次 亜 塩素 酸 水 作り方。 次亜塩素酸水の作り方は?

簡単!次亜塩素酸水の作り方手順|ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムで|格安・たっぷり使えます

次 亜 塩素 酸 水 作り方

健康を目指すうえで、有害な細菌やウィルスの除去は必要不可欠です。 そんなあなたにお勧めなのが次亜塩素酸水ですが、どうせなら簡単に使えるようストックしておきたいところです。 ここでは、次亜塩素酸水の作り方についてご紹介していきます。 次亜塩素酸水の生成には生成器を使用すると良い 画像:amazon. com 次亜塩素酸水生成器 もっとも安全な方法としては、やはり生成器を利用するのがよいでしょう。 次亜塩素酸はもともと生成器のみを取り扱っており、正式に液体のみを販売したりといったものに関しては、個々のメーカーが責任を持つ形となっています。 このため、不純物のない身体に安全な次亜塩素酸水を楽しむためには、やはり生成器を購入したりレンタルして使うのが一番です。 さまざまなサイトや家電量販店でも近年では次亜塩素酸水の生成器を見掛けるようになりました。 価格は非常に幅があり数十万円するものもあれば、数万円で購入できるものもあります。 次亜塩素酸水は電解水ですから、電気分解できる設備がついているものの中にはアルカリイオン水をはじめとするほかの水も生成できるようになっている製品も多くあります。 正しく、次亜塩素酸水を生成できるものを選んでいきましょう。 この方法は、厚生労働省も認可する最も安全な方法であるといえるでしょう。 次亜塩素酸水を自宅で生成する場合の注意 次亜塩素酸水は殺菌に効果のある非常に有用なものですが、実際に自宅で生成する場合には、その濃度に気をつけて作っていく必要があります。 自宅で生成するということは、自分で濃度を計算して作るということです。 売られている既製品は不純物も多い上、濃度が高くなっていることがほとんどです。 高すぎる次亜塩素酸水は肌や粘膜を傷つけたり、塩素臭が強く気分を害してしまうことも少なくありません。 しっかりと濃度を計算し、推奨される濃度の範囲で作っていきましょう。 次亜塩素酸水自体殺菌能力がありますが、機器にカビが繁殖したり、雑菌の温床となっている場合、正しい生成水が生まれないということになります。 そればかりか、健康を害してしまう引き金にもなりませんから、消毒するものだから放置しても大丈夫、ではなく、消毒するものであるからこそ清潔に保つようにしましょう。 自宅で生成する方法というものもあるのですね。 機器を実際に買うと比較的リスクなく作ることが出来そうです。 コスト的に心配な方は、しっかりと計算の上、希釈して是非次亜塩素酸水を実感してみてください。

次の

次亜水の効果時間と作り方(うすめ方)は?加湿器に使うと危険?

