石野 真子 結婚。 石野真子の結婚歴は?元夫は長渕剛?いしのようこは姉妹?実家は?

石野真子と長渕剛の結婚までの馴れ初めは?離婚理由が酷すぎて絶句…

石野 真子 結婚

とても50代とは思えないような見た目と、女性としての魅力を出している 石野真子さん。 1975年(14歳)中学三年から歌を習い始め、平尾昌晃ミュージックスクール大阪校のオーディションを受けて合格。 1977年(16歳)『スター誕生! 』オーディションを勝ち上がり、芸能界入り。 1978年3月(17歳) シングル「狼なんか怖くない」 で歌手デビュー。 また同年、映画『九月の空』で女優デビュー。 1979年 『熱愛一家・LOVE』にてテレビドラマ初出演。 最初はアイドルとしてデビューし、いきなりシングルを出します。 元々歌には自信があったようで、やはりデビュー当時から 抜群の歌唱力を持っていました。 しかしながら絶大な人気を誇ったために、すぐに映画やドラマでも起用されるようになりました。 石野真子の妹の いしのようこさんも、女優として活躍をされています。 二人ともすごく美人で、歳相応には全く見えませんし色気も具合も含め本当に良く似ていますね。 彼女についてはこちら ここでは、そんな石野真子さんのかなり色々ある過去の男性関係の噂をまとめてみました。 Sponsored Link 目次• 過去の結婚相手 石野真子さんはデビュー当初はまだ16歳で、しかも父親が厳格な人であったために門限四時半とか設定されていて、 全く恋愛とかしたことのないウブで純情な子だったようです。 この写真からも、当時の初々しさが十分伝わってきますね。 しかしながら当時まだ名が売れていなかった長渕剛さんが 「俺は石野真子と結婚する」 と宣言をし、有名になってからアプローチをして見事その発言を現実のものとしてしまいました。 1981年8月のこと。 当時石野さんはまだ 20歳です。 (長渕さんは24歳) もともと小さい頃からお嫁にいくことが夢であったそうで、これは女の子ならだれでも思ってるそれでしょう。 世間知らずということもあって、長渕さんの強い想いに押し切られてしまったわけですね。 そして長渕さんが望んだことから、 あっさり芸能界引退を宣言します。 しかしながらその わずか二年後の1983年、離婚という運びになってしまいます。 原因は長渕さんの横柄な態度に耐え兼ねたこと。 長渕さんは結婚当時 「亭主関白で行きます」と宣言していたそうですが、これ自体は 時代的にもそれが普通だったときですから別に大きな問題ではないと思います。 ですが、やはり実際の亭主関白を目の当たりにして、かなり引いてしまったところが石野さんにあったのでしょう。 あるいは、暴力も振るっていたという噂もありますから、長渕さんの方が少し度の過ぎたことをしてしまっていたのか。 さらにその7年後、 1990年には舞台で知り合った広岡瞬さんと再婚。 これだけ短期間で再婚するということは、やはりまだ結婚して幸せな家庭を築くという夢は同じように持ち続けていたのでしょう。 しかしこちらも、 結婚からわずか6年後の1996年にピリオドを迎えてしまいました。 石野真子がスレた? それから、少しばかり石野真子さんのイメージが変わってしまいました。 もはや あのウブだったデビュー当時の彼女はいません。 顔を見ても、完全に別の人になってしまっています。 デビュー当時 現在 雰囲気自体も全く違いますよね。 可愛い系から美人系へと変化を遂げています。 整形はしていないと思いますが、多分心の中が変わったことによってそれが表情に出ている気がしますね。 いわゆる頭の中お花畑の夢見る少女から、現実をしっかりと見据える強い女性に成長したのではないでしょうか。 しかしながらむしろ強くなり過ぎてしまったのか、その後、数々の愛人が囁かれるようになりました。 少し悪い言い方になってしまいますが、「スレた」とでも言いましょうか。 Sponsored Link 大西靖人に高倉健が元愛人? 実は石野真子さんは、極真会館出身の元空手道選手で、市議会議員でもあった 大西靖人さんとは不倫関係にあったそうです。 しかしながらこの不倫関係が何と 大西さんの奥さん公認であったために大西さんが亡くなれた葬儀の際には、普通に石野さんも訪れて奥さんと顔を合わせたとのこと。 公認とは言いながらも、心の中ではそうとう複雑な想いを掲げていたのではないかと感じるのは私だけではないと思いますが・・・・。 また先日亡くなった昭和の大俳優・ 高倉健さんは、石野真子さんのことが気に入って 高級鮨店を貸し切るというダイナミックな行動に出たそうです。 高倉さんは当時独身ではあったみたいですが、もうこの頃の石野さんにとってはそういうのも関係なさそうな気がします。 私はこれはもう、石野さんが 「結婚には幻滅してるからもう遊ぶだけよ」 と思っていて、気になる男とどんどん関係を持つような 魔性の女として生きる道を選んだのかな、と感じていたのですがどうやらそうではないようです。 ~前略~ そんなドラマチック過ぎる半生を振り返った石野は「いろいろと重ねてきた出来事が、私を成長させてくれました。 歌も味わい深くしてくれていると思います」とニッコリ。 「私の運命の相手はどちらにいらっしゃるのでしょうか。 きっと会ったらビビビッとくるんでしょうね。 瞳が覚えているはず」と語っていた。 【出典】 より まだ ちゃんと探しています!!!! 未だにこれだけの色気があれば結婚自体についてはいつでもできるでしょう。 問題は、 運命の相手が見つかるかどうかです。 これはかなりの難問です。 石野さんのキャラと見た目の変化というのも、こう言っては何ですがやはり生きてきた経験が反映されている気がしてなかなか興味深いです。 ちなみに妹であるいしのようこさんも独身です。 しかも、結婚経験なし。 姉とは正反対で、 昔から結婚願望はゼロだったそうです。 やはり姉の失敗を見てきたらとても魅力を感じなくなってしまったのかも知れませんね。 まあ結婚が良いとは限りませんから、たとえ理想の相手が見つからなかったとしてもお二人のように自分を貫いて生き抜いたらそれはそれで素晴らしい人生だったと思えるのではないでしょうか。

