くいたっかの祠。 【ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド】クイタッカの祠の攻略方法!

special

くいたっかの祠

道端で「すすき」が沢山なっていてとてもきれいたっだか、 お月様は代わりに眩しい太陽が・・・・・ うちの都会ではめったくいなくなったなつかしき赤トンボがたくさん飛び回って、たまたま指に止まって休憩しているトンボ 奈良時代末期の草創といわれる室生寺一帯は山林修行の場であった。 女人禁制の高野山に対して女姓の参詣を許したことから「女人高野」と呼ばれるようになった。 第 211回室生寺古道ハイキング 大阪上本町駅に時間通り皆さん集合して榛原駅に、バスに乗り高井バス停に到着さあー出発、少し歩き 古株の森田さんの指導の下 体操が終わり、今回は桶田会長の説明ではなだらかな古道歩きと聞き、のんびりと古民家など見ながら歩くと思ってましたが、 なかなか〜そうではなくアップダウンもあり、 距離も13kmほどあって、そこそこの トレッキングでした、 それでも歩く道のりは 古道らしく色々な情緒あるお寺、雰囲気のある部落、なかなか楽しいハイキングでした、 室生口大野駅に着いた時は、足が痛そうにされていた人が何人かおられましたが、 皆さん無事に下山され何よりでした。 皆さんそれぞれの帰路につかれ、何名かお疲れ会 と称して鶴橋の飲み屋にと消えて行きました。。。 記 南 周次 高井バス停から仏隆寺へ向かう ふるさと水車広場にて 卍隆寺の千年桜の木が立派に大きくそびえていました。 きのこが生えていた。 食べられる? 唐戸峠で写真。 向かいに役行者の祠と休憩所がある。 実はこの道、たいぶ前に通ったことがある。 コンクリートでなく自然のまま道でした。 本当にコンクリート道は疲れるなあ やっと紅葉の生えた木々を見る 天王橋の前て休憩 バッタが迎えにくれたあ・・・ 又、室生寺に向かって長ーい道で歩く 変わった大きな岩石置き・よーく見てね、これはなんでしょう? ようやく室生寺に着く前 室生寺て記念写真 室生寺に着いたと、やれやれ、所が! 昼食は寺では駄目なので仕方かなく行った道を戻ってようやく室生山上公園で昼食を始める。 これは古谷さんの弁当・暖かいうどん 南さん タイエット中で控えめ? いやあラーメン、サラダもあるぞ (ごめん) 帰りは楽ではなかった。 中にはこけた人が何人も? この道は東海道自然歩道で石畳の道が門森峠 宇蛇川の大岩壁に彫られた弥勒磨崖仏が見える 約15キロ歩き続け、駅に着いたときは皆、怪我もなく、ほっと・・・ ル.