次 亜 塩素 酸 水 作り方

家庭の消毒や除菌に次亜塩素酸水を使いたい人のなかには、自分で手作りしたいという人もいるのではないでしょうか?日常的に消毒や除菌は必要なので、次亜塩素酸水を自作すればコストを下げられる気がしますよね。 この記事では、次亜塩素酸水の作り方やポイントについて紹介します。 手作りの次亜塩素酸水に興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。 次亜塩素酸水とはどんなもの? 次亜塩素酸水は次亜塩素酸という殺菌成分を含む水溶液のことをいいます。 ウイルスや細菌への殺菌効果があるとして、消毒剤や除菌剤として注目されています。 次亜塩素酸水は、塩酸や食塩水を電気分解して生成することができます。 電気分解は、プラスの電極とマイナスの電極のある水槽に電気を流し、そのエネルギーによって、化学変化を起こします。 自宅で次亜塩素酸水を作る方法 次亜塩素酸水の基本的な製法は2つあります。 それぞれの特徴を以下に記載します。 ここでは、次亜塩素酸水の生成器には、家庭用のものから業務用のものがあり、サイズにも幅があります。 自宅の消毒や除菌に大量に使うのであれば、家庭用の小型サイズを選ぶのよいと思います。 家庭用の次亜塩素酸水の生成器の相場は、5万円〜10数万円です。 一方、機材がかさばる、メンテナンスコストがかかるなどのデメリットもあり導入には二の足を踏む方が多いと思います。 コストメリットが大きい一方、 濃度や作り方をミスした場合に問題となることもあるため、完全に自己判断で行うことになります。 自身でphをはかるなど調整したり、本当に安全か確かめる必要もあるため、化学を専門に扱っている人でなければ、おすすめできません。 注意点:次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウム(ハイターなど)を薄めて作成できません 次亜塩素酸水と名前が似ているもので、次亜塩素酸ナトリウム水(ハイターやピューラックスなど家庭用塩素系消毒剤)があります。 次亜塩素酸ナトリウム水は実際に使うときは原液のまま使用せずに、水で薄めて濃度を調節してから使用します。 次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めれば、次亜塩素酸水が作れるというのは、大きな間違いです。 両者の名前はよく似ていますが、ハイターやピューラックスを薄める方法で次亜塩素酸水を作れません。 同様に、家庭用消毒剤であるミルトンも、塩化ベンザルコニウムを原料にしているので、次亜塩素酸水を作ることができません。 水で薄めて台所や床の消毒・除菌をすることは可能です。 また、消毒したい物品を漬け込むなどの使い方も問題ありません。 一方で、素材を傷めたり肌への刺激になったりするので、使用時に注意が必要です。 自宅で次亜塩素酸水を取り扱うポイント 専用の機器で次亜塩素酸水を作った場合、どのように保存したらよいのか気になる人もいるでしょう。 次亜塩素酸水を保存するときは、以下のことに注意しましょう。 自作した次亜塩素酸水は殺菌消毒した容器に保存しましょう。 いったん開封したら、早めに使いけることも大切です。 手作りした場合は、室温の冷暗所で保存しましょう。 次亜塩素酸水の自作もナシではないが市販品のほうが楽で便利 自宅でも自作できますが、コスト面や安全面、手間の面で大変だということがわかりました。 お家で消毒や除菌に次亜塩素酸水を使いたい人は、以下に並べる背景から、市販の次亜塩素酸水を購入する方が圧倒的に楽で便利だと思います。 節約のために、次亜塩素酸水を手作りしたいという人もいるかもしれません。 先に説明したように、次亜塩素酸水を生成には電気分解が必要であるため、専用の機器を購入する必要があります。 次亜塩素酸水の生成器は十数万円かかるため、元を取るのにかなりの年月を要する可能性があります。 市販の次亜塩素酸水そのまま使うことができます。 ただ、次亜塩素酸水を手作りするとなれば、専用の機器で生成する必要があるため、時間と手間がかかります。 次亜塩素酸水を生成する場合、毎回違う濃度のものができあがる可能性も。 市販の次亜塩素酸水なら、メーカーによって濃度やpHが一定に保たれています。 安定的な品質の次亜塩素酸水を使うのによいでしょう。 市販のものを購入すれば、室温の暗所で1、2カ月は保存可能です。 次亜塩素酸水を購入できる場所 次亜塩素酸水はドラッグストアやインターネット通販で購入できます。 ドラッグストアの次亜塩素酸水は、ボトルタイプのものはあっても、詰め替え用の大容量がないものがあります。 また、メーカーによっては、4L分などパックで売られていて、持ち帰るのに苦労するでしょう。 インターネット通販なら、自分の好きなサイズや量を選べます。 また、購入による手間や労力もいらないのが特徴。 さらに、メーカーによっては次亜塩素酸水定期購入を申し込めるところも。 ご自宅の消毒や除菌のメインに次亜塩素酸水を使っている人は、インターネット通販で購入するのもよいでしょう。 インターネット通販で購入するときの注意点 最近では、日用品を気軽にインターネットで購入できる時代になりました。 アマゾンなどインターネット通販のメリットが、さまざまな種類の次亜塩素酸水を見つけられることです。 一方で、出品者はメーカーだけでなく、個人が取り扱っているものもあり、品質が低い可能性も。 家庭の消毒や除菌に次亜塩素酸水は、メーカーの公式サイトから購入した方が安心です。 次亜塩素酸水「SALA MORE」はおすすめ 次亜塩素酸水を購入するのにおススメなのが、「SALA MORE(サラモア)」です。 サラモアはスプレータイプの次亜塩素酸水です。 ハンディタイプのボトルを使っているので、手の消毒やお掃除のときの除菌など、手軽に使うことができます。 また、日常的に次亜塩素酸水を使いたい人におすすめなのが、詰め替え用の大容量パック。 毎日の生活の中で、次亜塩素酸水による消毒や除菌をしたい人は、サラモアを検討してみてはいかがでしょうか。 参考文献 SALAMORE編集部では、厚生労働省の提供資料および信頼性の高い論文に基づいたコンテンツ制作を行っております。 mhlw. pdf (制作・編集:SALAMORE編集部) 入荷情報やお得情報をお届けします。

