次亜塩素酸 うがい 作り方。 次亜塩素酸水ナトリウム液の作り方!次亜塩素酸水との比較を徹底解説

次亜塩素酸水の作り方は?うがいや哺乳瓶の消毒にも使えます

次亜塩素酸 うがい 作り方

次亜塩素酸水とは 次亜塩素酸水の主な使い方をご紹介する前に、 次亜塩素酸水をご存じない方の為に少しご説明したいと思います。 次亜塩素酸水とは・・・ 次亜塩素酸ナトリウム+水+希塩酸を合わせて作られた液体の事で、 次亜塩素酸ナトリウムはよく目にするキッチンハイターのことです、 それに水と希塩酸(水で薄めた塩酸)を混ぜ合わせたものが=次亜塩素酸水となります。 それらから生まれた 次亜塩素酸水は高い除菌力を持ち、アルコール消毒と同じ役割を果たします。 新型コロナウイルスの予防にも効果がることが最近も発表されましたね。 次亜塩素酸水の主な使い方 そんな次亜塩素酸水をどのように日常で使っていくのか、 ・手洗い後の消毒 ・ドアノブや手すりの消毒 ・汚物や嘔吐物の処理、強力消毒 ・空気中のウイルス除去 ・子供のおもちゃの消毒 ・スプレーでカーテンやソファーなどの消臭 ・キッチンなどの排水溝の掃除 など濃度に応じて生活に幅広く活躍してくれます。 基本的な使い方は除菌や消臭、濃度が濃くなるにつれて汚れやカビに効果的です。 次亜塩素酸水の使い方別の濃度はどのくらい? お次は濃度別に使い方のご紹介をしていきたいと思います。 濃度を50ppmにすればうがいをすることも可能! もちろん手洗い後の消毒や、子供のおもちゃ、加湿器などにいれて空間除菌にも使用可能です。 ペット用品の除菌にも使えるので、アルコールの代わり除菌剤をお探しの方は濃度50ppmの、 次亜塩素酸水の購入をおすすめします。 玄関の靴箱、枕やシーツ、カーテン、絨毯、車内、トイレ使用後など、 主に臭いの気になる所への消臭効果が期待できます。 浸け置き除菌や消臭にもこの濃度の次亜塩素酸水を使用します。 200ppmにまでなると強い殺菌力をもちますので、扱いに注意が必要です。 子供の手の届くところや、こぼれやすい容器にはいれないようにしましょう。 原液をそのまま使うというような認識ですので、手や目につかないように注意が必要です。 強い除菌殺菌力があり、ウイルスの感染防止や、トイレなどの掃除、お風呂のしつこいカビにも有効的です! 次亜塩素酸水はスプレー式がおすすめ? 次亜塩素酸水はずばりスプレーボトルなどの容器に入れて使用することをおすすめします! 霧状にすることで、汚れや除菌したい場所にまんべんなくいきわたらせることができます。 次亜塩素酸水の保存期間はあるの? 万能な次亜塩素酸水ですが一つ注意しなければならにないことがあります。 それはずばり、 寿命が短いことです。 未開封であっても半年~一年程度の保存期間しかありません。 一度開封してしまうと、徐々に成分が分解されて除菌力が薄くなってしまいます。 次亜塩素酸水の保管で注意することは? 次亜塩素酸水は次の事に注意して保管しましょう。 濃度が400ppmと高い場合は皆さんがよく嗅いだことのあるキッチンハイターの臭いがします。 濃度が低くなるにつれて臭いは薄くなり、 50ppmになるとほとんど臭いは感じられません。 ですが加湿器などで使用する場合、特有の臭いが感じられやすいケースがあるようです。 これは加湿器の中のタンクの除菌や消臭も同時に行う為と言われています。 次亜塩素酸水は無臭ではありませんので、臭いが気になる方はなるべく臭いの気にならない商品を使用することをおすすめします。