次の

発狂したらしい

くいたっかの祠

以前、親が転勤族のため、中国地方のある県の、山奥に住んでいたことがありました。 まだ僕は小学生で、近所の友達の家にしょっちゅう遊びに行ってました。 (以後、その友達をMって書きます) かなり庭が広くて、その隅に木にかこまれた結構大きめの祠がありました。 小さい頃から、Mん家で毎日のように遊んでたんで、その祠自体は知ってたんですけど、 そこに近付いたことは無かったんです。 Mも行ったことが無いらしくて、というより「行っちゃいけない」って言われてました。 普段からMのじいちゃんがスゴク恐かったんで、2人ともおとなしく聞いてたんです。 そうこうしてるうちに、そのじいちゃんが亡くなってしまいました。 Mのとこにしばらく遊びにいけなかったんですが、数日後やっと遊びに行けたんです。 そこで以前から気になってた、「あの石んとこ見てみんかー」みたいな話になりました。 じいちゃんはもういないし、Mの両親は畑に行ってるし、まわりに僕らしかいないんで。 (Mにはの妹が2人いるんですが、俺の妹と家の中で、ママごとみたいなことをして遊んでました) 田舎なんで、周りは古い家ばかりなんですが、Mのとこは群を抜いてデカイ家でした。 子供の想像ですが、中には刀とかあるかもなと、ワクワクしてました。 観音開きの石の扉を開けたら、中には茶色っぽい鉄の箱が入ってました。 大きさは8センチ四方ぐらい。 箱のまわりには、砂のような砂鉄?のようなものがまかれてて、 持ち上げてみたらめちゃめちゃ重くて、「鉄が詰まってる」っていう感じだったんで、 箱というより、固まりかもしれません。 まわりには竜のような絵が彫られてて、 裏側にはなんか字らしきものが書かれていましたが、難しくて読めませんでした。 わけがわからんのと気持ち悪いのとで、急いで元に戻して、家の中で遊んでました。 465 :? 急いで外に出てみたら、救急車はMの家に向かっているようでした。 両親はMの家の方へ向かいましたが、僕と妹は家で寝さされました。 次の日、母が言うには、Mの妹が亡くなったとのこと。 昨日の夕方まで一緒に遊んでいたので、ビックリしてしまいました。 それから半月ぐらいたった頃、Mの親父が事故で亡くなってしまいました。 ガードレールのない山道で、軽トラックごと谷へ落ちたそうです。 立続けに3回も葬式を出すことになったので、子供心にも異常なことだと思いました。 なんとなく、あの箱を触ったのが悪かったような気がしていましたが、 バレて怒られるのが恐くて、僕もMも黙っていました。 でも特に僕とMに、何かが起こったということはありませんでした。 (遊んでて骨折とかはありましたが、命には全然別状ないです) 中学生になってから、うちの家族は市内の方へ引っ越して、Mとも連絡をだんだん取らなくなっていました。 なんでも、Mの奥さんが流産したらしいのです。 M「ワシんとこ、またおえんかった。 鉄の箱、あったろーが。 アレじゃなかろうか?」 Mの奥さんが2回流産したらしいのですが、Mの妹(もうひとりの)も流産らしいのです。 それであの鉄の箱のことが気になって、 あの時一緒にいた僕にも、「なんか変なことないか」と聞いて来たのです。 それと、「あれをお前は触って無かったっけ」って。 うろ覚えですが、僕も箱を触ったと思います。 すごい重かったのを覚えてますから。 でも、それらしいことは無いような気がします。 箱はもう、お寺にあるそうです。 最初の流産の時に、お寺に見てもらったらしいのです。 それによると、Mのうちはもともとそのへんの庄屋だったので、なんかを鎮めてるものらしいということですが、 (箱の裏にあった字が、『鎮』という文字だったらしいので) 結局なにかわからんかったとのこと。 それで、とりあえず預かってもらったそうです。 お寺さんで供養してもらってるのにまだ不幸が続くので、Mはめちゃめちゃ怖がってます。 僕も恐いです。 どうしたらいいかわからんし、誰かこんな時どうすればいいか、聞いたことないですかね。 俺らじゃもう方法ないんじゃないかと、行きづまっています。 どなたでも結構ですので、どうすればいいか知っている方教えて下さい! 『』へ進む タグ : 前の記事: 次の記事:.

