警察 官 挑発 動画。 【関東連合】邑井祐介のyoutube動画の内容【パズルを挑発】

【炎上】警察挑発動画が多数見つかりネット上で波紋…犯人特定も!逮捕はされないの?

警察 官 挑発 動画

人は何故、悪質動画を投稿したがるのか 悪質動画を投稿する人の心理を考えることで、得られること まず、 何故悪質動画を投稿するのか?を紐解くことにより、私たちが得られることがたくさんあります。 それは、 「ぱっと見、無利益に見える行動を、なぜ人はあえてするようになるのか」がわかるようになります。 自分がそういう傾向にある人や、そのような行動で被害を受けている方、子どもがやっていて困っている方など、身近に起こりうる出来事である可能性があります。 悪質動画にとどまらず、ちょっとした いたずらをする、 人が嫌がることをあえて言う、危険行動をする、法に反することをあえてする、なども、基本的には同じ考え方だと思います。 そうなると、視点の幅が広がりますよね。 是非他人事ではなく、自分のことだと思って読んでみてください。 「頭が悪いから」「目立ちたいから」では何の解決にならない 悪質動画を投稿することによって、会社の株が暴落したり、自分自身が解雇されたり、内定が取り消されたりしていますよね。 たった1本の動画投稿によって余波がいろんな場所に波及していきます。 そこを 「頭が悪いから」後先考えずに投稿してしまうんだ、とか 「目立ちたいから」ついついやっちゃうんでしょ、とか、現象を見たままの短絡的な捉え方で終わってしまっては、 何の解決にもなりません。 「頭が悪くて目立ちたがり屋」の人は、悪質動画を投稿してしまう、馬鹿だね~、で終わってはいけないのです。 そこには、 表面上には出ない人間の心理が必ず隠れています。 人間というものは、 何らかの目的を達成するために行動を起こす生き物であるという考え方から、 悪質動画を投稿するにも何かしらの目的がある、と考えてみましょう。 その 目的が何かを考えることで、私たちは様々なことを学ぶことができます。 悪質動画を投稿する目的は「承認欲求」を満たすため 他人に 認められたい 他人に 認知されたい 他人に すごい人だと思われたい 他人に 「あいつヤバイ奴だ」と思われたい これは全て、 承認欲求です。 この承認欲求というのは、人間が本来、持ち合わせている 自然な欲求です。 アドラー心理学では、 「承認欲求を否定するところから人の自由は始まる」と捉えますが、自然な欲求なのでなかなか否定することは難しいところではあります。 悪質動画を投稿すると、 承認欲求が満たされます。 周りの人間には 英雄扱いされ、動画再生数で 認知度が高まり、動画に対するコメントで「こいつはヤバいやつ」だと 賞賛されているように感じます。 今まで平凡だった人生から、一気に人気者になったような気分を味わえます。 人は どんどん強い刺激を求めたがるのでエスカレートしていきます。 最初は小さなことだったのに、だんだん大胆になっていくのです。 承認欲求を満たすための行動として何故、悪質動画を選ぶのか そもそも承認欲求というものは、様々な人間関係から得られるものです。 その承認欲求が 物足りないと感じているか、他のことでの承認欲求を得ることを あきらめた人が、このような短絡的行動に移すと考えられます。 基本的に根底にあるのは、 他者との関係から生まれた劣等感です。 勉強ができない 運動ができない モテない 愛されていない お金がない 自由がない そんな承認欲求が満たされない状態にいる人は、何かで承認欲求を満たそうとします。 そして 一時的な承認欲求を満たすために、悪質動画を投稿するのです。 ここで「一時的な」と表現するのは、結局人の関心なんていうのはすぐに薄れてしまうからです。 他人の関心が薄れていけば、また承認欲求を満たす方法を考え始めます。 そうやってどんどんエスカレートしていきます。 今回の警察官への挑発動画も、最初はただの一般人とかだったかもしれませんね。 だんだんその対象がエスカレートしていき、 最終的に行き着いたのが警察官だったのでしょう。 ちなみに警察官への挑発は、 公務執行妨害に該当する可能性があるので、最悪逮捕されますよ。 お気を付けくださいね。 結局、承認欲求を追い求めていると幸せになれない 承認欲求という 他人ありきの欲求を常に追い求めていると、行動の判断基準が「 他人に認められるか、認められないか」の二択になっていきます。

