シェーン モズリー。 シェーン・モズリー

初戦よりは良くなったシュガー…ウィンキー・ライトvs.シェーン・モズリー2

シェーン モズリー

ファンに囲まれるマルガリート アントニオ・マルガリート・モンティエール( Antonio Margarito Montiel、男性、 - )は、の元。 第9代世界王者。 第12代世界ウェルター級王者。 元世界ウェルター級。 「 Tony」の愛称のほかに「 Tijuana Tornado(ティファナの竜巻)」の異名を持つ。 2009年1月、戦試合前の控え室で、マルガリートのバンデージ内に不正パッドが挿入されている事が発覚。 後の分析でパッドには硫黄とカルシウムが含まれており酸素と結合することで石膏に変化して硬化することが判明し、マルガリートは1年間の試合出場資格剥奪処分を受けることとなった。 来歴 [ ] に憧れてボクシングを始め、1月14日に16歳でプロデビューする。 しかし、デビュー後12戦で9勝3敗と決して注目されるような選手ではなかった。 しかし、地道にボクシングを続け、着実にランクアップする。 2月19日、()と対戦、初回終了間際にダウンを奪うと、その後も勢いが落ちることはなく前進し続け手数とプレスをかけていくも相手も負けじと押しかえていき好戦的な戦いが続いていたが7回に相手がロープを背負った所をチャンスと見るや連打で攻め最後はレフリーストップを呼び込みTKO勝利となりマルチネスに初の敗北を与えた。 2000年6月16日、デビッド・カマウ()が持つ北米王座に挑戦、2回TKOで勝利し自身初タイトルとなった。 7月21日、のにて(プエルトリコ)が保持する世界ウェルター級王座へ挑戦し、初回に自身の眉付近が切り裂かれてしまい負傷による無効試合となり、消化不良の結果となった。 3月16日、サントスの王座返上に伴うWBO世界ウェルター級王座決定戦を米国・のにてと行い、10回2分17秒TKO勝ちを収め、王座獲得に成功し悲願の世界チャンピオンとなった。 2002年10月12日、米国・・の現()にてダニー・ペレス()を相手に初防衛戦を行いジャッジ2者がフルマークを付ける完勝で初防衛に成功した。 2月8日、ネバダ州ラスベガスので元世界ウェルター級王者の()と対戦2回2分31秒TKO勝利で2度目の防衛に成功した。 1月31日、米国・で22戦無敗の挑戦者ハーキュレス・キベロス()と対戦し、2回0分54秒TKO勝利で3度目の防衛に成功した。 2004年9月11日、に階級を上げ、当時WBO世界スーパーウェルター級王者になっていたダニエル・サントスと再戦し、1-2(84-87、85-86、86-85)の10回負傷判定負け で敗れてしまった。 敗れたマルガリートは、またウェルター級へと戻り、そのままウェルター級王者として防衛を続けることになる。 2月18日、米国・のにてセバスチャン・ルハン(アルゼンチン)と対戦、身長差をいかしながら試合を優位に進めていき10回に挑戦者の左耳からの出血が酷くなってしまった為ここで試合がレフェリーストップ10回2分57秒にTKO勝利により4度目の防衛に成功した。 2005年4月23日、ネバダ州ラスベガスのにてメーンイベンターとして登場、となっていた(プエルトリコ) を5回TKOで破り、WBO世界ウェルター級王座の統一に成功し同時に5度目の防衛も成功、敗れたシントロンはプロに入ってから初めての洗礼を受け全勝記録が途切れた。 2006年12月2日、()と対戦し、序盤相手の鉄壁のガードで手を焼く場面もあり時折パンチを貰う事もあったが、ガードの上からでもお構いなしにパンチを打ち込んでいき判定まで行ったものの、文句なしの判定勝利となり7度目の防衛に成功した。 7月14日、32戦全勝のウェルター級のホープ(アメリカ)の挑戦を受けるも、0-3の判定で敗れ、8度目の王座防衛に失敗した。 約5年間の長期政権に終止符を打ったマルガリートは 「判定を盗まれた」 と、この判定結果に不満を示し、すぐに再戦を要求した。 敗戦後の復帰戦として同年11月10日に空位のWBOインターコンチネンタルウェルター級王座をゴールデン・ジョンソン(アメリカ)と争い、1回TKOで勝利して獲得した。 4月12日、カーミット・シントロンの持つ世界ウェルター級王座に挑戦。 両者は3年前に1度対戦してマルガリートがKO勝ちを収めており、シントロンからして見ればリベンジのチャンスでもあり互いに王者と挑戦者の立場が入れ替わった一戦であったが、結果は6回1分57秒KO勝ちで、またしても返り討ちにし再び世界王座を獲得した。 IBF世界ウェルター級王座返上後の2008年7月26日にの世界ウェルター級王座に挑戦。 有効打を浴びつつも終始プレッシャーをかけ続け、ついに11回2分5秒TKO勝ちを収め、ウェルター級最強との呼び声も高かったコットに初黒星をつけると共にWBA世界ウェルター級王座を獲得した。 