次の

正しい次亜塩素酸水の作り方ピューラックス・キッチンハイターの正しい薄め方・使い方

次亜塩素酸 うがい 作り方

次亜塩素酸水 年末年始の休みに、北海道の帯広に行きました。 帯広の空気は、すごく乾燥していて、喉の調子を悪くしてしまいました。 東京に戻ってからもなかなか治らず、さすがに辛くなってきたので、喉のケアをすることにしました。 喉の薬の購入と合わせて、加湿器も稼働させます。 加湿器のタンクに入れて、タンクの除菌や、噴霧することで部屋の空気の清浄もできるようなモノはないものかとネット検索していると、 次亜塩素酸水 というワードが目に留まりました。 この次亜塩素酸水は、細菌だけでなく、インフルエンザウィルスやノロウィルスにも効果があるそうです。 さらに、消臭効果もあるとのこと。 これは試してみる価値がありそうです。 「ジアニスト」 次亜塩素酸水の商品がいくつかありましたが、• 3Lで1,080円• 500ppmと高濃度 という理由で、「」という商品をで購入しました。 次亜塩素酸水(英名では「Hypochlorous Acid Water」といいます)は、平成14年6月に食品添加物(殺菌料)として厚生労働省に認められ、安全性が保証されています。 次亜塩素酸の化学式は「HCIO」であり、「水素原子」と「塩素原子」が酸素原子に結合した、とてもシンプルな形をしています。 しかし、次亜塩素酸はとても不安定な物質なので、通常は水溶液にして「次亜塩素酸水」として存在しています。 次亜塩素酸水とは、0. 2%以下の食塩水(水に塩をまぜたもの)を特別な装置を用いて電気分解させることで作ることが出来ますので、残念ながらご家庭で簡単には作れません。 食塩水を電気分解することで「塩化物イオン」と「塩素ガス」がつくられ、これが水と反応して「次亜塩素酸水(次亜塩素酸を主成分とする液体)」が作られるのです。 ここからは自己責任の範疇ですが、50ppmと濃度が低いこともあり、水タンクの除菌も兼ねて、自宅の空気清浄機「プラズマクラスター」で試しに使ってみました。 空気清浄機を稼働させると、すぐに、次亜塩素酸水の臭いがしてきました。 オゾンに近い臭いですが、嫌な臭いではありません。 むしろ、この臭いだけでも、部屋の空気が清浄されている気がしてきます。 冬場は、ニトリで購入した超音波アロマディフューザーで噴霧しています。 うがいに使ってみる うがいに使うときも、加湿器と同じ50ppmの濃度が適当ということなので、コップの中で10倍に希釈して口に含みます。 50ppmという濃度ですが、次亜塩素酸水の独特な味がします。 これまた、口の中が、一気に除菌されている感じです。 口臭予防にも効果がありそうです。 喉のうがいでガラガラやると、喉の奥に薬品的な刺激を感じます。 イソジンの刺激よりはマイルドです。 加湿器にもうがいにも使えて、これは重宝しますね。 遮光タイプのスプレーとボトル 次亜塩素酸水は、強い光に当たると分解し、その効果が薄れるという特質があります。 なので、効果を長く保つには、遮光タイプのスプレーとボトルがお勧めです。 私が使っている遮光タイプのスプレーとボトルは、以下の記事で紹介しています。

次の

次亜塩素酸水の作り方を5枚の画像で解説!うがいもできる除菌水!!

次亜塩素酸 うがい 作り方

歯医者で次亜塩素酸勧められたけど、、高いですよね~ 次亜塩素酸で30秒うがいして、最期に歯ブラシで薬剤をいきわたらせることで、歯周病菌をほぼ根絶できる。 歯医者でも、これだけは最低限やったほうがいいとのことです。 歯周病予防にたいへん魅力ですが、値段高いですよね。 50回分で3500円。 一日2回すれば1ヶ月持たないです。 濃度500PPMで、市販品にはそれより薄いのしか売ってません。 ナトリウムから自作方法もネットでみましたが、大半はノロの殺菌などで、歯の用途には記載があまりないです。 さらに歯医者のは成分に重曹なども混ざってるとかで、そこまではまねできません。 始めたらずっと使いつづけるものだし、保険効かないのも痛い。 家計もけっして楽ではないので。。。 歯磨きだけでなんとか歯周病対策したいですが、限界があるそうです。 歯周病、歯槽膿漏さえ防げればいいのですが。 節約しろとかのコメではなく、 歯磨きだけでも歯周病を十分ふせげるだけの効果はあるか、 次亜塩素酸が最低限必須って、営業含んでるのか(大げさなのか)、 歯用の次亜塩素酸水の作り方等、 新しい情報が知りたいです。 前回と、にたような質問ですみません。 補足細菌沢山の私の口内をみて、 「次亜は効き目が画期的で、最低限やったほうがいい。 しないと2週間おきの掃除もあまり効果無い」 医学博士の言う事で絶対と思ったので・・ それ迄の掃除って一体・・ 除菌目的で2週おきに掃除を通いつづけ、大して細菌も減らなかったのでショックで、他に手が無いと思ってました。 他にビタミンC、食物繊維、電動歯ブラシ(指定品)等薦められましたが、そこまでは一寸、、、やるなら次亜だけですかね。

次の