見対山城の構図とダブル司会であることを印象付けるCMであった。 『 クイズ10月はSHOW by ショーバイ!! 』 逸見牛若丸()VS山城弁慶()• 『 クイズ正月はSHOW by ショーバイ!! 』 逸見スーパーマン()VS山城バットマン() この時、逸見は家族を驚かそうとスーパーマンの格好のままで帰宅したという。 また、この収録で逸見は宙吊りになった際に腰を痛めたため、その後数回のレギュラー放送分では座ったまま司会をしていた。 1990年『 クイズ春休みはSHOW by ショーバイ!! 』 逸見小次郎()VS山城武蔵() この回の番宣では山城が宙吊りで上昇するも、船の(ウレタン製)の先端が折れるというハプニングが発生した。 1990年『 クイズ10月はSHOW by ショーバイ!! 』 逸見ジャイアンツ()VS山城ライオンズ() が巨人VS西武だったため。 『 クイズ春満開SHOW by ショーバイ!! 』 逸見アンパンマン()VS山城ばいきんまん()、渡辺、野沢 本編では両チームのメンバー入場時、逸見チームは「」、山城チームは「いくぞ!ばいきんまん」がBGMとして流れた。 1991年『 クイズ秋本番SHOW by ショーバイ!! 』 逸見花田()VS山城錦()、渡辺、山瀬• 1991年『 クイズ年末はSHOW by ショーバイ!! 』逸見4択ロースVS山城、渡辺、山瀬 放送日がクリスマス• 『 クイズ春満開SHOW by ショーバイ!! 』 逸見金太郎()VS山城桃太郎()、渡辺、山瀬、高田• 1992年『 クイズ秋本番SHOW by ショーバイ!! 』 逸見ピーターパン()VS山城フック()、渡辺ワニ、山瀬海賊、高田 CMのBGMは、この年の6月(アメリカでは昨年の12月)に公開された映画『』のBGMが使用された。 1992年『 クイズ年末はSHOW by ショーバイ!! 』 「逸見政孝・ショーバイ司会降板!? 」という情報に驚く出演者の表情と逸見VS山城 司会交代タイトルマッチ記者会見の様子を流すワイドショー風のCM• 『 クイズ春満開SHOW by ショーバイ!! 「 100萬男」:明石家さんまが1991年10月9日放送の『クイズ秋本番SHOW by ショーバイ!! 』にて、ラストクイズ「いっつみいのウソつき4択」のラストスロットで100萬を出し、逸見チームを大逆転勝利に導いたことから名づけられる。 「 破産男」:江川卓が1993年10月13日放送の『クイズ秋本番SHOW by ショーバイ!! 』で「順金クイズ」、ミリオンスロットで「破産」を出したことからこの名がついた。 同年12月29日放送の『クイズ年末はSHOW by ショーバイ!! 』では、順金クイズで破産を引く。 また、世界のホテルマン早押しクイズでは江川・ヒロミの2人が正解し、2人でミリオンスロットを押したが結果は5萬であった。 しかし、この放送では最後の最後に山城チームの高田純次が破産を出したため逸見チームの大逆転勝利となった。 その他のスペシャル 『』 に放送された同じ日本テレビ系のクイズ番組『』との合体番組。 両番組からクイズが出題され、両番組の解答者がペアを組んで問題に挑んだ。 この「『SHOW by ショーバイ!! 』と他番組の合体」という発想が、後の番組対抗特番(『』)の企画へと活かされていった。 司会:逸見政孝・• 出演:山城新伍・、・、野沢直子・ジャイアント馬場、渡辺正行・清水ミチコ、・ 『史上最強クイズ番組決定戦 クイズ世界はSHOW by ショーバイ!! VSマジカル頭脳パワー!! 夢の対決!! 』 の『』にて放送された同じ日本テレビ系のクイズ番組『』との番組対抗戦。 クイズは両番組から出題され(得点加算にはSHOW by ショーバイ!! のミリオンスロットを使用し、得点単位もSHOW by ショーバイ!! の「萬」に統一された)、また両番組のセットも用意されて(司会者席から向かって左側がSHOW by ショーバイ!! のセット、右側がマジカルのセット。 ただし、マジカル側のセットは司会者席の配置の都合上、通常とは並びが逆であった)解答者同士のコートチェンジも行われた。 優勝賞品も負けた番組の看板商品が勝った番組の出演者に贈呈されるシステムだった(『マジカル頭脳パワー!! 