子育てチャンネル。 話題のサイト『子育てちゃんねる』とは?!

登山ちゃんねる

子育てチャンネル

疲れやすい、目がかすむ、頭痛がする、朝起きるのがつらい、動悸がする…。 最近、このような症状が見受けられたら、それらは体の「酸素不足」が原因かもしれません。 コロナ禍で、私たちは長期間にわたって強い精神的ストレスにさらされつづけています。 ストレスがあると、私たちはストレスから身を守ろうと無意識に背中を丸めることが多くなりますし、また、自律神経のうちの「交感神経」も優位に働きます。 交感神経が優位になると呼吸が浅くなるので、酸素を十分にとりこめなくなり、全身が軽い酸素不足におちいってしまうのです。 実際、私の知り合いのクリニックでも新型コロナの流行以降、患者さんたちの採血をすると、その多くが以前の血液よりも黒ずんでいるようになったそうです。 血液中のヘモグロビンは酸素と結びついて鮮やかな赤色になります。 血液が黒ずんでいるのはおそらく、ヘモグロビンと結びつく酸素が減っているためでしょう。 酸素は生命維持のためのエネルギー源です。 エネルギー源である酸素が、全身のそこかしこで不足すれば、内臓をはじめあらゆる組織や器官の機能が低下するので、当然、さまざまな不調や不具合が現れます。 しかも、怖いことに、この酸素不足は免疫力をも低下させます。 酸素不足によって免疫細胞の働きが弱まって、免疫機能全体が弱体化してしまうのです。 そしてさらに恐ろしいのが、ほとんどの場合、酸素不足状態にある本人に、その自覚がないことです。 酸素不足の状態にあるにもかかわらず、それに気づいていない、つまり、「隠れ酸欠」の人が多くいます。 ストレスなどによる隠れ酸欠では、酸素の摂取量の減少は毎日、少しずつ進行します。 そのため、気づくのがとてもむずかしいのです。 さらに、最近では多くの方がマスクをしていますが、マスクで鼻と口をおおっていると酸素の摂取量が減ってしまいます。 新型コロナによる不安というストレスが体の酸素不足を引きおこし、マスクの着用が酸素不足をいっそう悪化させているのです。 そして、このストレスとマスクの挟み撃ちによって隠れ酸欠状態が増幅され、そのことによって肝心の免疫力が低下する事態を招いてしまう恐れがあります。 そして、これは、何もコロナ禍に限ったことではありません。 元気に長生きしたいと願っているのであれば、横隔膜をやわらかくし、深い呼吸をすることは非常に重要です。 加齢にともない、さまざまな不調や不具合、変調に見舞われるようになりますが、それらに共通する根本的な原因は「硬くなり、動きづらくなった横隔膜にある」といっても過言ではありません。 そして、この根本原因を取り除くには、硬くなった横隔膜をやわらかくほぐすことしかないのです。 そもそも「横隔膜」はどのような器官なのか簡単にいうと、呼吸を助ける筋肉です。 横隔膜が上下に動くことで肺を動かし、そのおかげで私たちは空気を吸うことができます。 その結果、山岳ガイドとしての先月の収入について、「ほとんど無かった」と回答した人が65%に上り、「昨年の半分以下に減った」は18%、「昨年と比べて減った」は4%で、収入が減った人は合わせて87%でした。 さらに、今月以降のガイドの仕事については、「予定がほどんどない」が39%、「例年の半分以下」が36%、「例年より減った」が17%と、合わせて92%が、登山が再開されたものの今月以降も仕事が回復せずに見通しが立たず、経済的に追い詰められていることが分かりました。 また、ガイド以外に副業をはじめたり、収入の柱をガイド以外に変えた人が合わせて25%に上っていました。 山岳ガイドによるツアーについては、受け入れ先の山小屋の営業が再開されていなかったり登山客の不安がぬぐえずに、以前に比べて人が集まらなかったりして再開できないケースが多いものとみられています。 札幌・南区の農園敷地内で歩くヒグマの様子が撮影されました。 付近では7月に入りクマの目撃が相次ぎ、警察や市は注意を呼びかけています。 木々の間を歩く一頭のクマ。 これは農園内に設置された自動センサー付きのカメラが捉えたものです。 農園経営者:「クマ鈴は、今朝からつけています」」 ヒグマが撮影されたのは札幌市南区中ノ沢にある農園です。 15日午前7時ごろ「クマの姿を撮影した」と警察に通報がありました。 撮影されたのは体長1メートルほどの子熊とみられ、人や農作物への被害はありませんでした。 農園経営者:「クマはこちらから歩いてきて、ここにあるカメラで撮られた。 近くではクマが毎年出るが、この農園の中で出たのは初めてですね。 怖いですね、正直」 札幌市南区・中ノ沢では、今月に入りクマの目撃報告が9件相次いでいて、多くが同一個体とみられています。 警察は付近の小学校の近くをパトロールするなどして警戒を強めています。 新型ブロンコは2ドアの他に、史上初の4ドア、さらに小型スポーツモデルも設定され、フォードの新しい旗艦として位置付けられる。 新型ブロンコのブランドキャッチコピーは「Built Wild」で、歴代ブロンコにインスパイアされたスタイル、エンジニアリング、スマートオフロードテクノロジーが、アウトドア愛好家たちに、世界のもっとも遠い場所で冒険するのに役立つ、革新的な機能でスリリングな体験を提供する。 フォード最高執行責任者ジム・ファーリー氏は「私たちは、オフロードアドベンチャーのあらゆる側面を高めるために新型ブロンコファミリーを作成し、クラス最高のシャシーハードウェアと独自のテクノロジーを装備させ、頑丈な4x4セグメントの水準を引き上げ、人々をさらにワイルドに連れていきます。 それらはFシリーズトラックのタフさとマスタングのパフォーマンス精神で構築されており、オリジナルのブロンコデザインDNAに忠実であるもっとも魅力的で機能的なオフロードデザインの1つに包まれています」と述べている。 新型ブロンコは、2021年初頭に生産開始を予定。 200種類以上の豊富なアクセサリーパーツがラインアップされ、オーナーは自分好みに仕上げられる。

