物理受け 対策。 【ソードシールド】アーマーガアの対策考察!耐久にも強い物理受けポケモン【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】受けループの対策とパーティー構築【ソードシールド】|ゲームエイト

物理受け 対策

はじめに ナマコブシの基本的な運用、能力値についてはフォーク元に分かりやすくまとめてあるのでそちらを参考にされたし。 本論では第8世代における環境の変化、他のポケモンとの比較を、私がナマコブシを選ぶに至った経緯を交えて考察していこうと思う。 ナマコブシの特徴 ・ 相手の積み技を無効化するてんねん ・長期戦で優秀なダメージソースになるどくどく ・自身の耐久を高めつつ後続サポートもできるリフレクター、ひかりのかべ ・火力減衰、毒無効の無効化が期待できるみずびたし ・サイクル戦に強いバトンタッチ ・ちょうはつで詰まずに突破できるカウンター 他の物理受けポケモンとの比較 安定回復技を持つ物理受けポケモンの長所、短所を列挙する。 タイプ相性については省略する。 アーマーガア ・積み技を受けやすいてっぺき ・受け性能を高めつつ火力も高められるビルドアップ ・自身の耐久を高めつつ後続サポも可能なリフレクター、ひかりのかべ ・サイクル戦に強いとんぼがえり ・相手の受けポケモン、積み技を崩すちょうはつ ・いかく、ダイマックスの追加効果を跳ね返すミラーアーマー ・どくどく、砂嵐無効• バルジーナ ・相手の受けポケモン、積み技を崩すちょうはつ(そこそこの素早さで上から撃ちやすい) ・積み技を受けやすいてっぺき ・サイクル戦に強いとんぼがえり、ふきとばし ・ぼうじんで砂嵐と霰無効、はとむねで防御低下無効、くだけるよろいで素早さ操作 ・高速の役割遂行が可能なイカサマ• サニーゴ(輝石) ・物理耐久、特殊耐久ともに高水準 ・相手依存だがデバフと回復を両立できるちからをすいとる ・継続的にダメージを与えられ、サイクル戦に強いステルスロック ・積み技をリセットするくろいきり ・相手の火力を大きく削ぎ、ダメージソースにもなるおにび• ブルンゲル ・ちょすいで水無効 ・タイプ一致かつ火傷効果のねっとうで後続に圧力をかけやすい ・相手の火力を大きく削ぎ、ダメージソースにもなるおにび ・自身が動きやすくなるだけでなく後続サポートにもなるトリックルーム ・相手の受けポケモン、積み技を崩すちょうはつ 第8世代における環境の変化• ダイマックス 3ターンの間継続的に技が強化される。 中途半端な数値受けは思いの外あっさり突破されることが多い。 自分の防御を下げられるダイホロウ 攻撃しつつ相手の防御を下げるゴーストタイプのダイマックス技。 残念ながら てんねんは自分の能力ダウンは無効にできない。 過去作ではいやなおと等の採用はほとんどなかったが、ゴースト物理というだけでこの効果を得られるため、無視できない存在となっている。 高い火力をさらに上げるダイサンダー、ダイソウゲンなど 電気タイプのダイサンダー、草タイプのダイソウゲンはフィールド発生効果で二発目の威力が自動的に上昇する。 中途半端な威力のサブウエポンでも十分突破の可能性が出てしまった。 現環境の物理ポケモン 以下で示すダメージ計算は 防御側:H252、B252、性格補正含 攻撃側:A252、C252 を前提とする。 ミミッキュ ナマコブシはてんねんでつるぎのまいを無効にできるため後出しが安定しやすい。 アーマーガアは後出しで剣舞ダイホロウ相手にてっぺきが間に合わないためナマコブシが最安定択になるか。 とはいえ、ダイホロウで防御を下げられ、カウンターが効かないため不安要素がないことはない。 5 タイプ一致 という鬼のような火力を叩き出す難敵。 アーマーガア、バルジーナ、サニーゴでは厳しいが、ナマコブシは半減で受けることが可能。 対策ということで言えば無効にできるブルンゲルに軍配が上がるか。 