戦前から、この試合の勝者がの現役引退試合の相手になる予定になっており、マルガリートも「自分の憧れだったの仇を討つ」とやる気満々だったが、デラホーヤがマルガリートとの対戦を拒否したため実現しなかった。 その後、マルガリートがWBA王座獲得の前戦でIBF王座を獲得しているため、事実上の2団体統一王者であることを考慮して、WBAはマルガリートをに認定した。 1月24日、ので行われたWBAスーパー・世界ウェルター級タイトルマッチでに8回にダウンを奪われ、9回0分43秒TKO負けを喫し、王座から陥落した。 試合前、モズリーのトレーナー、ナジーム・リチャードソンがマルガリートのバンデージの中に異物があるのを発見。 異物は取り除かれバンデージは巻き直しさせられた。 バンデージの中にあった異物は石膏のような物でマルガリートが不正行為を働こうとしていた可能性があるとして告発された。 バンデージから取り除かれた異物と同じ物がマルガリートの控え室にもう一つ見つかり、2つの異物はカリフォルニアの研究所で分析され、石膏と非常に似た性質の物であることが確認された。 その後の調べで2008年7月のミゲール・コット戦でもマルガリートが石膏パッドを不正使用していた疑惑が浮上している。 2009年1月28日、モズリー戦においてバンデージの中に硬化する性質の石膏パッドを入れていたとして米カリフォルニア州コミッションはマルガリートに1年間のライセンス停止処分を下した。 5月8日、1年3か月ぶりの復帰戦となったインターナショナルスーパーウェルター級王座決定戦でロベルト・ガルシアと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。 2010年8月18日、同年11月13日とのビックマッチがラスベガスで計画されていたが、石膏バンデージ問題のためネバダ州コミッションがマルガリートにライセンスを許可せずラスベガス開催は消滅した。 2010年8月26日、米国にライセンスを申請していたがようやく許可が下りパッキャオ戦の開催はので挙行されることとなった。 2010年11月13日、カウボーイズ・スタジアムでWBC世界スーパーウェルター級王座決定戦が行われ、マニー・パッキャオ()と対戦。 マルガリート180cmの身長に対し、パッキャオは169cm、圧倒的な体格差にもかかわらず試合のオッズ(賭け率)は11月2日時点で23対4、パッキャオが圧倒的に有利と出ていた。 試合は1回からパッキャオにスピードで圧倒され、11回、12回にはダウン寸前まで追い込まれる場面もあり、0-3で大差判定負け。 これによりパッキャオは史上2人目となる6階級制覇を達成した。 この試合は両者の合意によりスーパーウェルター級リミットを3ポンド下回る151ポンドの契約体重で行なわれたが 、パッキャオはウェルター級リミットをも下回る144. 6ポンドで計量をクリアし、150ポンドで計量をクリアしたマルガリートとの体重差は5. 4ポンドあった。 またの購買数が全米で115万件という好数字を叩き出した。 しかしこの試合のダメージでマルガリートは重いを患い、人工レンズ装着手術を2度受けるなど引退の危機に直面した。 5月、アメリカ南部諸州で起きた米観測史上2番目に被害が大きいと言われた竜巻から被害者たちを支援するために救援活動を行った。 2011年11月、パッキャオ戦での目の負傷が原因で復帰は難しいと言われていたが、治療の甲斐もあって順調に回復、再びリングに上がるためラインセンスの交付を受けた。 2011年12月3日、でWBA世界スーパーウェルター級スーパー王者ミゲール・コットに挑戦。 コンビネーションを活かしたボクシングでコットが優勢に試合を進め、3回にコットの左ジャブでマルガリートの右瞼が切れる。 マルガリートはアッパーでコットの動きを止めるなど打ち合いに活路を見出そうとするが、4回以降コットのボディーを中心とした攻めに苦戦を強いられ、ジャブやフックをクリーンヒットするコットに劣勢を跳ね返すことが出来ず、10回開始直後、パンチで腫れあがった右目の腫れが酷くドクターにより試合続行不可能と判断され、10回開始直後TKO負けで3年ぶりのコットとの再戦に完敗し、王座獲得に失敗した。 6月7日、「体の衰え」を理由に現役引退を発表した。 5月、夫婦仲がうまくいっておらず離婚の慰謝料を稼ぐためにマルガリートが現役復帰をすると報道があったが、数日後マルガリートは離婚協議中であることは認めたが現役復帰については否定した。 3月5日、3年4ヶ月ぶりの復帰戦をメキシコで行い、6回にダウンを喫するなど苦戦を強いられるがホルヘ・パエザ・ジュニアに10回判定勝利。 