次の

元アイドル山内えりかの警察挑発動画とは?知人がなりすまし拡散?原因はストレスか

警察 官 挑発 動画

警察官をターゲットにした挑発動画がSNS上に相次ぎ、その悪質さが物議を醸している。 警察官の目の前、パトカーや警察署の前で腕や腰を振りまくって踊り狂う若者たちの動画が、動画投稿アプリ「TikTok」などに次々と投稿されているのだ。 警備中の警察官を後ろから殴る真似をするものまである。 目に余るものばかりだが、バカにされても警察官はじっと耐えている。 警備中の警察官を後ろから殴る真似をするものまで なぜ、こんなバカげた動画が急増しているのか。 若者文化評論家の原田曜平さんはこう説明する。 「『いいね』や拡散が少なかったら、本人たちとしてもやっている手ごたえが少ない。 トレンドに乗っかったうえで過去以上のことをやっているうちにどんどん過激になっていっている」 問題の若者たちにとって、権威の象徴である警察官をターゲットにすることはハードルが高く、面白いというのだ。 「チキンレースや肝試しという要素はあると思います」と原田さん。 イマドキの度胸試しというわけだ。 しかし、警察官を狙った悪質動画で実際に逮捕者が出たケースもある。 2017年には、警察官の目の前で小分けにしたグラニュー糖をわざと落として逃走した「覚せい剤ドッキリ」動画が投稿されたが、仕掛けた男は偽計業務妨害の疑いで逮捕された。 「ただ踊っているだけ」の若者たちも今後、偽計業務妨害の罪に問われる可能性がある。 さらに、車道で踊ったり騒いだりした場合は「道路交通法違反」、警察車両をふさげば「威力業務妨害」もありえる。 しかしなぜか、動画の警察官たちはじっと耐えていた。 動画を撮られているので、下手に動けないと思っているのだろうか?スタジオでは「黙っている必要ない」「注意くらいすべき」「優しすぎる」と疑問の声が相次いだ。 米国のおふざけダンス男は放り投げられてオシマイ これが、アメリカだと全く対応が違う。 ニューヨークの路上で、日本の挑発動画と同じように警察官の横で踊り出した男性。 「どうした?」「ふざけているのか、お前。 何がやりたいんだ」と警察官から阻止されるも、「躍っているだけだよ」と徹底して挑発し続ける。 しかし、「クソ野郎」と、屈強な警官になすすべなく投げ出されて道路に倒れ込むと、背中を丸めてすごすごと去っていった。 アメリカでは危険人物の可能性があると判断されたらすぐに取り押さえられてしまうのだ。 千原ジュニア(お笑いタレント)「これは、まともな対応だと思います。 警察官じゃなくても目の前であれやられたら、『お前なんや』ってなる。 ましては仕事中なわけですから」 堀尾正明(フリーアナウンサー)「あまりにも悪ふざけの映像が溢れすぎている。 バイトがふざけて投稿した動画でお店の経営が悪化してつぶれちゃったり...。 民法上でSNSの新しい法体系みたいのを作る時代なのかも知れません」 外部サイト.

次の

相次ぐ警官への「挑発」動画 米国だと放り投げられる例も

警察 官 挑発 動画

警察官やパトカーの前などで、挑発的なダンスや言動を繰り返す模様を撮影。 それを動画投稿アプリ「TikTok」などで公開する行為が、全国的に広まっている。 しかも、アクセス数を増やすためなのか、内容はどんどん過激化。 ワイドショーなどでも、これらの問題を連日のように取り上げている。 そんな挑発的な動画を、なんと芸能人も公開していた。 アイドルグループ「Hipps(ヒップス)」などで活躍した、グラビアアイドルの山内えりかだ。 「山内といえば、現在は林家三平の妻として有名な国分佐智子らと共に、97年に『ベイキャニオンズ』として活動。 その後、98年には当時の人気番組『THE夜もヒッパレ』(日本テレビ系)に出演していたダンサー4人で結成された『Hipps』に参加しました。 写真集なども発売するなど、当時は人気グラドルのひとりでした」(スポーツ紙記者) 今年6月に発売されたイメージDVD。 アイドル時代を彷彿とさせる見事なプロポーションだ 19年6月にはイメージDVDを発売するなど、現在も現役グラビアである彼女。 YouTubeに《山内えりかのドライビングテクニック》と題し、複数の動画を公開。 シリーズ化されているようで、現在はPART16まで作られている。 「動画は主に山内がひとりで運転するところを自撮りしている動画なのですが、明らかに運転中にスマホを使用しています。 しかも、シートベルトはしないで運転している動画もありましたし、警察官に詰め寄っているシーンもありましたね」(前出・スポーツ紙記者) 彼女が公開している動画を見ると、走行中に運転しながらスマホを片手に自撮りしている様子が、サイドミラーに映り込んでいるのが確認できた。 また、トランプ大統領来日のため道路が封鎖されていることに怒っているのか、交通整理の警察官に対し、 「詐欺師とか暴力団とか捕まえてくれないのに、こういうことだけはうるさいんだね!」 と詰め寄るシーンも自撮りされている。 しかも、YouTubeの動画紹介欄には、 《元ベイキャニオンズ、元Hippsで有名な(笑)山内えりかです! 私の超絶ドライビングテクニックを公開しちゃいます。 警察なんか怖くない! 逮捕できるもんならしてみなさいよ(笑)》 と、かなり挑発的な言葉が並んでいる。 「警察なんか怖くない!」など挑発的な言葉が並ぶが、本人は画像を公開したことも、メッセージを書いたことも否定した(YouTubeより) 運転中に携帯電話やスマホなどを使って自撮りし、公開することはいったいどんな罪に問われるのか。 交通違反に詳しい『弁護士法人・響』の坂口香澄弁護士はこう解説する。 また、事故など交通の危険を生じさせなかった場合であっても、反則金として普通車で6,000円の支払いが命じられます(反則金を拒否した場合、刑事罰に移行し、5万円以下の罰金の対象となります)。 なお、スマートフォンの操作による重大事故の増加を受けて、罰則を強化する道路交通法改正が行われ、19年12月の施行が予定されています。 また、このような違反行為をYouTubeなどのSNSで公開すること自体が罪には問われることはありません。 FacebookとかLINEでライブ配信しているものを、誰かが公開しているんです。 なので、YouTubeは見たことないんです。 ただ、動画自体は私が撮ったもので間違いないです。 仕事の移動中とかに、配信していたんですね。 ただ、それは残さずに1回1回、消しているんですよね。 仕事の宣伝になればいいかなと思ってFacebookとかやっているんですけど、YouTubeもやりたいなと思っていたんですけど、やり方が分からなくて。 なので、そこに書いてある《警察なんか怖くない!》なんて言葉は、私が書いた言葉ではないです」 とYouTubeでの公開は否定する。 「動画は盗撮されたもの」「知らない」などと話し、一方的に電話を切られてしまった。 過去には松本伊代と早見優が線路内に立ち入った写真をブログに上げ、書類送検されたこともある。 影響力のある芸能人が、軽々しく「危険運転」動画を公開するというのは、なんともお粗末すぎやしないか。

次の