ヒヒダルマ ごりむちゅうで高火力を誇り、サブウエポンも優秀。 メイン半減、サブ等倍に抑えられるナマコブシが安定するか。 ゴリランダー 言うまでもなくナマコブシで戦える相手ではない。 アーマーガア、バルジーナなら安定するのでそちらで。 ナットレイ どくどく無効、一致弱点持ち、とナマコブシと相性最悪の物理アタッカー。 アーマーガア、バルジーナはちょうはつで逆に起点にできる。 ギャラドス りゅうのまいを無効にしてメインウェポンを半減できるナマコブシなら抑えることができる ・・・というのは前作までの話。 今作で役割破壊のパワーウィップを覚えてしまった。 サニーゴのちからをすいとる連打で回復が間に合い、アーマーガアやバルジーナのてっぺきはりゅうのまいを上回るので、彼らで見るのが無難か。 オノノクス てんねんでりゅうのまい無効・・・と言いたいところだが かたやぶりはてんねんを貫通する。 ナマコブシでは厳しいため、一致技を半減できるアーマーガアかハサミギロチンやちょうはつ相手でも高速で相手を落とせるバルジーナで相手をするべき。 ドリュウズ すなかき型ならつるぎのまい無効のため安定して止められるが、こちらもかたやぶりがてんねんを貫通する。 メインウエポンを両方半減するアーマーガアが最安定か。 ドラパルト 物理型が多いとはいえ特殊型もそれなりにいるため、ナマコブシでは型次第で相手できなくもないといったところ。 やはりタイプ相性で勝るバルジーナが安定。 それ以外にも物理受けポケモンにもそれぞれ長所、短所があるため、パーティと相談して採用していただきたい。 しかし、「第8世代における環境の変化」で述べた通り、今作では物理受けポケモンを運用するためには逆風が非常に多い。 ダメージソースにもなるゴツゴツメット、ちょうはつ対策のメンタルハーブなど道具の候補は多いが、やはり安定した耐久向上が見込めるオボンのみが最も安定する。 というよりオボン無しで突破される場面が多すぎる。 が、裏を返せば ダイマックスを使わないと突破できない相手に対して強制的にダイマックスを使わせることが期待できる。 相手のダイマックス切れを狙って自分のダイマックスポケモンを暴れさせる、といった立ち回りも求められるだろう。 本論では物理受けポケモンを幅広く考察したが、シーズン1は始まったばかりであり、パーティ構成や立ち回りにまだまだ考察の余地はあると考えている。 本論が実りある議論の叩き台になれば幸いである。 育成論とても共感できる部分が多くわかりやすくまとめられていると思いました。 自分の場合技構成は同じなのですがドラパルトの特殊を見たり、サブで入れられている特殊を受けるためにDにも振っています。 持ち物も ひかりのねんど を持たせることで後続へのサポート力を強化した形にしています。 個人的に相性のいい味方にブリムオンを入れており、パーティに入れられることの多いナットレイ対策やトリルもあるのでナマコブシをサポートすることもできます。 長々と書きましたがこれらがナマコブシ、味方等の考察の一助となれば幸いです。 この育成論で使われているミミッキュからのダメージが おそらく性格いじっぱりで計算しているので 性格の部分も書かれた方がわかりやすいと思います。 間違ってたらすいません。 あとギャラドスは今作で何故かパワーウィップを覚えたので むしろナマコブシは受けるのは辛いです。 本稿のメインはナマコブシですが、バルジーナの強みとしてとくせい「はとむね」を採用することでダイホロウによるBダウンを無効化できることは特筆すべき点かと思います。 現在バイウールーに物理受けを任せて起点作りにナマコブシを使っていたのですが、物理受けの2枚目壁として組ませても面白そうですね。 羊の苦手な炎を受けられて、ダイマックスを使わせることでもふもふ発動の補助もできる。 環境に多いゴーストやどくに打点が乏しいのが辛いですが。 それでもナマコブシのみずびたしで強引に突破できなくもないですし、この2匹でパーティ再編してみます。