獲得タイトル [ ]• 北米王座(防衛0=返上)• 世界ウェルター級王座(防衛7)• WBOインターコンチネンタルウェルター級王座(防衛0=返上)• 世界ウェルター級王座(防衛0=返上)• 世界ウェルター級(防衛0)• インターナショナル王座(防衛0=返上) 脚注 [ ]• ESPN. com 2009年3月27日. 2013年3月25日閲覧。 偶然のバッティングによりマルガリートがカットした。 その傷の状況により10回終了後にドクターにより試合続行不可能の宣言がなされ、ルールにより10回までの採点で判定がなされた。 マルガリートが一階級上のWBO世界スーパーウェルター級王者ダニエル・サントスに挑戦したためにウェルター級に暫定王者が設けられ、テディ・リードとの王座決定戦に勝ったカーミット・シントロンがその王座に就いていた。 ボクシング総合ポータル「Box-on! 」 2007年7月15日• 「AFPBB News」 2007年11月11日• 「AFPBB News」 2008年4月13日• ボクシング総合ポータル「Box-on! 」 2008年7月27日• 「AFPBB News」 2009年1月25日• Yahoo. Sports. com 2009年1月25日. 2013年3月25日閲覧。 The Los Angeles Times 2009年1月24日. 2013年3月25日閲覧。 RingTV 2010年11月7日. 2013年3月25日閲覧。 The Los Angeles Times 2009年11月13日. 2013年3月25日閲覧。 ボクシングニュース「Box-on! 」 2009年6月8日• ESPN. com 2009年2月11日. 2013年3月25日閲覧。 ボクシングニュース「Box-on! 」 2010年5月9日• ボクシングニュース「Box-on! 」 2010年8月20日• ボクシングニュース「Box-on! 」 2010年8月27日• ボクシングニュース「Box-on! 」 2010年11月14日• スポーツナビ 2010年11月15日• ボクシングニュース「Box-on! 」 2011年5月15日• ボクシングニュース「Box-on! 」 2011年11月23日• ボクシングニュース「Box-on! 」 2011年12月5日• Boxing News and Features at the Official Web site of The Ring Magazine(英語) 2012年6月7日• Fightnews. com 2013年5月23日. 2013年5月23日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• TonyMargarito -•

次の

シェーン・モズリー

シェーン モズリー

54 ID:uvpNLdji. net 語って! 172 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 net 偉大なのはデュラン 強いのはモズリー でいいだろ 173 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 60 ID:QozIO8Gn. 01 ID:Z9ycqYqR. net これ程までにニワカ丸出しでよくつらつら長文書く気になるもんだ さすがはキチガイ 175 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 89 ID:94xfw6HX. net チューとやって欲しかったよな やったら勝ったと思う 176 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 83 ID:lZ6BQFUY. net チューはあんな下手なボクシングで、よくあれだけ実績を築き上げたよな もっとも、 Sライト級一本でのキャリアだったけど 見切りは良いけど、ガードは甘いし リズム感と横の動きが無さすぎる 上の階級では通用しないスタイルだった ライト〜ミドル級まで制して、 ちゃんと防衛もこなしたコットは本当に偉大な王者だった 177 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 28 ID:l8GpnFbI. net チンコパンチコット 178 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 83 ID:lZ6BQFUY. net 攻撃も守りも直線的で立体感が無い モズリーが勝つよ デュランは分からない 179 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 29 ID:iI7p4ZdO. net チューはSライトでも小柄だったし距離感が抜群でほとんど打たれてなかっただろ デラですら避けた危険な相手に何言ってんだよ 180 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 49 ID:kJuA0RHu. 31 ID:KECXY6me. net 子供の頃に大リーグのマグワイヤーとサミーソーサのホームラン競争が日本でも連日ニュースで報道されていた。 