ドッカンバトルドラゴンヒストリー7。 【ドッカンバトル】インフィニットドラゴンヒストリー攻略情報。クリアデッキ、おすすめのキャラなど

【ドッカンバトル】ポルンガドラゴンボールすべての集め方!

ドッカンバトルドラゴンヒストリー7

長期戦イベント『ドラゴンヒストリー』に新たに追加された『ドラゴンボール超 ブロリー』ですが、こちらは警戒色バナーでも示唆されていた通り、既存のヒストリーステージと比べても圧倒的に難易度高めの構成となっています。 まだ慣れていない、というのもあるかもしれませんが、とにかく敵は火力も耐久力も高く、また厄介なギミックも複数存在しているので、現段階での手応えは『』なんかと遜色ない…というか、ひょっとしたらそれ以上かも…? 何度もやって慣れて来ると別かもしれませんが… ただ、基本的には尻上がりに敵が強くなる長期戦なので、やはりDEF無限上昇キャラなんかが居ればグッと楽になる部分もありますから、そこを取っ掛かりにしていきましょう。 今回は『』『』のカテゴリ指定ミッションもあるので、敵・報酬・クリア編成などをまとめておきます。 この編成だとブロリー・ゴルフリ・ジャネンバの3人でミッション条件を達成しています。 は正直あまり適性が無いので、フレンドにはを選び、うまく『』カテゴリを絡めています。 クウラはここだとゴジータ以外には特攻で大暴れ出来るのでやはり優秀ですし、『』ミッション意識でブロリーをリーダーにする場合、何とか別のフレンドと噛み合わせて使っていきたくはあります。 クリアタイムの36分を見れば分かるように、今回は9連戦と長い上に敵の火力も高いので、守りが手薄なキャラが2体も3体も居ると、必ずどこかで巡り合わせが悪くなって事故ります。 この編成だとブロリー以外はほぼ全員しっかり守れるキャラなので、これくらいは固めていかないと安定したクリアは厳しいでしょう。 他にも更新したい内容は多くあるので、取り敢えず後で追加予定です。 素直に『』で固めるよりは、『人』カテゴリやら超系込みの『』やらにミッション達成のためのキャラを3体詰めた方がアプローチはしやすい感じはします。 時間が足りなくてまだやれてませんが、例えばこんな感じであればミッション達成しつつ確実に勝てるかなとは思います。 ミッションを完全に無視して、自分の最高の編成で挑んでも龍石25個は回収出来るので、そこまで無理をする必要も無いでしょう。 例えばミッションを完全に無視した『』や『人』カテゴリは非常に適性が高いですし、ここでクリアしてしっかり龍石25個を回収出来ればそれで十分な側面はあります。 なんならそのような別カテゴリのサブにミッション条件のキャラを3種詰められればそれでミッション達成出来る部分も出て来るでしょうし、あまり最初からミッションには拘り過ぎない方が良いでしょう。 以上です。 劇場版HEROデッキ含め、まだ足りてない部分もあるので後で追記・改訂します。 挑戦回数も足りてないですし、今は他にも書くことが色々とあり過ぎるので…。 ただ、今回のドラゴンヒストリーは多くのユーザーにとっては『想像の上を行く難易度』だったでしょうか。 これまでのヒストリーのステージとは明らかに一段違う難易度で、どちらかと言うと悟空伝クラスの感じもあったので…。 長期戦なので1戦1戦も長くなりがち、中々にシンドい高難易度イベントですが、しっかり挑戦して龍石大量獲得を狙って行きましょう。 やっとクリアできました! 左から無凸、虹、1凸、無凸、虹、1凸、フレンド1凸 変身強化パーティーで、回復スキルや、パッシブを意識して作りましま。 イベ産クウラはDFEが仕上がれば鉄壁なので、後半攻撃が多いところにあてがい、 Pセルは進化後はなるべく気玉6個以上取るよう意識して、アクティブは最終戦までとっておく 変身クウラは直ぐ変身させて火力を上げていき 魔人ブウはなるべく攻撃を受けない様に配置 ある程度はセル第一形態で回復 ジャネンバ、ゴルフリは先手を取られる時は一番目に配置 立ち回りは大体こんな感じでしました。 うまく行けば、最終戦までほぼアイテム使いません。 ただ、最終戦で変身クウラが必殺技を喰らった時は42万ダメージでした 白目 運要素強めです。 by 106. 158. 104.