次の

コサニュース

子育てチャンネル

子育てちゃんねるって何? 2 チャンネルとは みなさまは、2ちゃんねるをご存知でしょうか? と今更言うまでもないのかとも思いますが、2ちゃんねるが有名になった事件を検索してみると、2000年の東芝事件や2004年電車男といずれも2000年代初頭ですので、もう20年近く経っているのです。 2ちゃんねる自体のアクセス数も2005年をピークに減少傾向とのことなので、若い人の中には知らない人もいるかもしれませんね。 2ちゃんねるとは、Web上に1999年5月から西村博之氏が立ち上げた巨大匿名掲示板です。 スレッドフロート型掲示板という、Web上の掲示板の集合サイトです。 スレッドフロート型というのは、最新の投稿が上にくる型のことです。 「2ちゃん(にちゃん)」と略して呼ばれることが多いです。 2ちゃんは、多数のカテゴリーに分かれており、カテゴリーの中に多数の板があり、その中に多数の掲示板(スレッドという)があります。 『「ハッキング」から「今晩のおかず」まで』というキャッチフレーズの通りに、幅広い分野の話題がスレッドで展開されています。 各スレッドにはタイトルが付けられ、興味を持った色々な人が書き込みます。 1スレッドは、1000件までしか書き込めないようになっているため、人気のスレッドはどんどんパートを増やしていきます。 例えば育児板にある「0歳児の親専用スレッド」などは2016年6月にはpart345まで続いています。 同じ板やスレに良く書き込みをしたり覗いていたりする人たちを「住人」と呼びますが、そこ独自のルールや言葉があるところも多いため、 書き込みをする前にはテンプレートを確認し、みんなの書き込みをしばらく読み込んでから参加した方が無難です。 板により「住人」は全く違います。 同じ質問をしても180度違う答えが返ってくることは珍しくありません。 テンプレートは、大体投稿の最初の方に書かれています。 人気のスレッドなどは、誰もが聞きたいと思うような質問に対する答えが書かれています。 そこを読まずに同じ質問を投稿すると怒られ兼ねません。 2ちゃんは匿名での書き込みがほとんどのため、コメントがきつめになりがちです。 ご注意ください。 また、2ちゃん独自の言葉には、略語とさらに誤変換でつくられているものがあります。 既婚女性を略して「既女」を変換して「鬼女」、既婚男性を略して「既男」を「気団」などが書き込みに使われます。 略語や内部だけでの流行り言葉や言い回しもあります。 その2ちゃんにある任意なスレッドを選択し、そのスレッド内の1つの内容だけの書き込みをまとめたサイトのことを、まとめサイトと言います。 1つのスレッドの中でも多数の話が同時で進行していたり、無駄な書き込みがあったりするので、その部分をうまく省き、1つのタイトルにまとめてあります。 2chにあるスレッドをそのまま読むよりも、分かりやすくまとめられています。 このまとめサイトの登場により、2ちゃんを普段利用していない人達にも2ちゃん語が広まりました。 簡単に興味のある人気記事にアクセスできるので、まとめサイトだけを利用している人も多いようです。 話題の 子育てちゃんねるとは 子育てちゃんねるとは、2ちゃんの中にある「育児」と「家庭」という2つの板を中心にまとめたサイトのことです。 「既婚女性」、「既婚男性」板からの掲載もあります。 真ん中上部には2ちゃんの色々なところからのスレが一覧になっています。 こちらをクリックすると外のまとめサイトに飛ぶようです。 左側には最新記事がずらっと出ています。 でクリックすると内容が下の方に表示されます。 記事の最後には2ちゃんスレッドと同じ形のコメント欄が付いています。 最新話題用語集も記載されています。 子育てちゃんねるは、スマホで閲覧すると自動的にスマホ版で表示されます。 PCとは画面が違います。 スマホで見た時に最初に表示されるのは、最新記事の部分です。 スポンサーリンク スマホ上でタップすると該当記事が読めます。 スマホ版では、下にスライドしていくと「ピックアップ」記事があり、更に下には「他サイトの最新記事」があります。 こちらはタップすると他のまとめサイトに飛びます。 子育てちゃんねるは、「鬼女まとめあんてな」というサイトでの逆アクセスランキング1位となっていますので、両方を利用すると興味ある記事の検索がより一層やりやすいかもしれません。 子育てちゃんねるで検索をするとNeverの子育てブログ2chも出て来ますこちらは、管理人が面白いと思ったものが2chに限らずまとめられているようです。 人気のすくすくちゃんねるもご紹介!! すくすくちゃんねるもやはり2ちゃんのまとめサイトです。 管理人の「わいさん」さんが2012年7月18日に開設されたブログです。 妊娠から出産、育児に関する情報や家族・夫婦・親など、育児・家庭を中心にまとめられたブログです。 PC版とスマホ版はほとんど同じように見えます。 長編記事は分けて掲載するなど、スマホでの閲覧にも対応しています。 その他のまとめサイトもご紹介!! 2chのまとめサイトはたくさんあります。 その中で育児関連のものをいくつかご紹介いたします。 鬼女まとめあんてな 子育てちゃんねるのところでも紹介した「鬼女まとめあんてな」は、投稿時間順にスレが一覧表示されており、クリックすると外部まとめサイトに飛び、そこで投稿が見られるようになっています。 すっきりしていて見やすいです。 鬼女ニュース ニュー速VIP、ビップラ、既婚女性、カップル、家庭板あたりを中心にドロドロ時にほのぼのとまとめているサイトです。 軽く読めるタイプがみられるようになっています。 鬼嫁ちゃんねる 掲示板で話題の家庭・生活ネタがまとめて紹介されています。 素敵な鬼女様 何分割かされている長編の何話目かが最初に表示されており、最初から最後まで読みやすいサイトです。 家庭ちゃんねる 2チャンネル互換の掲示板とまとめブログアンテナを統合したサイトです。 まとめサイト部分と2ちゃん形式の掲示板があります。 まとめ部分はどこのスレかが分かりやすいです。 最新の書き込みを取ってくるようです。 鬼女梅 主に既婚女性が関わっている記事をまとめたサイトですが、関係ないこともまとめられているようです。 長い話とそうではない話で分けられています。 はーとらいふ 出会い・子育て・生活系まとめサイトです。 この他にもたくさんのまとめサイトがあります。 お気に入りのまとめサイトを探してみてください。 スポンサーリンク スポンサーリンク 参考URL ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