その後、全く二人の名前を聞かなくなった。 なぜか調べたらドーピングやらで完全にアレな人扱いされてるらしい。 シェーンモズリーもゴリゴリのドーピングオジサン。 ボクシングは甘すぎる。 デラホーヤ戦もキメキメだった。 182 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 net 生涯KO負け無しで終わりそうだったのにムンディンに変なギブアップ負けしちゃって残念 183 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 net チューはアマチュア世界選手権の決勝でバーノンフォレストを破った試合を観るとフットワークもスピードもプロで見せたことがない完成度だぞ、アマ時代の方が強かったんじゃないかと思う。 観てない人は是非YouTubeで観てほしい 184 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 37 ID:x78dSiqF. net チューは攻撃に引き出しが無い、というより 攻撃の起点で何を繰り出して来るか予測できない意外性が無い 前に構えた右手からのストレートばっかりで いきなりアッパー出してきたり、とが全く無く、全て予測通り 戦ってればモズリーやコットの敵じゃ無かったろうな 185 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 00 ID:y4ZdUYO0. net 生涯KO負け無しといえばオリバー・マッコールも惜しくて レノックス・ルイスとの再戦で泣いてTKO負けした以外はKO負けがない しかもマッコールは50歳をとっくに過ぎた今でもまだ現役でやってる 186 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 64 ID:REOXqWUk. net 2018年世界ボクシングパーフェクトガイドっていう本に 『2017年にリングを去った英雄たち』ってコーナーがあって ウォードとかマルケスとかが取り上げられてたんだけど、 モズリーさんはまったく触れられてなくて悲しかった。 188 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 43 ID:G7dd5jY3. net ライトのモズリー 強い まぁこの階級だとデラも凄いが 190 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 63 ID:gyc5GNON. net ヅーは完成度低いだろ いつも正面立ちすぎて距離感もヘッタクレも無い出すパンチも右1発狙いで引き出しなんかゼロ あるのはパンチと顎の強さだけ とてもモズリーやコットの相手にはならんよ ・・・・でもフォレストに僅差で勝ってんだよな 不思議だ 191 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 96 ID:mqYZWtZX. net 相性ってのはあるからね 距離だのアングルだの 192 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 net モズリーなんぞ、デュランの時代に生きてたら、ただのランカーで終わってるよ。 層の厚さの次元が違うからな。 193 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 net ダイジェストで何回も流れたストーン戦のラッシュは歴史に残るわ 194 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 net デュランなんてデヘススごときに紙一重の勝ち越しがやっとだったもんな しかも油断しまくってたレナード相手に、これまたドローに等しい僅差判定勝ちしたくらいで天狗になって遊びと暴飲暴食に溺れ 再戦ではKOされるのが怖くて勝手にリングから下りて試合から逃げ出す始末 あれで勝ち逃げしたつまもりでいたのかね? 