』チームが勝利した場合は「100万円のゴールドプレート」が、『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!! 』チームが勝利した場合は「マジカルミステリーツアー」がもらえるルールであった)。 最終成績はクイズ世界はSHOW by ショーバイ!! チーム・525萬VSマジカル頭脳パワー!! チーム・550萬でマジカル頭脳パワー!! チームが勝利し、罰ゲームとして逸見政孝が同年に放送された『マジカル頭脳パワー!! 』にゲスト出演した。 また、その際に逸見との勝負に負けたが同年に放送された『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!! 』にとして出演した。 司会:逸見政孝・渡辺正行・板東英二・• 『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!! 『マジカル頭脳パワー!! 逸見さんに捧げる逸見さんスペシャル』 に放送された初代司会者(店長)・逸見政孝の追悼番組。 クイズは出題されず、約5年間続いた逸見店長時代の名場面を振り返っていくという形式で番組が放送された。 番組の途中からは逸見の長男であるもゲスト出演。 ラストでは、「 逸見さん 本当におつかれさまでした」というテロップと共に、シンキングタイムに入る際の「さぁ、みんなで考えようー! 」の掛け声を笑顔で叫ぶ逸見の映像が挿入された。 司会:山城新伍・渡辺正行• 出演:山瀬まみ、高田純次、ジャイアント馬場、川合俊一、蛭子能収、峰竜太• ゲスト出演:逸見太郎 『8年間ありがとう! SHOW by ショーバイ!! 大感謝スペシャル』(最終回スペシャル) に放送された最終回スペシャル。 当時のレギュラー解答者に加えて、降板していた山城が解答者として出演し、ジャイアント馬場もの自身の試合が終わってからスタジオに駆けつけた。 その他にも野沢がVTR出演した他、山瀬まみ・キャイ〜ン・浅野ゆう子・蛭子能収・立川志の輔が花束を、明石家さんまと島田紳助が花輪を贈った。 クイズの内容は8年間にわたって放送された番組内での名珍場面集から出題され、最後に山城が挨拶を述べて番組の最後を飾った。 最後の「スーパージャックポットクイズ」は1995年12月20日放送回で久本雅美がピタリ正解以後、実に9ヶ月間出なかったピタリ正解を井森美幸が出して有終の美を飾った。 司会:福澤朗・渡辺正行・久本雅美• 出演:山城新伍・井森美幸・ジャイアント馬場、上岡龍太郎・中村あずさ、高田純次・瀬戸朝香、清水圭・羽野晶紀、川合俊一・加藤紀子、リサ・ステッグマイヤー・グレートチキンパワーズ• VTR出演:野沢直子• この時は病名を穿孔性と偽って公表した。 1991年春放送の『4月は人気番組でSHOW by ショーバイ!! 』では、その「わくわく動物ランド」司会のが「」チームの一員として出演、逸見との初共演を果たしている。 この回は、山瀬まみが野沢直子に代わる新レギュラー解答者となった最初の回でもある。 ただし、ミリオンスロットに表示されている番組タイトルは『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!! 』のままだった。 初回は全員の解答の後に行われた。 また、BGMは開始から数回は司会者の絵から解答者の絵になってBGMが流れたが、後に司会者の絵の切り替えと同時に流れた。 第1問目において、正解者は山城新伍と高田純次の2人だけだった。 山城は横取り40萬、高田は10萬を出して正解したが、横取りの処理の時点でショーバイマネーを持っているのは高田だけであり、この結果、山城は高田の持っている10萬しかもらえなかった。 犠牲チームは1992年秋では『』、1993年秋では『』(前回1993年春の優勝チーム。 決勝進出スロットでが破産を出してしまい、が自らのギャグである「聞いてないよォ! 」を披露した)、1994春では『』(決勝進出スロットのダブルチャンスの2回目でが破産を出してしまい、同番組の司会のにどつかれた)、1994秋では本番組。 分配制度が廃止された旨は放送上、明確な説明が無かった。 リニューアル後3回目の放送分にて蛭子能収が破産を出しているが分配は行われず、以降は破産が出ても分配が行われることが無かった。 この際、大番頭代理は明石家さんまが務めたが、チームのメンバーからはさんまがキャプテンのように扱われていた。 