次の

【ドッカンバトル】ドラゴンヒストリーのステージ7「VS少年・少女」の攻略情報

ドッカンバトルドラゴンヒストリー7

長いラウンドを戦い続ける高難易度イベント『インフィニットドラゴンヒストリー』ですが、こちら初実装から続々と新ステージが追加され、今後もガンガン新ステージが追加されていくでしょう。 なので、改めて各ステージの攻略ページをリンクさせ、基本情報をまとめた記事として再構成してトップページからリンクしておきます。 ステージ1・2の攻略情報は別のページに移したのでコメントが消えてしまいましたが、ご了承ください。 ステージ ステージ7 ステージ8 基本的には、後半のステージほど高難易度に設定されています。 ドラゴンヒストリー履歴 9月 12月 1月 ステージ6 2月 最初は一気に2ステージ追加という形態でしたが、ここ最近は月1ペースの追加で、結構こまめに追加されるイメージです。 ネタとしては『〇〇編』という形でかなりバラエティに富んだステージが考えられますし、大型キャンペーンは何かしらのテーマを掲げることが常なので、そこに沿ったステージというのも作りやすいでしょう。 そういう意味では折を見ての追加もしやすく、今後も結構ハイペースでステージ追加はあるかもしれません。 基本、報酬はどのステージでも同一で、以下のような形になっています。 その後、再挑戦して『8人目で負けた』場合、6人目までの報酬は既に受け取っているので、7人目の『龍石4個』だけが受け取れるという具合です。 敵の数はステージによって違い、『敵が9人』のステージなら合計で龍石25個が獲得可能です。 アイテムが少ないので、その分『回復』が重要になって来ます。 また、『特定のカテゴリのキャラを3体編成してクリア』というミッションも用意されるので、そういう意味では編成縛りの向きもあるかもしれません。 長期戦向きのキャラというのもいくらでもいるので挙げるとキリが無いですが、一番分かりやすいのは『DEF無限上昇』のキャラクター達でしょう。 昨今はイベント産の無限上昇キャラも多いので、面子が足りない場合は取り合えずこの辺で組み立てると安定しやすいです。 その辺はステージ次第、カテゴリ縛りのミッション次第という所もあるので、具体的なオススメのキャラや編成は各ステージの攻略記事を参照です。 また、リーダーからして長期戦向きのカテゴリは当然ながら適性が高く、例えば『』『』『』『』『』などなどのカテゴリはクリアに適しているでしょう。 カテゴリ縛りミッション抜きでも大量の龍石が貰えるイベントなので、この辺のキャラを持っている人には狙い目なイベントです。 以上です。 最初はヌルいかなという印象だったヒストリーも、後発で追加されたステージはかなりの難易度になっており、『特殊なギミック』『アイテム2個まで』という所まで含めると、『』よりも難しく感じるユーザーも居るでしょう。 特にステージ5は現在のドッカンバトルでは最難関の1つに数えられるイベントで、始めたばかりの状態で完全クリア出来る類のものではないので、そこはしっかり意識しておきましょう。 ただ、act消費は0だし途中まででも報酬は貰えるので、『取り敢えず挑戦していく』というのは全く悪くありません。 腕試しがてら随時挑戦して、しっかりと報酬を獲得して行きましょう。 次の『ステージ6』はおそらく未来編、明日までには実装されそうなので、そちらは来次第別途ページを作成予定です。

次の

【ドッカンバトル】ドラゴンヒストリーの攻略おすすめパーティ!

