アヒージョ レシピ。 アヒージョの簡単バーベキューレシピ9選!お酒も進む人気の一品をマスター♡

たこ焼き器でアヒージョ 作り方・レシピ

アヒージョ レシピ

がおいしい! ゲストさん 06:49• がおいしい! ゲストさん 06:31• がおいしい! ゲストさん 05:55• がおいしい! ゲストさん 04:26• がおいしい! ゲストさん 03:49• がおいしい! ゲストさん 03:03• がおいしい! ゲストさん 03:02• がおいしい! ゲストさん 03:02• がおいしい! ゲストさん 03:02• がおいしい! ゲストさん 02:23• がおいしい! ゲストさん 01:50• がおいしい! ゲストさん 00:34• がおいしい! ゲストさん 00:28• がおいしい! ゲストさん 00:21• がおいしい! ゲストさん 00:15.

次の

【絶品】アヒージョレシピ15選!人気1位はつくれぽ1000以上!簡単・タコ・きのこ・エビなど

アヒージョ レシピ

年々人気の高まってきているスペイン料理の「アヒージョ」ですが、聞きなれないとなんだか難しそうな料理に感じますよね。 まず、「アヒージョ」という料理名ですが、スペイン語で「刻みニンニク」のことです。 オリーブオイルたっぷりのアヒージョはスペインで、エビやタコ、きのこをオリーブオイルとニンニクで煮込んだ料理のことなのです。 ここではアヒージョの簡単な作り方やぴったりの具材、食べ方や、余ったオイルの利用方法などをご紹介します。 オリーブオイルが美味しいアヒージョの作り方 実は簡単レシピのオリーブオイルを使ったアヒージョは忙しい日の晩御飯に最適です。 アヒージョの作り方はいたって単純で、フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにく、唐辛子を加えて焦がさないように香りを出します。 その後、お好みの具材を入れて、10~15分加熱します。 具材がオリーブオイルにヒタヒタになるようにします。 味付けは、塩やコショウで整えるだけアヒージョ完成です。 簡単に具材を最初から全部入れて、オーブンで焼くだけでもアヒージョは美味しいです。 グラタン皿1人前、200度で10分ほどが目安です。 スキレットやおしゃれな耐熱皿に具材を入れて焼くだけで、そのまま、食卓にも並べられるので、洗い物も少なくてうれしいですね。 アヒージョの詳しいレシピはコチラ>> アヒージョに合うオリーブオイル アヒージョに使うオリーブオイルは「ピュアオリーブオイル」です。 ピュアオリーブオイルは、精製したオリーブオイルと、バージンオリーブオイルを混ぜているため、風味が抑えられていて、加熱調理に向いています。 さらに、たっぷりオリーブオイルを使いたい料理なのでエキストラバージンオリーブオイルより安価なのもうれしいポイントです。 日本オリーブには「アヒージョ専用オイル」ともいえる「赤屋根ガーリックオリーブオイル」もあります。 特別な製法で唐辛子とニンニクの美味しさを引き出したオリーブオイルです。 これを使えば、具材に「赤屋根ガーリックオリーブオイル」をかけて焼くだけで、ニンニクと唐辛子の美味しさもしっかり感じられます。 こちらのオイルはしました。 アヒージョにぴったりの具材 アヒージョは魚介類をメインに、野菜、肉はほとんどが合うので、あまった食材で作れてありがたいのです。 人気の具材は、エビやタコ、マッシュルームなどです。 長ネギだけを切ってガーリックオリーブオイルで加熱するだけのアヒージョも和風のアヒージョとして注目されています。 また、ミニトマトやブロッコリーを入れると、食欲の沸いてくる彩りになってきて本格的ですね。 アヒージョの食べ方 「アヒージョ」は、具材の美味しさが溶け込んだオイルを先に食べてしまうのがマナーです。 パンにオリーブオイルをつけて食べ、オイルが少なくなってから具材を食べるということです。 でも、家庭で食べるときは楽しく食べるのが一番ですけどね。 