優勝チームの中で誰がゴールドプレートを持ち帰るかをミリオンスロットを叩いて決めている様子が、本編終了後の提供バックで放送されたことがある。 例として、1994年年末の特番では200万円相当の金塊。 番組内では「200万円のゴールドプレート」と紹介されたが、長らく使われた100万円のゴールドプレートのように独自のデザインが施されている訳ではなく、所謂「金の延べ棒」であった。 通常は正解に関係する映像が流れるが、時によっては本当にヒントになるか分からないものも多かった。 中には、字幕表示で正解の文言(一部伏字)が流れ、その伏せられた部分を答えるという事例もあった。 連続ではないが、レギュラー回では「超ウルトライントロヒント」が1問につき2度流れたことがある。 入札額より多い売上を持っていない場合はショーバイマネーを前借りし、正解してショーバイマネーを得た際に返済した(実例として、田中義剛が売上0でありながら20萬で落札し、その後正解で獲得した20萬で返済)。 『笑ってヨロシク SHOW by ショーバイ!! 』や番組対抗特番ではパートナーだった野沢直子がこの方法で解答していた。 なお、1991年3月27日放送、1992年3月25日放送の『クイズ春満開SHOW by ショーバイ!! 』では「新伍のウソつき4択」として出題されたこともある。 当初は500円玉のみ。 後に100円玉、10円玉なども使われるようになる。 当初は右から左へ横にスライドするシャッターを手動で動かして隠した。 ラストクイズとして再登場した際に自動で各桁を隠すシャッターが下りるようになった。 スーパージャックポットマシーンは「硬貨をいくら放出したか」をカウントしているので、実際には器に収まらなかった分の硬貨も含めていくら放出されたかを当てることになる。 シャッターが手動式の頃は、左から右に開けて大きい位の数字から発表した。 当時は500円玉しか使用していなかったので、枚数にして20枚までの差。 但し、この時正解した羽野晶紀はこの時点での売り上げが0だったので、本来は2倍しても0のままだが、おまけとして5萬が与えられた。 該当者は高田純次だったが、その時点での売り上げは0だったので結果として変動なし。 正解発表の際に「オープン ザ・キロー(kg)!」と叫んだり、一部BGMもスーパージャックポットクイズと同様の物が使われたりなど、随所に名残が見られていた。 一例として、テーマが「口でかせぐ商売」の回(1993年4月28日放送分)ではに因んで、、の製造工程が出題された。 稀にテーマと無関係のものが出題されることもあり、その場合はクイズの前に逸見から告知があった。 春、秋共に、一軍席決め早押しの段階では福澤は登場していなかった• テレビ朝日系列と日本テレビ系列(この当時は、NNS非加盟)のクロスネット局であった時代は、非放送であったのちに土曜午後または平日15時台に不定期に放送されていたが、が開局した1991年4月から番組終了までは、同時ネットで放送された。 1990年4月開局から番組終了まで。 1990年3月までは、ので不定期に放送されていた。 1991年4月開局からから番組終了まで。 1991年3月までは、フジテレビ系列と日本テレビ系列のクロスネット局であった(現在は、フジテレビ系列マストバイ局)で放送されていた。 フジテレビ系列とのクロスネット局。 1993年9月までは、日本テレビ系列とフジテレビ系列とテレビ朝日系列のクロスネットであった同局(現在は、日本テレビ系列とフジテレビ系列のクロスネット局)で金曜夕方または土曜15:00から放送されていたが、が開局した1993年10月から番組終了までは、同時ネットで放送された。 1994年4月の開局から番組終了まで。 1994年3月までは、日本テレビ系列とフジテレビ系列のクロスネット局であった(現在は、フジテレビ系列マストバイ局)で放送されていた。 同じく当時日テレアナウンサーであった永井美奈子、と共にとして解答者側にも出演歴あり。

次の

山瀬まみの経歴|若い頃の幼いモテモテ画像|旦那の中上雅巳との馴れ初めや現在の仕事を調査

クイズノック 中上