頭悪っwww 頭も心も弱いデュランこそ現代じゃ絶対通用しねえよ 多少貧乏でもスマフォで手軽に楽しめる時代だからな あの豆腐メンタルじゃ、とてもコンディションなんか作れない フランシスコ・ボハドのような結末になってただろうよ 195 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 23 ID:DwCVQ2Wn. net ウィリー・ワイズ戦が一番好きだ。 動きが極まってた。 197 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 72 ID:ElOi8gzE. net 衰えまくったチャベス喰って 一躍時の人になったワイズな 実力的には全然だったから ちょうど良いカモだったよな フィニッシュはバッティングだけどw 198 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 29 ID:49Yfjg3H. net もう少し、あと一発入れればウンコウェザーをぶっ倒せてたのになぁ 199 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 09 ID:rQpHTvuu. net カーンのスレ建てて 200 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 69 ID:QjPce1OJ. net 強いんだけど、デラ以外の相手には潜在能力を出しきれてない。 もっと頑張れる試合を頑張りきれないという印象 201 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 61 ID:FpiGFaBb. net メルデリック テイラー とモズリーならどっちが強いか? または どっちが速いだろう? 202 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 94 ID:k3VESlhy. net タイプが違う。 細かい連打のスピードならメルドリックテーラー 一発一発のスイングスピードならモズリー 全盛期のモズリーなら最初は手こずってもノリスのように テーラーを中盤でとらえると思うが。 203 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 net テイラーはテリーノリスにもスピード負けせず1Rは打ち込んでいってたもんな、モズリーならノリスのスピードテクニック強打を警戒して手が出なくなるかもしれないが、モズリーテイラーが直接対決すれば強いのはモズリーだろうな 204 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 22 ID:EOBopgCF. 80 ID:DbbaZK9v. net テリーノリスといえばデラ戦が決まりかけたときに負けちゃったんだよな もうピークは過ぎてたけどデラ戦見たかった モズリーとデラはライト級時代に見たかったな ウェルターの時のデラはすでにファイター化しかけてて本来のデラじゃなかった モズリーvsチューは是非みたかったね。 普通にモズリーが勝つと思う 個人的にチューは評価してないんだよなフィリップスに負けた印象が強すぎて あの試合普通に力負けだったからね その後は東京三太、チャベスと食ってるけどチャベスは衰えてたし ジュダーは調子に乗りすぎた 206 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 net 体格が下の相手にとって超難敵のライトさんに2度も挑むとか負けず嫌いだったよな 207 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 07 ID:VHjD45Cz. net ウインキーに手の内すべて封じられて、露骨に困った顔してたよな。 表情すぐでちゃうのは、よくない点だったよね 208 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 47 ID:fbC8AIvU. net ライトはトリニダードにも完勝した化け物だったからな 体格差もあったし モズリーが弱い事にはならない 痛いのはフォレスト程度に連敗した方だな 209 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 77 ID:mmiT2ifF. net 体格のデカい受け身のタイプに弱いな 210 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 78 ID:TXJHbnyv. net だったらその当時のマヨルガ凄かった 212 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 96 ID:FnhkXzFj. net