次の

【石野真子】2度の結婚と離婚の過去!お相手は?不倫の噂も調査!

石野 真子 結婚

メレンゲの気持ちでは石野真子の3度目の 結婚について話題になるようです。 3度目の結婚!?そう、そうなんです。 実は過去に2度の結婚と2度の離婚を 経験してるんですね。 そしてその後は元極真チャンプの大西靖人 と愛人関係に陥ります。。。 まさに波乱万丈の人生ではありますが、 そんな石野真子の過去について検証して いきたいと思います。 スポンサーリンク 石野真子 過去の結婚や離婚歴について。 離婚理由や原因は?子供はいるの? 石野真子が芸能界デビュー したのは17歳の時でした。 さてそんな石野真子の最初の結婚はまだ アイドル全盛の20歳の時だったのです。 結婚相手の旦那は、あの長渕剛でした。 若い世代の方は「えっ?長渕剛ってマジ?」 とビックリされる方も多いかと思います。 hamazo. tv 当時の長渕剛は長髪で、ヤンチャな 雰囲気全開でしたね(笑) でも意外にイケメンで、フィギュアの 織田信成になんか似てるような(^^) 結婚の馴れ初めは、はっきりと情報が ないものの、 以前から長渕剛はコンサートの中で、 石野真子を嫁にする!って豪語してた みたいだから、石野真子も心を打たれた のかもしれません。 まあ当時はお嬢様タイプの石野真子と の結婚という事で、意外だなぁ~と 幼いながらもそう思っていたのを覚えて います。 結婚を機に芸能界を引退した石野真子 でしたが、わずか2年で離婚をしてしまう のです。。 その離婚理由は何だったのでしょうか。。 実は長渕剛って亭主関白だったようで、 DVが原因ではないかとも当時は言われて ましたね。 う~ん、確かに長渕剛の性格とか考える とそれもあったのかも知れませんね。 ちなみに2人の間には子供はいません でした。 もしかして結婚して一緒に住むように なってからすぐに関係は冷え切って しまってたのかも知れません。 長渕剛との離婚後に芸能界へ復帰 した石野真子。 復帰後も歌手として活躍していた 石野真子ですが、29歳の時に再婚 します。 再婚相手の旦那はイケメン俳優だった 広岡舜でした。 naver. jp 石野真子と広岡舜の馴れ初めですが、 石井ふく子演出の舞台で共演し、仲を 深めたようですね。 ただ、またもや幸せは長くは続かずに 結婚から6年後の1996年にまたもや 離婚してしまうのですね。 2人の間に子供はいませんでした。。 その離婚理由は明らかにされて いません。 気になるところでは ありますが(^^;) ちなみに広岡瞬は石野真子との離婚を 機に芸能界を引退し、イギリスに渡った そうです。 現在では実業家として、レストラン経営 など複数の事業を展開してるんだとか。 また、現地で現在は日本人の女性と結婚し 幸せな生活を送っています。 スポンサーリンク 石野真子が大西靖人と不倫の過去が? 2度目の離婚以降、3度目の結婚は していないのですが実は不倫を 経験しているのです。。 その不倫相手は元極真空手の全日本王者 、大西靖人さんでした。 身長は180㎝超えで、体重は94㎏もあって かなりガッシリしてたそうです。 大西靖人さんは、岸和田市議を務め、 政治家としても活躍したのですが 2003年、肝臓がんで44歳の若さで 亡くなられています。 実は、大西靖人との不倫関係について は嫁さんも「公認」だったんだとか。 葬儀にも石野真子は出席してた そうです。 う~ん、ここ最近ではゲス不倫だのなん なのって言うニュースが世間を賑わせてる なかでちょっと信じられないですが(^^;) やっぱ時代なのでしょうか。。