フレドリック・ブラウンという作家を、皆さんはご存知でしょうか。 彼はSF黄金期を代表するアメリカの作家で、特に ショートショートの名手として知られています。 日本では 星新一や 筒井康隆がブラウンの作品に影響を受けたと自著で語っており、 SF発展の源になった作品を多数発表しています。 ブラウンの作品の特徴は、読者の 予想を裏切る展開です。 時には「ふざけた」と言ってしまいたくなるようなユーモア溢れる設定や結末もしばしば。 今回はそんな彼の作品の中から短編集3作、長編2作を紹介します。 amazon. 訳は「ショートショートの神様」星新一が担当しています。 『電獣ヴァヴェリ』 「ちきしょう。 電話はなくてもやっていける。 電灯のかわりに、ろうそくやオイル・ランプってのも悪くない……だが、稲妻が見られないと、淋しくなるな、ぼくは稲妻がとても好きなんだ。 ちきしょう」 地球に飛来した侵略者は電波と電気を食べる怪物でした。 世界は電気のない世界へと変貌し、蒸気機関や馬が動力として活躍するようになっていきます。 電気に囲まれた現代の私たちからは、電気のない世界に順応していく人々の姿は、楽しそうでもあり、どこか物悲しくも感じられます。 『ノック』 地球上で最後に残った男が、ただひとり部屋のなかにすわっていた。 すると、ドアにノックの音が…… 冒頭のこの文章自体が一つのショートショートにもなっている作品です。 地球最後なのに誰が? という疑問はすぐに説明されますが、最後まで読むとノックの意味が全く違うものになる不思議な作品です。 amazon. 福音館書店の10代向けSFシリーズ「ボクラノSF」から2009年に刊行されました。 『さあ、気ちがいになりなさい』と重複する作品も多いですが、 ユーモア溢れる作品が収録されています。 また、解説は作家の 椎名誠が担当。 平易な言葉でブラウン作品を解説しつつ、SFの楽しさを教えてくれます。 『星ねずみ』 そのねずみは生まれつきミッキーという名だったわけではない。 あるぼろ邸宅の天井裏や壁の裏に住みついている、なんの特徴もない平凡きわまる一匹のねずみにすぎなかった。 こんな冒頭ではじまるこの物語。 読者が想像してしまうかもしれない、 有名なねずみとは何の関係もありません。 名前を付けられ、ロケットに乗せられた一匹のねずみ。 ロケットは小惑星に不時着、異星人によってねずみの知能は高められ、地球に送り返されてしまうのです。 「前とうしろに、でかい黄色いボタン、二つずつついた、あざやかな赤の半ズボン。 あと足には黄色の靴。 前の足、いまとなれば手かな、そこに黄色い手袋。 ズボンのけつのほうには、尻尾を出す穴がございます」 オーストラリアなる小さな大陸、あまり人は住んでおらない。 あそこの人たち、よそへ移ってもらうにする。 人類の大損失にもならんじゃ。 ねずみの国とする。 マウストラリアと呼び、首都は記念にシドニーを変え、ディズニーと改称し… ……星ねずみの活躍は楽しく痛快です。 『闘技場』 「……いずれは、わたしのようになれるのだ。 きみらが侵入者と呼んでいる連中にも、その可能性はある。 だからこそ、この起こりかけた戦いに口出しをしようとした。 両軍の戦力は、ほとんど同じ。 とも倒れははっきりしている。 せめて、どちらかの種族は生き残らなければならない。 そして、進化し、高い段階へ達すべきだ」 異星人の侵略軍との艦隊決戦を目前に控えた地球防衛軍。 その隊員であるカーソンは、謎の存在によって、いきなり異星人と種族の未来を賭けた、一対一の戦いをすることになってしまいます。 自らを「進化の極限」と呼ぶ謎の存在によって、コミュニケーションもとれないまま、二つの種族の代表が疲弊しながら戦い続ける姿は理不尽さを感じずにはいられません。 この作品の発表は1944年であり、 第二次世界大戦の頃であることを考えながら読むと、より一層相手を殺すしかないこの戦いの 悲しさが際立ちます。 amazon. 奇抜な着想、驚きの結末はミステリーでも変わりません。 ただしこの本を読むときに 一つだけ注意が。 最後の作品 『うしろを見るな』だけは 一番最後に読むこと。 これを守らないとこの本を楽しめなくなってしまいます。 『闇の女』 「メアリ・ウェスタマンという名を使っているんです。 あの人がいつも二階の部屋で暗闇の中でじっとしているものだから、ミス・ダークネスと呼んでいるんですよ」 ある下宿に泊まりにきた謎の女。 彼女がやってきたのが、銀行強盗事件の直後だったため、下宿の面々は段々と疑いを深めていきます。 