次の

消毒用アルコール不足 次亜塩素酸ナトリウムの使い方 次亜塩素酸水とは異なるのか?(加藤篤)

次 亜 塩素 酸 水 作り方

次亜塩素酸水とは 次亜塩素酸水の主な使い方をご紹介する前に、 次亜塩素酸水をご存じない方の為に少しご説明したいと思います。 次亜塩素酸水とは・・・ 次亜塩素酸ナトリウム+水+希塩酸を合わせて作られた液体の事で、 次亜塩素酸ナトリウムはよく目にするキッチンハイターのことです、 それに水と希塩酸(水で薄めた塩酸)を混ぜ合わせたものが=次亜塩素酸水となります。 それらから生まれた 次亜塩素酸水は高い除菌力を持ち、アルコール消毒と同じ役割を果たします。 新型コロナウイルスの予防にも効果がることが最近も発表されましたね。 次亜塩素酸水の主な使い方 そんな次亜塩素酸水をどのように日常で使っていくのか、 ・手洗い後の消毒 ・ドアノブや手すりの消毒 ・汚物や嘔吐物の処理、強力消毒 ・空気中のウイルス除去 ・子供のおもちゃの消毒 ・スプレーでカーテンやソファーなどの消臭 ・キッチンなどの排水溝の掃除 など濃度に応じて生活に幅広く活躍してくれます。 基本的な使い方は除菌や消臭、濃度が濃くなるにつれて汚れやカビに効果的です。 次亜塩素酸水の使い方別の濃度はどのくらい? お次は濃度別に使い方のご紹介をしていきたいと思います。 濃度を50ppmにすればうがいをすることも可能! もちろん手洗い後の消毒や、子供のおもちゃ、加湿器などにいれて空間除菌にも使用可能です。 ペット用品の除菌にも使えるので、アルコールの代わり除菌剤をお探しの方は濃度50ppmの、 次亜塩素酸水の購入をおすすめします。 玄関の靴箱、枕やシーツ、カーテン、絨毯、車内、トイレ使用後など、 主に臭いの気になる所への消臭効果が期待できます。 浸け置き除菌や消臭にもこの濃度の次亜塩素酸水を使用します。 200ppmにまでなると強い殺菌力をもちますので、扱いに注意が必要です。 子供の手の届くところや、こぼれやすい容器にはいれないようにしましょう。 原液をそのまま使うというような認識ですので、手や目につかないように注意が必要です。 強い除菌殺菌力があり、ウイルスの感染防止や、トイレなどの掃除、お風呂のしつこいカビにも有効的です! 次亜塩素酸水はスプレー式がおすすめ? 次亜塩素酸水はずばりスプレーボトルなどの容器に入れて使用することをおすすめします! 霧状にすることで、汚れや除菌したい場所にまんべんなくいきわたらせることができます。 次亜塩素酸水の保存期間はあるの? 万能な次亜塩素酸水ですが一つ注意しなければならにないことがあります。 それはずばり、 寿命が短いことです。 未開封であっても半年~一年程度の保存期間しかありません。 一度開封してしまうと、徐々に成分が分解されて除菌力が薄くなってしまいます。 次亜塩素酸水の保管で注意することは? 次亜塩素酸水は次の事に注意して保管しましょう。 濃度が400ppmと高い場合は皆さんがよく嗅いだことのあるキッチンハイターの臭いがします。 濃度が低くなるにつれて臭いは薄くなり、 50ppmになるとほとんど臭いは感じられません。 ですが加湿器などで使用する場合、特有の臭いが感じられやすいケースがあるようです。 これは加湿器の中のタンクの除菌や消臭も同時に行う為と言われています。 次亜塩素酸水は無臭ではありませんので、臭いが気になる方はなるべく臭いの気にならない商品を使用することをおすすめします。

次の