次の

石野真子と長渕剛の結婚までの馴れ初めは?離婚理由が酷すぎて絶句…

石野 真子 結婚

石野真子 経歴 名前 石野真子 生年月日 1961年1月31日(56歳 出身 兵庫県 所属 フロム・ファーストプロダクション 石野真子さんは、両親と妹2人の5人家族。 父親はハンドバッグ製造会社の経営。 石野真子さんは、尼崎市の私立百合学院中学校に進学。 百合学院中学校は、カトリック系女子校です。 石野真子さんの父親は厳しく、中学・高校時代の門限は16時30分。 1分でも遅れると、玄関で待っていて、怒られたそう。 石野真子さんは中学1年の頃から歌手に憧れ、中学3年の時、平尾昌晃歌謡学院大阪校 のオーディションを受けて合格。 百合学院高等学校に進学後、歌手デビューのため、2年生3学期からは都内の堀越高等学校へ転校。 1977年、石野真子さんが16歳の時、「スター誕生」に出演し勝ち進み、決戦大会に出場。 スカウト意向の芸能事務所プラカードが16社挙がる。 石野真子 歌手デビュー 1978年3月、石野真子さんが17歳の時 「狼なんか怖くない」で歌手デビュー オリコンチャート、最高17位 1978年10月リリースの「失恋記念日」で、第20回日本レコード大賞新人賞受賞。 1979年9月リリースの「ジュリーがライバル」で紅白歌合戦初出場。 石野真子は結婚してる?現在の旦那や子供は? 石野真子さんは現在、独身です。 子供もいません。 石野真子さんは現在でも、 「愛するパートナーが欲しい」 と話していて、恋愛・結婚の意志はあるようです。 現在、独身の石野真子さんですが、結婚歴は2度あります。 さらに、不倫の経験も。 石野真子 1度目の結婚 石野真子さんが最初に結婚したのは1981年9月 石野真子さんは長渕剛さんと結婚 結婚した時 石野真子さんは、20歳 長渕剛さんは、25歳 石野真子さんは結婚と同時に引退 長渕剛さんに家庭に入ってほしいと望まれたそうです。 石野真子さんも結婚できるのならば、喜んで芸能界を去る気持ちだったそう。 石野真子さんと長渕剛さんの結婚は急ではなく、 同年の6月には婚約と交際宣言をしています。 1983年3月、離婚 結婚生活は2年でした。 離婚の理由は、結婚生活での見解の相違や長渕剛さんの家庭内暴力や長渕剛さんの母親との確執などが原因でした。 石野真子さんは離婚後、芸能界に復帰しました。 石野真子 2度目の結婚 石野真子さんの2度目の結婚は1990年 石野真子さんは俳優の広岡瞬さんと再婚 結婚した時 石野真子さんは、29歳 広岡瞬さんは、32歳 石野真子さんと広岡瞬さんの出会いは共演した舞台でした。 結婚式はロンドン。 石野真子さんは家庭に入ることなく女優を続けました。 1996年、離婚 広岡瞬さんは離婚を期に芸能界を引退。 イギリスに留学経験があった、広岡瞬さんはイリスに渡り、日本料理店「さくら」のオーナー兼店長に。 現在もお店を続けています。 石野真子 不倫 2002年、石野真子さんの不倫が報じられました。 相手は、元極真空手全日本王者で元市議会議員で、不動産会社や警備会社を経営していた、大西靖人さん この時、 石野真子さんは、41歳 大西靖人さんは、45歳 2人は、都内のマンションで大西靖人さんの息子と3人で暮らしていました。 なんと、この不倫は本妻も公認でした。 大西靖人さんの妻は取材に答え 「主人が魅力を感じて付き合っている方でしょうから別に構いません」 と語りました。 この交際は、報道される4年前の、1998年頃にはじまったそうです。 しかし、2003年1月、大西靖人さんが肝臓がんのを発症、状態は悪く、手の施しようが無いほどでした。 大西靖人さんは都内から大阪の自宅に戻り、石野真子さんも同居し本妻と交代で病院に行ったり看護するなどをしたそうです。 2003年1月22日、大西靖人さんは本妻と石野真子さんにみとられ亡くなりました。 石野真子の若い頃の画像 石野真子さんの若い頃の画像です。 krnhsmr やっぱり口元が石野真子さんの若い頃に似てるなあ… — toshi tired toshiriderultra 石野真子さんが、17歳の時のシングルです。 石野の真子さんのキャッチフレーズは「100万ドルの微笑」だったようです。 石野真子 最後に 石野真子さんと本妻との関係には驚きました。 こういった愛の形もあるんだなと。 現在は芸能界で不倫は大騒ぎになることが、多いですが、現在でこの形の不倫だったら、どうなるんでしょう。 叩かれるんでしょうか。 本妻が公認で許可されてるわけで、誰も傷つけていないですからね 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の