彼女は何者なのか、事件と関係はあるのでしょうか。 彼女が暗闇の中にいる理由について、想像をたくましくしてゆく下宿の人々の会話にも楽しまされる作品です。 『カイン』 おれは人殺しをしたことを悔やんでいるのか?いるとも、そうだとも!だが、正直に言って、はたしてこれが本心からの悔悛であるか、それとも人を殺したために起こった今までの結果と、これから起ころうとしている結果ゆえの単なる後悔であるのか?これから起ころうとしている結果、それは椅子だ、電気椅子、じりじりと焼き焦がす…… 弟殺しの罪で電気椅子での死刑を待つ男。 刑までの最後の数時間ぐらい、なんとか平静でいたいと思いながらも、恐怖はどうやっても消すことができません。 繰り返し描かれる 死刑への恐れは、読む人までその立場に置かれているかのように思わせるほどです。 そして、迎える結末。 極上の恐怖小説です。 『うしろを見るな』 印刷工ジュスティンと暗黒街の大物ハーリーとの偽札作りからの顛末を描いた 犯罪小説。 なんの変哲もない小男だったはずのジュスティンが暗黒街に足を踏み入れ、さらに復讐を誓って危ない人間へと変化してゆく様に、読む人は必ずドキドキさせられるでしょう。 amazon. 13年たったらおれも70か、とわたしは思った。 その前に、もう年寄りになっちまってるかもしれない。 今までの生き方が生き方だし、おまけに片足はもう墓の中に突っこんでいるんだから。 たとえではなく、実際に。 1997年、宇宙開発計画が中断された時代に、57歳の元宇宙飛行士マックス・アンドルーズは、いまだに星へのあこがれにとり憑かれていました。 無為な日々を送っていたマックスでしたが、木星探査計画を公約にしたエレン・ギャラガーの立候補をきっかけに、彼の人生はまた動き始めます。 再び動きはじめたマックスは公約実現のため、エレンの対抗馬のスキャンダルを盗み出します。 さらに探査計画の副監督になるため、空港長代理になり、猛勉強して工学の学位までとります。 凄まじい行動力で自分の夢に近づいていく、彼の姿には胸が熱くなります。 彼女は言った。 「あなた、わたしにはこんな星しか、あなたにさし上げられないのよ」 わたしは声をあげて泣きたかった。 いや、じつはちょっぴり泣いたのかもしれない。 ぼうっと目の前がかすんだところをみると。 そうだ、脱出だ。 このちっぽけな世界から、誰もかも脱出したくてうずうずしている。 この願望こそ、肉体的な欲望を満たす以外の方向にむかって人間がやってきたことすべての原動力にほかならないのだ。 ロケットは飛び立ちます。 それを見守る人々に宇宙への憧れを与えながら。 この物語は 一人の男が夢を追いかける話であると同時に、継承されていく 人類全体の夢、 進化への賛歌でもあるのです。 マックスの 粗雑な口調で語られる、 純粋なロマンに惹きつけられずにはいられません。 amazon. かれらは目つきがいやらしく、人をむかむかさせ、つむじ曲がりで、金棒曳きで、品性下劣、吐き気がしそうで、あまのじゃくで、ことごとに拗ねてみせ、ひねくれ者で、争いを好み、乱暴で、皮肉屋で、気むずかしく、平気でひとを裏切り、残忍このうえなく、野蛮で、ゆかしさにとぼしく、癇癪もちで、他星人(よそもの)ぎらいで、ぺちゃくちゃと騒々しく、わざと人間に嫌われるように、そして出くわす相手はだれかれの見境なく困らせてやろうと、互いにしのぎをけずっているのだった いきなり地球にやってきた火星人たちは、どこまでも地球人を困らせる、いたずら好きの小人だった、という SF長編。 この火星人たちは、壁をすり抜け、透視し、どこにでも現れます。 人々は彼らに生活のすべてを覗かれ、馬鹿にされ続け、どんどんストレスを貯めてゆきます。 そんな中、作家の主人公は発狂し、火星人を認識できなくなります。 みんなが見たくもない荒唐無稽な火星人をただ一人認識しないで生きる精神異常者。 果たして主人公は本当に狂人なのか、それ以外の人々のほうがおかしいのではないか。 「常識」とは何か、自分のいる場所がグラグラしてくる 不思議な小説です。 おわりに 奇抜な発想に、切れ味鋭いオチ、バリエーション豊かなブラウンの作品にみなさんもぜひ触れてみてください。 短編集にはほんの数ページの作品も入っているので、気軽に楽しめると思います。 ただし、繰り返しになりますが 『うしろを見るな』だけは 最後に読むことを忘れないでください。

次の