バルガスもマヨルガも強いよ 213 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 45 ID:ArIl3fmP. net バルガスもマヨルガもトリニダードの殺人パンチでぶっ壊されたな 214 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 26 ID:9RnJT9wN. net トリニダードもホプキンスに負けてからはそれまでの快進撃が嘘のように弱くなっちゃったよね って思ったけど、マヨルガを粉砕したのはホプキンス戦よりも後で今思えばあれが最後の輝きだったね 215 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 43 ID:N9lY3uQg. net フォレストが今の時代にいたらクロフォードより強いだろうな 216 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 52 ID:kgUA75NH. net あれはやりにくいな ララァなみ 217 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 28 ID:yUFZlkZI. net ライトがモズリー食っちまったとき、世論は「塩野郎が何してくさっとんねん!」と非難の嵐だったよな。 ライト戦クリアしたあと、ティトとの対戦が噂されてたとかで。 ライトかわいそすぎ 218 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 net ライトさんは良い塩 人気の倒し屋をディフェンスで完封してカッコ悪く見せる技術は歴代屈指 219 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 01 ID:Y9NnqhYZ. net モズリーのちんぽしゃぶりてえ 220 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 74 ID:BgUxZoUj. net Shaaane T-Baaack! 221 : 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 60 ID:ESOrHqL0. net ライト2はかなり接戦ではあったな 総レス数 221 48 KB.

次の

【ボクシング】ライト級徹底解説!過去最強ライト級ボクサーは?

シェーン モズリー

ライト級とは? ボクシングには現在、17階級に分かれています。 そのうち、ライト級は9番目に軽い階級で、ちょうど真ん中にあたります。 平均身長は、171~173センチ。 体重(キロ)は、58. 97~61. 23キロ。 体重(ポンド)だと、130~135ポンドの選手がライト級となります。 アマチュアボクシングは、男子が56~60キロ、女子が57~60kgがライト級です。 成人男性の平均体重とほぼ同じであることから、「世界的に最も選手層が厚い階級」と言われています。 もともと、ボクシングは階級が分かれていませんでしたが、1746年に2階級が誕生しました。 そのときに誕生したのが、ライト級とヘビー級です。 「ライト」とは、読んで字のごとく「軽い」という意味を指しています。 17階級のうち9番目に軽い階級なのに、「ライト級」と呼ばれているのは、階級が誕生したときの名残です。 ボクシングには現在、17階級に分かれています。 そのうち、ライト級は9番目に軽い階級で、ちょうど真ん中にあたります。 平均身長は、171~173センチ。 体重(キロ)は、58. 97~61. 23キロ。 体重(ポンド)だと、130~135ポンドの選手がライト級となります。 アマチュアボクシングは、男子が56~60キロ、女子が57~60kgがライト級です。 成人男性の平均体重とほぼ同じであることから、「世界的に最も選手層が厚い階級」と言われています。 もともと、ボクシングは階級が分かれていませんでしたが、1746年に2階級が誕生しました。 そのときに誕生したのが、ライト級とヘビー級です。 「ライト」とは、読んで字のごとく「軽い」という意味を指しています。 17階級のうち9番目に軽い階級なのに、「ライト級」と呼ばれているのは、階級が誕生したときの名残です。 ライト級の歴代史上最強王者紹介! 先述の通り、成人男性の平均体重とほぼ同じであることから、「世界的に最も選手層が厚い階級」と言われているボクシングのライト級。 そのライト級では、過去に数多くの選手が活躍していました。 その中から歴代史上最強の王者を紹介します。 