次の

special

くいたっかの祠

もくじ• 四十三番札所明石寺へ 街中の平地にあるお寺は少数派で、多くの札所は山の上にある。 明石寺も例外に漏れず、ついさっきまで平らな道を歩いていたがお寺が近づくと登り坂になる。 遍路道沿いに明石寺の奥の院白王権現、小さな祠があった。 奥の院から数百メートルで明石寺に着いた。 南予七福神霊場の看板。 そういうのがあるらしい・・。 明石寺階段。 両側の木は新緑のカエデ。 仁王門。 自撮り。 本堂への階段。 本堂、斜めから。 夫婦杉。 大師堂。 御朱印。 納経所前に何故か1本だけきれいに紅葉した木があった。 写真を撮っていると先程の外人グループもいらっしゃったので挨拶を交わす。 近くのお店でお昼を食べてこられたそうだ。 次の札所は68キロ先なので今日はここで打ち止め。 (「打ち止め」という言葉はお遍路から来ているのではないかと思うくらいしっくりくるが、もちろん誤用であるw) 山を降りる 仁王門を出たところに遍路用品店常楽苑さんがあったのでトイレをお借りした。 女性店員さんに、この先野宿できそうな場所がないか聞いてみた。 「大洲市に入って少し行くと札掛橋の近くの休憩所で野宿遍路さんがよくテントを張っているのをみかけるわね、トイレもあるので野宿するのいいわよ」とすすめていただいた。 札掛橋の正確な場所がわからなかったが、地図でだいたいの場所を教わった。 ここから15,6キロ先なのでがんばれば歩けない距離ではなさそうだ。 今日中に大洲市に入れたらかなりいいペースだが、ちょっと遠いかもしれない。 それでも野宿場所の当てがまったくなかったので、1つでも有力な候補があるとかなり気持ちが違うものだ。 お姉さんに「助かります」とお礼をいい、明石寺を出発した。 明石寺からだいぶ山を下りてきたところで、ふと地図をみたら道が違うことに気づいた。 野宿情報を入手して気分良く歩いていたのに、道を間違えてしまうとは、、、。 少し大回りになってしまった。 戻るにはまた山に登らないのとならないのでこのまま進む。 距離がかさんでしまったことで急に気分が沈むと、疲れがどっと出てきた。 体に力もあまり入らない。 自販機をみつけコーラを1本飲んでみるもあまり効き目がなかった。 ちょうどそこに先程のさっきの外人グループがやってきて「ファイトー!」と声をかけられる。 彼らも道を間違えたのと思ったら、この後は駅にむかい電車で移動するそうだ。 ちょっと羨ましいが、話をしたら少し元気が出てきた。 湧き上がる食欲 国道56号線を歩く。 しばらくは1本道のようだ。 今日はこのまま歩けるところまで歩こう。 国道沿いは結構大きな通りでお店も色々とある。 歩いていてふと目についたのがこれ。 焼肉くいてええええええ!!!急に抑えられない食欲が湧き上がってくる。 行動食以外は基本自炊がソライロ遍路ルールなので、さすがに焼肉屋に入るわけにはいかない。 でも食べたいなあぁ、、 2日間ろくに食べていなかったので今日はやたらとお腹が空くのかもしれない。 ローソンがあったので白米と行動食と称したお菓子とおにぎりを購入^^その場で牛めしおにぎりを食べ焼肉食べたい欲求を抑える。 寝床探し 15時近くなり、そろそろ今日の寝床について真剣に考えないと。 お姉さんに教わった野宿場所にはまだまだ遠い。 もっと近場で探すのが現実的かもしれない。 ちょうど遍路小屋があったので休憩しながら考えてみる。 東洋軒というレストランの駐車場にある。 ここでもいいのだろうが、今日はもう少し歩きたい気持ちが強い。 twitterでこの先の関地池近くの場所を野宿情報も教えていただいた。 今いる場所から6キロくらいのところだ。 そんなに遠くないしいいかもと思ったのだが、少し遍路道から逸れるが気になった。 もう1つの候補は7キロくらい先にある遍路小屋だ。 遍路小屋は宿泊不可の可能性もあるので、賭けになってしまう。 といっても、どこの野宿場所でもその場所に行ってみないとわからないのは同じだ。 昨日までは野宿できても今日から野宿禁止になっていることもあるのだから。 今日はスーパーでどうしても買いたいものがあった。 もうこの先にはお店はないかなぁと思っていたところでJAを見つけた。 売ってるだろうか?と入ってみるとありました! 小間切れでも牛は高いがたまにはいいだろう。 JAから出たところで1台の車が歩道側に寄せてきて窓が空いた。 白髪のおじいさんが「どうぞ」と窓からみかん3つを笑顔で差し出してくれた。 愛媛のみかんをいただいた。 白と薄紫の藤の花。 すこし過ぎていたが綺麗だった。 田んぼにはアオサギ。 のどかな風景だ。 少し登り坂になったところでに到着した。 宿泊不可ではありませんようにと祈る気持ちで中を覗いてみる。 禁止の文字はないので大丈夫そうだ。 小屋内はぎりぎり1張りくらいのスペース、水場はないが小屋の横に簡易トイレがある。 少し休んで暗くなっても誰も来なかったので中のスペースにテントを張らせていただいた。 夕飯 夕飯は白米を炊いて、今日どうしても食べたかった肉を焼いて焼肉丼にした。 仙人さん直伝飯盒!沸騰後によーくかき混ぜて炊いてみたら、お米がたってめっちゃ美味しく炊けた。 かき混ぜ方式今後も採用決定! 出納帳 ・納経代 佛木寺 300円 ・お賽銭 佛木寺 20円 ・納経代 明石寺 300円 ・お賽銭 明石寺 20円 ・コーラ 自販機 130円 ・おにぎりせんべい ローソン 65円 ・牛めしおにぎり ローソン 150円 ・庄内つや姫無洗米 ローソン 245円 ・牛細切れ270g JA 723円 【集計】 宿泊費:0円 風呂:0円 洗濯:0円 食費:1313円 日用品:0円 お参り:640円 合計:1953円 ルート ・ルート:6:08道の駅みま-7:12四十二番札所佛木寺7:31-9:22歯長峠9:32-10:19道引大師-11:23下宇和の休憩所 昼飯 11:50-12:45四十三番札所明石寺13:10-14:25ローソン西予宇和町下松葉店14:35-15:05ヘンロ小屋宇和15:15-15:25JAれんげ市場15:35-17:21ヘンロ小屋ひじ川源流の里 泊 ・合計時間:11時間10分 ・合計距離:29. 44km ・最高点の標高: 542m ・最低点の標高: 148m ・累積標高(上り):741m ・累積標高(下り):634m ソライロノート 今日はとにかくお腹が空いたので、よく食べた一日だった。 歩いて、休んで、お腹が空いて、ごはんを食べて、疲れたらまた休んで、人と話して、お接待や役に立つ情報いただいたり、励ましてもらったり。 そんなことがいつも以上にありがたく感じる、そんな一日だった。 そしてなんといっても白いご飯とお肉が美味しかった。 今日も無事一日を終えられたことに感謝。 へ続く 【ソライロ遍路準備編】 【ソライロ遍路移動編】 【ソライロ遍路各県初日】 徳島編: 高知編: 香川編: 【ソライロ遍路愛媛編】 【ソライロ遍路全記事一覧】.

次の