次の

ナマコブシ育成論 : 【物理受け】ナマコブシ【基本考察】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

物理受け 対策

攻撃を受けるたびに防御力があがる特性の じきゅうりょく• 流行りの バンギドリュウズに強い! てっぺきと ボディプレスの組み合わせが強いのはご存じの人がほとんどだと思いますが、さらにそれをより活かす特性の じきゅうりょくをもっています。 バンバドロの場合は、物理ポケモンに後出ししてから、じきゅうりょくでボディプレスの火力を上げることができるので、相手の後ろのポケモンに負担をかけることができます。 もうひとつの強みとして、圧倒的にバンギドリュウズに強いです。 どちらにも後出しが可能です。 特殊バンギはちょっと….. ワザ構成について 採用しているワザは、• じしん 自由• ボディプレス 確定• てっぺき 確定• ねむる 確定 3つのワザは確定です。 ボディプレスとてっぺきは、説明不要だと思いますが・・。 もうひとつの ねむるの採用ついては、バンバドロに回復ワザがこれしかないことと特性のじきゅうりょくと非常に相性が良い点です。 受けだしする場合などは てっぺきをする余裕がないんですが、攻撃を2回受けた後にねむるといった動きがめちゃくちゃ強いです。 相手のダイマックスターンの稼ぎもできておいしいです! じしんについては、ホントに迷いどころです・・。 じしんの枠に採用検討したワザとして• 10まんばりき グラスフィールド用• ヘビーボンバー フェアリーに当てたい• すなじごく うまくいけばてっぺき積み放題• じわれ 耐久ポケモンを見たい場合 現在検討しているワザはここらです。 性格・努力値について 性格は物理受けとしての役割をもっているので、 わんぱく一択です。 努力値ぶりは HBぶっぱになっています。 ボディプレスを最大限まで生かすためにB特化をおすすめします。 残りは ドヒドイデと同族なのでS4に振っています。 Dに回しても良いと思います。 選出について 以下のポケモンがいる場合は、バンバドロを選出する場合が多いです。 バンギラス• ドリュウズ• ナットレイ• ブラッキー• パッチラゴン• ホルード• カビゴン• ローブシン 上げだした切りがないですが、ここらのポケモンは要チェックです。 また、どんなに刺さっていても• ギャラドス• 水ロトム• ウオノラゴン• トゲキッス• サニーゴ などがいる場合は安定してバンバドロに投げらてしまい、逆に不利対面を作られてしまうので、うしろでしっかり受けられる サザンドラや 水ロトムや ジュラルドンなどのケアできるポケモンを同時に選出したいです。 ダメージ計算 詳しいダメージ計算は割愛しますが、とりあえずバンギドリュウズの必要なところだけ 与えるダメージ• バンバドロの強さが伝わったでしょうか・・。 わたしの説明が下手というのもあるんですが、たぶんつかってみないと強さがわかりにくいポケモンだと思います。