ロベルト・デュラン• シェーン・モズリー• ロマチェンコ ロベルト・デュラン パナマ・エンチョリーヨのスラム街で生まれ、プロボクサーとして人気を博していたロベルト・デュランさん。 ライト級(リミット61. 2キロ)、ウエルター級(66. 6キロ)~ミドル級(72. 5キロ)で王者に輝いた選手でした。 戦績は103勝(70KO)16敗。 ライト級時代は、WBC世界王者ガッツ石松さんやレイ・ランプキンさん、エステバン・デ・ヘススさんなど、強敵と対戦し12回の防衛を達成。 WBC世界ライト級王座を獲得しています。 ニックネームが「石の拳」というだけあって、強打と連打が持ち味で、ファイタータイプのボクサーとして知られていました。 動画を見るとわかるように、上の階級になってからはディフェンス力も向上。 相手のパンチを見事に外し、タイミングを見計らってカウンターや連打で相手を叩きのめす戦術を得意としていました。 シェーン・モズリー シェーン・モズリーさんの最大の持ち味は何といっても「スピード」。 一般的にボクシングは、動きやパンチ、判断のスピードが求められるスポーツと言われています。 この動画を見るとわかるように、シェーン・モズリーさんの場合、パンチのスピードが物凄く速いです。 しかし、シェーン・モズリーさんの凄いところは、パンチのスピードだけではありません。 パンチの破壊力も物凄いと言えるでしょう。 その上、ディフェンスや距離感、カウンター、すべてのレベルが高いです。 ライト級時代のシェーン・モズリーさんはライバルがいないと言っても過言ではないほど、タイトル防衛回数を増やしていきました。 あまりにも強いので対戦相手がなかなか決まらず、ビッグマッチが実現しなかったほどでした。 ロマチェンコ ロマチェンコ選手の最大の持ち味は、「非常に正確なコンビネーション」。 パンチの強弱のつけ方、スピード、相手の動きを見て、相手にとって視界に入りにくい位置にサッと移動し、コンビネーションで叩きます。 相手からすると、どこからパンチが飛んでくるのか予測しづらいと言えるでしょう。 パンチのパワーがある方ではないですが、相手に反撃させないようなパンチ、速いパンチ、触れるようなパンチなど、さまざまなコンビネーションは見もの。 ロマチェンコ選手のコンビネーションが出ると、相手は混乱してしまうほどです。 ロマチェンコ選手はコンビネーション以外にも、フットワークの軽さも持ち味。 幼少時代にダンスを習っていたせいか、リズミカルなサイドステップが抜群。 自分が攻撃しやすい位置にサッと移動できます。 ライト級での日本人の活躍は? ボクシングのライト級で活躍した選手といえば、ガッツ石松さんや畑山隆則さんが挙げられるでしょう。 ガッツ石松さんはいまや、バラエティー番組でお馴染みですが、1970年代のライト級で非常に活躍していました。 1974年~1975年にわたって、WBC世界ライト級の王者として5回もの防衛を達成しています。 ガッツ石松さん以降、ライト級で活躍した選手といえば、畑山隆則さんです。 2000年~2001年にわたって、WBA世界ライト級の王者として2回の防衛を達成しました。 2008年に小堀佑介さんがWBA世界ライト級の王座を獲得しましたが、2009年に王座陥落。 小堀佑介さんが王座陥落して以降、日本人選手でライト級の王座を獲得していません。 まとめ ボクシング・ライト級の平均身長と平均体重、歴代史上最強王者について紹介しました。 ライト級が17階級のうち、9番目に軽い階級であることだけでも理解しておくことをおすすめします。 そうすると、試合観戦がグッと面白くなるかもしれませんよ。 ボクシング・ライト級の平均身長と平均体重、歴代史上最強王者について紹介しました。 ライト級が17階級のうち、9番目に軽い階級であることだけでも理解しておくことをおすすめします。 そうすると、試合観戦がグッと面白くなるかもしれませんよ。 SPOSHIRUおすすめ情報! こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめする お得な情報をご紹介します! 整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減 崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある 『立方骨』に着目! 立方骨を支えることで、足の骨格を修正。 直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。 また、全面に『ポロン素材』を使用。 衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。 足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!.

次の