ドッカンバトルドラゴンヒストリー7

長期戦イベント『ドラゴンヒストリー』に新たに追加された『ドラゴンボール超 ブロリー』ですが、こちらは警戒色バナーでも示唆されていた通り、既存のヒストリーステージと比べても圧倒的に難易度高めの構成となっています。 まだ慣れていない、というのもあるかもしれませんが、とにかく敵は火力も耐久力も高く、また厄介なギミックも複数存在しているので、現段階での手応えは『』なんかと遜色ない…というか、ひょっとしたらそれ以上かも…? 何度もやって慣れて来ると別かもしれませんが… ただ、基本的には尻上がりに敵が強くなる長期戦なので、やはりDEF無限上昇キャラなんかが居ればグッと楽になる部分もありますから、そこを取っ掛かりにしていきましょう。 今回は『』『』のカテゴリ指定ミッションもあるので、敵・報酬・クリア編成などをまとめておきます。 この編成だとブロリー・ゴルフリ・ジャネンバの3人でミッション条件を達成しています。 は正直あまり適性が無いので、フレンドにはを選び、うまく『』カテゴリを絡めています。 クウラはここだとゴジータ以外には特攻で大暴れ出来るのでやはり優秀ですし、『』ミッション意識でブロリーをリーダーにする場合、何とか別のフレンドと噛み合わせて使っていきたくはあります。 クリアタイムの36分を見れば分かるように、今回は9連戦と長い上に敵の火力も高いので、守りが手薄なキャラが2体も3体も居ると、必ずどこかで巡り合わせが悪くなって事故ります。 この編成だとブロリー以外はほぼ全員しっかり守れるキャラなので、これくらいは固めていかないと安定したクリアは厳しいでしょう。 他にも更新したい内容は多くあるので、取り敢えず後で追加予定です。 素直に『』で固めるよりは、『人』カテゴリやら超系込みの『』やらにミッション達成のためのキャラを3体詰めた方がアプローチはしやすい感じはします。 時間が足りなくてまだやれてませんが、例えばこんな感じであればミッション達成しつつ確実に勝てるかなとは思います。 ミッションを完全に無視して、自分の最高の編成で挑んでも龍石25個は回収出来るので、そこまで無理をする必要も無いでしょう。 例えばミッションを完全に無視した『』や『人』カテゴリは非常に適性が高いですし、ここでクリアしてしっかり龍石25個を回収出来ればそれで十分な側面はあります。 なんならそのような別カテゴリのサブにミッション条件のキャラを3種詰められればそれでミッション達成出来る部分も出て来るでしょうし、あまり最初からミッションには拘り過ぎない方が良いでしょう。 以上です。 劇場版HEROデッキ含め、まだ足りてない部分もあるので後で追記・改訂します。 挑戦回数も足りてないですし、今は他にも書くことが色々とあり過ぎるので…。 ただ、今回のドラゴンヒストリーは多くのユーザーにとっては『想像の上を行く難易度』だったでしょうか。 これまでのヒストリーのステージとは明らかに一段違う難易度で、どちらかと言うと悟空伝クラスの感じもあったので…。 長期戦なので1戦1戦も長くなりがち、中々にシンドい高難易度イベントですが、しっかり挑戦して龍石大量獲得を狙って行きましょう。 やっとクリアできました! 左から無凸、虹、1凸、無凸、虹、1凸、フレンド1凸 変身強化パーティーで、回復スキルや、パッシブを意識して作りましま。 イベ産クウラはDFEが仕上がれば鉄壁なので、後半攻撃が多いところにあてがい、 Pセルは進化後はなるべく気玉6個以上取るよう意識して、アクティブは最終戦までとっておく 変身クウラは直ぐ変身させて火力を上げていき 魔人ブウはなるべく攻撃を受けない様に配置 ある程度はセル第一形態で回復 ジャネンバ、ゴルフリは先手を取られる時は一番目に配置 立ち回りは大体こんな感じでしました。 うまく行けば、最終戦までほぼアイテム使いません。 ただ、最終戦で変身クウラが必殺技を喰らった時は42万ダメージでした 白目 運要素強めです。 by 106. 158. 104.

次の