コミュニティチャンネル ( » 子育てチャンネル おおきくな~れ)

子育てチャンネル

子育てちゃんねるって何? 2 チャンネルとは みなさまは、2ちゃんねるをご存知でしょうか? と今更言うまでもないのかとも思いますが、2ちゃんねるが有名になった事件を検索してみると、2000年の東芝事件や2004年電車男といずれも2000年代初頭ですので、もう20年近く経っているのです。 2ちゃんねる自体のアクセス数も2005年をピークに減少傾向とのことなので、若い人の中には知らない人もいるかもしれませんね。 2ちゃんねるとは、Web上に1999年5月から西村博之氏が立ち上げた巨大匿名掲示板です。 スレッドフロート型掲示板という、Web上の掲示板の集合サイトです。 スレッドフロート型というのは、最新の投稿が上にくる型のことです。 「2ちゃん(にちゃん)」と略して呼ばれることが多いです。 2ちゃんは、多数のカテゴリーに分かれており、カテゴリーの中に多数の板があり、その中に多数の掲示板(スレッドという)があります。 『「ハッキング」から「今晩のおかず」まで』というキャッチフレーズの通りに、幅広い分野の話題がスレッドで展開されています。 各スレッドにはタイトルが付けられ、興味を持った色々な人が書き込みます。 1スレッドは、1000件までしか書き込めないようになっているため、人気のスレッドはどんどんパートを増やしていきます。 例えば育児板にある「0歳児の親専用スレッド」などは2016年6月にはpart345まで続いています。 同じ板やスレに良く書き込みをしたり覗いていたりする人たちを「住人」と呼びますが、そこ独自のルールや言葉があるところも多いため、 書き込みをする前にはテンプレートを確認し、みんなの書き込みをしばらく読み込んでから参加した方が無難です。 板により「住人」は全く違います。 同じ質問をしても180度違う答えが返ってくることは珍しくありません。 テンプレートは、大体投稿の最初の方に書かれています。 人気のスレッドなどは、誰もが聞きたいと思うような質問に対する答えが書かれています。 そこを読まずに同じ質問を投稿すると怒られ兼ねません。 2ちゃんは匿名での書き込みがほとんどのため、コメントがきつめになりがちです。 ご注意ください。 また、2ちゃん独自の言葉には、略語とさらに誤変換でつくられているものがあります。 既婚女性を略して「既女」を変換して「鬼女」、既婚男性を略して「既男」を「気団」などが書き込みに使われます。 略語や内部だけでの流行り言葉や言い回しもあります。 その2ちゃんにある任意なスレッドを選択し、そのスレッド内の1つの内容だけの書き込みをまとめたサイトのことを、まとめサイトと言います。 1つのスレッドの中でも多数の話が同時で進行していたり、無駄な書き込みがあったりするので、その部分をうまく省き、1つのタイトルにまとめてあります。 2chにあるスレッドをそのまま読むよりも、分かりやすくまとめられています。 このまとめサイトの登場により、2ちゃんを普段利用していない人達にも2ちゃん語が広まりました。 簡単に興味のある人気記事にアクセスできるので、まとめサイトだけを利用している人も多いようです。 話題の 子育てちゃんねるとは 子育てちゃんねるとは、2ちゃんの中にある「育児」と「家庭」という2つの板を中心にまとめたサイトのことです。 