次の

【初心者向け】対策しないと絶対勝てない!受けループ・サイクル構築とは【ポケモン剣盾】

物理受け 対策

受けループとは 受け性能の高いポケモンで組んだパーティー 「受けループ」とはパーティの構築の一つで、相手の攻撃を受けることが得意なポケモンで固めたパーティのことです。 耐久力の高いポケモンで耐久して勝つ 受けループ構築では、耐久性能の高いポケモンで耐久しつつ、隙を見て攻撃し、勝利を目指します。 相性の良いポケモンで耐久することで、相手の攻撃を回復技で対応し、攻撃のチャンスを生み出します。 回復技、相手を毒状態にする「どくどく」、定数ダメージを与える技、などを覚えるポケモンがよく採用されます。 受けループの崩し方と対策 対策は重要、役割対象を破壊して受けを崩す 受けループに対して全く対策をしていないと、突破困難な敵が現れるため、対策は重要です。 対策を行った上で、相手の役割対象のポケモンを倒し、受けの成立を阻止しましょう。 対策1. 「ちょうはつ」で補助技を無効にする 「ちょうはつ」によって補助技を出せなくさせ、受けポケモンの機能を停止させます。 受けポケモンは素早さが低いため、先制で「ちょうはつ」を打ちやすいです。 一撃必殺技で倒す 一撃必殺技は、受けポケモンに大変有効です。 受けポケモンは、時間をかけてダメージを与えてくるため、ターンには余裕があります。 その間に一撃必殺技を使用して、倒してしまいましょう。 こだわり系アイテムを押し付ける 「トリック」や「すりかえ」などの技は、相手のポケモンと道具を入れ替えることができます。 これを活用し、「こだわりスカーフ」などの、同じ技しか出せなくなるアイテムを相手に押しつけ、受けポケモンの機能を停止できます。 「たくわえる」などの自己強化を行うことで、物理と特殊どちらにも受けられるようなポケモンも存在します。 また、耐久力の高いアタッカーを採用する場合もあります。 この場合は、受け役2体とアタッカー1体を選出します。 耐久をしながらチャンスを狙い、攻撃に転じて勝利を狙います。 パーティー選出が大切 受けループでは、パーティーの選出が大切です。 使用するポケモンの役割を理解して、どのポケモンに対して受けが成立するのかを、意識して選出しましょう。 安易な受けは禁物です。 初手で、不利な相手と対面した際にも、受けの成立するポケモンに退きましょう。 隙を見て攻撃または定数ダメージを与える 受けの成立した有利な対面では、回復技などで相手の攻撃を耐えつつ、攻撃技や定数ダメージを出せる技で相手のHPを削りましょう。 余裕がある場合は、自己強化技の「めいそう」や「たくわえる」などで、自分の特防や防御をあげる手段も強力です。 相手の行動パターンをつかむ 受けループでは、安定行動が大切です。 相手の行動がわからない場合は、「まもる」や「トーチカ」などの攻撃を防ぐ技や、回復技で様子をみましょう。 また、積みアタッカーの場合は起点にされる場合もあるので、「くろいきり」などの技を活用しましょう。 技 説明 ・自分と相手のポケモン「のうりょく」を全て元にもどす。 相手のダイマックスに冷静に対応する HB特化ドイドイデと、AS特化ミミッキュで対面した場合の参考例です 受けの優秀なポケモンは、対面が有利な場合、ダイマックスを切らずとも受けることができます。 回復技や防御技を駆使して、相手のダイマックスターンをやり過ごしましょう。 自分のダイマックスはなるべく温存する 受けポケモンは火力には乏しいため、ダイマックスをしても不利な敵に交代され、簡単にいなされてしまいます。 数的有利状況を作り、相手の交代先に負荷をかけられる場合に、ダイマックスを使用するのが理想です。 また、 相手のダイマックス技による、フィールド・天候変化や能力変化で、攻撃を受けるのが厳しい場合は、ダイマックスを使用しましょう。 ダイウォールを活用して相手の攻撃を防ぎ、相手のダイマックスターンを枯らします。 TODを視野に入れて戦う 試合の残り時間が少なくなった場合は、HPをなるべく温存できる行動を行いましょう。 対戦には時間制限があり、終了時にパーティーのHP割合の残量によって勝敗が決着します。 特に、受けポケモン同士が対面した場合は、非常に試合が長引きます。 この場合はTODも視野に入れて戦うことをお勧めします。 TODとは、「Time Over Death」の略です。 対戦の総合制限時間が切れた場合、ポケモンの残りHP割合によって勝敗が決まります。 レンタルパーティー チームID 0000 0001 04VC 3F 解説付き対戦動画 受けループのレンタルパーティーで対戦を行った動画です。 解説をつけているので、実際の戦い方を是非ご覧ください。 攻略班が使用した感想 受けとして相性補完できている「ドヒドイデ」と「ヌオー」が強力です。 電気技や地面技に対しては、「ドヒドイデ」から「ヌオー」に交代することで、耐久を行えます。 相手に強力な特殊アタッカーがいた場合は「マホイップ」や「ブリムオン」を選出して対応しました。 関連記事 受けループ構築• 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の