それだけ、アヒージョのオイルは美味しいってことです。 アヒージョで残ったオリーブオイルは再利用できる? オリーブオイルをたっぷり使う「アヒージョ」は具を食べた後に残った油がもったいないと思う方も多いはず・・・。 もちろん飲んでしまっても良いです。 しかし、ペペロンチーノのパスタを作ったり、トマト缶を入れてトマトソースにしたりと、オイルにもともとの素材の味が溶け込んでいるのでいつも以上の美味しさになる再利用もおすすめです。 みんなで楽しむアヒージョ アヒージョはおうちでみんなが集まるときにもぴったりなんです。 たこ焼き器とアヒージョの材料があれば、一風変わったたこ焼きパーティー 実はアヒージョパーティ を開催できます。 いつもの具材、ウインナー、バケットなどをたこ焼き器の穴に入る大きさに切って、穴に入れたらガーリックオリーブオイルを注いで、加熱します。 塩コショウで味付けしたら、串でさしてみんなでたのしく食べられます。 アヒージョに合うパン アヒージョはご飯ではなくパンで食べるイメージがあると思います。 もともとスペインで伝統的に食べられてきた食べ方が「アヒージョとパン」の組み合わせです。 アヒージョもその食べ方と一緒に広まったのでアヒージョにはパンという印象です。 もちろんこれは鉄板の組み合わせです。 中でも、アヒージョに合うパンは、何でしょうか? それは、バゲットといわれています。 フランスパンの中で、太く長い形をしたバゲットは、表面が硬く焼き上げられているため、オリーブオイルを吸い過ぎず、適度にオイルを絡めて食べることができます。 そのため、パンの食感もアヒージョオイルのおいしさも感じられるというわけです。 しかし、手に入らなかったり、硬いものが苦手な場合、普段、食べなれている食パンをカリッとトーストしたものを添えても十分おいしいです。 オリーブオイルのカロリーとダイエット オリーブオイルたっぷりのアヒージョ・・・。 気になるのはそのカロリーではないでしょうか? ダイエットや美容に良いということでオリーブオイルを選ばれる方は多いですが、「油」ですので、当然カロリーは低くはありません。 大さじ1杯 14g 当たり126Kcalほどはあり、サラダ油やごま油、ココナッツオイルなど他の油と比べても同等です。 そのため、もちろん、おいしいからといってとり過ぎは禁物です。 しかしながら、オリーブオイルが身体に良い、ダイエットに適しているという印象があるのは、なぜでしょう? ダイエット中の食事では、摂取エネルギーを減らして、体重の減量が継続的に得られる内容が大切ですよね。 アヒージョやパスタで有名な地中海食では、油にオリーブオイルを用い、豆や野菜の旨みが引き出される料理が多いです。 そのため、豆や野菜のメニューが増え、自然と食物繊維の摂取量が増えることから、満腹感を得られやすいのでついつい食べ過ぎてしまう人に実施してほしい食事です。 地中海食では、肉料理よりも、果物や野菜、魚料理が多いこともあり、ダイエット後のリバウンドが少ないことからダイエット中の食事にお勧めです。 また、オリーブオイルと他の油との違いは、成分や脂肪酸組成にあります。 オリーブオイルは他の植物油の中でも、脂肪酸はオレイン酸の含有量が多いのです。 オレイン酸は酸化されにくく、身体に優しいので、摂取が推奨されています。 さらに、オリーブの果実から搾り、ろ過しただけの上、厳しい基準をクリアしたエキストラバージンオリーブオイルには、脂肪酸以外にもポリフェノール、トコフェロール ビタミンE 、植物ステロール類など、健康成分が含まれています。 単にカロリーだけに注目し「太る」「体に悪い」とひとくくりに思われてきた油ですが、種類・成分を見極め、バランスよく必要量を摂取することで、様々な健康効果が期待できるのです。 オリーブオイルも有効に使えば健康的なダイエットの継続も可能です。

次の

アヒージョの作り方6選!超簡単でキャンプにおすすめレシピ!