「既婚女性」、「既婚男性」板からの掲載もあります。 真ん中上部には2ちゃんの色々なところからのスレが一覧になっています。 こちらをクリックすると外のまとめサイトに飛ぶようです。 左側には最新記事がずらっと出ています。 でクリックすると内容が下の方に表示されます。 記事の最後には2ちゃんスレッドと同じ形のコメント欄が付いています。 最新話題用語集も記載されています。 子育てちゃんねるは、スマホで閲覧すると自動的にスマホ版で表示されます。 PCとは画面が違います。 スマホで見た時に最初に表示されるのは、最新記事の部分です。 スポンサーリンク スマホ上でタップすると該当記事が読めます。 スマホ版では、下にスライドしていくと「ピックアップ」記事があり、更に下には「他サイトの最新記事」があります。 こちらはタップすると他のまとめサイトに飛びます。 子育てちゃんねるは、「鬼女まとめあんてな」というサイトでの逆アクセスランキング1位となっていますので、両方を利用すると興味ある記事の検索がより一層やりやすいかもしれません。 子育てちゃんねるで検索をするとNeverの子育てブログ2chも出て来ますこちらは、管理人が面白いと思ったものが2chに限らずまとめられているようです。 人気のすくすくちゃんねるもご紹介!! すくすくちゃんねるもやはり2ちゃんのまとめサイトです。 管理人の「わいさん」さんが2012年7月18日に開設されたブログです。 妊娠から出産、育児に関する情報や家族・夫婦・親など、育児・家庭を中心にまとめられたブログです。 PC版とスマホ版はほとんど同じように見えます。 長編記事は分けて掲載するなど、スマホでの閲覧にも対応しています。 その他のまとめサイトもご紹介!! 2chのまとめサイトはたくさんあります。 その中で育児関連のものをいくつかご紹介いたします。 鬼女まとめあんてな 子育てちゃんねるのところでも紹介した「鬼女まとめあんてな」は、投稿時間順にスレが一覧表示されており、クリックすると外部まとめサイトに飛び、そこで投稿が見られるようになっています。 すっきりしていて見やすいです。 鬼女ニュース ニュー速VIP、ビップラ、既婚女性、カップル、家庭板あたりを中心にドロドロ時にほのぼのとまとめているサイトです。 軽く読めるタイプがみられるようになっています。 鬼嫁ちゃんねる 掲示板で話題の家庭・生活ネタがまとめて紹介されています。 素敵な鬼女様 何分割かされている長編の何話目かが最初に表示されており、最初から最後まで読みやすいサイトです。 家庭ちゃんねる 2チャンネル互換の掲示板とまとめブログアンテナを統合したサイトです。 まとめサイト部分と2ちゃん形式の掲示板があります。 まとめ部分はどこのスレかが分かりやすいです。 最新の書き込みを取ってくるようです。 鬼女梅 主に既婚女性が関わっている記事をまとめたサイトですが、関係ないこともまとめられているようです。 長い話とそうではない話で分けられています。 はーとらいふ 出会い・子育て・生活系まとめサイトです。 この他にもたくさんのまとめサイトがあります。 お気に入りのまとめサイトを探してみてください。 スポンサーリンク スポンサーリンク 参考URL ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の