アヒージョ レシピ

キャプテンスタッグ アルミ深皿 バーベキューでアヒージョを作るのに、最も簡単な道具といえば、使い捨てのアルミホイル製深皿です。 使用後は捨てるだけで良いので、手入れが不要で楽ですね。 ただし市販のアルミ製皿の中には、直火NGのものもあるので、表示を確認してから購入しましょう。 また、直火OKでも、強火に長時間かけていると皿が溶けてしまうこともあります。 アルミホイル製深皿でアヒージョを作る際には、「弱火で短時間」を心掛けましょう。 長時間火にかける可能性がある場合には、スキレットやカスエラといった道具を用意した方が安心です。 手軽さを求めるならば、アルミ製深皿が人気です。 【基本】バーベキューでのアヒージョレシピ 基本的な材料 アヒージョの基本的な材料は、オリーブオイルとにんにく、そして好みの具材です。 具材は海鮮や肉、きのこや野菜など、なんでもOKです。 オリーブオイルには、加熱する料理向きのピュアオイルと、香りの良いエキストラバージンオイルがあります。 アヒージョは加熱する料理なので、基本的にはピュアオイルで十分です。 仕上げにエキストラバージンオイルを少量加えると、香りの良いアヒージョに仕上がります。 にんにくや具材の旨味が出たオイルを堪能するために、バケットも忘れずに用意しましょう。 バケットに染み込ませたにんにくオイルこそが、アヒージョのメインだと考える人もいるほどです。 多めのバケットを準備した方が良いでしょう。 基本的な手順 プリプリのエビとタコを具材に、オイルにアオサノリを加えた、和風の海鮮アヒージョです。 にんにくとアオサノリの香りが良く、きのこの旨味も出て、一滴残らずオイルを食べたくなってしまうアヒージョのレシピです。 加熱し過ぎると、海鮮のエビやタコが固くなってしまうので、火が通ったら放置せず、すぐにいただきましょう。 マッシュルーム以外にも、マイタケやシメジといったきのこを使用しても、きのこの美味しい旨味がオイルに出てくれます。 あおさのり…好きなだけ• 海老…10尾ほど• タコ…好みの量• 白だし…30ccほど• オリーブオイル…150㏄• にんにく…1片• マッシュルーム…5個ほど 作り方• あおさのりを白だしに浸しておく• 鍋にオリーブオイルとみじん切りのニンニクを入れ、弱火で加熱する• 一口大のエビとタコを加え、火が半分ほど通ったらマッシュルームを加える• シラスの海鮮の旨味がしっかりオイルに出てくるので、バケットにオイルを浸していただくと、しっかり旨味を味わえます。 塩味はシラスからも出るので、味見をしながら塩を調整しましょう。 ここではオリーブオイルを使ったレシピをご紹介していますが、オリーブオイルの代わりにごま油を使うと、全く味わいの異なる中華風のアヒージョができ上ります。 ネギの甘みやシラスの海鮮の旨味は、ごま油とも合うので、ぜひ試してみて下さいね。 ネギ…1本• エリンギ…2本• にんにく…1片• オリーブオイル…好きなだけ• シラス…好きなだけ 作り方• みじん切りにしたにんにくとオリーブオイルを、鍋で弱火で加熱する• 3cm幅に切ったネギとエリンギも加える• サバの水煮缶には、旨味と栄養がたっぷり詰まっていて、人気の缶詰です。 そんなサバ缶を、にんにくとオリーブオイルでシンプルにアヒージョにするレシピです。 玉ねぎやきのこなどの野菜を加えても、よく合います。 サバ水煮缶• にんにく…1片• オリーブオイル…好きなだけ• 鷹の爪…1本• 塩コショウ…適量 作り方• サバ缶はざるで水を切る• 鍋にサバと、好みの量のオリーブオイルを加える• スライスしたにんにくと種を取った鷹の爪も加え、弱火で加熱する• 野菜は好みで、緑の春野菜やきのこでも構いません。 コンビーフの旨味がオイルに溶け出し、とろけるカマンベールを絡めて食べると、バケットが止まりません。 仕上げのブラックペッパーは、たっぷり多めにかけるのがおすすめです。 コンビーフ…1缶• カマンベールチーズ…1個• オリーブオイル…好きなだけ• にんにく…好きなだけ• 好みの野菜…好きなだけ• 塩…適量• ブラックペッパー…たっぷり 作り方• カマンベールは8等分にカットする• 野菜は一口大にカットし、固い野菜なら茹でておく• 鍋にカマンベールとオリーブオイル、スライスしたにんにくを入れ、オイルをカマンベールに掛けながら弱火で加熱する• カマンベールが溶け始めたら、コンビーフと野菜を加える• 砂肝は火が通りやすいように、半分にスライスしておくと良いでしょう。 具材とともにオイルをたっぷり食べるアヒージョですが、塩レモンのおかげでさっぱりと食べられるので、バケットと一緒に、いくらでも食べられそうな肉アヒージョです。 砂肝…150g• 塩レモンの汁…大さじ1• オリーブオイル…好きなだけ• にんにく…1片• 塩レモンのレモン…1枚• グリーンオリーブ…6個• ローズマリー…1本• ブラックペッパー…適量 作り方• 下処理した砂肝を塩レモンの汁に15分ほど浸ける• 鍋にオリーブオイルとみじん切りのにんにくを入れ、弱火で加熱する• マリネしていた砂肝の汁気を切って、鍋に加える• 塩レモンのスライスも適当にカットして加え、砂肝に火が通ってきたらオリーブとローズマリーも加える• 砂肝にしっかり火が通ったら、ブラックペッパーを振って火を止める 鶏もも肉が、青じそのおかげでさっぱり食べられる、にんにく不使用のアヒージョです。 鶏もも肉は火が通りやすいように、小さ目にカットすると良いでしょう。 青じそを初めにオイルに入れ、青じその香りをオイルにしっかり移すことが、後味をさっぱりさせるコツです。 好みできのこを加えても美味しくできます。 鶏もも肉…1枚• 大葉…20枚• オリーブオイル…大さじ3• 塩コショウ…適量 作り方• 鍋にちぎった大葉半量とオリーブオイルを入れ、弱火で加熱する• 一口大にカットした鶏もも肉も加え、しっかり火を通す• ホクホクのじゃがいもと、歯ごたえのある牛タンの旨味が堪りません。 バーベキューで作れば、きっと人気メニューになるので、バケットは多めに用意しておきましょう。 牛タン…好きなだけ• じゃがいも…大1~2個• オリーブオイル…好きなだけ• にんにく…1~2片• 塩…適量• ブラックペッパー…たっぷり 作り方• じゃがいもは一口大にカットし、茹でておく• 牛タンは小さめの一口大にカットする• 鍋にスライスしたにんにく、牛タンを入れ、オリーブオイルを加え、弱火で加熱する• 牛タンの片面に火が通ったらひっくり返し、じゃがいもも加える• 塩で味を調整し、牛タンに完全に火が通ったら火を止め、ブラックペッパーをたっぷり振る アヒージョのレシピは、他にもたくさんあります。 下の記事にはおすすめのアヒージョの具材が紹介されています。 簡単にできるものばかりなので、ぜひこちらも参考にしてくださいね。 バーベキューの〆に人気の焼きそばを、残ったアヒージョを使ってアレンジしてみましょう。 焼きそばといえば、いつもソース味という人も多いでしょう。 しかし、海鮮のアヒージョの残りを焼きそばのソースにしてみると、いつもとは違う海鮮塩焼きそばが、簡単にでき上がります。 きっと大人気の〆になるでしょう。 アレンジ自在!バーベキューでおしゃれなアヒージョを楽しもう! アヒージョは、オリーブオイルとにんにく、そして好みの具材があれば簡単にできる、バーベキューにもピッタリの料理です。 海鮮でも肉でも、野菜やきのこを加えて弱火で加熱するだけという簡単レシピで、美味しいアヒージョができ上がります。 もちろん、バケットも忘れずに、そして多めに持って行きましょう。 バーベキューは、肉や焼肉のたれで味が単調になって、途中で飽きてしまいがちです。 アヒージョがあると、口直しとしても丁度良く、バーベキューが急におしゃれにもなります。 人気メニューになること間違いなしのアヒージョを、次のバーベキューではぜひ作ってみましょう。

次の